« 春うらら~ひなたぼっこ | トップページ | 今朝のさんぽ »

ちょんまげ・最近の三太

寝てる間にいたずら。ちょんまげ。070304_1

最近の三太の様子
・目はほとんど見えていない。耳もかなり遠い。
・今までできた外階段の上り下りもできなくなった。昇降は抱っこして。
・さんぽはかろうじて応じる。足が衰えないようになるべく一日2回行っている。しかし、トイレを済ましてしまうと、もう歩く意味もなくなるらしく、がんとして動かなくなる。立ちどまったまま、寝そうになる。おしっこは片足をあげてすることは少なくなった。突然道の真ん中で立ちどまったかと思うと(時には歩きながら)そのままじゃー、っとする。とにかく以前にも増して、だましだまし進む。しかし、帰り道はさっきまでののろのろ歩きがうそのように、さっさと歩くことも多い。
 今まで、犬づきあいが悪かったが、最近はおとなしくお尻のにおいをかがせるなど、寛大。
 地蔵のようにかたまって動かない時間が多いので、さんぽに時間がかかるようになった。
・排泄は寝起き時にタイミングを見てトイレに連れて行くとしてくれる。
・特に寝て起きた後、徘徊がひどい。部屋をぐるぐる歩き回り、あちこちにぶつかっている。徘徊時は人の呼びかけやタッチにも反応しない。ひたすら、自分の世界。
・部屋の隅、隙間に顔をつっこんだまま、落ち着いてしまう。狭いところに入りこんだまま、出られなくなり、助けを求めることもある。意外なところにはまりこんでいるので、かくれんぼしているのか、と思うことも。
・食欲はある。毛つやもいい。体重はかわらない。

おまけ
関係ないけど、昨夜またダンナの悲鳴とはあはあという荒い呼吸で起こされた。起こして「今度は何に追いかけられたの?」と聞くと「ゾウ。」とのこと。ちなみに前回はサルおやじだった・・・。

|

« 春うらら~ひなたぼっこ | トップページ | 今朝のさんぽ »

三太」カテゴリの記事

コメント

三太はすっかり老犬ですねえ。でもぽんさんの愛情あふれるお世話で幸せ者だ。

それにしても今度はゾウに追いかけられるダンナッピー、どんな精神構造?

投稿: Chicago Guy | 2007年3月12日 (月) 22時12分

Chicago Guyさん
悲しいよ。ちょっと前まではいつか三太が老いることはわかっていても、もっとずっとずっと先の話だと思ってたんだよ。1週間前に出来たことがもうできない、という感じです。
 夢の話、私もこの翌日うなされていたそうです。その時は運動会の夢を見ていました。空を長時間飛んで(空を飛ぶ夢はよくみるんです。いつもどんな意味があるんだろうと思うんだけど)、疲れ果てて、次の競技をきいたら「もう一度、同じように飛んで下さい」と言われたので、ほかに選択肢はないのか聞くと、「でなきゃ、うさぎ跳びです」と言われ、腰と背中と腕が痛いのにむちうってもう一度飛ぶ、という話です。まったく、夫婦して。(ごめん、最後まで読むの、疲れるよね!)

投稿: ぽんすけ | 2007年3月13日 (火) 18時05分

この記事へのコメントは終了しました。

« 春うらら~ひなたぼっこ | トップページ | 今朝のさんぽ »