« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

まるめ、永遠に眠る

隣に住むおじとおばの飼い猫、まるめが今日亡くなった。推定16歳。老齢による腎不全だった。隣のうちに居ついてから15年になる。おおきくて真ん丸い目がかわいくて、「まるめ」と名づけられた。よくしゃべる猫だった。おばちゃんが抱いているのは、私が生きているまるめを最後に見た3月29日の写真。すでにこの時、体重は最盛期の2分の1くらいになっていて、ほとんど歩けなかった。食事も水もほとんどとれず、この日外で私とばったり会ったのは、うちの前のじょうろにたまった水ならなぜか飲む、ということでおばちゃんが連れ出していた時だった。今週の月曜日、お墓参りに出かける朝はまだ外に出るまるめに会った。ストレスのかかる入院はせず、最後はおばちゃんが獣医さんからもらった注射をうって看病していた。最後はおばちゃんに抱かれて眠るように亡くなったそうだ。
 まるめ、お疲れ様。長い間、ありがとう。忘れないよ。
070331 070331_1 070331_2

| | コメント (2)

桜・さくら・サクラ

昨日は東京で桜の満開宣言が出たらしい。あの暖かさで、待ちかねていたつぼみも一気に開いたようだ。そんな昨日の夕方、近所の小学校にて桜を愛でる。その他、学校の前のお屋敷の桜とうちのベランダから眺めるお金持ちのお隣さんの桜。父はここのところ、暇があれば愛用し始めた一眼デジカメを持ってあちこち飛び歩いている。デジカメにはまったらしい。
070330 0703305 0703304 0703303 0703302 0703301 070330_1 070330_2 070330_3 070330_4

おまけ
ようやく今月のお給料を下ろして、ついつい道すがらの雑貨屋さんで動物たち(カエル・ゾウ・ブタ)と鍋敷きを買ってしまった・・・。
070330_6

| | コメント (2)

桜日和

本日も春の日差しあふれる(けど、花粉がひどい!鼻の穴の中がかゆくて腫れて荒れている感じでもうさんざん!)ぽかぽか天気。朝のさんぽは桜が咲くのを待っていた図書館そばの公園へ。三太はもう桜が見えないのかと思うと、三太の分までしっかり見なきゃと思う。070329 070329_1 070329_2 070329_3 070329_4 0703292 070329_5

0703291_1

夕方、近所の小学校の前を通りかかったので、桜の写真を撮った。明日アップします。

| | コメント (2)

ぽかぽか春の日

あったかーい!日差したっぷりー!春だー!!朝、我が家のベランダに出ると、しゃらの木が芽吹いていま070328した。青空がまぶしい。気持ちいいー!
さーて、一仕事したら三太と一緒におさんぽだー!久しぶりにお寺方面へ。池のおたまじゃくしは大きな変化なし。元気に泳いどります。海棠の花がきれいに咲いとりました。三太はおおあくびしとりました。なかなか動かない三太とのんびり帰りました(忙しい皆さん、のんきでごめんなさい。でも、私ももうすぐどうやっても超忙しくなるので、今しばらく幸せ気分を味わいます。)
 午後、一人で配達のお仕事がありました。桜がきれいに咲いてます。猫も春のひなたでぽかぽか幸せなひとときを過ごしております。今日も一分でも一秒でも皆が幸せな気持ちになれますように!
070328_5070328_1 070328_2 070328_3

070328_6 070328_7 0703281 070328_8

| | コメント (4)

お墓参りへ行く

お彼岸は終ってしまったが、昨日、母と二人で祖父や祖母が眠る静岡のお寺にお墓参りに行った。朝5時半起きはちょっと辛かったけれど、お天気にも恵まれ、いいお墓参りが出来た。お墓の掃除をしていたら、小さなカエルと出会えた。その後、お寺の近くの本家に寄って挨拶。道々、可憐な野の花がたくさん咲いていて、私はあちらこちら写真ばかり撮っていた。田舎はのどかでいい。本家に行った後、車で少し行ったところにある日帰り温泉で午後を過ごした。お風呂は人も少なく、存分にお湯を堪能できた。湯上りには母と二人、昼寝をしたり本を読んで、のんびり過ごした。湯上りの地ビールの美味しさは格別だった。お酒に弱い母は氷で冷やしたコーヒー牛乳を美味しそうに飲んでいた。母はとてもうれしそうで、私もやっぱり来てよかったな、と思った。少し大人になれたような気がする一日でした。
0703271 0703272 070327 070327_1 070327_2 070327_3 070327_4

070327_5 070327_6 070327_7 070327_8 070327_9 070327_10

| | コメント (0)

かわいそうと言わないで・リクエストのごはん台

最近三太とのさんぽは時間ばかりかかって、距離が短くなってしまう。なかなか歩こうとしないし、すぐ立ちどまってしまう。立ったまま、半分寝ている感じだ。以前同様に「がんばろうねー、三太」と声を掛けながら(聞こえていないかもしれないが)、焦らずゆっくりと彼の気持ちと自主性を考えながら歩いている(あくまで私なりに、だけど)。そんなおばはんと老柴犬とののろのろとしたさんぽ風景は通行人の目にとまるらしく、犬連れも犬連れじゃない人からも、声を掛けられることが多くなった。「いくつですか?」とか「(とまっちゃってるけど)どうしたんですか?」とか。「14歳です」と答えると、三太が元気だったついこの前までは「えー、そんなお年寄りにはみえないですよ。若いですねー!」と言われたけれど、今は納得される。多くの人は「かわいいですね」とか「がんばってね」と三太をなでて励ましてくれるが、たまに(おじさんに多いんだけど)「こんなになっちゃうとかわいそうだね」という人がいる。「かわいそう」という感想には私は違和感を感じてしまう。耳も遠く、目もほとんど見えないから確かにかわいそうかもしれないけど、三太はがんばって今を生きてますよー、幸せですよー、とか思ってしまうのだ。じいさんになった三太と暮らしていると、痛々しいこともあるし、面倒なこともあるけど、若い頃よりむしろ今の方がずっといとおしいと思うことがある。だから年取ってもヨタヨタでもいいから長生きしてほしいな、と思ってしまう。かわいそうではなく、今私たちはもとより、きっと三太もきっと幸せな毎日を送っていると思うのだ。だから、ボクたちを見ても、かわいそうって言わないでね。
070323 070324

おまけ
リクエストのあった三太の即席ごはん台です。いただいた果物が入っていた発泡スチロールの箱に布切れをかけただけのものです。とほほ。お皿は三太を引き取ってからずっと愛用しているものです。
070324_1

| | コメント (2)

三太の4コマ漫画

0703231

三太でーす。ママが読みかけの雑誌、ボクが横取り。ふむふむ、へー。
0703232

むにゃむにゃ・・・。なんだか眠くなってきちゃった・・・。
0703233

雑誌なんか、どうでもよくなってきちゃった・・・。
0703234

もうダメ。爆睡。

| | コメント (4)

巣立ちの春

070322_1 近くの小学校で卒業式があった。登校時、慣れないいっちょうらの洋服を着てうちの前を通る見慣れた顔の子どもたちに「晴れ舞台、がんばってね!」と声を掛けると、ちょっと照れくさそうに笑った。6年間って子どもの頃はとても長かったけど、大人になるとあっという間。ひよこたちは春のあたたかなひざしの中、巣立って行きました。

| | コメント (2)

親友ひなちゃんと

三太のただ一人の親友、はすむかいのお宅のひなちゃん。久しぶりに会えて、三太が珍しく生き生きとしていた。そういう三太を見るのはうれしい。ありがとう、ひなちゃん、ひなちゃんのママ。
070321 0703211

| | コメント (0)

ふたつの桜・昼寝をする三太・犬も人間も

快晴。ソメイヨシノのつぼみもそろそろ開花秒読み。ピンク色の花びらが見えているつぼみも。隣の写真はニワザクラというらしい(ヒトエノニワザクラ)。お花が満開。三太は暇があれば寝ようとする。私が子どもの頃掛けてもらっていたふとんを掛けてもらってうつらうつらする三太。070320 070320_1 0703201 0703202

三太はさきおとといぐらいにもう一度階段から落ちた。母がうっかりフェンスを閉め忘れていたのだ。ものすごい音をたてて落ちたが、今回もケガはなかった。悪運の強いやつだ。その母も昨日、家のすぐ近所で転んで、顔をすりむいた。とっさに手が出ず、顔から転んだそうだ。こちらも幸いにもそれほど重症ではなく、すぐ裏の病院に直行して手当てをしてもらった。年取りたくないな。母も三太もそう思っているだろうな。

| | コメント (2)

ようやく花瓶デビュー・三太・猫やん

昨日さんぽの帰りに仏様のお花を買ったが、思いついて別の花も買ってみた。Ravennaちゃんをまねしてアルストロメリア、1本!お花屋さんに、「1本買いでも、許されます?」ってきいたら、「大丈夫ですよ。」と笑って答えてくれました。でも、やっぱり普段1本買いするのは勇気が要りそうだわー。1年以上も昔、生協のカタログで見つけたけれどずーっと使えなかった小さなフラワーベースにいけてみた。テーブルの上にちょこんとおいてちょうどいい大きさでラブリー。ようやく出番が来て、私もうれしく、花瓶もうれしいに違いありません。切花はほとんど買わないのですが、これからは少しずつ試してみようかな。0703190703191

今朝も三太とのんびりさんぽしました。 階段でひなたぼっこしながらうとうとしている猫やん発見。気持ち良さそう。070319_1



昨日の夜の三太。人が座るべき場所でグーグー寝ています。最近は目が見えないから、意識して人の場所をとることはなくなり、さみしいです。ちょっと前までは私が立つと私が座っていた場所をさっととって「使ってないなら、ぼくが借りるよ。」って感じで得意気な顔をして私を見る三太が大好きでした。昨日は眠くてその場で行き倒れるようにして眠ってしまった感じ。動物の寝姿というのはなぜこんなにかわいく、こころいやされるのでしょうか。
 ここのところ、ぼちぼち忙しくなって来ました。今週は私も気合をいれなければ出来ない仕事が・・・。がんばります。でも、年々失敗したらどうしようという怖さや不安が減っている気がします。どんな仕事でもこうして慣れていくのでしょうね。去年の今頃はもっと不安でした。様々な不安や不満があって、どん底の気分だったことをふと思い出しました。
070319_2 0703191_1   0703192_2 070319_3

| | コメント (2)

お彼岸

お彼岸とは気付かずに三太を連れてお寺へ行ったら、人も車もいっぱい。いつもはない、みかん農家の出店も出ているし。そうでした。今日はお彼岸の入りです。暑さ寒さも彼岸まで、とはいうけれど、ここのところとても寒い。今日も晴れているものの、風が強くて寒いです。帰りにうちの仏様のお花を買いました。たまには、ね。私が今存在しているのもご先祖様がいるからだもんね。不思議です。
070318 070318_1 070318_2 070318_3 070318_4 070318 070318_5 070318_6

| | コメント (4)

花屋のトラちゃん

花屋の看板犬、トラちゃん。いつも花屋さんの店先にいる。おとなしくて賢い子なので、つないでおらず、よく自由に道端で寝そべっている。犬好きの人間にはとてもほほえましい光景。お互いの夜のさんぽ中、たまに会う。もう13歳だそうだ。動きはのんびりしているけど(この子の性格なんだと思う)、まだまだ元気そう。
070317 070317_1

| | コメント (2)

季節の花あれこれ・おめでとう!

さんぽ途中で撮った季節のお花たち。白いカサカサした感じのかわいい花(最近、よくお花屋さんでも鉢を見かけるが、名前は知らない)、クリスマスローズ、ぼけ、我が家のビオラ(私が一番好きな色合いのもの)、ヒサカキ、フリージアに似た感じの紫のお花。どれも皆、かわいい!東京は今頃初雪を観測した。今朝、三太とさんぽに出た時もちらちらと雪が舞っていた。卒業式シーズンだけど、体育館、寒いのやだなー。
 今日は兵庫に住む甥っ子の卒園式だ。一家揃って緊張したことだろう。妹はきっとボロ泣きしたのではないかと思う。子どもの成長は早くて、面食らう。健くん、卒園おめでとう!
070304_2 070309_2 070309_3 070309_4 070309_5 070219_6

| | コメント (0)

「おまけ」のアクアリウム完成!

ダンナが集め始めた「爽健美茶」のおまけ、「美ら海アクアリウム」。全6種類揃いました!ツノダシ、ナポレオンフィッシュ、ジンベイザメ、マンタ、タイマイ、カクレクマノミ。カクレクマノミはもう諦めていたけれど、昨日ダンナがコンビニの店員さんに頼み込んで、バックヤードを探してもらってゲット!苦労したわりにはかわいくないけど。うーん、満足、満足。ちなみに、タイマイが一番かわいいっす。
070315 070315_1 070315_2 070315_3 070315_4 070315_5 070315_6

| | コメント (0)

さんぽの収穫

ちょっと寒い朝。青空。こわいけど、久々にふとんを干してみる。花粉、こわい・・・。

さんぽに出る。三太は「出すもの」をさっさと出すとやはり歩きたがらない。
070314 「もう、いやでーす!一歩も歩きたくありませーん!」ふたりで根競べ。・・・負けました。ひとまずここからすぐ近くの公園へ、だっこして移動。官舎の横の高台にあるこの公園へは久しぶりに行った。官舎がなくなってからは初めてだ。まるで景観が変わっている。開けてとても明るくなった。フェンス越しに跡地を写す。公園の桜のつぼみはふくらんで、開花を今か今かと待っている感じ。枝越しに見る青空がまぶしい。隅っこで猫がまどろんでいた。三太を見て毛を逆立てて威嚇する。大丈夫、三太はきみに気が付いていないよ。公園を出るとお花の台車をひいた行商のおばあちゃんがいた。どれもこれもすごくきれいなお花ばかり。欲しかった鉢(ニオイバンマツリとハゴロモジャスミン・・・どちらもとても良い香りの花をつけます)があるけど、財布も携帯も持っていなかったのでそう言うと、「じゃ、うちまでついて行くよ。」ということで、我が家へゴー。途中、やはり三太が動かないので、結局だっこ。おばあちゃんは茨城の石岡から5時起きで出て来たそうだ。減反の折、近所の人たちと園芸をやり始めて、あちこちにこうして売りに来ているそうだ。結局3鉢買った(写真左からニオイバンマツリ、ボロニア、ハゴロモジャスミン)。かなりおまけしてくれた。わーい!かねてから欲しかったけどすごく欲しかった頃はいい鉢に出会えなかったし、その後は思い切りがつかずに買えなかったので、ちょうどいい機会。おばあちゃんに「お茶の時につまんで」とお茶菓子をあげたら、すごく喜んでくれた。「若い人に買ってもらった方がお花がよくつくから、買ってもらえてうれしいよ」って。すいません。あまり、若くないんですけど(マスクしてたから・笑)。ちょっとうれしい出会いでした。
070314_1 070314_2 070314_3 070314_4 0703143 070314_5

| | コメント (0)

今朝もさんぽ日和

今朝のさんぽ。昨日よりあたたかく、空が青くすがすがしい。070313_5 このままこんな穏やかな毎日が続けばなー、などとババくさいこと(ババだけど)を思ってしまう。そんなわけにはいかないのだ。今から枯れてどうする、もっとファイト出せ、と我ながら思う。寺の池のおたまじゃくしもあたたかな日差しにさそわれて、元気に泳いでいる。先日はなかったところに新たにひも状の卵(ヒキガエルのかな?)が産み付けられていた。ひとしきり池を見てから池の裏側にまわると、薄いレモン色の花をつけたつやつやした葉の木が茂っていた。家に帰ってから調べたら「しきみ」という木らしい。仏事には欠かせぬ植物らしく、寺にはよく植えられているそうだ。葉や枝は香りがあって、お線香の原料になるらしい(今度は葉を1枚ちょうだいして嗅いでみなきゃ)。ただし、実には毒があるそうだ(この木の名前の由来は「悪しき実」から来ているという説もあるらしい)。さんぽから帰り、三太は気持ち良さそうに昼寝をしている。今は寝ている時が一番安心して幸せそうだ。

 昨日は「月9」の「東京タワー」に最初から最後まで泣かされた。オカンがいよいよあかんようになって来たのだ。うちの「オカン」はまだ元気だが年齢的にいつ何時同じようなことになるかわからないし、三太のこともあるし、何だかひとごととは思えず泣けてしまった。
070313 070313_1 070313_2 070313_3

| | コメント (0)

今朝のさんぽ

今朝のさんぽ。寒いけれど抜けるような青空が気持ちいい。三太はなかなか歩いてくれない。小一時間かかってしまった。薄紅色と白のまざったボケの花。白い小花が可憐なバコパ。官舎跡地からの青空とビル。首を下げようやっと歩く三太。石垣の上で目の前の木の幹をじっと見上げていた長毛の黒っぽいまだら模様の猫。振り向いてくれたが後姿の方がかわいい。
 今週はいよいよ冬眠から目覚めるぞ!春本番だ!
070312 070312_1 070312_2 070312_3 070312_4 070312_5

| | コメント (2)

ちょんまげ・最近の三太

寝てる間にいたずら。ちょんまげ。070304_1

最近の三太の様子
・目はほとんど見えていない。耳もかなり遠い。
・今までできた外階段の上り下りもできなくなった。昇降は抱っこして。
・さんぽはかろうじて応じる。足が衰えないようになるべく一日2回行っている。しかし、トイレを済ましてしまうと、もう歩く意味もなくなるらしく、がんとして動かなくなる。立ちどまったまま、寝そうになる。おしっこは片足をあげてすることは少なくなった。突然道の真ん中で立ちどまったかと思うと(時には歩きながら)そのままじゃー、っとする。とにかく以前にも増して、だましだまし進む。しかし、帰り道はさっきまでののろのろ歩きがうそのように、さっさと歩くことも多い。
 今まで、犬づきあいが悪かったが、最近はおとなしくお尻のにおいをかがせるなど、寛大。
 地蔵のようにかたまって動かない時間が多いので、さんぽに時間がかかるようになった。
・排泄は寝起き時にタイミングを見てトイレに連れて行くとしてくれる。
・特に寝て起きた後、徘徊がひどい。部屋をぐるぐる歩き回り、あちこちにぶつかっている。徘徊時は人の呼びかけやタッチにも反応しない。ひたすら、自分の世界。
・部屋の隅、隙間に顔をつっこんだまま、落ち着いてしまう。狭いところに入りこんだまま、出られなくなり、助けを求めることもある。意外なところにはまりこんでいるので、かくれんぼしているのか、と思うことも。
・食欲はある。毛つやもいい。体重はかわらない。

おまけ
関係ないけど、昨夜またダンナの悲鳴とはあはあという荒い呼吸で起こされた。起こして「今度は何に追いかけられたの?」と聞くと「ゾウ。」とのこと。ちなみに前回はサルおやじだった・・・。

| | コメント (2)

春うらら~ひなたぼっこ

おひさまが出て、穏やかな春の日。店の前で三太はひなたぼっこ。眠くてうとうとしちゃうよ。
070310 070310_1

お店の前に出ていると色々な人がやさしい声を掛けてくれるよ。
070310_3 070310_4 070310_5 

ぼく、幸せだよ!

| | コメント (0)

スガシカオのCDを買う・野菜たっぷりの幸せ

スガシカオの「ALL SINGLES BEST」を買ってしまった。070309 J-POPのCDを買うのは去年の2月に買った矢野顕子の「はじめてのやのあきこ」以来。スガシカオは初めて。もともと大好きってわけじゃなく、「(曲もご本人も)なんだか気になる」「何となく心地よい」という感じだったけど、近くのファミレスの店員さんがスガシカオに似ていたり、J-WAVEでよくかかっていたり、プロモーションの為に朝から晩まで番組に出ていたこともあったりして、じわじわと「きちんときいてみたい」と思うように。そう、まんまとプロモーションにひっかかってしまった私。その昔はユーミンや槇原敬之が好きでかかさずCDを買っていたのだが、いつのまにやらその世界から離れてしまった。よく聴いていた(ある意味夢溢れ世界が輝いて見えた)時代を思い出しそれはそれで懐かしいし好きだが、新しい作品を心待ちにするファンではなくなってしまった。いつの間にか少しずつ自分の方向が変わってきたのだろう。なんというか、今の私には明るくて健全すぎて、まぶしすぎるのじゃ。スガシカオは陰と光がちょうどいい心地。挫折と未来。青い懐かしさのようなものを感じます。図書館みたいな匂い。CD、買ってもなかなかまともに聴いていられないのですが、これから少しずつ聴きます。うれしいな。
070309_1

昨晩、ダンナの実家から野菜が届いた(写真はきれいにわけてあるが、これは私がしたもの。わけて、しまうのが結構大変なのだ。とはいえ、日々育て、収穫して送る老親の労力を考えればただひたすら感謝せねば)。お正月に帰省して以来の「実家産」だ。今年は気候が難しくて思うように収穫ができなかったようだ。野菜のほかにもうどんやしょうゆやめんつゆが入っていた。ダンナを思ってつめたんだろうな。子どもはいつまでも子どもなのよね。さっそくいただいたやわらかくて小さいブロッコリーと芽キャベツをたくさん入れて、夕食にホワイトシチューを作って食べた。味がぎゅっと濃くてうますぎ!あー、幸せ!

| | コメント (2)

今日のさんぽ

今日のさんぽ。冬枯れの木と春の青空。憧れのお宅とお庭に咲く桜(石垣にへばりついて撮影。怪しすぎ!)。ユキヤナギとオトメツバキ。
070308 070308_1 070308_2 070308_3

今日の三太
0703081 0703082 0703083_1

| | コメント (0)

春の池

お寺の池へ。少し肌寒く、マスクとめがねで完全武装だけど、いいお天気で気持ちいい。やったー!いましたよ!カエルさんたちが。重なっているペアが何組か。それ以外にも手足を気持ち良さそうに伸ばして泳いでいるカエルたち。いいなー、本当に気持ち良さそう。臆病だから、水面から顔を出している時に写真を撮ろうと近寄ると、すぐに水の中にもぐってしまう。ちょこんと顔を出している姿、かわいんだけどな。おたまじゃくしはあまり変化なし。足が出ているのがそろそろいるかな、と期待していたんだけど。昔からこういう自然観察が好きだったけど、ブログを始めてから何だか拍車がかかった感じ。改めて、私はこういう時間が好きなんだ、と思う。忙しくなって、むかつくことができても、ここに来たら気持ちが切り替えられるといいな。
 昨日は啓蟄だったそうな。虫たちもそろそろ起き出す頃かな。
070307 070307_1 070307 070307_2 070307_3 070307_4

| | コメント (2)

スーパーボール

温泉に行った時070303_10、サービスエリアのガチャガチャでとったスーパーボール。透明なボールの中にちゃちなフィギュアが入っている。なぜか素通りできなかった・・・。海の生き物(といっても魚とペンギンだけだったと思うけど)、恐竜シリーズとあったが、恐竜はかわいくなかったので、パス。ペンギンのスーパーボールを狙ったが、かわいくないカワハギ(かしら?ブダイ?何だろう?)が出てきてガッカリ。もうやめようと思ったけど、とったのがこのカワハギだけじゃ悲しかったので、もう一度トライ。やったー!2度目のチャレンジにしてケープペンギン(欲を言えば皇帝ペンギンが欲しかったんだけど)、ゲット!カクレクマノミとかも欲しいなーと思ったけど、大人げないので(金もないし)、やめた。こういうのって、どうしても欲しくなっちゃうんだよねー。買ったからどうなるってわけじゃないんだけど。童心に返り久しぶりに弾ませたスーパーボールは結構楽しく、うれしかったのでした。

| | コメント (2)

季節の花あれこれ

さんぽの途中で出会った季節の花たち。マンサクの花、ハクモクレン、はこべ、ミモザ、沈丁花、ヒマラヤユキノシタ。じみーな花々だけど、春を喜んでいるようです。
070302_2 070303_6 070303_7 070302_4 070303_8 070304

| | コメント (0)

桃の節句

3月3日。桃の節句。母が何日か前に買って来た桃の花と菜の花。後ろに件のベビーフェンスがちらりと見える。昨日書き忘れたけど、三太とのさんぽの帰り、うちの前でウグイスの鳴き声を聞いた。間違えじゃないかと耳をすませたが、やはりウグイスだった。思いがけないプレゼントをもらったようで、うれしかった。三太は後遺症もないようで平和に眠っていた。
070303_2 070303_3 070303_4

| | コメント (0)

ハーネスデビューの写真

三太のハーネス。近所のコジマで急に買ったので、上等のものではないけれど。一番最初に買った首輪、二つ目の首輪はやっぱり赤だった。三太には赤がよく似合うと思っていた。3つ目で一番長く愛用していたのが、はす向かいにお宅に暮らす三太のただ一人の親友ひなちゃんのママからいただいた迷彩柄の首輪だった。本当に長い間愛用させていただきました。まだ、十分使えたけれど、ハーネスにしました。トレードマークの赤をつけて、いわば還暦の三太です。
070302 070302_1

| | コメント (2)

三太が階段から落ちる

ここ最近三太の老け込み方が加速していて不安だった。そろそろ、実家の方の階段に落下防止用のフェンスをつけなければ、と思っていた矢先に、三太が階段から落ちてしまった。昼寝から目覚めたところで、興奮状態でめくらめっぽうにガツンガツンぶつかりながら歩いていた。そして階段があることがわからず、そのまま直進してしまったのだ。「あーっ!落ちる!」と認識した時にはすでに遅かった。私が近くにいながら、あまりに不覚である。幸い、一番恐れていた骨折もなく、あちこちカラダを触ってみたが、痛がる箇所もなかった。しばらくは三太はびっくりしたようで、かなり興奮状態だったし、三太がひとまず無事だったことがわかって私は放心状態だった。その後、危険を認識していながら防がなかったことが猛烈に悔やまれた。すぐにダンナが甥っ子が赤ちゃんだった時に使用していたベビーフェンスを出してきてくれて、設置した。ちょっと前から三太のごはんの器を食べやすいように、台に乗せた。おととい、永年愛用していた首輪よりからだを支えやすく負担が少ないとハーネスに変えた。その写真をブログにのせようと思っていた矢先の今回の事故にショックである。

| | コメント (2)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »