« 定食屋ぽんすけ・出張に備えて | トップページ | 悪夢のような一夜・ガマンの限界 »

今読んでいる本をめぐってつらつらと

今読んでいる本は村上春樹の「走ることについて語るときに僕の語ること」(文藝春秋刊)というエッセイだ。

走ることについて語るときに僕の語ること Book 走ることについて語るときに僕の語ること

著者:村上 春樹
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する


「新刊が出たら必ず読む」というまじめなファンではないけれど、村上春樹の作品や作風は若い頃から好きで、結構読んでいる。この本は最近新聞の読書欄かなんかで本屋さんに勤める人が夏休みに読んで欲しい一冊に挙げていたので、図書館で借りてみた。村上春樹と言えば数々のフルマラソンを走る小説家としても知られているけど、この本は彼の個人史的な色合いが強いエッセイだ。この人がこれほど自分のことを語るとは、ちょっと意外な気がした。走ることによって彼が獲得してきたものや考え方など、私の感覚になじむというか、腑に落ちる箇所がたくさんあった(私は村上さんのようなとんでもないハードな努力はしていなけど)。
 村上春樹といえば、この本でも書いているけど、小説家になる前はジャズバーを経営していた。そこで出す料理は村上春樹自身が作っていた。そのせいもあって、彼の小説にはよく料理が登場する。たいていは主人公が冷蔵庫にある材料で手早くさっと作るのだけど、それがどれもとってもおいしそうなのだった。私もそれに触発されて、小説に出てきた感じを思い浮かべたりしてサンドイッチやパスタを作った。そんなことも楽しみの一つだった。世の中にはそういうことを楽しむひとが結構多いみたいで、レシピ本(もちろん、本人が書いたものじゃないけど)も出ている。

村上レシピ (ゴマ文庫) Book 村上レシピ (ゴマ文庫)

著者:岡本 一南
販売元:ゴマブックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

でも、彼の書く料理はレシピを見ながら作るのはちょっと「ムードじゃない」と思う。レシピなんか見ないであくまでささっと、臨機応変に手際よく。まさしく私の理想です。脱線するけど、料理については、村上春樹(と料理を作る主人公)にも憧れたけど、義姉にも憧れた。義母ははっきり言って料理下手で私たちが実家に帰っても料理を作らないほど料理が好きじゃないんだけど、義姉はその義母を小さい時から支えてごはんを作る係りをしていたそうだ(ダンナの実家は昔牧場を経営していて、父や母は休みなく働き忙しかったという事情がある)。忘れられないエピソードというか、私が「義姉のようになりたい!」と思ったエピソードは、義姉の東京での友人たちを招いての結婚披露宴の後(義姉夫婦は私たちより後に結婚した)、義姉夫婦のうち(当時二人は披露宴会場から歩いて帰れる都内の高級住宅地のごく普通の(笑)マンションに住んでいた)に親しい友人数人とともに招いてくれた。披露宴の後で疲れているだろうに、ダンナさんが義姉に「腹減ったよ~。ちょっとそば、茹でてよ」と軽く言ったのだ。義姉は文句も言わず、「はい」とさささっと乾麺のそばを茹で、茹でている間に刻んだ薬味の小皿と出来合いの濃縮そばつゆと冷たい水を添えて、「どうぞ」と出したのだ。この何の気負いもなく、ごく自然な義姉のサービスに私はこの時、「すてき~!私もそうなりたいし、そうありたい!」と思ったのだ。まだその域には全然達しないけど。それ以外にも、キャリアウーマンでグルメの義姉が我が家の食卓にもたらした食材は多い。けれど反面、舌の肥えた義姉夫婦への贈り物や実家に帰った時に台所に立たねばならない時(私は下ごしらえに徹することにしてます)にはいつも悩まされるのだ・・・。

関係ありませんが、サイドバーに私の励みとしてカレンダーをつけました。断ビール記録とダイエットの成果などを記入しようかと思っています。見なくても結構です(笑)。

|

« 定食屋ぽんすけ・出張に備えて | トップページ | 悪夢のような一夜・ガマンの限界 »

お気に入り」カテゴリの記事

ごはん」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

文学の授業受けてるはずなのに、教授の脱線した話が面白くてなんだかトクした感じ。やっぱりこの教授好きだな~。

・・というのが、今日の記事を読んだ気分にぴったり(笑)

食に関することで、こうなれたらいいなあと思うのは、どこかのお店でしかいただけないようなテーブルセッティングやメニューがずらりと並んだだときより、ありあわせの残り物でちゃちゃちゃと作ったものがテーブルに並んだときだと思う・・・という私は、たぶん義姉さんの様子にやっぱり惚れると思いました(笑)

カレンダー、目だってますね(笑)

投稿: kero | 2008年7月23日 (水) 17時41分

村上春樹と村上龍の区別もつかない、つまりはノルウェイの森しか読んだことのない私。ごめんなさい(__)
レシピなどなしにちゃちゃっと作るのがかっこいいけど、毎日レシピとにらめっこ。何年主婦やってんだか。
今、遅く帰ってきたダンナのために、ペヤング超大盛焼きそばにお湯を入れてあげてマス(笑)
お義姉さんはかっこいいよね~、私にはそんな人の妹なんてできないわん。

投稿: Chicago Guy | 2008年7月23日 (水) 23時41分

keroさん
読書の楽しみっていうのは、本当に奥が深いですよね。
小説に出てくる食べ物や飲み物を想像して、食べたくなるって、よくありますよね。
実際食べるよりかえって頭の中で想像する方が楽しかったりして(笑)。
料理についてはkeroさんと意見があいますね(笑)。
立派な料理じゃなくてもいい、出来合いの手抜きでもいい。
楽しく気持ちよく料理できればいいなあと思います。


Chicago-guyさん
村上春樹も龍も好き。全然対極の作風だけど(笑)。
「ノルウェイ」はもともと村上春樹が好きだった私からすると、一番受けて売れたけど、真骨頂とはいえないと思います。
村上春樹作品には小川洋子の世界につながるものがあると思いますよ。
「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」なんか、すごく。
おすすめです。
人それぞれ、環境も違えば、「こうしたい」と思うことも違うし、主義や優先順位も違う。
Chicago-guyさんは私ができないこと、いっぱいしているから、いつもすごいと思っているよ。
ダンナは末っ子の甘えん坊で、上ふたりにいい遺伝子全部受け継がれてしまったみたい。
私は長女だけど、妹の方がなんでもちゃきちゃき実行力があるし。
できないもの同士、いい夫婦かも(笑)。

投稿: ぽんすけ | 2008年7月24日 (木) 19時10分

この記事へのコメントは終了しました。

« 定食屋ぽんすけ・出張に備えて | トップページ | 悪夢のような一夜・ガマンの限界 »