« snow monkey at Jigokudani | トップページ | まんさくの花・おしるこ・三太が落ちる »

軽井沢のスナップ

旅行記も最終回です~。いやあ、今回はたくさんレポートしてしまいました。今日のは2泊目の軽井沢でのスナップです。軽井沢は仕事でも毎年行くのですが、プライベートでも一番行っている観光地だと思います。泊まる宿ももう20年来のお付き合いです。この時期の宿での楽しみは、えさ台などにあつまる小鳥(コガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、エナガ、それからリスもやって来ました。一瞬だったので、残念ながらシャッターチャンスを逸してしまいましたが。アカゲラも飛んでいました。感動しました。)を眺めることです。至福の一時。時間がいくらあっても足りません。後ろ髪を引かれつつのんびりとチェックアウトした後は、旧軽井沢の気に入っているお店で買い物をしたり、お茶を飲んで、締めに碓氷峠の日帰り温泉「峠の湯」で冷えた体を温めて、峠の釜めしを食べて帰りました。この日は土曜日でしたが、真冬とあって、軽井沢は人が少なく、とても静かでした。真夏の賑やかな軽井沢よりも、人の少ない冬の軽井沢の方が風情があって、厳しいけれど自然が美しいです。
 たった3日間だったけど、のんびりしつつ、3日間をフルに味わい尽くしました。残念だけど、もう当分旅行はないなあ。いつかまたこんな風に旅が出来るように、毎日がんばろうと思います。旅行に行けなくても、身近な「小確幸」(小さいけれど確かな幸せ)村上春樹「うずまき猫のみつけかた」より・・・先日の東京マラソンの完走者のおじさんが話していたのを聞いて、昔読んだこの本をまた読んでしまいました)を大切に。
Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_6 Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10 Photo_11 Photo_12 Photo_13 Photo_14 Photo_15

|

« snow monkey at Jigokudani | トップページ | まんさくの花・おしるこ・三太が落ちる »

おでかけ」カテゴリの記事

犬以外の動物たち」カテゴリの記事

コメント

トリにも詳しいぽんすけさん、さすが自然を愛するお方、ですね。
一時期は行っていた軽井沢ですが、夏ばかり&ミーハーなとこばかりでした。1度行った冬前の時期はしんとした張り詰めたような冷たい空気で東京の寒さと全然違うなとびっくりしました。20年来の定宿なんてかっこいい!

投稿: Chicago Guy | 2008年2月26日 (火) 00時50分

私も同意見。20年の定宿っていいですねえ。私もそういうところを作りたいなあ・・・。
軽井沢スナップすてきです。夏もいいけど、冬らしい風景があるところって貴重だと思うのです。しばらく行けないと書いていたけど、またきっとこの風景に会いに行けるようになると思いますよ。
三太くんとおそろいみたいな赤いセーター犬発見したときの様子が目に浮かびます(笑)

投稿: kero | 2008年2月26日 (火) 11時14分

Chicago Guyさん
鳥の名前、知っているのもいないのもあって、帰ってから図鑑見て調べています(笑)。
私も軽井沢は憧れの場所でした。
今はすっかり枯れた私たち夫婦のスタイルになりましたが、ここに至るまで思いっきりミーハーなこと、いっぱいしましたよ~。
ジョンのお気に入りのコースや昔の外人たちのピクニックコースとか(笑)。
大昔は二人乗り自転車なんかにも乗って別荘地を走った(笑)。
Chicago Guyさんのように別宅があった、って方がずっとかっこいいですよ~。


keroさん
何でもそうなんだけど、気に入ると古くなってもずっと同じものでもいいたちなんですよ~。
この宿がなければ、こんなに軽井沢には行っていないと思います。
写真の犬ですが、かわいくないんですよ!!
私が「かわいい~」って寄っていっても、でーんと座ったまま「何?何か用?」って感じだったのに、後から若いお姉さんが「カワイイ~heart」って近寄ったら、尻尾振って立ち上がってお姉さんに愛想振りまいてるの(怒)。
何なの?この反応の違いは、一体?!

投稿: ぽんすけ | 2008年2月26日 (火) 15時00分

この記事へのコメントは終了しました。

« snow monkey at Jigokudani | トップページ | まんさくの花・おしるこ・三太が落ちる »