トップページ | 2006年11月 »

耳が見えないけど・・・

耳が見えないけど・・・

うさぎです。トレードマークの長いお耳が見えないけど、丸々太ったおなかとおててとあんよ、すっとんきょうな表情がかわいいでしょ。さっき子どもがブロッコリーの茎をあげているところを通りかかったのです。見ていたら、自分のあげていたブロッコリーを貸してくれました。しょりしょり、しょりしょりという音と振動が伝わってきて、ちょっと感動。私にブロッコリーを貸してくれる子どもの優しさにも。子どもも、うさぎもどっちもかわいい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

三太はまだ夢の中

三太はまだ夢の中

まだまだ寝てますー。隣でトースト食べても起きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

液晶テレビと親のこと

親世帯のブラウン管TVが夏からワイド画面でもないのに上下が映らず、歪むようになった。そして先日、親によると、「ブツッ」という断末魔の叫びを上げて、とうとう全く映らなくなった。親の世代は見ていても見ていなくてもついているのが当たり前のように、寝る時以外年がら年中TVをつけていて、何だか最愛の友達がいなくなったような具合だった。仕方なくラジオをつけ般若心経なんぞを聞いている。いつものことであるが、親たちは「わからないから・・・」と自分たちじゃ買い物をしようとしない。私たちが動かない限り、我慢して不自由な生活を続けるのだ。母が私に聞こえる声で「チャングムが見られないわ」と独り言を言っている。私だって、液晶テレビなんて買ったことないし、店員さんに聞きながら、選ぶしかないのだ。ふう。しょうがない。ヨドバシカメラまでチャリで旦那と「ジジババのお友達」を選びにいってやった。

そして親世帯に「世界の亀山モデル」液晶アクオス26型がやってきた。今まで25型を使っていたので、店員さんには「26型だと、縦が今までより小さくなるし、割引率もいいからお得ですよ」と32型を強力に薦められたが、狭いうちなので、見栄を張らずに26型にした。十分だった。これ以上はうちには大きすぎる。それにしても売り場のほとんどが32型以上の大型画面だ。「ウサギ小屋の日本人の住宅事情はそんなに向上してるのかな。ニーズがそんなにあるのかな」とダンナがつぶやいていた。本当にそう思う。

液晶画面、デジタル放送は予想以上に鮮やかで明るかった。デフォルトで輝度が最大になっていたので、ダンナが下げてくれたが、それでも明るい。疲れる。あの鮮やかさははっきり言ってうそだ。現実の色はあんなじゃない。皆、ああいう色あいを好むのだろうか。我が家に戻り、見慣れたブラウン管テレビを見た。私はこれくらいの方が落ち着く。

さっき、親のところにいくと、TVが消してあって、クラシックのCDをかけていた。私の目にあれだけ負荷をかけるのだから、親はもっと疲れるのだろう。

「忙しいのに買ってきてくれてありがとう。感謝してるわ。」と両親は素直に私たち夫婦に感謝の言葉をくれた。けれど「お安い御用だよ」と笑って言えない私。老いる三太を受け入れることは出来ても、老いていく親には苛立ちさえ感じる自分。いつの日か、もっと素直に優しくできるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはよう

おはよう

今日も一日がんばろう!by 三太

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三太、14歳になる

三太は今日、14歳になった。人間でいったらいくつになるんだろう。世代別フードの高齢犬用といえばだいたい6歳くらいからだから、14歳といったらかなりいいお年なんだろう。誕生日といっても三太にはわからない。今日もいつもと変わらぬ朝がやってきて、午前中はひとりうちに残って、昼にいったん私たちがもどるまではグーグー寝ていた模様である。私たちが戻った時、眠っていたため出迎えそびれて、バツが悪そうに伏目がちにしっぽをふって起きた。三太にとっては、誕生日だからといって、人間のように何か特別のことを期待もせず、いつもどおりごはんを食べて、いつもどおり遊んで、いつもどおりさんぽに行けて、いつもどおり気持ちよく眠れれば、きっとそれが一番の幸せなんだと思う。犬はいじらしい。人間はそれだけでは生きてはいけないので、悩んだり、背伸びしたりといろいろあるけど、平凡でも穏やかな日々が大切なことを三太は教えてくれる。

お昼に誕生日恒例のゆでささみをふるまった。三太、お誕生日おめでとう。安心して年をとってください。いつまでもいっしょにいてね。私たちはきみが大好きです。

Img_008825_2Img_008625_2Img_008925_2Img_009325_2Img_009525_2 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オカトラノオ

私がプロフィールに使っている白い小さな花。

Photo Chicago Guyさんから、なんていう花?というご質問をいただきました。私も実は自信がなく、昨夜うちにある野草の図鑑で調べました。オカトラノオ(丘虎の尾)という花だそうです。房状につく花をトラの尻尾に見たててついた名前だそうです。夏の初め、とある小学校の庭で撮影しました。地味だけれど、きれい!と思わず持っていた携帯におさめました。全部花が咲ききっているより、このくらいつぼみが残っている方が、私は好きです。プロフィールに使わせてもらってますが、実際の私は、この可憐な花というよりは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の中へ

夢の中へ

夢の中へ、夢の中へ、行ってみたいとおもいませんか、うふっふーぐーぐーぐー。ママももう少し読んだらねまーす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

きつね?!

きつね?!

三太、おねむの時間です。まだ、テレビを見ているパパの陣地を陣取ってすやすや夢の入口。おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクロバット三太

アクロバット三太

朝、私の足下のふとんのうえでゴロンチョしてました。受け口なの、よーくわかりますよね。このまま眠っちゃうのです。からだが伸びて気持ちいいのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

葛西臨海水族園

今日は、葛西臨海水族園に行った。   朝、雨がぱらついたせいで、遠足を雨のスケジュールに変更してやって来た幼稚園や小学生の子どもたちで、館内はごったがえしていた。 ここの水族館の「売り」はなんといってもマグロやカツオが回遊する大水槽だ。銀色に光るマグロの巨大な体は、滑らかで大きな鉄の塊のようだ。しかもその泳ぎは非常に高速である。軍艦のようだ。かっこいい。もうひとつ、泳いでいるペンギンを水中から見られるのも楽しい。帽子や傘を水槽の前で振り回すと、興味津々な表情で寄ってくる。遊びたいらしい。何だか前よりペンギンの数が減っていると思う。以前はもっといたのにな。ペンギンは本当にユーモラスでかわいい。

Img_002425Img_005525Img_001125Img_002725Img_004225Img_000525

今日の画像はクリックすると大きくなります。見てねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シャンプー

ここ10年くらい、シャンプーとコンディショナーは花王の「エッセンシャルダメージケア」を使っていた。流行に乗るのは抵抗がある私がとうとう髪のカラーリング(もちろん、当時はおしゃれ染めよ!!白髪染めじゃなかったわ!)をして、少しは髪に良さそうな、けどしょっちゅう安売りしているやつ、ということで続いていた。近くのホームセンターやドラッグストアで恒常的に安売りをしていたのだ。先日、詰め替えのストックを買おうとホームセンターに行くと、エッセンシャルはリニューアルしていた。そうだ、TVで宣伝してたよな、バスローブ姿の南海キャンディーズのしずちゃんと若いギャルが「ムチムチ!」とか、同じくギャルに混じってバスローブ姿の山崎トオルが思いきりブリブリに「カワイイ!」とかいってたよな。かなり無理矢理なCMだった。たしかキャッチフレーズは「カワイイを作ろう」だった気がする。どう考えてもこのリニューアルでのターゲットは私よりひとまわりくらい下の世代だ。トリートメント付きのポンプのセットが安売りになっている。この際ポンプ丸ごと買い替えてしばらく使いましょうよーってことだ。どうしよう、とちょっと悩んだ。うーん、この際ブランド変えようか。もっと年相応でクラス感のあるやつに・・・。資生堂「TUBAKI」が目に入る。この前小学6年生のガキンチョに聞かれた。「シャンプー何使ってんの?うち、TUBAKI!!あ、白髪みーっけ!!あれ、結構いっぱいある」・・・って余計なお世話だ!!ったく生意気だよなー。私だけならTUBAKIにしてもいいけどさ、ダンナにはもったいないしなー。かといって、私用・ダンナ用と二つ買うのも面倒くさいし、お風呂場がごちゃごちゃするのはいやだ。あれー?その前に詰め替え用がない。論外!!あーだこーだ売り場でバカみたいにさんざん悩み、結局は今までどおり「やっぱ安売りすんだろう」と又オレンジ色のエッセンシャル(お買い得なポンプセット)を買って帰ったのであった・・・。あー、もっとリッチになりたい!年とりたくない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋深まる

ご近所のお宅の庭のはぜの木がきれいに紅く色づいています。

Photo_5 東京もそろそろ秋支度です。ごはんもおいしいし、いい気候です。今日は昨日の荒れ模様とは一転、快晴となりました。旅に出かけたい気分ですが、近所の自然観察で我慢、我慢。さんぽの途中で秋探し・・・。隣で三太がピーピー言ってます(この場合、そろそろ時間だ、さんぽ行こう、と言っています)。

明日から又忙しくなりそうです・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

寒い夜はきつぬのえりまき

寒い夜はきつぬのえりまき

寒い!ついこの前の半袖でちょうど良かった気候が嘘のようだ。もう10月も終わりだもんね。こんな夜はきつねのえりまきのような三太であったまろうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

驚愕の銘菓

先日となりのおばちゃんから山梨みやげをもらった。「月の雫」というお菓子だ。見た目は直径1.5センチくらいの白い球体。月の雫というか、大きな真珠のような感じ。お茶の時間に母が出してくれて、このお菓子について何の予備知識もなしに、「何だ、これ?」と口に放り込んだ。一見してあんこを砂糖でコーティングしたお菓子だろうと思いながら。噛みしめた瞬間、予想を裏切る味と食感に驚愕!外側の砂糖は予想通りだったのだが、中身は生のぶどうだった。皮付きで種も入っている。けれど、果肉はジュースのような液体と化している。カリ(コーティング)、じゅばーっ(ぶどうジュース)、ガリッ(種を噛む音)て感じ。あんこだとばかり思っていたからこの味覚のギャップにしばし呆然とした。私は初めて聞いたし食べたが、母によれば、とても有名なお菓子なんだそうだ。甲州のおみやげといえば、求肥のようなお餅にきなこと黒蜜をかけて食べる「信玄餅」か「ほうとう」と思ってたけど、もし今度山梨に行く機会があれば、探してみようと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホトトギス

ベランダで咲いているホトトギス。日本の秋の代表的な花。Photo_3

うちは3階建の3階にある。三方にベランダがついていて、日当たりだけはいい。植物がおいてあるベランダは夫婦二人と柴犬一匹でいっぱいの狭い我が家からすると割合と大きいと思う。当初は物干しとしてしか利用していなかった(本当は三太をもらい受ける時犬小屋をここにおいたが、結局やつは家の中に居ついてしまいやがった。せっかく用意したのに使われなかった犬小屋は今は別のベランダの片隅で、ひっそり眠っている)が、最初に勤めた会社を辞めて少し時間が出来た頃だったと思うが、ウッドパネルを敷いて気に入った植物を増やしていった。このホトトギスは母が育てていたものをわけてもらった。最近は植物の手入れをまったくしていない。水しかあげていない。日当たりが良いせいでそれでも一応枯れずに生きてくれて、私たちをなごませてくれている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブログを始めて

ブログを始めて一週間とちょっと経過した。始めた時は「自分らしくもないことを始めてしまった。ネタが3日もつだろうか?」「こりゃダメだと思ったら悪あがきせずさっさとやめよう」と不安だったが、書き始めると意外に書けて自分で自分に驚く。良く言えばで気が張っていて、悪く言えば見栄を張っているので、ブログを書き始めてからは、以前からよくあった気持ちの大きな落ち込みがなくて落ち着いた毎日だ。今のところ、だけれど。コメントを書いてくれる友人のみなさん、ありがとうございます。とてもうれしいです。コメントがなくても、読んでもらっていると思うだけでハリになっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

幸せな朝

ここのところ、仕事のせいでイレギュラーに早く起きることが多かったせいもあり、普通に起きればいい日も無駄に早く目が覚めてしまう。眠くてもっと眠っていたいのに結構辛い。いったいいつまでこんな状態が続くのだろう。まだ真っ暗な3時とか4時頃に目が覚めていまう日もある。眠れずに考え事をしたり、前夜し損ねた台所の片付けをしたり、夕飯のことを考えて食材を冷凍庫から冷蔵庫に移したり、朝の準備をしたり、そしてまたふとんに戻りうつらうつらする。今朝は目覚ましより30分くらい早く目が覚めてしまった。ボリュームをしぼってラジオを付け、遠くでぼんやりラジオを聴きながらふとんの中でうつらうつらする。この時期天気のいい朝は暑くなく寒くなく、カーテン越しの朝日の中でふとんにもぐったまままどろむには多分一番幸せな季節だ。三太が足元ですーすー寝息を立てて寝ている。ほっといてあげればいいのに、ふとんにくるまりながら寝ぼけ眼で三太をなでまわす。あったかいカラダ。ふわふわな毛皮。三太のにおい。三太は眠くて私のちょっかいをものともせずに眠っている。けれどそのうち、「うるさいなー。」という顔をして、からだを猫のように伸ばして、その後ぶるぶるっとからだを振って私から逃げていく。ああー、幸せだぁ。気持ちに余裕がある時はこんな時間をとても幸せに感じる。今朝はそうだった。いつもそういう自分でいたいけど、なかなか、ね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今朝の夢

昨日見た夢の話。

私は高校生で学校に通っていた。私は以前、今(現在)の仕事の悩みをとある先生に相談していたらしい。ある朝、登校したものの授業をさぼって図書室の受付のようなところにブラブラしていると、悩みを相談した先生とはまったく違う若い女の先生に「色々あるわよね。」と言われた。「何で?先生、私があの先生に相談したこと、知ってるの?」って聞くと、「うん、結構皆知ってるわよ」と言われ、「これから私、話聞いてあげるから待ってなさい。」と絵本を私にわたして、奥の部屋に行ってしまった。私は勝手に自分の悩みを他の先生に口外されていたことを不愉快に思い、その場を後にする。あてもなく自宅に向かって歩いていると、同級生の観月ありさちゃん(本人)と出会う。彼女は「知ってるよ。」という。「何を?」と聞くと「悩みがあって、鼻毛が伸びてること。」と言う。「鼻毛?」「そう、ストレスで鼻毛が伸びてるんでしょ。」「・・・・・。」

以上今朝見た夢でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

緑陰の小道

緑陰の小道

今日は朝から外仕事。暑い!陽射しも強烈。又日焼けだ。木陰に入るとほっとする。哲学堂公園にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝のさんぽ

朝のさんぽ

朝のさんぽ

朝のさんぽ

朝のさんぽ

朝のさんぽ。写真は難しい。てんで言うこときいてくれないし、タイムラグがあるし。しゃがんで犬に向かってこっち向いて、とかやってたら通りがかりのおじさんにジロジロ見られた。いいじゃないか。しかし眩しい顔の三太ってぶさいく。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

わさび漬け

今日、新しいわさび漬けが届いた。夫婦ともにわさび漬けが好きだ。粕とわさびだけのシンプルなやつ(野沢菜が入っていたり、数の子が入っていたりするのが結構多い)。若い頃は好きというほどではなかったし、食べるときもそのままではなくかまぼこなんかにちょびっとのせて食べていた。だからそうそう減るものではなかったし、大体自分じゃ買わなかった。今はちょっとお醤油をかけて、熱いごはんにのせれば、それだけでごはんがすすむ。父と母がやはり好き(そういううちで育ったんだから娘も好きになるのだろうが)で、二人が奥多摩に遊びに行った時出会った「山城屋」のわさび漬けを、親とともに在庫がなくなるとものさみしくなって頼んでいる(だいたい、同じペース)。ここのは粕が甘くなくてさっぱりしている。うち好みの味だ。今まで他にも生協や旅先などで別の店を試してみたが、やはり山城屋のものが一番好きだ。家庭用に厚めのセロファンと紙で包んであるだけの簡易包装で、250gくらいたっぷり入って500円。かなり安い、と思う。今回は3つ頼んだ。2つはそのまま冷凍して保存。すぐに食べる方も冷蔵庫のチルドルームに入れておけば、開けたてより少し辛味は落ちるが、思い付いた時ちょこちょこ大事に食べて2~3ヵ月はもつと思う。私に限らず、子供がいない(しばしばそういうものが食卓にあがると「またー?」とか「そんなのいらないよー。おかずにならない」とか言われそう。自分の子供の時がそうだったから)、外食がほとんどないビンボーな我が家のような家庭の主婦にとって、「年季が入る」ということは、手作りにしろ買ったものにしろ、冷蔵庫の中にこのようなお気に入りの常備菜、いわゆる「箸休め」や「あと一品」が増えるということではないか(大体いつも同じようなものにはなるけど)。皿数が増えて見た目なんだかすごくがんばったように見えるというか。なーんて、少し偉そうにいってはみたが、やはり本質的に私にとって毎日メシを作ることは主婦年数の年季がはいっても、やはり面倒な作業で有り続けるのであった・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

目覚ましラジオ

最近、目覚まし時計を変えた。目覚まし機能がついた枕元にぴったりの小さなかわいいラジオ(一応、CDも聴ける)。楽天のポイントも使って3500円くらい。もちろん大きなボリュームで聴くには難があるけど、どうせ目覚ましだし、寝る前に小さな音で音楽を聴きたい時、CDも使えるからお買い得だった。目覚ましはJ-WAVEだ。仕事場でたいていJ-WAVEをつけているからなんとなく習慣だ。最近ナビゲーターがジョンカビラから別所哲也に替わった。朝、好きな音楽がかかるのはうれしい。あんなに眠かったのに、脳が目覚める。つい2~3日前の秋晴れの朝、山下達郎の「モーニング・グローリー」がかかった。眠くてもう少し寝ていたいとラジオを消そうと思った矢先に。明るい日差しが寝室を照らしていて、あの朝にぴったりの曲だった。「モーニング・グローリー」を聴いていたのは中学の頃だったよな。変わらないと思っていた山下達郎の声もなんとなく今より若い。聴きながら、あの頃の甘酸っぱい懐かしい記憶がよみがえった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜の夕食

今夜の夕食

カレーライス。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

三太

三太

三太は今月末に14歳になる。犬の世界ではいい年のおじいちゃんだ。最近でこそ、耳が遠くなり、白髪が増えたが、まだまだ年の割には若い。と思う(笑)。三太の散歩は普段だいたい母が行く。忙しい私の代わりに運動を兼ねて。もちろん私や旦那、夫婦で散歩に出る時もある。近くの川の遊歩道。三太のお気に入りのコースにて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブログ始めました!

なんと!自分でも信じられないことだが、私が「縁遠い」と思っていたブログを始める。自分でもこの心境の変化は何かよくわからない。最近学生時代以来再び会うようになった大学時代の友人(彼女たちは既にブロガー)からの「お互いの近況がわかるし、気晴らしになるかもしれないからやってみれば?」という一言がきっかけ。仕事と家事に追われる毎日。煮詰まる日々。そんなめいっぱいの日々がブログを書くことでちょっとでもハリ、というか楽しい変化があればなあ、などと一縷の甘い希望を持って。毎日の奮闘、ささやかな出来事・楽しみ、そんなことを書いていくつもり。ついあくせくせかせかしてしまう私だけど、心持ちだけでもゆっくりのんびり歩いて行きたいなあとタイトルを決めた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年11月 »