« 黄色い花 | トップページ | しばわんこ »

ふしぎな子たち

061217 写真はうちのマーガレットちゃん。
 我が家(店)は小学校の通学路前にある。結構顔見知りの子も多く、最初は照れて下を向いていた子も、私に慣れたり、社会性が出てきて、「よぉ!」とか声をかけてくれるのは結構うれしい。下校時刻に何度か店に立ち寄り、熟年のおばちゃんのように、店をあちこち眺めたり、他愛もないことをくっちゃちゃべったり、私とダンナを見て「夫婦?夫婦?キャー!!」とか「おじさん(ダンナ)の携帯におばさん(私)じゃない女に人の写真があった!」とかほざいて帰る6年生の女の子二人組(さっきも店に「絆創膏ください」と言って立ち寄った)。「三太に会わせてくださーい」といって店にくる子。一度ならず、立て続けに3度も「トイレ貸して」と来た男の子。本当に皆面白くて、かわいい。

|

« 黄色い花 | トップページ | しばわんこ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野花」カテゴリの記事

コメント

いいなあ、都心には珍しい田舎くさい光景だね。うらやましい。
かく言う、私が次男も帰り道のクリーニング屋さんに時々入り込んでいるようです。

投稿: Chicago Guy | 2006年12月22日 (金) 00時26分

そうですか、次男くんも!なかなか社会性があるね。
私は子供時分(今も)、引っ込み思案だったからそういう子どもは新鮮。
このやろう!って思うこともあるけど、「やさしいんだな。私よりずっと人のことを思いやれるんだ」とびっくりすることもあります。
子どもの発想っておもしろいよね。
他人の子だから、責任なく楽しめるからいいのかもね。

投稿: ぽんすけ | 2006年12月22日 (金) 19時07分

この記事へのコメントは終了しました。

« 黄色い花 | トップページ | しばわんこ »