« 今日会った人 | トップページ | 今日もいろいろ・・・平和に眠る三太 »

仕事ついでに監獄正門へ

昨日の夕方、仕事に行く途中に通りかかった豊多摩監獄表門。大正時代に有名な建築家によって作られた建築物だそうだ。今は作らないであろう重厚なレンガ作りが、結構すてき。以前はこのあたりは中野刑務所があった。その前身が豊多摩監獄で、とても壮大な建物群だったらしい。豊多摩監獄時代には、歴史の教科書でもおなじみの大杉栄や小林多喜二らが入っていたこともあるそうだ。広大な跡地は緑豊かな「平和の森公園」や法務省の施設などになっている。法務省の施設の一角はCAPICという、刑務所で作られた製品の展示販売場もあって、のぞくと結構色々あってオモシロイ。ただし、センスはやっぱりイマイチ、いやイマニ、くらい(笑)。以前入った時、「アド街」の薬丸印でとりあげられていた「函館プリズン」の前掛もちゃんと売っていた。私は三太のさんぽ時のうんちょつかみ用の新聞紙を切るための木製のペーパーナイフを買ってみた。170円也。
Photo Photo_2 Photo_3

|

« 今日会った人 | トップページ | 今日もいろいろ・・・平和に眠る三太 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

「とよたま」って住所には妙に覚えがあるけど、こんなところがあるんですね!知りませんでした~。

ペーパーナイフ、170円。切れ味はどうかしら?

投稿: kero | 2007年12月20日 (木) 13時09分

keroさん
地名の「とよたま」は「豊玉」のような気がします。
「豊多摩」には実は縁があるんですけど、この監獄ではありません(笑)。
刑務所、ちょっと昔まで近くにあったんですね。
もっと早く自覚していれば見ておくんだった、とか、とっておけばよかった、と思うこと、ないですか?
ペーパーナイフの切れ味ですか?うーん、170円なりです。

投稿: ぽんすけ | 2007年12月20日 (木) 19時28分

この記事へのコメントは終了しました。

« 今日会った人 | トップページ | 今日もいろいろ・・・平和に眠る三太 »