« 小金井公園で出会ったもの・うちの近所で出会ったもの | トップページ | 最近ちょこちょこ見た花たち »

クラリネット室内楽演奏会

昨日は仕事を早めに切り上げて、夕方から、ブラバン時代にクラリネットを吹いていた友人に誘われて、磯部周平クラリネット室内楽演奏会を聴きに行った。

クラリネット:磯部周平
ピアノ:岡崎悦子
ヴァイオリン:白井 篤
ヴァイオリン:小林玉紀
ヴィオラ:小野富士
チェロ:桑田 歩

ホフマイスター〔1754-1812〕:クラリネット四重奏曲 変ロ長調
ベルク〔1885-1935〕:クラリネットとピアノのための4つの小品 作品5
ツェムリンスキー〔1871-1942〕クラリネット、チェロとピアノのための三重奏曲 作品3
モーツァルト〔1756-1791〕クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581

磯部周平さんはN響の主席クラリネット奏者。他の弦楽器の方も小林さんを除いてN響団員。息もぴったりあっていた。席は自由席だったけど、前から数列目のところにとれたので、演奏家の息遣いまで聴こえた。室内楽はほとんど聴きに行ったことがなかったのだけど、人数が少ないだけに、個々の楽器の特性が際立って、演奏家のテクニックも堪能できて、オーケストラにはない楽しみが味わえた。間近の演奏は演奏家のお顔も覚えることができる。顔を覚えると個人的な親しみが湧き、たまに見ているN響アワーを見るのがもっと楽しみになる。
友人はチェロの桑田さんのファンなのだ。私はひげをたくわえ、パーマをかけた髪がばっちりきまったドン・ファン風のキザ~な感じが全身から漂っているヴァイオリンの白井さんに参った(笑)。
 モーツァルト以外は知らない曲(っていうか、作曲家の名前すら初めて聞いた)ばかりだった。ホフマイスターはモーツァルトと同時期の作曲家で、この曲もモーツァルトの作風に似た感じのとても明るくて聴きやすく、親しみやすい曲だった。次のベルクの曲は現代音楽の難解な曲だった。ピアノとクラリネットだけ。極端に音が少なかったり、わざと口を緩ませて空気を入れるようなわけのわからない不思議な奏法が入ったり、爆発するように音がたくさん出てきたりで、吹く方も緊張するだろうが、聴く方も緊張を強いられた。ツェムリンスキーは「晩年のブラームスに若き才能を認められた」とプログラムに書いてあるように、ドラマチックな曲だった。クラリネットとチェロとピアノだけなのに、まるでオーケストラを聴いているような広がりや深みがあった。
 最後のモーツァルトのクラリネット五重奏曲は誰もが一度は聴いている有名な曲。宝石のような曲だ。私も高校時代にLPレコードを買った大好きな曲だったから、ナマで聴けて本当に最高だった。期待に違わぬすばらしい演奏だった。2楽章のアタマなんて、とろけそうで涙が出てきた。最後は曲が終わるのが悲しくなって、このままエンドレスで続いてくれれば、とマジで思った。
 やっぱり音楽ってすばらしいな、と改めて思った帰り道でした。誘ってくれてありがとう!また、行くぞ~!お誘いを心よりお待ちしております~!

|

« 小金井公園で出会ったもの・うちの近所で出会ったもの | トップページ | 最近ちょこちょこ見た花たち »

音楽」カテゴリの記事

コメント

昨日はお付き合いいただきありがとう!待ち合わせに遅れたりして失礼しましたcoldsweats01
いい演奏会でしたね。楽しんでもらえたようでよかった。
私には好きなクラリネットとチェロが両方聴けるおいしい公演だったので飛びつきました。ツェムリンスキーの三重奏曲、初めて聴いたけど思わぬ収穫でした。演奏したクラとチェロのお二人にもとても合っていたみたい。
なかなか聴く機会のない曲だと思うので、掘り出し物でした。

では今度は白井さんご出演の公演をチェックしておきましょう(ブランデーグラスなど持たせたくなる風貌だよね、お笑い芸人ではないが・・・bleah

投稿: ふくpi・おふう | 2008年5月11日 (日) 16時32分

よかったね、素敵な音楽とともにイケメンも鑑賞できるなんて、そりゃあ終わって欲しくないわねえ(笑)
クラリネットの曲といえば、「クラリネットポルカ」だっけ?と、「クラリネット壊しちゃった」しか知らないのに習っていたCでした~。coldsweats01

投稿: Chicago Guy | 2008年5月12日 (月) 00時28分

たまにナマの音楽。いいですねえ~。しばらく行ってないなあ。

クラリネットはよく知らないけど、いい演奏ってどんな楽器でも分かると思います。いいものをたくさん、ナマで聞けるといいですよねえ。東京は小さなものから大きなのまでいっぱいありますからね~田舎出身の私にしたら天国のようです(笑)でもすぐそこにあるから・・・ということで、つい行きそびれてるのですが(笑)

投稿: kero | 2008年5月12日 (月) 14時35分

おふうさん
こちらこそ、本当にありがとう!
それに、CDまで恐縮です。
まだ聴いていないのですが、楽しみです~!!!
室内楽、のめりこみそうです。
私、もともとなんでも「こぢんまり」が好きなの(笑)。
もちろん、オケのダイナミックさも大好きなので、何でも来い!です。
また是非お付き合いさせてくださいnotes
私にとってはツェムリンスキーより白井さんが掘り出し物でした(失礼な!)。
昨日は早速N響アワーで面々を探してしまいました・笑。


chicago-guyさん
そうよね、chicago-guyさんにもクラリネット歴があるんだよ!
モーツァルトはそうか、高校で音楽を選択してたらたぶん聴いていると思うけど。
私はクラリネットポルカがわからん・・・。
イケメンというにはちょっととうがたった面々だけど、年輪というか、醸すものが皆さん、す・て・き!


keroさん
うん、これも命の洗濯ですね!
人を感動させられる演奏家って、尊いって思っちゃった。
東京って、好奇心があればどんなものでも見れるし、聴けるけど、普段は日常に埋没しちゃって、東京に住む特別さを忘れてしまいます。
もっともっと色々なものを見たり聴いたりしないともったいないですね。
ありすぎてどれにしたらいいのかわからない悩みもありますが。

投稿: ぽんすけ | 2008年5月12日 (月) 17時06分

この記事へのコメントは終了しました。

« 小金井公園で出会ったもの・うちの近所で出会ったもの | トップページ | 最近ちょこちょこ見た花たち »