« うれしいサイプライズ続き・ホリデイ | トップページ | 12月の真ん中 »

ハイカイ王子・ハカイ王子

3晩続けて、夜中に三太が遠吠えをした。それまで静かに寝ていたのに、急にわんわんほえ始め、なだめすかしてもわおーん、わおーんと遠吠えを始めてしまう。夜中のハイカイはほぼ毎晩あるが、今までないたり遠吠えをすることはなかった。幸いなことに、遠吠えはそれほど長くは続かず、お隣に迷惑を掛けるほどではないと思う。眠っている間に、突如「ボケスイッチ」が入って、急に不安になって吠え出す感じ。こうなるとひとしきりほえた後、ハイカイが始まる。それはもう、無我夢中で、何も見えず、めくらめっぽう、歩き回る。私たちが眠っていても、キャタピラーのついた戦車のように、からだの上といい、顔の上といい、猛然と歩き回る。目をつぶっていてもまぶたの上にいきなり三太の手の肉球がのっかってくる。三太をなだめながら、からだを押さえつけても、しばらくはいやがって隙あらば私やダンナの腕から逃げていく。部屋の中のものや壁にぶつかりながら、しばらくハイカイして、そのうちにだんだんに正気にもどるのか、それとも疲れてしまうのか、何度目かに三太を抑えて抱えているうちに大人しく眠り始める。三太の夜中のハイカイブルドーザーのせいで、枕元の電気スタンドがハカイされてしまった。シェードがひしゃげて、電球がむき出しになり、「熱した電球に三太が乗ったら」と思うと、怖くておちおちつけていられないし、おまけにみすぼらしくて、早く買い替えたい。
 最近は家の中でぐるぐる回るボケ運動も、どんどん技術が向上して(?)、まわるのがやっとの狭い空間でもひたすらぐるぐるとまわり続けている。やっぱりボケは進行しているようだ。夜中の遠吠えがもっとひどくなったらどうしよう、と不安になるが、それはそうなってから考えることにして、考えない。今のところ、アタマ以外は順調なのが救い。体の調子が良ければ、粗相も滅多にしない。おしっこのタイミングが不安な時は私やダンナが夜中に三太が起きた時にトイレに連れていくし、私たちが知らぬ間にも、多分寝ぼけながも、目が見えなくてフラフラしながらも、ちゃんとトイレで用を足している。粗相するのはやっぱり体調が悪い時なんだと認識を新たにし、三太に感心する私たちである。

|

« うれしいサイプライズ続き・ホリデイ | トップページ | 12月の真ん中 »

三太」カテゴリの記事

コメント

コメントをご無沙汰しちゃいまして、ごめんなさい。
うれしいサプライズ続きで、忙しくもめでたい正月を迎えられそうだね。
三太君のために夜中起こされるのは辛そうだけど、愛があるから許せるのね。電気スタンドはまあ、そのままで我慢してなさい(笑)
あたしは冷蔵庫が欲しい・・・

投稿: Chicago Guy | 2007年12月15日 (土) 02時17分

Chicago Guyさん
お忙しかったようで。
正月か・・・。
毎年思うけど、正月ってなんか突然来ない?
三太に夜中起こされるのはもう慣れました。
初めの頃は辛かったけど、さすがにね。
赤ちゃんの授乳と同じと思っています。
冷蔵庫ってアンタ・・・。

投稿: ぽんすけ | 2007年12月15日 (土) 18時51分

この記事へのコメントは終了しました。

« うれしいサイプライズ続き・ホリデイ | トップページ | 12月の真ん中 »