« 初挑戦 | トップページ | 母の卒業 »

冬と春のせめぎあい・体作り

PhotoPhoto_2 昨日は冬。今日は春。昨日は雨。今日は快晴。本格的に春が近づいて、寒い日と暖かい日がごちゃ混ぜだ。でも、どんどんあったかい日が増えている。昨日はしっとり雨に濡れ、沈丁花がいい香りを放っていた。今日は初めてモンシロチョウを見た。春になって冬には見られなかった生き物を見るのはワクワクする(ゴキブリ以外)。

 昨日の午前中は、ジムに入会して1週間目にしてようやく今後の運動プログラムを作るカウンセリングと称するものがあった。私がこの一週間とりあえず行っていた運動とほぼ一緒。1時間足らずのプログラムだけれど、まじめにやればきちんと効果が出るそうだ。
  1.有酸素運動 10分
  2.筋トレ(厳密な筋肉の名前はよくわからんが、脚・胸・背中・腹の筋肉)
  3.有酸素運動 最低20分
筋トレのあとの有酸素運動で脂肪が燃えるのだそうで、この順番が逆だと効果が薄れてしまうそうだ(最初の有酸素運動は体を温めるため)。適度に筋肉をつけることが必要で、そうすることによって基礎代謝が上がる。私は普段全然運動をしないので筋肉ゼロ、と思っていたら、意外にあった。
 食事面ではまず節酒(実際夕飯までの時間がよりタイトになり、飲む量が自動的に減った)。それと当たり前のことだけど、バランスのとれた食事が重要だそうだ。炭水化物を摂らないとエネルギーが作れないし、たんぱく質を摂らなければ筋肉は作れない。筋トレの効果を出すためには、適当な時間に適当な内容の食事を摂る、ということがとても重要だということを再認識。
 今まで朝食は、必ず牛乳だけは飲むが、今の時期ならプラスみかんを食べるだけ、出張で体を動かす時はこれにパンを足す、という感じだったけど、これからはごはんと納豆、卵かけごはんなど、なるべく手間の掛からない、けれどもっと理屈を考えた毎日の朝ごはんも検討しようと思った。誰でもそうだけど、体が資本。ダンナが欠けても、私が欠けても、我が家の仕事は成立しないのだ。
 3ヵ月後の目標を記入させられ、ジムで運動する度にどれだけのカロリーを消費したかを自動的に記録するシステムがあるところがいいかも。1ヶ月ごとにプログラムの見直しもしてくれる。しばらくは楽しみながらがんばれそうである。

|

« 初挑戦 | トップページ | 母の卒業 »

出来事あれこれ」カテゴリの記事

野花」カテゴリの記事

コメント

私も昨日沈丁花の匂いを楽しんでましたが、お茶の年配の先輩が「むかしはご不浄につきものの花だったのよね」とおっしゃってて、なるほど!と思ったのでした(笑)

体づくり。ちゃんと見ててくれる人がいるのはいいですね!がんばれそう。楽しみつつ結果が伴ってくるといいですねえ。

いつも正午の更新直後にコメントありがとうございます。今日はメンテナンスでした。ごめんなさいね!

投稿: kero | 2008年3月11日 (火) 17時19分

もうモンシロチョウが飛んでたって?今日は暖かかったね~。

体作り、ちゃんと見てもらえていいね。
私も見習わなきゃ(^^ゞ

ここのスポンサーリンクが一斉にダイエット関連になっていたのが笑えます。商魂たくましいね!!

投稿: Chicago Guy | 2008年3月11日 (火) 23時04分

keroさん
ご不浄につきもの!
確かに昔の我が家のトイレの外には沈丁花が植えてありました!
へ~、初めて聞きました!!!
北側の日当たりが悪いところでも育つし、香りが強いから、確かに最適ですね。
> 楽しみつつ結果が伴ってくるといいですね
絶対に結果を出さねばならんです~!!
昨日は最後の20分の有酸素運動が超辛かったです。
最初の4分くらいから8分くらいまでが、「もうやめたい」ってくらい辛かったけど、そこを超えてから何だか少し楽になりました。ものすごい汗かきましたよ~。
keroさんのブログは私にはあこがれのブログです。
keroさんからこんなにコメントをいただけるなんて、当初思いもしませんでした。
毎日、更新を楽しみにしているのですよ~!!


Chicago Guyさん
モンシロ、グレーのサングラス越しだったから、灰色だったけど(笑)。
ジムのトレーナーの先生のお話で、改めて食事の大切さを考えました。
でも、今日は仕事で朝が早く、いきなりごはんを炊いてもダンナは絶対食べてくれないのは百も承知だったので、もう少し時間も気持ちもゆとりのある日から試してみようと思う。
今日はバナナジュースとパンだった。
ダンナはバナナジュースさえいらないだって・・・。
まだおニューのミキサーでせっかく作ってやるのにさ、プンプン。
おいちかった!


投稿: ぽんすけ | 2008年3月12日 (水) 09時29分

この記事へのコメントは終了しました。

« 初挑戦 | トップページ | 母の卒業 »