« 一山越えて | トップページ | お墓参り »

木蓮の花・お寺のおたまじゃくし、元気です

 買い物の途中、満開の木蓮に出会う!感動的!
Photo_2 Photo_3
買い物の帰り、お寺のおたまの様子を見に行く。順調にうじゃうじゃ育っていた。かわいい。お墓参りに来ていたおばさんが、「気持ち悪い」というので、「よくみてください、かわいいですよ」といったら、「私、蛇とかカエルってきらいなの」って言われた。蛇とカエル、一緒にしないでよ~。「私は蛇よりゴキブリが嫌いですよ」って言ったら、「ゴキブリのほうがましよ」と言われた。おばさんは以前車を運転していて、蛇を轢いてしまったことがあるそうだ。ところが、帰路同じ場所を通ったら、蛇の死体がなかったそうだ。それ以来、蛇が怖くて仕方がないそうだ。「何かの化身だったんじゃないんですか?」って言ったら、「変なこと言わないでよ~」ってびびるから、「お墓参りにくるような方には化けて出ませんから大丈夫」と言ったら、「ありがとう~」って言って、お墓の方に消えていった。池をのぞいていると、結構色々な人に話しかけられて楽しい。
Photo_4 Photo_5

|

« 一山越えて | トップページ | お墓参り »

カエル」カテゴリの記事

野花」カテゴリの記事

コメント

木蓮の花の中を覗いたことがなかったわ~。面白い形のめしべですねえ。

おたまじゃくし・・・この前代々木公園の池で探してみたけど、生物の気配がなかったの~(涙)

ぽんすけさんの写真を見てたら、小学生じゃないけど、プラケースに入れて育ててみたい気分になりました!

投稿: kero | 2008年3月25日 (火) 19時48分

春の生命がキラキラしているcameraですね(^-^)
どんな時も、シャッターチャンスを逃さないのは、素晴らしい!

気持ち良さそうな♪の写真を見て、小学生の時、友達の家の池から卵をもらって来て、全部孵して育てた事を思い出しました。
…少なくとも40匹以上はいたはず…(^^ゞ
今は…無理だなぁ…♪40匹は…。

ぽんすけさん、良い一言を言ってあげたね。(^-^)v
その一言で、おばさんも気が楽になったと思いますよ。

投稿: ゆみこ | 2008年3月25日 (火) 20時03分

おたまじゃくしはともかく、実物のカエルが好きな人は多くないと思う。
私は蛇もだ~い好きですけどね。
化けるとか、轢き殺すとか、化身とか、お寺で面白い話してるね!!
木蓮がもう満開なんだ。きれいな色だね。

投稿: Chicago Guy | 2008年3月25日 (火) 20時38分

何度も名無しのごんべえでごめんね。
名前が自動で入らなくなっちゃったみたい。失礼しました。
池のほとりでほっとするような吹き出したくなるような会話。
面白い時間と空間をお持ちですね。

投稿: ふくpi・おふう | 2008年3月25日 (火) 22時51分

「この情報を登録する」のチェックが消えちゃってたからなんだ。やっと理解しました。

投稿: ふくpi・おふう | 2008年3月25日 (火) 22時53分

木蓮、きれい!
おたまじゃくしがきっかけで、知らない人と話ができるなんて、いいなshine
ほのぼのとした光景が思い浮かびます。

↓お仕事、お疲れ様です。
ぽんさんのお仕事は、人生の記念や節目に関わることが多いから、緊張の連続だよね。春は繁忙期なのに花粉症でタイヘンだね。お大事に頑張って。

投稿: Ravenna | 2008年3月25日 (火) 23時42分

keroさん
大きい木だったんですけど、手の届くところにも花がついていたので、手を伸ばして中を撮影してみました。
思いがけず、きれいなピンク色に感動しました。
代々木公園の管理、いまいち心がありませんよね(怒)!
仕方ないのかもしれませんが。
去年は私もお寺からおたまじゃくしを捕まえてきて、少しの間育てました。
途中で死んでしまうのが出てきたので、結局カエルになる前に「生まれ故郷」に返しました。


ゆみこ
子どもの頃、必ずカエルの卵やおたまじゃくしを捕ってきたもんだよね(笑)。
懐かしいよね~!
ちょっと前までは犬のさんぽでもなんでも、人と係るのが億劫だったの。
今はマイペースで接することができるようになって、楽しい。
知らない人だからこその気楽もあるよね。


Chicago Guyさん
そっか、カエル好きってマイノリティーなのね・・・。
Chicago Guyさん、ヘビ、だ~い好きなの?!
すごい!
私は嫌いじゃないけど、大好きとは公言できないわ~。
でも、首に巻け、って言われても別に抵抗なくできるな。
顔のアップもかわいいって思うときもあるし・・・。
私たちってちょっと変かな???
(少なくともChicago Guyさんより、私の方が普通だとは思う)


おふうさん
名無しになる理由がわかってよかったね(笑)。
近くにこういう生き物の住めるお寺があって、本当にラッキーだと思います。
信心とは別に、お寺っていうのはなんだかほっとして、ここのお寺は広くてお掃除も行き届いているので、すがすがしい気持ちになれるんです。
子どもの頃はここの墓地にも、よく遊びに行きました。
色々なかたちの墓石があって、空が広くてかくれんぼもできて(笑)。
こういうほっとする場所、ぼ~っと出来る場所(しかもタダで)が近所にひとつでもあると、救われますよね。


Ravenna さん
本当に、ほのぼのしました~(笑)。
お墓参りにくる人ってのは(今日行った私がいうのもなんですが)、悪い人はいないと思うし、それなりの気持ちと時間の余裕がある時に出かけるものでしょ。
だから、こんなにのほほんとした話ができるんだと思います。
それともお寺の空気がそういうムードを醸しているのかな?
応援してくれてありがとう!
「この現場から逃げたい」と思った時期もあったけど、ちょっと乗り越えたのかもしれません。
どうやったって逃げられないんだもんね、やるしかない(笑)。
まあ、これからも一波乱も二波乱もあるでしょうが、めげずにがんばりますわ。

投稿: ぽんすけ | 2008年3月26日 (水) 21時00分

この記事へのコメントは終了しました。

« 一山越えて | トップページ | お墓参り »