« ほぽちゃん | トップページ | 秋の実り »

久々にお寺に行く

届け物の帰り道、久しぶりにお寺に寄ってみました。今日は何だか気持ちがブルーで、お寺のすがすがしい空気の中でちょっと一息いれればまたやる気が出るかな、と思いながら、池の観察を始めました。池の水はほとんどなく、藻がたくさんはえてきていました(うちの睡蓮鉢も同じように藻が発生し始めた)。「こんなじゃカエルもいないかな」と半ば諦めていたけれど、ほどなく1匹目、みーつけた!水がたっぷり入った池の中に漂うアカガエル。
Photo Photo_2
足を伸ばしたまま動かないので、死んじゃってるのかと思ってしばらく観察していたら、突然ものすごい勢いで底の方に潜って見えなくなってしまいました。元気でよかった。
池の掃除の途中だったらしく、池の中には水の中で腐った睡蓮の葉や藻をすくうざるのようなものや、すくいあげたヘドロちっくな葉っぱたちが、青いカゴの中に入っていました。何の気なしに、カゴの中のどろどろを見ていたら・・・!!一匹、1cmくらいの小さな緑色のかわいらしいアマガエルを発見!やったー!と、間もなく同じカゴの中にあと2匹、同じくらいのかわいいかわいいアマガエルを見つけました。この池でアマガエルの姿(声は聴けるんだけどね)を見つけたのは初めてだったので、感動ものでした。けれどあまりに小さく、また、背景もあまりきれいじゃなく、しかも柵にはばまれ近寄れず、カゴの全景を写すにとどまりました。このカゴの中に3匹いると思って眺めてください。そして、アマガエルの撮影を諦め、視界をずらすと・・・!またもやアカガエル発見。今度は近くです!しかも厚くはった藻の上にちまっと座っておりました。わかりますか?
3 Photo_3
今度は近くで撮影できました。家に帰ってからカエル図鑑で調べました。多分、ヤマアカガエルだと思います。写真を撮って、さて、この距離なら捕まえられるか、と手を伸ばした途端、ジャンプして手の届かないところへ逃げられてしまいました。
1 2
カエルがあまり好きではない人には耐えられないかもしれないけど、私はこんなに近くで、しかも家の近所でカエルに出会えた喜びで今日一日がものすごくハッピーになりました。
 ・・・おまけ・・・
お寺から帰ろうと出ると、向うからものすごい低い変わった形の車が近寄って着ました。うーん、この特徴ある形はクルマオンチの私でも子どもの頃のスーパーカーブームで覚えたカウンタックだとわかります。そして、なんと、お寺の門前の熱帯魚屋さんの前でとまったのです。中からいかついサングラスをかけ、真っ白いスーツを着た人が降りました!その人はTVなんかにもたまに出るN獣医でした。うーん、すごいいでたちで、只者じゃないオーラをそこいらじゅうに振り撒いて、熱帯魚屋さんへと消えてゆきました。
1_2 2_2

|

« ほぽちゃん | トップページ | 秋の実り »

カエル」カテゴリの記事

出来事あれこれ」カテゴリの記事

コメント

「まっかちん」て店名がすごいね。ザリガニの呼び名でしょ。って、またコメントがずれてる?
獣医さんて名前はわかんないけど、口ひげ生やした爬虫類を扱う人?ミニカーが町に止まっているみたい!

投稿: Chicago Guy | 2007年10月16日 (火) 00時47分

ちょっとブルーな気分がカエルくんたちのおかげで少しすっきりしたんじゃないでしょうか?癒し効果絶大ですね。カゴのなかに「3匹のカエル」がいるつもりで見てみましたが、何もみえず(笑)でも、なんか癒されました(笑)ヤマアカガエルっていうんですねえ。メモメモ・・・。

スーパーカーブームありましたね!!ランボルギーニですね~この白い車とペットショップとの差もすごいけど、ヤマアカガエル2匹の写真のすぐ下のこの白い車の写真2枚という落差がすごい(笑)

投稿: kero | 2007年10月16日 (火) 14時45分

Chicago Guyさん
そうか、まっかちんて前にもChicago Guyさんに教えてもらった記憶があるけど、ざりがにのことなのね。知らなかったよ~。
>またコメントがずれてる?
えーと、いえ、別にずれてません(笑)。
N医師は多種多様な生き物を飼っています。ひげはなかったと思うけどな。爬虫類専門の人ではないです。

keroさん
はい!やっぱり生き物からはエネルギーもらえますね。
こいつらもがんばって生きている、って思っちゃうんです。
ただし、ゴキちゃんとガ以外・・・。
都会の片隅の小さなオアシス、仏教徒でなく池に直行なんですけど(笑)、私には貴重な場所です。
スーパーカーブーム、keroさんも知ってますよね(笑)。
なんか懐かしい。

投稿: ぽんすけ | 2007年10月16日 (火) 16時28分

この記事へのコメントは終了しました。

« ほぽちゃん | トップページ | 秋の実り »