« ようやく作れたよもぎだんご | トップページ | 獣医さんに行く »

定食屋ぽんすけ

Photo 夏野菜定食
ダンナの実家から大量のいんげんが届いた。
いんげんとベーコンのしょうゆ炒め(まずベーコンを炒め、いんげん(生)を投入、しょうゆのみで味付け(歯ごたえの残るうちに火をとめること・これだけでごはんがすすむのでだまされたと思ってやってみて!)カリフラワーのカリカリホットピクルス(これもカンタンで絶品です。一口大に切ったカリフラワー(生)をサラダ油で炒め、軽くきつね色に焼き色がついて歯ごたえが残るあたりで酢1/2カップにコンソメキューブ2個を砕いてといたもの、しょうゆ少々)を混ぜたものを投入、ちょっとだけ火を通し、すぐ止め、蓋をしてむらす。蒸らしの途中で味がまんべんなくまわるように一度かきまぜる。(歯ごたえがなくなるほど炒めすぎないことがコツ。カリカリっとした歯ごたえを残して。より味がしみた翌日もおいしい)、冷やしトマトのオリーブオイルがけ、しらす、豆腐とわかめの味噌汁。
Photo_2 肉団子とキャベツたっぷりのクリーム煮定食
豆腐サラダ(たまねぎドレッシング)、きゅうりとにんじんのぬかづけ
Photo_3 ゴーヤーチャンプルー定食
ほうれんそうのおひたし、きゅうりとにんじんのぬかづけ、絹さやと新じゃがの味噌汁
Photo_4ほうれん草たっぷり 皮なしキッシュ定食
キッシュがたまに食べたくなるけど高くておなかいっぱいたべられないし、パイ生地つけるのは面倒なので、中身だけ。それだとカンタン。ほうれん草は2把入ってます。トマトときゅうりのたまねぎドレッシングサラダ、フランスパン
Photo_5 カジキのムニエル定食
しめじのにんにくバター炒め添え、ごぼうといんげんとゆで卵のサラダ(生協のごぼうサラダベース使用)、たけのこの姫皮と絹さやと新じゃがの味噌汁
Photo_6 わかたけ煮定食
ダンナが出張先からもらってきたたけのこ1本。keroさんの日記を読んでちょうどわかたけ煮が食べたかったので。あく抜きは母にやってもらいました~。まぐろの中落ちのやまかけ(どっちも生協の解凍するだけ)、きゅうりとにんじんのぬかづけ、豆腐とみょうがの味噌汁
Photo_7 ひろうす定食
たけのこと菜の花のひろうすおろしポン酢かけ(ひろうすは生協のあっためただけ)、いんげんとベーコンのしょうゆ炒め(まだいんげんが残っていた)、わかたけ煮の残り、きゅうりとにんじんのぬかづけ、めかぶと油揚げとほうれんそうとみょうがの味噌汁

|

« ようやく作れたよもぎだんご | トップページ | 獣医さんに行く »

ごはん」カテゴリの記事

コメント

ご近所さんになりたいです(笑)
今日、食べたい物がアタマに浮かばなくて・・・ゴーヤチャンプルか、お豆腐もりもりのタマネギドレッシングサラダもいいですねえ。急に暑くなったから夏らしいもの食べたくなってます!お献立、参考になりまーす!

投稿: kero | 2008年5月26日 (月) 17時52分

いつもながらこの定食やさんのメニューにはじっくり見入ってしまいます。
いんげんとベーコンのしょうゆ炒めにロックオンしました。
今度試してみます。

投稿: ふくpi・おふう | 2008年5月26日 (月) 22時15分

夕飯前にのぞきにきたら、お腹グーグーガンモになっちゃった。
私向けにレシピも書いてくれてる!?
私もご近所になりたい、頂くばっかりのsmile

投稿: Chicago Guy | 2008年5月26日 (月) 23時21分

いいなぁ、おいしそうですねぇ、。
毎日でも通いたいですlovely

投稿: ヘッジホッグ | 2008年5月26日 (月) 23時54分

keroさん
夕飯の献立、考えますよね(笑)。
うちのダンナは食事を作ってくれないし、「何食べたい?」と聞いても答えが返ってきたことがないので、私が食べたいものを作ってます。
それでも、食べたいものが思い当たらない時もありますよね。
たまに実家の食卓をのぞいて、「こんなのいいな」「へ~、そうか、この組み合わせもありだな」と思うこともあり、私のつたないメニューでも少しでも何かのヒントになれば、と考えて最近記録して日記に載せることにしました。自分のためにもなります。
私も仕事をして7時や8時から作る夕飯なので、生協の半調理品などをフルに活用しながら、なるべく手作りして自分のうちの味を心がけるようにしてます。


おふうさん
このいんげんとベーコンの炒め物は昔から母の味なんです。
また炒めている時のにおいがたまらないのよ~。
しょうゆの量は加減してね。
カリフラワーのピクルスも私が中学生か高校生の時、創刊したてのエッセの「夕食ばんざい」に載ってて(当時の中村勘九郎が紹介してたの)、おいしそうって作ったものなの。
どれもみんな簡単なものばかりだけど、なるべくたくさんの野菜や昔からの食品をとれればいいなあと考えながら、作ってます。
子どもがいないから、こんな枯れた食事ができるんでしょうけど・・・。


chicago-guyさん
どれもダンドリ自体はレシピがすぐかけるほど簡単なものばかりなんだけど、味付けとかは目分量だからな~。
chicago-guyさん向きなのは皮無しキッシュじゃないかな。
chicago-guyさんはもう何度も皮付きの作っているのは知っているけど、参考までにうちのレシピは、ほうれん草2把(茹でて3センチくらいに切る)、刻んだハムかベーコン(ベーコンなら熱湯をまわしかけて、あぶらっけを少し抜く)100グラム、以上をバターでさっと炒めたものを、卵4個、生クリーム1カップ、シュレッドチーズ100グラム、塩(味見して適当につける)コショウ、ナツメグ少々を合わせたものに投入。内側にバターを塗った耐熱容器に入れ180度のオーブンで30分。これは本である程度の分量を調べましたよ(笑)。


ヘッジホックさん
うちは夫婦ふたりだから、量も少なくて、自分たちの年齢にあったものを食べられるけど、家族が多くて、小さい子がいると、お母さんは大変だろうな、と思います。
うちの妹は子どもが偏食なので、すごく苦労してます。
私の小さい頃はおじいちゃんもおばあちゃんも一緒の食卓だったから、子どもの口には合わないものもたくさん食卓にのってました。でも、多分そういうことって大切なんだろうな、と思います。将来のために。

投稿: ぽんすけ | 2008年5月27日 (火) 13時22分

この記事へのコメントは終了しました。

« ようやく作れたよもぎだんご | トップページ | 獣医さんに行く »