« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

クジャクサボテン開花・三太近況

070531 うちの(母の)クジャクサボテンが開花した。ど派手なショッキングピンクで大ぶりな花は私の好みとは違うけど、存在感がすごい。8つほどつぼみをつけていて、朝2つ咲いていた。夕方見ると、3つ目が開きはじめていた。

三太の近況。薬は先週末に切れてしまったが、今回の薬も三太の下痢の改善には役立たなかった。下痢している以外はとても元気なので、また効かない薬をもらいに病院にいくのも、と今週は薬なしで様子をみているが、相変わらず下痢。もう少し経過を見て、来週明けにまた病院に連れていこうと思っている。ごはんは消化器官疾病用の処方食とゆでササミを規定量よりかなり少なめに与えている。子犬の頃から食事のドライフードを出してあげても、ちょびちょび気ままに好きな時食べて、ガツガツ食べるということはなかったのに、ぼけてからは、ガツガツガツガツとあっという間に平らげるようになった。面白いのは途中食べながら、「ふんご、ふんご、う、わわわーん!!!」と雄たけびをあげる、というか、遠吠えをすることだ。なんだか「う、う、うまいよ!うまーーい!!」と言っているようでいつも笑ってしまう。水もものすごく飲む(あるだけ飲んでしまうのもボケの症状らしい)。だからおしっこも多い。夜中に目が覚めた時は必ずトイレに連れて行き、「失敗」を防ぐようにしている。
 それと最近顕著になってきたのは家の中にしろ、さんぽ途中にしろ、円を描くようにぐるぐる、ぐるぐる、と回るのだ。ちょっとボケが進んでしまったんだな。しかし、ボケても相変わらずうちの三太はかわいいままだ。幸せなやつだ、まったく。
 写真は自分で腕枕して寝ている三太。たまに不思議な格好で寝てます。
070531_1 070531_2

| | コメント (2)

動物シリーズその4

この前行った井の頭自然文化園の動物たちの続き。象のはな子さん、サルと餌を取り合うハト(上のオレンジのボールをサルがいじるとなかから餌が出てくる仕掛け)、ヤギと七面鳥、黒鳥。
070525_11 070525_12 070525_13 070525_14 めだかの卵がついているかもしれない水草を引き上げてみたけど、それらしきものがみあたらず、結局自然のまま放置することにした。それにしても驚いたのは水草から根のようなものが生えていたこと。たくましい!
 

| | コメント (0)

今日も出張

ここのところ出張が多い。今日は昼まで。ギリギリなのは嫌なので早目に出すぎて、予定より早くついてしまったので、近くの小さな公園でしばらくぼけっとする。タンポポがいっぱい咲いていた。綿毛がかわいい。小さい頃、この綿毛が耳に入ると耳が聞えなくなる、って言ってたけど、本当なのかな?黄色い花はさっき調べたらキンシバイ(金糸梅)という花。昨日の天気予報ではくもりのはずだったのに、いいお天気だ。父と母は昨日の夜、立山黒部の旅行から帰ってきた。おとといは曇りがちだったものの、昨日は雲ひとつない晴天にめぐまれ、残雪の山々がとてもきれいだったと早速デジカメで撮った写真を自慢げに見せる父。よかったね。疲れたので今日はとんかつでも食べてさっさと寝ようっと。
Photo_45 Photo_47 Photo_48 Photo_49

| | コメント (2)

新たな発見・家のこと・動物その3

家の補修に伴い、我が家の西側のベランダに放置してあった三太の「使われなかった犬小屋」と、同じくらい昔によく考えもせず通販で買ってしまったが安物買いでいまいち使い勝手が悪く数回使っただけのベランダのテーブルセットを始末した。ガラクタがなくなりすっきりとしたら、ただ物置と化していたこの使われないベランダがとても魅力的に見えてきた。この家を建て直した時は、父が吟味もせず思いつきのように本当に一存で、私なら絶対契約しないだろう業者と契約してしまい、また、セットバックやら色んな規制で思うような家にはならなくて落胆したものだ(建て直してからの約6年間、ダンナがうちの仕事ではなく会社勤めをしていた間は、ローン返済の足しにここらへんの平均的な家賃並みの支払いはしていたのだから、ちょっとは契約時に相談して欲しかった)。店舗だけは結構いいと思う。私とダンナがこの仕事を継ぐことを決めてから、店をしっかりつくっておいてくれたことを私たちはとてもありがたく思った。建築当時は私とダンナがこの店を継ぐことはあまり想定になかったはずだが、父の代で終わりになるかもしれない店舗部分がこの建物の中のハイライトという感じだった。あと何年使うかわからなくとも、店だけはしっかり作りたいという父の意地だったのだろう。落胆した私ではあったけれど、その後少しずつだがこの家を好きになれるように長所を見つけながら自分なりに工夫したりして、狭いけど自分なりに一番落ち着く場所になった。この物置と化していたベランダもその当時はものすごくちっぽけに見えて、まったくその価値を見出そうとは思わなかった。今改めて見ると、お隣さんがうちの後に建て直したことも影響しているけど、椅子をもちだしてのんびり読書したりするには狭い故に落ち着きそうだ。人目も気にならないし、ビルの間から見える空もいい感じかも。今度、実行してみようかなと思っている。なかなか家にいる時間がとれないのが悩みですが。
 もうひとつの発見。睡蓮鉢のめだか、少なくとも2匹はおなかに卵をつけてます!うれぴー!本当は水草についている卵を別のうつわにうつすべきだろうが、ジャングルのように睡蓮が伸びているので、このまま自然にまかせようかな。以前も一度、自然に赤ちゃんめだかが増えていたことがあったし。うーん、悩むところ。でも、わーい!うれしい!

動物シリーズその3。木の上でうとうとするりす、モルモット、マーラ、鹿。
070525_7 070525_8 070525_9 070525_10

| | コメント (2)

三太と一緒・動物シリーズその2

昨日から父と母はここのところ毎年恒例のように行っている立山黒部アルペンルートへ旅行に出かけた。旅行は天気が命。まして山となればなおさら。せっかくの旅行、今日の東京の空のようにピーカンの雲上だといいね。ああ、気持ちいいだろうな。三太は最近目が見えないせいだと思うが、人にくっついて眠るのが好きだ。私たちにふれていると安心するのだろう。私の腹の上でグーグー眠る三太とよっぱらったダンナにからまれる三太の写真、今朝の三太のアップ。
070527 070527_3 070527_2

動物シリーズ。今日はふくろう、メンフクロウ、アカゲラです。070525_3 070525_4 070525_5 070525_6

今日は予約があるので店を開けたが、ぼーっと店番してます。天気はいいけど、本でも読んでのんびりしていたい気分です。

| | コメント (2)

大慌ての朝・睡蓮鉢の水

今日は朝から出張だ。眠いけど起きなきゃ、と体を起こして絶叫してしまった!私のシーツの上に三太の足のスタンプがペタペタと!!しかも色は茶色!!慌てて寝床を飛び起き、家の中の惨状を目の当たりにした。昨日の夕方遅く雨が止んだのを見計らって、うんちょをさせるためにさんぽに出たのだが、結局2日連続で不発。昨日のブログに書いたけど、出ないのは回復の兆しかと少し期待していたのだが、結果は裏目に出た。2日分だから大量の「カレー」・・・。その大半は玄関マットの上に・・・(泣)。家中に捺してまわった「茶色のスタンプ」とまっ茶っ茶の三太の足を大急ぎで拭いて、クッションとスリッパと玄関マットを洗濯機でまわしてひとまず仕事に出る。シーツとふとんカバーは帰ってからだ!忙しい朝だったけど、やっぱり三太を怒る気にはなれなかった。私も少しは大人になれたのかしら?

うちの睡蓮鉢のことだけど、最近水が澄んできた。めだかを投入して以来、面倒くさがりの私は、蒸発分を足すだけで水を替えていないんだけど。最近本屋で立ち読みした「めだかの飼い方」の本に「筆者が実践している水替えしなくてもいい方法」が書いてあって、それによれば巻貝を鉢に入れておくとお掃除してくれて、何もしなくても澄んだ水を維持できるとあった。そうなのだ、実はちょっと前に発見したんだけど、うちの睡蓮鉢にはどこから来たのか小さな巻貝が3匹くらいいる。本当に小さいから、もう少し大きいのをお寺の池から頂戴してこようと思っていたが、この小さいやつで十分おそうじができるようなのだ。写真は今朝文字通りクソ忙しい中、澄んだ睡蓮鉢で泳ぐめだかをどうしても撮りたくて写したんだけど、中に沈めている睡蓮の鉢の土の上の飾りの砂利や睡蓮鉢の内側のきれいなグリーン色がわかりませんか?ちょっと、というよりかなりうれしいです!!小さいながらビオトープ化して、好循環が出来たようです!
070526

| | コメント (2)

日々のこと・動物シリーズ

昨日までの夏の日差しから一転、今日は久しぶりに本降りの雨だ。三太のうんちょが昨日は一日まったく出なかった。これは好転の兆しか?今日は雨でまださんぽに出かけていない。よっぽどしたければ家のトイレでするはずだが、まだしていない。吉と出るか、凶と出るか。うんちょに注目だ。
 家の外壁の修繕、結局屋根まで修繕することになった。結構な大修繕となり、予想外の大大大出費だ。我が家も負担したいと申し出たが、ふだん給料を貯金できるほど渡していないから、と親が出してくれることになった。ありがたいけど、ある意味出所は一緒だ。予想外の金額にかなり気持ちが萎えた。ダンナは「ま、がんばってまた仕事しましょう。」とか言っているけど、一生懸命働いたってなかなか遊ぶお金にはまわらず、家の修繕など生きていくために必要なことばかり大きなお金がかかる。人生って、そんなものなんかいなー。
 そんなことがあってか、昨夜はまた悪夢を見た。家の修繕の本契約をした翌日に近隣に大火が起こり、うちの方まで延焼しないだろう、と思っていたのにあっという間に火の手が迫り、全焼してしまうという夢。出かけていて、帰ってきたら我が家はなかったのだ。何も持っておらず、唯一着ていた服はあまり気に入ってない服とボロ靴。こんな夢見る私っておかしいのかしら?

動物シリーズ続き。070525カメ、モリアオガエル、本当に馬鹿でかかったウシガエル。 070525_1 070525_2

| | コメント (2)

リスが私を見つめてる!

今日の感動の一枚!私を見てくれてるの。すごくすごくうれしい一瞬!
070524_1

| | コメント (2)

バラのきれいなおうち・最近見たTV

昨日の夕方、買出しにでかけた時通りかかったバラのきれいなおうち。バラだけじゃなく、色々なお花がカラフルに咲いていた。ピンク、ホワイト、ブルー、パープルを中心にやさしい配色が印象的。毎日愛情込めて育てているんだろうな。しばし見入ってしまいました。

070523 070523_1 070523_2 070523_3 070523_4 070523_5 070523_6 070523_7 070523_8最近見たTV。映画「パッチギ!」「博士の愛した数式」、NHKスペシャル「パンダの子育て日記」。「パッチギ!」は期待せずに見たんだけど、最初からひきこまれてズルズルと見てしまい、感動してほろっと来てしまった。今の日本人が失ってしまった家族の強い絆や誇り、熱く燃えるような人々が印象的だった。「博士の愛した数式」は原作を読んでいたので見てみた。原作はより淡々としていて、映画は原作とは一味違って、よりドラマの要素が強かった。桜や桃?など四季折々の風景がとてもきれいで、博士のお宅がとても居心地が良さそうで、あんなうちの家政婦なら1日くらいならやってみたいななどと思ってしまった(絶対無理)。「パンダの子育て日記」はとにかくパンダのしぐさがかわいらしかった。なんでパンダってあんなにかわいいんでしょう。特に赤ちゃんを慈しむように抱く母パンダの姿は何だか人間の母以上に神々しく見えた。赤ちゃんパンダの可愛さは言わずもがな。飼育員と3ヶ月の子パンダの集合写真は圧巻だった。中国の宝、というより世界の宝です。

明日は久しぶりに一人で一日出張だ。がんばろう。

| | コメント (2)

三太の診察・ベランダの植物

三太の下痢が一進一退なので(この5日間はずーっとひどかった)、昨夜また三太を獣医さんに連れて行った。昨日はダンナを頼りにせず、私ひとりで「新兵器」に乗せて連れて行った。初の試みで出発時はちょっと緊張した。出かける頃はまだ明るかったので、よくよく見ればベビーカー(もどき)に乗っているのが犬だということがわかる。人間用にしてはかなり大きいので、目立ってこっぱずかしい。自意識過剰と思いつつ、「ばれないように、ばれないように」と祈る。大きなベビーカーを押していると頭の中で「♪しとしとぴっちゃん、しとぴっちゃん、しぃとぉぴーっちゃん♪」と「子連れ狼」の主題歌が鳴り響く。思わず、「アホか!」と独り言をいう。三太はベビーカーの中でおもらしをしないように直前に少し歩かせたので、疲れたようでベビーカーの中でおとなしく「ちまっ」と座っている。ベビーカーのネット越しにその姿が見えてとてもかわいい。途中、ごそごそと動いていたものの、心配していたように中で「降ろせー!」と大泣きすることもなく、無事に病院に到着した。慣れないベビーカーを押す恥ずかしさと緊張を差し引いても、体的にはかなり楽だった。便は細菌が少し多めだが、目立った異常はなし。おなかを痛がる様子もなし。今回はまた薬を変えた。先生、早く治してよ!診察代・薬代あわせて4,200円也。帰りは暗いので、気が楽だった。三太ならずとも、早く病院通いから開放されたい。先生、よろしくね。
 写真は診察を終え、ほっとしたいい表情をしている三太。心なしかほほえんでいるみたいだ。この写真はとても目が見えないおじいちゃん犬には見えない。でも、こんな顔を見せることは少なくなった。写真だから偶然にきりとれた「一瞬」なのだ。その他、オリーブの花、明るいイエローグリーンの葉がきれいでつぼみもついているセダム、気温が上がりますます葉を伸ばす睡蓮と元気なめだか。今日もいいお天気。気持ちのいい季節です。
070522 070522_1 070522_2 070522_3

| | コメント (2)

都会にも結構虫が生きている

朝、うちの前の道路にチョウがとまっていた。あわてて、撮影。後で調べたら、サトキマダラヒカゲという蝶らしい。あまりきれいな蝶ではないけれど。そのまま、ふとそばの紫陽花を見ていたら、ゲゲっ!!!なんと、鉢の陰にデカイ蛾が死んでる!7~8センチはあろうか。恐怖!私は大抵の昆虫は大丈夫なんだけれど、蛾とゴキブリだけは、恐怖の対象である。しかし、悲しいサガで激写してしまった。おなかが潰れ、緑色の卵のようなものが見えている。良かった、産み付けられなくて。触角がまだ動いている。瀕死の状態のようだ。写真におさめ、家に入って母に「見て見て!」と蛾の写真を見せると・・・!なんと、殺したのは母であった。今朝、家の前の掃除をしていて、ふと紫陽花の鉢を見たら、青々と繁った葉っぱの上に一枚の枯葉があるので、手でつまんだら、なんと蛾だったそうだ。さすがに母もびびって、すぐに払いのけ、手を洗ったそうだ。あー、こわー。けれど、こんな都会にもこんなに大きな蛾が生きているんだな、としみじみ生き物の力強さを感じました。今日のブログは昆虫のダメな人は大きくして見ない方がいいです。興味のある人は特にタテの写真を見てね。蝶のからだに生えている毛が光っているの。気持ち悪い写真だけじゃなんだから、今きれいに咲いているベゴニアを大きく載せました。それから、ダンナのバイク。これ、私どうしてもありんこの顔に見えるのよね。
070521 070521_1 070521_2 070521_3 070521_4

| | コメント (0)

朝のさんぽ・フリマ

朝からぬけるような青空がまぶしい。いいお天気で、うれしい!朝のさんぽ。まずは三太を歩かせて、うんちょをさせる。おとといほどひどくはないが、やはりかなり柔らかめ。何でなんだろう。もう3週間くらい、こんな調子で一進一退だ。うんちょをすると、やっぱり止まってしまった。一旦家までのろのろとだましだまし歩かせて、例のベビーカーに乗せて再び出発。乗せられるのがキライにならないように、ゆっくりと揺れないように心掛けながらバギーを押す。中の様子を見ていると、お座りをして、ぼーっとしているようだ。よしよし。小学校の校庭では少年野球チームが練習をしていた。バギーを止めて、しばし三太とともにボーっと練習風景を眺める。最近、この近所に住み大の阪神ファンのタレントのDさんが、この少年野球の指導を手伝っているようだ。真剣に一生懸命指導していて、本当に野球が好きなんだなーと思う。眺めていると、通行人がやはりベビーカーの中に気付いて驚いた顔をする。足を止める人には説明をしたりして、こんなコミュニケーション、以前はとれなかったのに、三太のおかげだな、と思う。
 さんぽから帰って、駅前でやっているフリマをちょっとのぞきに行く。朝一だったので、2つばかり、掘り出し物をゲット!200円の長袖Tシャツと、400円の7分袖のニットシャツ。ラッキー!!!
070520 070520_1 6億円の夢はあっけなく終りました・・・。んな簡単に当るわきゃないっての。わかっちゃいるのに、ワクワクするのよねー。

| | コメント (0)

三太でーす

三太でーす。毎日やることなくて寝てばかりいます。いいでしょー。最近は歩くのがかったるくって、ちょっと歩くともう立ったまま寝ちゃいます。ママがボク用にベビーカーのようなもんを買ってくれたけど、あれ、キライです。乗せられたら、多分途中で大泣きすると思います。覚悟の上乗せたほうがいいよ、ママ。
 ぼく、なかなか「んちょ」がよくならないです。昨日は玄関マットの上に具のないカレールーみたいなのたくさん出してしまいました。ママは「仕方ないね」って怒らないで片付けてくれたけど、パパはあまりの臭さに吐きそうになってました。また、お医者さんに行かなきゃならないかな。憂うつだよ。
0705191 0705192 0705193 0705194 0705195

| | コメント (0)

平和

いやな事件が多い。警官も犠牲になった発砲・立てこもり事件もまだ解決していないようだ。私の周りは一見とても平和だけど、このまま平和に暮らしていけるのだろうかという漠たる不安は常にある。犯罪者の行動は理解できないが、自分の中にも、犯罪に及ぶことはなくとも、暗いところ、見たくない部分、若い頃を振り返って「何であんなばかなことしたんだろう」と赤面し頭をかきむしり、恥じ入りたくなるようなことがある。けれど、人に助けられ、自分なりに妥協点を見つけながら、時間の経過に助けられて、なんとか均衡を保って生活している。犯罪を犯す人たちは、とても弱い人だと思う。そして、そんな人を生んでしまうのは、漠然としてしまうけど、やっぱり世の中を覆う不安のせいだと思う。他人を気遣う余裕のない世の中だから。不条理なことばかりだけれど、無理せず自分の出来る範囲でいいから、ちょっとでも優しい気持ちを持つことが大切なんだと思う。憲法も改正に向かって着々と動いているようだ。日本国憲法は日本のアイデンティティーのようなものだと思う。改正を望む動きには強い違和感を感じる。

| | コメント (2)

3匹の猫・とらぬタヌキ

とある日の夕暮れ時の3匹の猫たち。
07050531 07050532 07050533 07050534 07050535 ダンナが今話題のtotoビッグを買って来た。3000円分。初めて見た。6億円が当る確率はたしか480万分の1とか言ってたけど、宝くじやロト6よりずっと高いらしい。数少ない私の友人方、当ったら、バンバンおごっちゃうからさ!当るはずないと思いながら、ひととき、「発泡酒からビールに昇格だ!」などと当った時のことを考えてワクワクするおバカな夫婦でした。

もうひとつ。三太のキャリーカートですが、前輪にロックがかかっていたことが判明。かなり小回りがきくことが分かりました。うわー、すごい、楽々!!

| | コメント (0)

獣医さんに行く・三太のキャリーカートが届く・家の外壁補修始まる

昨日の夜、三太の下痢の薬がなくなったので、また獣医さんに行った。昨日はダンナが車を出してくれて一緒に来てくれたので、心強かったし、からだも楽だった。歩くのがおぼつかない(ほとんど私が抱いて行くしかない)14キロ近くある老犬を一人で病院に連れて行くのは心身ともに疲れる。取り寄せてもらっていた処方食3kgと犬用のジェル状の歯磨きももらう。三太の下痢はだいぶ快方にむかっている。また5日分の薬を出してもらい、治らなければまた検便。合計10290円也。

 そして今日、土曜日にネットで頼んだ犬用のカートが届いた。27キロの犬まで乗せられる。見た目はまるでベビーカー。予想はしていたがかなりでかい。組み立てて、とりあえず三太を乗せて家の周りを一周してみた。大きくて、小回りはきかない。でも、とりあえず三太は暴れず乗ってくれた。あまり、気乗りはしてないようだが。まあ、仕方ない。慣れてもらうしかない。最近は家の周りせいぜい100メートルくらいしかさんぽが出来なかったので、これでずいぶん行動範囲が広がる。もちろんさんぽをさせないのではなく、たまにはちょっと遠くに(昔のさんぽコースに)行きたいのだ。このカートは、まあ、犬のためというより、私たちのためのものかな。今までどおり、基本的にはなるべく三太は自力で歩かせたい。でも、これで獣医さんに行くにもダンナに頼らず(頼ってもあてにできずに、結局私一人で苦労することが多かったけど)、今までより少しは楽に行けるぞ!参考までに定価の3割引で28518円也。痛い出費だが、必要な出費。こういう時のためにお金はある!
 それにしても、子どものいない私がこんな風にベビーカー(らしきもの)を押して歩くようになるなんて。しかもよくよく見れば、中にいるのは人間じゃなくて、老犬!なんか、やっぱり複雑な気分です。「○○さんのところ、子どもがいなくて、とうとう犬をベビーカーに入れて連れ歩くようになっちゃって。大丈夫かしら。」なんていう陰口は・・・事情を知っている気心のしれた近所の人は言わないでしょう(笑)。

 もうひとつ。家の外壁の補修が本日から始まった。今日は足場組み。我が家も三太と同い年である(建て直した年に三太をもらい受けた)。犬も家も15年も経てば老いるしガタが来る。おそらく人間も一緒だな。
070516 070516_1

| | コメント (3)

おたまじゃくしを池に放す・スナップあれこれ

今朝起きて、ベランダのおたまをのぞくと、一番カエルに近かったおたまじゃくしが死んでいた。成長していたのに、ちょっとショックだった。なきがらをオリーブの鉢の土に埋める。やはりここに置くのは無理があるんだなと思い、お寺の池に返そうと思った。朝一で、ダンナと三太のさんぽがてら、お寺に行き、池に放した。池のおたまの数はだいぶ少なくなっていた。成長してカエルになったものなのかはわからないが、数センチほどのカエルを一匹見た。ザリガニもいた。スイレンも咲いていた。帰り道、クロアゲハ(?)を撮影した。本当に虫が多くなった。その他、日々のスナップ、道々撮った猫や花。
070515 070515_1 070515_2 070506_1 070506_2 070515_6 070508_5070515_4070515_7

| | コメント (2)

休みは必要だ

うちは定休日がない。もっとも会社勤めと違って、時間配分に対してはある程度自由はきく。勤務時間中でも仕事に差し支えない程度に家に戻ってしそこなった家事をしたり(それも結構面倒なことだから、あまりしないが)、必要な買い物に出かけたり、こんな風に気分転換にブログを書いたりもしている。会社勤めをしている人からみれば、かえって時間が自由に使えて幸せだ、通勤もないし、何を甘いこと言ってるんだ、と思うかもしれない。自己管理ができる人ならそうなんだろうと思う。けれど頭が固くて融通がきかない私にとって、定休日がない暮らしは結構辛い。もともと実家が自営業でプライベートと仕事の区別があいまいで、皆が騒ぐボーナスにも縁がなかったので、本当は堅気のサラリーマンの妻になりたかった。結婚してそういう時期もあったけど、時はバブル崩壊の真っ只中。ダンナの給料もジェットコースターのようだった(本当に激しかった。よく耐えたと自分で自分をほめたい)。ダンナが私の実家の仕事を継いでくれることを決意して、ともに仕事をするようになり、私は定休日のない暮らしになった。もともと根を詰めるタイプの自分は仕事をする時と休む時を本当は分けたいのだ。休みたいのに休めないことが恒常的で、がんばらなくちゃ、やらなくちゃ、これができないなんてダメ人間だ、と寝ても覚めても仕事のことばかり考えておかしくなった時もあった。今はもうそこまで根を詰めることはなくなったけど、仕事のパターンは変えられない。ならば、息を抜こう。まともに休業できないなら、あえて受動的な仕事しかしない日を週に2日作ろう(それだって、主婦としての仕事はしなきゃなんないんだから)。仕事がのらない日はダンナに甘えよう。ダンナがのらない日は私がちょこっとがんばろう。昨日、おととい、仕事をやる気が起こらず、その気持ちに従い、デスクワークはほとんどしなかった。今日は仕事がはかどっている。やっぱり、メリハリだよね。

| | コメント (2)

母の日

母の日だ。どこもかしこもずいぶん前から母の日を喧伝するので、無視したくても無視できなくなってしまう。困った風潮だ。私は二世帯住宅だし、自営の仕事だから、それなりに普段からまあまあ孝行はしているつもりだが、こう世間が母の日に熱を入れていると無視するのもなあ・・・。お金はないし、そんな私の懐具合を十分わかっている母からは「何もしなくていいから」と釘を刺されていたし。今朝になってふと数日前に見たデパートのチラシを思い出し、お昼においしいお弁当でも食べてもらおうかと思い立ち、朝一にデパ地下でお弁当を買って来た。迷いに迷って、結局なだ万の懐石弁当。おいしそう。自分でも食べたいけどここはガマン。この前、友達とおいしいフレンチ食べたばかりだし。もちろん仕方ないけど父にも奮発。いいなー。義理の母には花束を送りました。まあ、そんなことでごまかしました。ふたりには年も年だから、とにかく元気でいてほしい。
 私だって、三太の母なのよ。でもごほうびはないのよねー。三太が元気でいることがごほうび。
 写真はブラシの木と昨夜の三太。
070513 070513_1

| | コメント (0)

おたまの新居・てんとうむし・その他

さっそくおたまじゃくしの新居。大昔買って、でかすぎて使用頻度が低いサラダボール。石はこれもまた大昔、ダンナと行った伊豆の磯で拾った石。漬物石にいいかなーと思ったけど、出番がなく、何となくベランダに放置してあったもの。役立ちました!芙蓉の葉に来ていたてんとうむし。つい先日は黒に赤い星二つのてんとうむしを見た。そろそろ虫も増えて来てますね。その他、今朝収穫した青じそ。オリーブのつぼみ。
070512 070512_1 070512_2 070512_3あーあ、全然仕事する気になれない。かと言って、積極的にリフレッシュもせず。無為な一日を過ごしております。

| | コメント (2)

おたまじゃくしの成長

GWに近くのお寺の池で甥っ子が捕まえて来たおたまじゃくし。成長してます!手足が出てきて、顔がかえるっぽく(目がとび出てきて、口も大きくなってきた!)なってきているやつがいます(写真中央。大きくして見てみて!)。面白いです。まだしっぽが長くおたまじゃくしっぽいですが、上陸に備えて、器を替えて大きめの石を入れてみようと思っています。いつ生まれ故郷の池に戻そうか、思案中です。もう少し見ていたい。
070511 070511_1 070511_2

| | コメント (0)

三太の具合

三太のおなかの具合がなかなか治らない。毎日薬を飲み、消化器サポートの療法食(先生がサンプルをたくさん下さった。ありがたやー)を食べさせている。嘔吐はなくなったが、便がゆるいのが治らないので、おととい、獣医さんにまた三太を連れていった(3回目)。毎回検便をしているが、ウィルスはおらず、細菌が少し多いらしい。今回は薬の種類を変えてみたそうだ。食欲は落ちておらず、体重も変化なし、ボケと衰えは確実に進んではいるが、相応に元気はある。ここ1年くらいの間に獣医さんに通うことが増えた。結構お金がかかっている。ずーっと病気に縁がなく、元気で親孝行をしてくれていたので、仕方がないことだと思う。柴犬だから、トリミングやおしゃれにはまったくお金をかけていないし。お金は何とかなるけれど、病院嫌いゆえ、病院にいくことが逆にストレスになり、寿命を縮めるのではないかと心配。写真は昨日の夜の三太。
0705101 0705102 0705103

| | コメント (3)

友人とのランチ

久々に大学時代の友人とランチ。三宿にある「コム・ダビチュード」というフレンチのお店。私は前菜にごぼうのスープ(上にごぼうのフライがトッピングしてあり、スープの中には白身魚のソテーが入っていました)、主菜に酵素ポークのソテー・マッシュポテト添え、デザートはレモンのスフレ、エスプレッソをいただきました。どれも絶品!!今まで食べた(数少ないが・笑)フレンチの中で最高のおいしさだった!以上のコースで2800円。ちょっとぜいたくですが、大満足です。飲めない友人を尻目においしいビールもいただき、昼間から赤ら顔になっちゃって。お店の雰囲気も気取っていなくて、とても居心地がいいのです。フレンチでまた行きたい、と思ったのはここが初めてです。
070509 070509_1 070509_2 その後、友人のおうちにお呼ばれしました!きゃー、うれしい!その友人のおうちにはカメやカエルや水辺の生き物がいっぱい。私はしばしそれらを眺め、堪能しました。特にパンケーキリクガメは想像していたよりずっとずっとかわいかった。恐竜っぽい顔がとてもユーモラスで、何か考えているような気すらしました。ちょっぴり私も欲しくなりました(絶対無理ですが)。あと、イエアメガエルが好き。とぼけた顔とてぷっとした体がとてもチャーミング。友人からは女の子でこれが好きっていうのは珍しいと言われましたが、そうなんでしょうか。大きなコオロギを食べるところまで見せてくれました。驚きの速さ。Cちゃん、お招きいただいてうれしかったです。また寄らせてくださいね。
070509_3 070509_4 070509_5 070509_6 0705092 0705093 天気も最高に気持ちよく、歩いたことのない私にとってとても新鮮な三宿の町を歩いて、友人とおいしいものを食べながらたくさん話をしました。幸せです。

| | コメント (4)

疲れた~・驚いた・その他

  • 午後はいつもにもまして緊張を強いられる仕事だった。疲れた~。
  • 昨日の朝日新聞の夕刊で「凸版彫刻師」という職人さんが出ていた。初めてそんな職業があることを知った。株券や商品券、パスポートなどのめちゃくちゃ細かい原版を彫刻刀で彫る仕事だ。その原版にインクを流し込み、圧力をかけて印刷するそうだ。一人前の彫刻師になるには20年はかかるという。これから先も必要な技術だそうで、今年はひとり、新人が入ったそうだ。何でも機械化の時代、しかも最先端を行く印刷業界でも人の手でしか出来ない仕事があるんだな、と驚いた。
  • ジローラモが自分と4つしか年が違わないことに驚いた。外人さんて熟成してるのね~。ジローラモがいいと思うわけではないが、年ばかりとって、熟成が進まぬ自分が何だかチャチに感じた。
  • 写真は今日の睡蓮鉢(だいぶ葉っぱが出てきました・めだかが元気に餌を食べています。良かったー!)、新緑のギボウシ、満開のミントブッシュ、一時期葉っぱを収穫してしまって茎だけだったのにまたまた元気に成長してきた青じそくんです。070508 070508_1  070508_2 070508_3

| | コメント (0)

ど根性フラワー・甥っ子たちの置きみやげ

近所でど根性フラワー発見!しかも、結構きれい!
070507 070507_1 甥っ子たちが残していってくれたもの。お寺の池で捕まえたおたまじゃくし(もう少し観察してから池に戻します)。新宿御苑の森の中で夢中になって拾ったどんぐりやさくらんぼを使った絵(買ってあげた黒いグローブでキャッチボールしている)、新聞紙で作ったこいのぼりと三太の顔。
070507_2 070507_3 070507_4 070507_5                                   

| | コメント (0)

見てしまった!

5月2日、その日は朝から出張の仕事で一日肉体労働に励み、出張から帰って残務整理の後、三太の下痢が治らないので連休前の激混みの獣医さんへ再び薬をもらいに行き、7時半過ぎようやく戻ったとたんに妹一家が上京するという、めまぐるしい一日でへとへとになり、9時ごろになって近くの中華ファミレスへ夕飯を食べにダンナと出かけた。居た!笑顔で出迎えてくれたのはあのスガシカオ似の店員さんだった!相変わらず接客態度がよくて、テキパキと仕事をする姿を目で追う私。餃子をつまみに中ジョッキ飲んで(まるっきりおやじ!)、締めにお肉と野菜がのったタンメンを食べて帰りました。その翌日のお昼前のこと、私はあのスガシカオ似くんが、まんが喫茶から出てくるのを目撃してしまった。それもまんが喫茶の店員らしき姿で!それにキャー、タバコ吸いながら!まさか一介の客である私をシカオ似くんが覚えているわけはないと思いながらも、昨日の今日だったのでなぜだか私がドギマギしてしまい、ついつい「見てませんよ~」ってな感じで目をそらせてしまった私。そうか、スガシカオ似くんはフリーターだったのか。彼のレストランでの仕事ぶりなら正社員になれそうなものなのに。色々事情があるんだろうが、不安定なフリーターでいるシカオ似くん。まんが喫茶ってところがますますシカオっぽくて謎めくわ。人にはいろいろな顔がある、と改めて思ったのでした。

| | コメント (0)

GW後半の出来事

GWも明日で終わりだ。平日には大仕事有り、三太の下痢が治らず獣医さんに行ったり、母が体調を崩して大学病院に検査に行ったり、関西から甥っ子一家が遊びに来たり、と何だか目が回りそうな数日間だった。甥っ子が来てからは仕事はそっちのけで、私たちも腹をくくって遊んだ。皆が遊んでいる時に仕事をしているのはしゃくだったから、甥っ子の襲来はちょうどいい休みの言い訳になったかも。といってもチビたちのパワーについていくのは楽しいけれどやっぱ疲れる。父ちゃん、母ちゃんはこいつらと毎日過ごしているんだからすごいな。母はひとまず元気を取り戻し(6月に再検査)、三太の下痢は相変わらず治らない。天気に恵まれ、思い出に残るGWとなった。あー、明日からは元の生活に戻らなきゃ。仕事がたまっている! 以下はGW後半のスナップの一部です。
0705051_1 0705052_1 070505 070505_1 070505_2 070505_3 070505_4 070505_5 070505_6 070505_7 070505_8 070505_9 070505_10 070505_11 070505_12 070505_13 070505_14 070505_15 070505_16 070505_17

| | コメント (2)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »