« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

子どもは宝

4ヶ月の赤ちゃんが来た。最初はご機嫌だったのに、雲行きがあやしくなり、とうとうお母さんも困惑するほどの大泣きに。火がついたように泣く、というのはああいう状態なんだろうな。泣いて泣いて、全身で泣いて、手も足も突っ張って泣いて、途中一旦泣きやんだと思ったら、また泣いて・・・。泣き疲れてやっと眠りました・・・。
 昨日は悪ガキとその母親たちに閉口した出来事を書いたけど、子どもは大好き。赤ちゃんをやさしく抱きしめるお母さんを見ると、神々しくさえ思ってしまう。子どもはこの世で一番の宝物であり、神様からの贈り物だと思う。
Photo_3








(写真は本文とは何ら関係ありません・笑)

| | コメント (3)

お母さん!

Photo 今日のお昼は手抜きで、マックにダンナとふたりでたまごダブルマックを食べに行った。平日のオフィス街のお昼時とあって、マックの店内は大混雑。けれど、私たちはちょうどタイミングよく空いた席に座ることができた。ラッキー!私たちの席の隣の4人がけのテーブルに、近くの幼稚園の園服を着た悪ガキそうな幼稚園男児が子どもだけ3人で座って(というか、まともに席についてはいないけど)いたので、一瞬「ここはどこ?」とぎょっとしたが、しばらく様子を見ていたら、子どもたちの斜向かいのカウンター席に、子どもたちに背を向ける形で座っている女性3人組が、園児たちのお母さんであることがわかった。後ろを向いたお母さん3人組は子どもたちそっちのけで、おしゃべりに夢中。その間、子どもたちは食事を中断しながら、席を離れたり、イスの上に登ったり、やりたい放題している。その間もオーダーを終えて、トレーを手にしたサラリーマンたちが席がなくてうろうろしている。こういう風景ってマックで結構よく遭遇するんだけど、まったくお母さんたち、しっかりしてくださいよ~!!困っている人がそばに立っているんですよー。皆、あなたたちを見てるんですよ~。おしゃべりしたい気持ちは私だってよーくわかりますけど、子どもも好き放題、お母さんはそんな子どもをたまにちらちら見てはいるけど、本気で注意もしないどころかちょっかい出して、子どものおふざけを助長しているし。こういう時はやりたい放題の子どもをきちんとたしなめて、さっさと食事を終えさせて、おしゃべりし足りなければ、もっとすいた場所に移動するのが、子どもの教育者たるお母さんのつとめだと思うんですけど。
 「こらっ!ダメよ、ここで遊んじゃ!ちゃんと早く食べちゃいなさい!席が空くのを待ってる人たちもいるのよ!」と私が代わりに言いたかったけど、そんなこと、言えましぇん・・・。

| | コメント (5)

大事な精油たち

Photo 昨日の日記でアロマテラピーに触れたので、私のアロマ生活をちょいと。
 3~4年前、仕事や日々のことで悶々としていた時、出会いました。ちょっとでも助けになってくれるかな、と。まだ慣れなかった出張の仕事に行かなければならない時、お守りのように精油を持って行きました。日帰り出張の時は朝ハンカチに精油をたらし、緊張した時にそっとにおいをかぎました。ハンカチを鼻先に持っていかなくても、ポケットの中からほんのりと香りが漂い、うれしかったです。泊まりの出張の時はラベンダーの精油を持って行き、部屋でアロマにつつまれると緊張がほどけていくのを感じました(ラベンダーやティーツリーのオイルは虫さされやにきびにもつけられるので、旅先での実用性もあるのです)。精油は、大自然の木や花から抽出した100%純粋な香りです。私は木や森を感じさせる香りが特に好きだけど、精油を持っていると、そういう自然に囲まれて、守られているような気持ちになります。イマジネーションが豊かになる気がします。
 オイルに混ぜてマッサージオイルを作ったり、無香のハンドクリームに混ぜて自分の好きなにおいのクリームを作ったりもしたけれど、ハンカチなんかに落として携帯するのが一番手軽で、好きです。

| | コメント (3)

季節到来

 先週あたりから花粉のニュースをあちこちで聞く。今年は去年の3倍とか、飛び始めも早いとか。春はうれしや、でも花粉はこわい。そろそろお医者様に行って先手を打たねば、とだいぶ以前から機会をうかがっていたが、今日やっと耳鼻科に行き、薬をもらって来た。既に鼻に異変を感じているので、タイムリミットだった。
 去年は悲惨な目にあった。花粉量は少ないという予報も出ていたし、ここ2~3年はお医者様から言われたとおりに、まじめに1月の中旬~下旬には薬を飲み始めていたので、最悪の症状に悩まされず、花粉症のひどい辛さをつい忘れ掛けていた。「今年は薬に頼らないでがんばってみようかな?」と思ったのが甘かった。まだ花粉症の症状も出ていなかった2月の中旬、箱根方面に1泊温泉旅行に出かけ、1日目は雨と風の大嵐で動きがとれず、旅館でまったり温泉と読書三昧、2日目は海に出たり、梅林で梅の花を堪能したんだけど、前日の嵐の余波で猛烈に風が強かった。午後から急激にひどいくしゃみと鼻づまりに襲われた。夕方、海辺の温泉で一風呂浴びた後、売店に売っていたペパーミントの精油を買って帰りの車の中ではティッシュに落とした精油を嗅ぎっぱなしだったが、あんなにひどくなってからじゃ、ソフトなアロマテラピーではどうにもおさまらなかった。帰り道は本当に辛かった・・・。
 そんな訳で、今年はやはり本格的に飛び始める前に受診をしたのだった。ひとまず安心を手に入れた・・・。GW明けまで2週間毎の混んだ耳鼻科の医者通いは正直うんざりだ(マスクと薬代だってバカにならない!)が、あの辛さと日々の暮らしへの影響を考えれば仕方がないか、と自分の体質を恨む。

| | コメント (3)

クロックスのマンモス

Photo_2 給料日が来たことに気をよくして、店の用事の帰り道、うちの周りで唯一「おっしゃれ~!」な感じの雑貨&洋服屋さんをのぞいてみた。おっと、かわいいピアス発見!でもちょっと若いかな~?今しているシンプルなピアスもここの店で買ったんだけど、もう何年も毎日ほとんどこのピアスを愛用しているのだ。目にとまったピアスは結局ちょっとかわいすぎ、という理由で却下。
 次に目にとまったのはクロックスのマンモス。夏に大ブームだったクロックス。欲しかったけど、来年にまわすことにして、結局買わずに終わった。そのクロックスの冬用。中に着脱のできるあたたかいボアがついていて、ためしに履いてみるとこれがまたポカポカ!!すんごくあったかくて、ラクチン!一目惚れならぬ「一履き惚れ」でオリーブグリーンのマンモスをお買い上げ~!
 私の靴はピアスと同じで、好きなものを壊れるまで(修理して)とことん履き、その上、ドレッシーな洋服はまず着ないほとんどジーパンの生活スタイルが定着しているので、本当に靴の数が少なく、靴箱のぞいたらあまりの靴の少なさに驚くはず(っていうか、女らしくなくて恥ずかしくて見せられないわ・・・)。以前観た大好きな映画「In her shoes」のヒロインは履きもしない美しいハイヒールを集めるのが趣味だったっけ。久々に一足、お気に入りの靴が加わりました~!
 帰り道、でっかい秋田犬に出会いました。顔なんか私の頭より大きいの。ふさふさであたたかそうな毛に触ってみたかったけど、さすがにビビリました。あったかいだろうな~。
Photo_3 Photo_4

| | コメント (3)

雨ニモマケズ

 他愛もないことで、心が波立ってしまった。いつもそうだ。聞き流せばいい、とか係らなければいいことを真に受けてしまう、どうしようもなくアホな自分。
 宮沢賢治の「雨ニモマケズ」が読みたくなり、探した。

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシズカニワラッテイル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニイテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ束ヲ負イ
南ニ死ニソウナ人アレバ
行ッテコワガラナクテモイイトイイ
北ニケンカヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイイ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
ソウイウモノニ
ワタシハナリタイ

全文書いてしまった。子どもの頃、教科書で読んでもまったくピンと来ないものが、大人になると妙に胸に響く。子どもにこの文をわかれ、と言って教えたのではなく、きっと大人になってこんな時に思い出すために教えるものなのかもしれない。
 小さな世界でもがいている私。

| | コメント (5)

朝から三太が・新しい仕事

Photo 朝も早よから、三太が枕元で吐いた。黄色い胃液。胸焼けしているのか。ここのところ調子がよく、吐くのは久しぶりだが、多分心配はなく、一過性のものだろう。まだ私もダンナもふとんの中にいた時に枕元でケコケコ吐き出して、すんでのところで寝具をよけ、汚されずに済んだ。床の胃液を拭いていたら、今度はその場でおしっこ・・・。胃液を拭いていた雑巾でなんとかおしっこもキャッチ、こちらも寝具への被害なし。寝ぼけているのか?上から下から出しまくりの三太。おかげで眠気もすっきり覚めました。

 同業者から新しい仕事を譲り受けることにした。男性より女性に適性がある現場なので、主に私がやることになりそうだ。年間通してほぼばらつきなく入る仕事で、そこそこの収入も見込め、さらにその後の仕事にもつながる発展性のある仕事だ。収入増はさておき、仕事自体がとても魅力があり、やりがいのある仕事だ。近日中に前任者に説明を受けに行く予定だ。
 今でも忙しいのに、これ以上新しい分野を増やしていいものか、打診を受けてから長いこと家族を交え悩んだけど、不安より、魅力が勝った。私につとまるか不安もあるし、やってみないとわからない不確定要素の多い仕事だけど、心配ばかりしていたら前には進めないし、今までこの仕事を怖がりながらも何とかやってきた自分を信じて、がんばってみようと思う。この仕事は4月から。来年の今頃は「農閑期」もちょっと事情が変わっているかもしれない。今年の冬ののんびりを大事にしたい。

| | コメント (4)

サクラサク・「農閑期」

 昨日は雪が積もったけど、そんな雪の中で、サクラが咲いた!そう、友達のお嬢さんの高校受験の結果が翌日にはもう発表になって、見事合格!パチパチ!友達もとても頭のいい人だったから、その血(知)を受け継いだ子どもも心配なし、って思ってたけど。本命はこれからだけど、安心してがんばってほしいものだ。昨日はおいしいケーキでお祝いをしたそう。良かったね。

 昨日とはうって変わって、太陽がまぶしい明るい朝。・・・だというのに、私はなんだかどよんとしている。まぶたがはれぼったくて、頭もボーっとしている。眠気がひどい。ダンナにそう話すと「ここのところ、ジョギングだ、ヨガだと、珍しいことしたからだよ」という。う~ん、そうかも。今頃の時期になると、仕事の忙しさから開放されて、ちょっとバランスが崩れるのだ。うちの仕事は季節的な濃淡があるので、2月いっぱいくらいまでは農家でいうちょっとした「農閑期」みたいなもんで、「リハビリ」の時期なのだ。先日、TVで湯治場に集う人たちの特番があって、おじいちゃん、おばあちゃんをはじめ、その子世代や孫世代も一緒に冬の湯治場でのんびりする姿を映していた。みんなで自炊しながら、長逗留。ああいうの、年取ってからの憧れだな。
 去年の今頃は、生協のカタログに載っていたかぎ針編みの本を購入したことから始まって、実はかぎ針編みに凝っていた。たまたま友達といとこの誕生日が近かったので、あげたくなって、久しぶりに編み物なんぞをしてみた。考えてみると、結婚前に棒針編みでダンナにセーターを編んで以来だから、もう20年近くも編み物をしていなかった。で、編み物をしても、いつも人にあげるためにやるものだから、結局、ひとつも手元に残っていない(ダンナのセーターはもちろんあるけど)。かぎ針編みはほとんど初めてで、最初は何度もほどきながら、イロハ本を片手に試行錯誤だったけど、かたちになった時はうれしかったな。
 今年も編んでみようかな?とふと思った明るい午後でした。

| | コメント (4)

雪、降る

今度は降りそうだな、と思っていたら、やっぱり降った。受験生や通勤の人は肝を冷やしただろうけど、そういうことに関係のない能天気な私には心躍る雪だ。大人になっても、雪景色は魅力的だ。ベランダもひととき、雪景色。
Photo Photo_2

| | コメント (3)

新しい洋服・神様!

 寒さからじいちゃん三太を守りたい、とこの冬買った三太の唯一の服、赤いアランセーター。脱がせたり、着せたり、洗濯したりしているうちにだいぶ伸びてきてしまった・・・。ウールじゃなくてアクリルだったので、洗濯しても縮んでくれない・・・。まあ、それはそれでいいんだけれど、やはりもう1枚くらい替えがあってもいいと思って、近所のペットショップをのぞきに行った。折りしも冬服半額セール中!三太のサイズはどうやら「5」であるのだが、もともと数がない上、冬物も終わりのためさらになく、目を皿のようにして探したが、5サイズの服は1着もなかった。今来ているアランセーターは5で最初ちょうどよかったが、伸びてきて、ずいぶんゆったりしているので、「じいちゃんで以前と比べれば痩せたし、4でもイケルかな?」と4を物色すると、中綿が入ってあったかそうな赤いナイロンのウインドブレーカーのようなウェアがあった。若干小さいのは間違いないが、何とか入るだろう、と買った。半額で1450円也。
 果たして・・・。やはりパツンパツンだった・・・。なんだか体操の選手のような感じ。まあ、一応着られたので、良いことにしよう・・・。やっぱり、妥協はよくない、というのが結論でした。結局、もう一着探してやらないとダメかも(笑)。
Photo Photo_2 Imgp3399
先週末はセンター試験だったが、いよいよ受験シーズン突入である。子どものいない私たちには想像もつかない親子の戦いがあるんだろうな。「風邪をうつされないように」にと、試験でもないのにすでに学校に登校しない子もいるらしい。小学生で、だ。まあ、ここで風邪でダウンしたら、今までの多分何年間かの努力が台無しになるから、気持ちはわからなくはないが、私が親だったら、休ませないだろう。だってまだ、小学生だもん。
 友人の娘が、いよいよ今日、高校入学試験を受けている。午前中に氏神様に願掛けをしてきてみた。せめてもの気持ち。彼女の実力が十二分に発揮されることを祈って!
Photo_3 Photo_4 Photo_5

| | コメント (3)

がっかり・「ウォーター・ホース」と三太

朝起きて、カーテンを開けると一面の銀世界!のはずだったけど、予報ハズレ!まあ、通勤の足に影響がなくて、良かったのかも、と思っていたら、朝から上空をヘリがバタバタとうるさい。ラジオを聴いているうちにヘリがうるさいわけがわかった。丸の内線が停電でとまってしまったそうだ。雪じゃなくても、通勤の足が乱れたようだ。

 先日、映画「ウォーター・ホース」の試写会に行ってきた。第二次世界大戦の只中、美しい湖畔に暮らす孤独な少年アンガスと、ネス湖の伝説の動物「ウォーター・ホース」の友情のお話。アンガス少年もウォーター・ホースの「クルーソー」もかわいく、加えてネス湖の美しい風景に、ひととき浮世離れ。ロマンチックでとてもきれいなファンタジー。クルーソーの愛らしさがうちの三太に何度も重なってしまった(すごい親バカ)。涙もろい人は帽子をかぶって観に行くべし(私?)。

写真は昨日の夜の三太。ころん、と転がって座椅子の間に落ちたまま、眠ってしまった。
Photo

| | コメント (3)

うれしかったこと・その他

今朝はくじけずにふとんから抜け出したぞ!日曜日の早朝は犬のさんぽの人にもほとんど会わず、町はひっそり静か。神田川で一羽のユリカモメに出会う。そういえば去年も一羽、見つけたっけ。早起きでカモメが見れて、ちょっと得した気分(笑)。
 帰ってから、シャワーを浴びて、着替える。すると・・・!!!やった~!ここのところ、ちょびっとがんばったからか、ベルトの穴がひとつずれました!!!これは、超うれしいかも!この調子でがんばりましょう。Photo Photo_2 Photo_3
昨日の夜、話題になってた映画「電車男」をなんとなく観てしまった。ドラマにもなっていたけれど、まったく興味がなく、全然予備知識がなかった。バカにしながら観はじめたのに、これが結構面白くて、笑えた。オタクがそれなりの好青年に(外見だけだけど)カンタンに変われたり、見た目も心も美しいお金持ちの才媛から好意を持たれたり、心優しい外野陣(チャット仲間)の心からの励ましとか、「ありえない~!」「美くしすぎ~!」の連続だけど、現代版のおとぎばなしのようで、意外にも結構引きずり込まれてしまい、最後はちょびっと泣けたりして(笑)。
 私の真っ向好みの映画じゃないけど、観終わった後の気持ちは良かったです。いや~、映画って本当にいいもんですね。

今日の夜から雪が降り、積もるかもしれないとの予報。通勤の方は災難でしょうけど、ちょっとワクワクしております。明日の朝のお楽しみ。

| | コメント (4)

冬晴れの一日

Photo 久しぶりに朝から日差しが出ていた気がする。私の早朝ジョギングは早くもつまづいている(笑)。まあ、予想されたことだけど。つまづいたからといって断念しないで、これからも走ろう。今年は、春にまた仕事で山なんかを駆けずりまわらなきゃならない時、今までのように貧血を起こさないような体力をつけることが目標だ。もちろん、当初の目的だったダイエットもあるけどさ。三太のさんぽではもう有酸素運動はできないから、何らかの運動の時間を毎日の習慣とせねば・・・。きちんと運動をすれば、多分お酒もそんなに飲めなくなるだろう。
 今日は少しばかり朝寝坊をした。天気がよいので、ここ数日できなかったふとん干し。私は寝汗がすごいのだ。まめに干さないと、びちょびちょの冷たいふとんになってしまう。ついでに家の掃除。掃除って一番嫌いな家事。でも、やるとやっぱりすっきりして「やってよかったな~」と充実感のある家事でもあるけど。
 昨日、注文していた湿度計が届いた。昨日の晩洗濯をしてしまって、部屋干しをしていたせいもあると思うけど、湿度は90%くらいあった・・・。もう少し観察してみないとわからんけど、この調子だと、うちには加湿器は必要ない!という結果が出そうである。調べずに勢いで加湿器を買っていたら、ムダなだけじゃなく、建物や家具にも悪かった。「本当に必要なのか」と考えることはエコにもつながるので、これからもケチケチ路線で参ります(笑)。

| | コメント (3)

三太の近況

寒い~。まるで外は冷蔵庫のようだ。今日は日差しが朝からほとんどなかったので、余計に寒く感じる。

三太の近況。
寒さにも負けず、元気に暮らしています。1枚しかない赤いセーターは何だか伸びてきてしまいました。後ろ足の衰えがさらに進んだ気がします。最近はいつも後ろ足の、人間でいう膝の部分が曲がって、腰が落ちちゃっている感じ。ピンと伸びていることはなくなりました。夜中のハイカイは相変わらずです。最低でも1回は夜中に起きて、部屋の中をブルドーザーのようにどすどす歩き回っています。夜鳴きはここのところなくて、ホッとしています。よく部屋の隅っこや隙間にはまっています。どうしても脱出ができない時は悲鳴をあげて、助けを求めます(いとこが飼っている三太と同い年のミニチュア・シュナウザーは同じようによく隙間にはまって身動きがとれなくなっているんだけど、うんともすんとも言わないので、探すのが大変だそうです)。さんぽは本当にうちのまわりプラスアルファぐらいの距離になってしまいましたが、のんびりと時間をかけて毎日歩いています。うんちょはやっぱりさんぽの時にしています。食欲も普通にあります。口がうまく使えなくなって、ごはんを食べるのが一苦労です。ばくばくとごはんが食べられないもどかしさを訴えるようにほえながら、必死でごはんを拾い、食べています。途中から、私やダンナがごはんを手で口元に運んでやります。ごはんと一緒に私の指まで食べようとするので、この食事補助には注意が必要。何度もかまれて痛い思いをしてます。悪気がないので、怒れません。ひとりになるのが若い時以上に嫌いになりました。ひとりにされると人が来るまで、なき続けます。誰かがそばに来れば、ぴたりとなき止みます(但し、「あっちの世界に行っちゃってる時=ハイカイモードの時」はそばでなだめすかしても、なき止まないことあり)。多分、ひとりでいることが不安で不安でたまらないんだと思います。
 以上、全体的には小康状態で、元気な方なんだと思います。写真は昨日の夜の三太の様子。やっぱり狭いところに顔を突っ込んでいたり、ごはん台の上によじ登ろうとしたり、縦の写真は洗濯機と洗面台の間の狭い隙間にはまってしまい、何とか自力で脱出する直前の様子です。
Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

| | コメント (2)

ダンナが欲しかったモノ・再び考えた

ダンナが注文していた大事なコレクションが昨日届いた。
Photo Photo_2
レッズがアジアチャンピオンになった記念Tシャツ。夏に海で着るつもりだったらしいけど、届いたTシャツを見て、「やっぱりもったいなくて着られない」とつぶやいていた。妻も妻なら、ダンナもダンナで貧乏性(笑)。

 ところで、昨日悩んでいた加湿器だが、昨夜熟考の結果、まずは湿度計を買って、本当に加湿器が必要なのかを調べてからにすることにした(笑)。そして早速、湿度計を発注した(笑)。は~、これで落ち着きました~。
 でも、ちまちま欲しいものを買うことだって、人生の楽しみなんだ!ムダなもんは買いたくないけど、それでもどうしても本当に欲しいものは、ケチケチせず、やっぱ買うのが正解だ~!ビバ、人生!一度きりの人生だ~、楽しまなきゃ損、損!!

| | コメント (3)

買いたい病?

秋から続いた仕事の忙しさから開放され、最近その反動からか、欲しいものを思いついて困る。年明け一番に丼を買ったことに始まり、先日の鳥獣戯画の茶器やお茶、それからコーヒーメーカーも買い替えた(今までのは煮詰まっちゃって2杯目以降がまずくなるので、保温ポットのやつに。これでポットごと仕事場に持っていける!)。今は安くていいから(って、今まで買ったもの皆リーズナブルで、高いものはひとつもないんだけど)、熱い蒸気が出ない方式の加湿器が欲しい。家は狭いし、三太の目は見えないし、家にいる時間は短いし、今までなくても暮らせたのに。「最近、買い物欲はない」はずだったのに~!「モノを極力持たない(でも、実際の我が家はちまちまと好きで買い集めたとか、拾った(!)とかの「愛すべきもの」がいっぱい並んでいる)」「あるもので何とかする(特に台所の便利家電はスペースを考えると導入不可。食洗器は去年、正式に?断念した)」、というようなシンプルな暮らしに憧れつつ、やはり欲しいものは生まれてくる。「シンプルに暮らしたい」という基本的な憧れがあるんで、欲しいものは厳選して、決してムダな買い物はしてないつもりですが。加湿器、買うべきか買わざるべきか、今日も悩んでおります。買う買わないの確率は今のところ五分五分です・・・。
Photo

| | コメント (5)

すずめ、どんだけ~?!

朝、出勤しようと家を出ると、外はけたたましいすずめの声。声の方向を見ていると、お隣さんの桜の木の枝にたくさんのすずめがとまって鳴いていた。木に近づき、前の会社の社員が素通りする中、空を見上げ、バッグの中のカメラを取り出し、シャッターを切る私・・・。我ながら、のんきかも。後で画像を見ながらとまっているすずめの数を数えたら、50~60羽とまっていた。枝にとまっているすずめの姿、写真でわかるだろうか?
 今の時期、メジロやシジュウカラ、ヒヨドリがよく観察できる。近所のお寺のイチョウの木にはきれいな緑色でしっぽの長いワカケホンセイインコがよく来ている(声が大きくて独特なので、飛んでくるとすぐ気が付く)。早朝マラソンでは歩道のすぐ近くの枝で2羽のメジロ(つがい?)が見れて、とてもかわいかった。ジョギングで、さすがにカメラは持っていないし、まだ薄暗かったし、写真が撮れなくて残念。野鳥に詳しければ、もっといろいろな鳥が来ているのに気が付くかもしれない。
Photo Photo_2

| | コメント (3)

イチゴ・いちご・苺

ダンナのいなかのおじちゃん、おばちゃんが大粒の苺をどっさり送ってきてくれた!ふたを開けると苺のあま~い香り、まっかでぴかぴか、おいしそうな苺ちゃんたち!発泡スチロールの箱の中に二段びっしり、赤いルビーのような苺ちゃんが大切に入っていました。こんな贅沢してもいいのかしら?感動的に甘い!ジューシー!一段は下のうちにあげました。それでも二人で3日は楽しめそうです。うれしいな♪
Photo Photo_2 4

| | コメント (4)

休み・世界最速のインディアン

寒い・・・。店はダンナに任せて、私は一日眠ってしまった。何もする気が起こらず、ひたすら惰眠をむさぼる始末。ここのところ、マラソンしたり、体操したりして、カラダがびっくりしちゃったのかな?さっき、ようやく起き出して、心残りなのでこれからちょっと走ってきます・・・。明日はまた一日朝から仕事が忙しいので、がんばります。写真は昨日の朝、私が起きた時の三太の様子。またまた我が物顔でふとんを使っています。
Photo Photo_2
昨日の夜は、借りていたDVD「世界最速のインディアン」を観た。自作のおんぼろオートバイで世界最速310キロ以上の世界最高スピードを作ったおじいちゃん(演;アンソニー・ホプキンス)と彼をとりまく人たちとの心あたたまるお話。少年のように一つの夢を追い求めるおじいちゃんは、彼の行く先々で多くの人をひきつけていく。実話だそうで、ものすごくすてきなお話です。オススメ。

| | コメント (2)

思わず買いに走った

午前中のお客さんをお迎えして今日はその後は店番だけ、と思いながらお気に入りのブログを見ていたら、な、な、なんと・・・!ほのかえるさんのブログで見てしまったのだ!伊勢丹で開催中の「京都展」。その中に出店している柳桜園茶舗の鳥獣戯画の茶器とお茶。しかも私にも買えるプチプライス!ほのかえるさんのブログを見たのはそろそろお昼を食べに家に戻ろうという頃だったのですが、ダンナに訳を話し、お昼を私が帰るまで待ってもらうことにして、一目散で新宿へ!
 そして、ゲット!!!!やったぜ!うわー、うわー♪プリチーです~!鳥獣戯画の絵柄が入った小ぶりの大きさもかわいい湯呑が5個組で1,500円。湯呑と揃いの急須も同じく1,500円。どちらも絵が青と赤の2色がありましたが、私は青を選択。なんと、私が買った湯呑が最後の1組(現品限り)だったんです。お昼も食べずに飛び出して来て、本当に良かった!急須、お揃いのも良かったのですが、悩んだ末、鳥獣戯画の絵柄が彫りこんである別の急須(こっちはもっと安く1,000円!)にしました。そして、やはり鳥獣戯画の絵柄が描かれた缶がシブイ「かりがねほうじ茶」(1,000円)もゲット。こっちは同じ1,000円でもお高い1,000円です。なんたって、ふだんは300円くらいで買えるほうじ茶が1,000円ですから。でも帰ってそのお茶を飲んで納得しました。まず、見た目がいつも買うほうじ茶よりずっと細かい。香りが全然違う。味が、香りが濃い。う~ん、これが極上のほうじ茶なのね。かりがねとはなんでも高級なお茶の茎の部分だそうで。さすが、お茶の本場、京都。もうひとつ、今年の干支、ねずみの香合を買いました。これもかわいくて一目ぼれです。帰ってから、お茶をたしなむ母に見せると、香合というのは茶道の道具の一つだそうで。だからお茶屋さんの茶道具の中に陳列してあったんですね。納得。このねずみは左手を上げている、招きねずみさんです。
 帰ってから、柳桜園茶舗というお店を調べました。うへ!知ってたら、恐れ多くて買えなかったかも、という老舗中の老舗でした。
 今年初めてのカエルグッズ、大満足です~。ほのかえるさん、どうもありがとう!それから空腹をこらえて、私の帰りを待ってたダンナよ、感謝じゃ。
Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

| | コメント (6)

今朝の三太

朝私が目を覚ました時、三太は私のふとんの下の方、約2分の1を占領してすやすやと幸せそうに眠っておりました。Photo Photo_2
昨日の朝のジョギングと体操がたたって、今日は全身が痛いです。たかだか30分くらい運動しただけなのに。普通の暮らしって、こんなに筋肉を使ってないんだと、改めて驚きです。

| | コメント (3)

紅白梅・早朝ジョギング

うちの向かいの会社の掃除のおじさんたちから新年に紅白の梅の盆栽をいただいた。根本は1本の幹なんだけど、途中から白梅と紅梅に分かれている。いただいた3日の日にはまだかたいつぼみだったのが、温かい店内に飾っていたので、7日には紅梅が咲き始め(写真左)、今日は白梅も見頃(写真右)。盆栽って今まで買ったことがないんだけど、こうやって見ると、大きな木がそのままミニチュアになったみたいで、とてもかわいい。大人のゾウもかわいいけど、大人のゾウをそのまま小さくした赤ちゃんゾウもかわいい、とか、大きな庭もいいけど、小さな坪庭にも惹かれる、とかと一緒かな。
Photo Photo_2 Photo_3
今朝、まだ日が昇らぬ頃、三太のハイカイでまた起こされた。そのまま考え事始めちゃって、目が覚めちゃった(三太は私を起こし、さんざん歩き回ったあげく、またも爆睡)ので、思い切ってふとんを抜け出し、まだ薄暗い町をジョギング(ウォーキングまじりの)なんぞしてしまった。まだ、新聞配達の人と年配のおじさんが犬の散歩をしているくらいで、町はとっても静か。しかしカラダが重い・・・。夏や秋、仕事で駆け足登山をして貧血を起こしたり、起こしかけたりしたけど、このカラダの重さでは無理もないかも。やっぱり、少し運動しないとヤバイかな・・・。

| | コメント (4)

調子に乗って

調子に乗って、昨日の夕飯は冷凍庫にストックしておいた鰻の蒲焼で鰻丼にしました~。丼も初上「卓」!!三太が鰻をすごく欲しがったので、ちょびっとだけおすそ分けしました。あ~ら、三ちゃんたら、はしたないざますよ~!良い子の皆犬&飼い主さんは絶対真似しないでくださいね~。ごちそうさまでした~!
Photo Photo_2 Photo_3
毎度おなじみ挫折の歴史の更新となるか!お正月太りが深刻ザマス。本当におばちゃんになっちゃうザマス。今夜から「当分」禁酒します!ガマンざます!

| | コメント (6)

さらば正月ボケ

松の内も終わり、朝店に下りてきたらすでに店と家の松飾が父の手によって外されていた。今日は小学校の始業式で、我が家の前の通りにも子どもの声が戻ってきた。いよいよお客様や電話も増え、正月ボケしている場合じゃなくなった。
 新しい食器が食卓に上がる写真のリクエストをいただいたので、今日のお昼をお雑煮(たまご雑煮)にして、早速新しいお椀に盛ってみた。大きさもぴったり、手になじむ感じもベリーグー。写真撮るんで、私にしてはいつもより少し体裁よく盛り付けた(ちょうどお正月にもらった色つきのかまぼこがあった!)ので、お雑煮のアップも(笑)。いつもはもっと雑なんですわ。たまにはお上品に盛り付けるのもいいざんしょ、お~っほっほっほっほ~。
Photo Photo_2

| | コメント (5)

デパートでお買い物・父と大ゲンカ

昨日の夜、店を閉めてから新宿のデパートにダンナと買い物に出かけた。ターゲットは、秋に割ってしまい当座しのぎで100均で買って間に合わせていた丼、同じく100均でひとまず買って使っていたお箸、そして、もし手ごろな値段でいいものがあれば、お雑煮や具沢山の豚汁なんかを食べる時用に以前からずーっと欲しかった、いつものお味噌汁用の汁椀より少し大ぶりのお椀。新宿のデパートはセールの真っ最中で、大混雑。100均でも一応納得して買ったものだし、それでもいいんだけど、「やっぱりいつも使うものだし、もうちょっといいもの買ってもバチはあたらんかな~」と、不慣れな人ごみをかきわけ物色。混雑の中、「これならいいかな」という品物を手に出来た。丼については残念ながら「100%ひとめぼれ~」というほどではなかったけど合格ライン、お椀とお箸は私がほぼ思い描いていたデザインと値段でゲットできた。ぴったり予算内におさまって、レジで「やった~、うまい!」と叫んで、店員さんとダンナに笑われた。帰りはロシアビールを飲みながらロシア料理(久しぶりのボルシチ、おいしかった~!ストロガノフとピロシキもうまかったっす)を食べた。結婚前はよく新宿で買い物をしたものだ。帰り道、その頃よく立ち寄ったファッションビルに本当に久しぶりに立ち寄ってみた。今の私の年代にはすでに似合わないショップばかり。一方で、私の目がキラキラして、ダンナそっちのけで物色してしまう趣味小物や雑貨のお店が新しく出来ていたりして。人ごみが嫌いになって足が遠のいてしまったけど、たまに好みのお店を冷やかしながら都会の街を歩くのもやっぱり楽しい。
 
 日付変わって今日。いよいよ仕事も本格的に始めなきゃ、と思いながら、いつもより少し早めに起き、店に下りる。昨日のブログで父を見直したばかりなのに、その父と大ゲンカをしてしまった。店が手狭で店の一角に置いていてピアノが邪魔だ、何とかしろ(うちは狭いんだからそれはすなわち処分するということに等しい)的なことを言い出したのだ。長年習い続けていたものの、たいした上達もしなかったし、今ではほとんど弾かないピアノだけど、それでも私にはどうしても捨てられない大事な大事な宝物の一つなのだ。たまにだけれど、今も何となく弾きたくなって弾く時だってある。何年も弾き続けたピアノを捨てられるわけがない。血はつながっていても、親と子は別の人格だ。同じことを考え、同じ価値観をもっているわけじゃない。私は理解されていない悲しさを感じたけれど、父も私と同じように娘にわかってもらえず一方的に責められる悲しさを感じたに違いない。過去の悲しい出来事(片付けをせず楽譜を店に乱雑においていた私にももちろん非があるが、今まで買い集めて下手なりに練習していた思い出の楽譜の数々を私に確認せず突然捨てられてしまった)も持ち出して言い過ぎてしまい、気分が悪い。母も私と同様にピアノを処分するのには大反対だし、私の今日の大泣きで父ももう多分この話はしないだろう。

| | コメント (7)

お正月の思い出・東京編

妹一家が元日の夜から上京していた。5日には上の子の野球チームの練習があるので、4日まで滞在。毎度のことながら、嵐のような一家であった。じいじが上の子のキャッチボールの相手をかってでたのには、驚いた。父がキャッチボールをするのを、私は初めて見た。小学校1年でも、普段練習をしているからじいじじゃ相手にならないだろ、と思っていたけれど、意外にがんばっていた。今までじいじは孫の相手から逃げてばかりいたけれど、「へ~、やればできるじゃん!」と私はちょっと父を見直した。
 今年のお正月は天気もずっと穏やかで、そんな天気だったからか、流れる空気もなんだか穏やかだった。
 嵐を巻き起こした小さなゴジラたちは皆に幸せな笑いを振りまいて、兵庫に帰って行った。嵐の後の家の中はものすごく静かになってしまった。
Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6

| | コメント (5)

初詣・ココの訃報

鎮守様へのお参りがまだだった。今日、ダンナと母とお参りに行った。私たちのような出遅れ組が何組がちらほら。秋にダンナとこの神社にさんぽに来た時に、神社トリビアを教えてくれたおじさんがまたいて、やはり親子連れとおばさんふたりとおじいちゃんに同じように説明をしていた。私たちはすでに聞いた話だったので、おじさんに挨拶だけして別れ、母はおじさんの話の輪に加わってしばらく説明を聞いていた。母がおじさんの話を聞いている間に私たちはおみくじをひいた。私の結果はねずみ年だけに「チュー(中)」吉だった。まずまずかな。ダンナは末吉だったようだ。破魔矢を買って、帰った。今年も1年、私たちを守ってくださいね、神様!
Photo_3 Photo_2
家に帰ると今日の年賀状が届いていた。その中に三太をくれた松本に住むいとこの伸子ねえちゃんからの年賀状があった。伸子ねえちゃんの家族と一緒に暮らしていた三太の母、ココがクリスマスイブに息をひきとったという報告が書いてあった。三太の姉、ハナ(一子)はまだ元気だそうだ。ココはもう空にのぼってしまったのか。さみしい。三太を産んでくれて、ありがとね!どうか、三太とハナを見守ってやってください。長い間、本当にお疲れ様でした。

| | コメント (4)

ダンナの実家で年越し&元日

大晦日の午後、ダンナの実家に帰る。一足先(29日夜)に帰っていたおねえちゃん(義理の)夫婦と愛犬(ジャックラッセル)の一休と合流。義姉夫婦たちと会うのは去年のお正月以来なので、うれしい。大晦日の6時まで仕事だった義兄夫婦は10時頃到着。つい先日入籍したばかりのふたり。お嫁さんはお兄ちゃんより21歳も年下!でも、そんなに年の離れたお兄ちゃんと結婚するだけあって、若いのに私なんかよりしっかりしてそう。けれど程よくマイペースで好感!なかなかのナイスカップルで、ほっとした(なんで私まで心配しなきゃなんないの?)。何より、私より全然若い子がこのうちに入ってくれて私はずっと居心地がよくなった。立場は私が妹だけど、ちょっぴり先輩風をふかせたりして(笑)。
 たった一泊の短い帰省だったけど、皆で飲んで食べて、日帰り温泉に入って、ブラジルスーパーでポンデケージョ買って、畑から野菜もらって、楽しい二日間でした。
1 Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_9 Photo_10 Photo_13 Photo_12

| | コメント (4)

2008年、始動

新年、明けましておめでとうございます。2008年が私にとって、皆にとって、日本にとって、地球にとって、幸福な1年となりますように!

ダンナの実家で年越しと元日を過ごしたのだが、おねえちゃんのダンナさんとお兄ちゃん夫婦とお楽しみの近所の日帰り温泉でのんびり初湯を楽しんだあと、予期せず行きたかったブラジルスーパーに立ち寄るチャンスがめぐってきた!お風呂に行くだけだと思っていたので、カメラを持っておらず、携帯にて撮影。念願のポンデケージョを20個とハーブティー、クリスマスの売れ残りのパネトーネを購入。店員は皆ブラジル人。日本語表記は一切なし。売っているものもほとんど輸入物で、おもしろかった。でも、本当においしいのかな?と思うようなものがほとんどで。メイドインブラジルのパネトーネはあまりおいしくなかった。でも本場ブラジル人の作るポンデケージョだけは、やっぱりものすごく大きくておいしかったっす。1個50円也。20個自分で紙袋に入れてレジに持っていったら、個数は自己申告制で確認せず(笑)。大らかだな~。
Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7

| | コメント (2)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »