« 雨 | トップページ | パン屋さんまでの道で出会った春の花 »

最近見た映画

先週、近所のレンタルビデオ屋の前を通ったら、旧作DVD1週間180円のセールをやっていたので、2本借りた。一つは「ハンニバル・ライジング」で、もう1本は「ブリジッド・ジョーンズの日記・きれそうなわたしの12ヶ月」を借りた。「ハンニバル・・・」の方は借りた夜に観てしまって、今ひとつ記憶に薄くなってしまったが、やっぱりキワモノっぽかった。レクターシリーズはもともとの「羊たちの沈黙」がやはりダントツの出来で、あとはちょっとなあ、という感じ。でも、怖いものみたさがあって、結局全部観ている(途中あまりに残酷なシーンは目を覆ってしまって観ていなかったりするが)。
 今朝返却期限だったので、ゆうべ慌てて観たのが、「ブリジッド・ジョーンズの日記・きれそうなわたしの12ヶ月(思わず「はちきれそうな」と間違えてしまう)」。こっちは肩が凝らないラブ・コメだから、安心して笑えた。でも、こっちも前作の方が面白かった。おデブのブリジッドだが、演じているレニー・ゼルウィガーがかわいいので、デブでも許されるのだ。ブスなら目も当てられない。う~ん、痩せねば、と改めて心に誓ったのだ。それにしても昔過ぎて、付録のCMが「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」開業だった。一体何年前の映画なんだ?
 今年度アカデミー賞作品賞など4部門を獲得した「ノーカントリー」も観た。最初から最後まで息もつかせぬサスペンス・スリラー。とにかくずっと緊張でカラダがかたまりっぱなしだった。アカデミー賞には不似合いな地味な映画で、監督はコーエン兄弟。この人たちの映画では「ファーゴ」というのを1本だけ観たが、「・・・?」という感じの作風だった。詳しい内容は覚えていないけど、殺してしまった死体の処理をミンチにする機械で砕いて雪の中にぶちまいて雪面が血に染まるシーンと、映画の中で女に「変な顔の男」といわれていたこの映画で私は初めて知った俳優スティーヴ・ブシェミ(名前も変わっている)の顔だけが鮮烈な印象に残っている。今回の「ノーカントリー」も、偶然悲惨な殺人現場に出くわしてその場に残されていた大金を持ち逃げしてしまった男を、酸素ボンベを改造した恐ろしい殺人兵器をもって、持ち逃げした男を執拗に追い回す超ブキミな殺人者の印象が突出している。感情も、自身の怪我の痛みの感覚もまったく欠落した、殺人マシンのようなおかっぱ頭の暗い男(アカデミー賞の授賞式では、おかっぱ頭ではなく、別人のように明るいラテン系ナイスガイだった)。非常に暗い(けど、たまにクスっと笑わせるブラックユーモアがある・それがまた不遜な感じ)、不気味な救いのない世界の映画。万人受けはしない。

|

« 雨 | トップページ | パン屋さんまでの道で出会った春の花 »

映画」カテゴリの記事

コメント

ブリジッド・ジョーンズはいずれも見てないけど、ハンニバルライジングと、ノーカントリーは見たぞmovie
幼少、青年のハンニバル君が切ない!!(と思うのは本を読んだからで、あまり映画では語られてないね)
へんちくりんな髪型殺人鬼のときは全然分からなかったけど、素の俳優さんを見たら私好みのいい男!!俳優さんってほんとに化けるんだね!!

投稿: Chicago Guy | 2008年3月16日 (日) 00時50分

Chicago Guyさん
なぜ「レクター博士」が誕生したのか、興味がありました。
Chicago Guyさんの言うように、やはりここらへんは原作を読んだほうが良さそうですね。
ヤマハ音楽教室のCMの「ドレミファソーラファ ミ・レ・ド~♪」っていう曲(何て曲かは知らないけど)、印象的に使われていたね。
ヤマハのCM見るたびに怖い映像を思い出しそうだ~!

あの殺人鬼俳優のアカデミーでの変身姿を見て、絶対Chicago Guyさん好みだと思ったよ(笑)。大当たり~!

投稿: ぽんすけ | 2008年3月16日 (日) 08時43分

ハンニバル・ライジング、ちょうど貸していた文庫が戻ってきたからお貸ししましょうか?同じく「カラスの生態」を書いた本も一緒に戻ってきたの。お口直しで3冊まとめて、いかがでしょう?

映画のレクター役、かっこよいよね・・・怖いんだけどついつい見入ってしまいました。

投稿: kero | 2008年3月17日 (月) 10時16分

keroさん
レクター博士よりカラスの生態の方が興味があります(笑)。
今度是非!
ハンニバル役の男の子、射抜くような目がよかったです。
レディ・ムラサキの家の鎧兜の部屋が怖かった。
あんな日本人っていませんよね。

投稿: ぽんすけ | 2008年3月17日 (月) 14時04分

この記事へのコメントは終了しました。

« 雨 | トップページ | パン屋さんまでの道で出会った春の花 »