« 最近ちょこちょこ見た花たち | トップページ | 最近の丼もの3種 »

三太近況

めっきり日記への登場が減ってしまった三太。今のところ、おかげさまでとりたてて大きな問題もなくがんばっています。ただ、残念なことだけれど、少しずつ更なる老化が進んでいることは認めざるを得ない。後ろ足がかなり弱った。ごはんを食べようと器に顔を突っ込んでいると、食べることに必死になるあまり、足がおろそかになり(っていう表現は変だけど)、コテンとすっころんだり、逆につんのめってしまったり、と悲しいような笑えるような場面がしょっちゅうだ。食欲はあるものの、痩せたままだ。横になると、下腹部などはぺしゃんこだ。さんぽはぼちぼちだけど、何とか出かけている。やはりさんぽに行くのは楽しいと思っているように感じる。相変わらずハイカイは激しいけれど、私たちもその状況に慣れたので、以前ほど大変とは思わなくなった。
 たまに生き生きと感情を表現していた頃の三太を思い出すと、泣けてくる。
1 2 3

|

« 最近ちょこちょこ見た花たち | トップページ | 最近の丼もの3種 »

三太」カテゴリの記事

コメント

三太くんがんばってますね。
その姿、みーんな見守っていますよ。

徘徊を見守るのは精神的にも体力的にもたいへんそうだけど、
ぽんすけさんたちは本当に頑張ってますね。すごいです。

三太くんに精一杯生きてほしいなあって思います。

投稿: kero | 2008年5月13日 (火) 18時27分

今は三太くんと時間を共有することを大事にしたいよね。
今の三太くんをわかってあげられるのはぽんすけさんたちしかいないのだもんね。
のんびりした足取りが見えるようです。

投稿: ふくpi・おふう | 2008年5月13日 (火) 21時53分

2枚目の写真の姿は確かにやせ細っている~。
でも、ぽんすけさんの家で生涯を過ごせて三太はとっても幸せだよな。もっともっと長生きしろよー
ぽんすけさんちの犬との関係って私にとってはとっても理想。

投稿: Chicago Guy | 2008年5月14日 (水) 00時31分

自分よりもずっと年下のコが、自分の年を越えて
先に老いていく・・・生きものと暮らしていると
避けられないことだけど、泣けてくる気持ちが
よくわかります。
三太くんも、ぽんさんも、がんばって。

投稿: Ravenna | 2008年5月14日 (水) 12時32分

keroさん
ありがとうございます!
三太見てると「こいつなりにがんばってるんだな」って
感心するんです。
小さな頭やからだで一生懸命考えたり、行動しているのです。
無垢なんですよね。
今は人生の晩秋あたりなんでしょうか。
葉っぱを一枚一枚落としていくのがわかります。
仕方のないことと思いつつ、さみしく思います。


おふうさん
>のんびりした足取りが見えるようです
という文章読んで、また涙が出てしまいました。
でも、大丈夫!
普段は笑ったり、なだめすかしたりしながら、ボケ老犬とそれなりに折り合いをつけて暮らしています。
これからも色々あると思うけど、大切にしていきたいです。


chicago-guyさん
背中も骨と皮でゴリゴリなんだ。
昨日も夕飯の時、水をお皿から必死で飲むあまり、足がふらついてつんのめり、水のお皿の中に顔をつけたまま立ち直れず、おぼれそうになっていたのを助けました・・・。浸かっていた顔半分、水浸し。
切ないやら、笑えるやらです。

投稿: ぽんすけ | 2008年5月14日 (水) 12時33分

Ravennaさん
Ravennaさんも実家で猫ちゃんを飼っていたから、よくわかるよね。
真夏の太陽のようにまぶしいくらいにエネルギーにあふれていた青年の頃の三太を思い出します。
どんな生き物もいつか老いていく運命なのだと思います。
今は余生をのんびりと過ごしてほしいです。
大事にします。

投稿: ぽんすけ | 2008年5月14日 (水) 12時42分

この記事へのコメントは終了しました。

« 最近ちょこちょこ見た花たち | トップページ | 最近の丼もの3種 »