« 今日は疲れた・三太のごはん台改良バージョン他 | トップページ | 三太の母と姉のこと »

今日の出来事

朝、三太とお寺のさんぽ(最近は以前の川沿いまで行くさんぽコースが長すぎて、途中変化のないとこ070407ろまでしか行き着けず、つまらないので、近距離のお寺コースが定番となっている)に行った。池を観察していたら、三太が池に近寄り過ぎて、片足が池に落ちてびしょぬれになってしまった。三太は諸感覚が麻痺しつつあるので、きらいなはずの水にもほとんど反応しながったが、おたまじゃくしはびっくりしたにちがいない。おたまじゃくしはかなり雑食なのだろうか。カエルのなきがららしき断片に群がっていた。帰る途中、三太に突如スイッチが入ったようで、お寺から出たのにまた境内へ一目散に戻っていった。元気よく歩いてくれるのはうれしいので、三太の好きなようにさんぽさせた。帰ってから食器と一緒にこの前新たにゲットした豚毛のブラシでひなたぼっこしながらブラッシング。今まで使っていた金属製のものではそろそろお肌にキビしいような気がして、ソフトなものに買い替えました。三太もとても気持ち良さそう。目を瞑っておとなしくブラッシングを受ける三太を見ながら、買い替えてよかったなーとつくづく思いました。

父や母は一日私用で横浜まで出かけているので、今日は店は私とダンナの二人で。結構書き入れ時なので、特に午後は忙しかった。なんと、大学時代の友人が家族を連れて店に来た。昨日予約をもらっていたのだが、父が受けたので名前だけでは誰だかピンと来なかったので、とてもびっくりした。もしや昨日の悪夢は予知夢だったのか。こんな私を思い出して来てくれてどもありがとうゴザイマス。感謝感謝でゴザイマス。予約以外のお客さんも来てくれて、二人ではりきりました。ようやく、父や母がいなくても何とかお客様に不安を抱かせず、満足して帰っていただいている手ごたえらしきものを感じるこの頃です。喜んでもらえることに何やら充実感も感じたりします。何年も仕事のことが不安で不安でおりました。「すぐには無理。私たちだって最初はそうだったわよ。そのうち何とかなっていくものよ。」と母に言われて、そんな日が私たちに本当に来るのだろうかと。ようやく長いトンネルの出口からもれる一条の光が見えてきたような。思えば不安で、のんきなダンナにもずいぶん辛くあたったこともありました。まだまだトンネル出口の光が見えたばかりのところで、思わぬ「渋滞」や「事故」などで当面うろうろが続くと思いますが、「継続は力なり」を座右の銘にへこみながらもがんばっていこうと思う今日でした。

|

« 今日は疲れた・三太のごはん台改良バージョン他 | トップページ | 三太の母と姉のこと »

三太」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すごいねえ、何年目かわかんないけど、少し1人前になった自信がついてきたんだ。良かった、ヨカッタ。

私もお客として行きたいんだけど、車が壊れているのと、今の時期は忙しそうなので待ってます、なんてずるずるしてると時期を逃しちゃうよねえ。

投稿: Chicago Guy | 2007年4月 7日 (土) 23時50分

Chicago Guyさん
うん、ちょっとだけだけどやっていけるかも、という自信がつきました。すごくはないです。むしろ遅すぎるのです・・・。
苦しいだけではなくなったのでそこがうれしいです。
お客は無理せんでねー。だってさ、微妙なお年頃の男の子二人だもん、無理やりは禁物ですからねー。お母さんだけ張り切ってもね。ほんと、くれぐれも無理せんでね。昨日の予期せぬお客さんはゼミのIくんちでした!

投稿: ぽんすけ | 2007年4月 8日 (日) 15時57分

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日は疲れた・三太のごはん台改良バージョン他 | トップページ | 三太の母と姉のこと »