« 静岡へ | トップページ | 桜ランチ・昨日の仕事 »

野の花手帖

お寺周辺の野の花たち!昨日の日記の花も入れちゃいました。
Photo_18 たんぽぽ。
Photo_19 つくし!
Photo_20 つくしがあっちにもこっちにも!
Photo_23 コンクリートの間のわずかな土に根をはったすみれ!Photo_24 

れんぎょう。
Photo_25 オオイヌノフグリ。
Photo_33 ハナニラ(摘むとニラのニオイがする)
Photo_27 ユキノシタの若葉。まだ淡く明るい緑色がきれい!
Photo_28 梅の花もまだ咲いていた。
Photo_34 菜の花。
Photo_29 菜の花の蜜を吸うモンシロチョウ。

Photo_30 すずなりのあせび。
Photo_31 水仙。
Photo_32 桜!

|

« 静岡へ | トップページ | 桜ランチ・昨日の仕事 »

野花」カテゴリの記事

コメント

つくしをここ何年もみてないことに最近気づきました。都会生活してるってことですね・・うちのすぐ傍には川と土手がありたんぼがあったので今頃はれんげがきれいでした。

オオイヌフグリという名前を思い出しました(笑)花ニラきれいですよね~。きょうも予報が外れていいお天気!花ハンティングにいかなくちゃ!?

投稿: kero | 2008年3月28日 (金) 11時13分

私の保育園は、1歳クラスがつくし組、3歳クラスがすみれ組でした。
今はつくし組だけ改名し、チューリップ組に。多分庭に植えられなくて、園児に見せられないから?なんで都会につくしはないの?
あ、すばらしい花の手帖ありがとうございました。

投稿: Chicago Guy | 2008年3月28日 (金) 19時24分

keroさん
私は子どもの頃、つくしもれんげもみたことがありませんでした。
遊び場だったここらへんの空き地の原っぱでよく見かけたのは、はこべ、たんぽぽ、ペンペングサ、びんぼう草(ハルジョオン)、おおばこ(よくこれで草相撲をした)くらいでした。
レンゲやシロツメクサで首飾りを作ってみたいな、と思っていました。
以前に仕事で春の原っぱに行った時、同行の年取った先生がシロツメクサで首飾りを作ってくれました。
大人なのにうれしかったです(笑)。
週末はkeroさん、きっと桜パトロールで大忙しでしょうね。素晴らしい休日を!


Chicago Guyさん
Chicago Guyさんのコメントを読んで、改めてつくしとは何ぞや、と思い、調べてみました。
スギナの胞子茎だそうです。
へ~、って今さらながら目からウロコでした。
スギナは多分Chicago Guyさんも見かけたことがあるのではないかな?
けれど、私も近所でつくしを見たことがありません。
スギナは知っていましたが、それは近所でみたのか、それともちょっと遠出をして郊外で見たのか、それも定かではありません。
つくしは春のほんの一時しか見かけられないけど、スギナなら見られる期間が長いので、これからは近所を歩く時、意識してみるようにしようと思います。
つくしはなんかかわいいけど、スギナはお世辞にもかわいいとはいえない雑草なので、チューリップにしたのかもしれないね(笑)。

投稿: ぽんすけ | 2008年3月29日 (土) 10時20分

私は子どもの頃にはつくしはお墓参り、それと伯母の家へ遊びに行って見つけてました。摘んで帰って卵とじなんかにしてもらった記憶があります。
伯母の家は今の私のところからバスで30分ほどのところ(同じ多摩ニュータウン)ですが、今ではこのあたりでつくしを見たことはありません。
やはり時期が短いから見つけられないだけなのかなあ。
シロツメクサの首飾りはねえ、私は作った覚えがあるよ。同じ区内でもきっとうちの実家の方は当時はまだまだ畑、空き地もいっぱいだったからね。

投稿: ふくpi・おふう | 2008年3月29日 (土) 12時23分

おふうさん
つくしの卵とじ。
「からくりからくさ」の世界だね。
おふうさんの記憶の原風景なのかもしれないね。
多摩のあたりでも、もうつくしは簡単には見つからないのね。
おふうさんちの実家のあたりは区内でもまだ自然があるからね。
昨日行ったカフェも区界あたりです。
庭木を作っている花屋さんなんです。

投稿: ぽんすけ | 2008年3月29日 (土) 20時12分

この記事へのコメントは終了しました。

« 静岡へ | トップページ | 桜ランチ・昨日の仕事 »