« 今読んでいる本をめぐってつらつらと | トップページ | 「西の魔女が死んだ」を観に行く・昨夜の三太 »

悪夢のような一夜・ガマンの限界

Photo 昨日の夜はほんの少し早く店を閉め、旅行から帰ったばかりの母に三太を預け、一人で映画「西の魔女が死んだ」を観に行った。本当はそのこと今日は書くつもりだったんだけど、昨日の夜は、映画の余韻も吹き飛ぶ、なんだか悪夢のような一夜だった。映画が終って、三太を引き取って家に戻り、三太を寝かしつけた。私が三太を引き取りに行った時はちょうど三太が寝付いたころだったので、自宅に戻っても三太はわりとあっさり眠ってくれた。大きな地震でうちもだいぶ揺れて(被災された方の一日も早い回復を祈ります)、その頃はまだおとなしく居間で寝てくれていた。私も眠いので、寝室に三太を連れて行って寝かせ、私も猛烈な眠気に襲われていた時、三太が吠え始めたのだ。それからは一晩中、吠えて、歩き回って、狭いところに頭を突っ込んで、また吠えて、とにかくほとんど眠ってくれずにずっと吠えていたのだ。三太の深夜のハイカイはいつものことだけれど、しばらくすればいったんはおさまるし(一晩に3回くらい起こされるのはざらだったけど)、吠え続けることは初めてのことだ。私はもうろうとしながら、三太を寝かす努力をするものの、三太の興奮はまったく収まらず、結局一晩中眠れなかった。いつもは三太を怒らないけど、さすがに昨日はどうにもならない三太に頭にきて、しかりつけてしまった。ボケている三太をしかったって、まったく通じず、私のエネルギーのムダつかいなのは重々わかっていても、辛かった。一睡もできずに朝を迎え、寝室で吠えながらハイカイをしている三太をいまだに止められず、居間で途方にくれていたら、少しおとなしくなったので眠ったかと思ったら、私のふとんにたっぷりおしっこをしていた。その前夜はダンナのふとんにして、シーツを洗ったばかりだ。またもシーツを洗って、Photo_2 居間に冷房を入れ、三太を居間に移動させ、寝かせたら、ようやく眠った。もう6時を過ぎていた。
 直後、階下に住む母から「三太の鳴き声が一晩中聞こえて、きがきじゃなかった」という内線が来た。この分だとお隣さんにも一晩迷惑をかけてしまっただろう。ようやく三太が眠ったので、私も少し眠らせて欲しいと仮眠の時間をもらい、午前中は店に出なかった。
 昼間も三太は夜と同じように吠え続けている。ボケがまた一歩進行したんだろうか。次の段階に入ってしまったんだろうか。今までのはまだ序の口だったんだ。今夜は獣医さんに相談に行ってこようと思う。

ダンナは家も三太も店番も店の中の仕事(結構色々あるのだ)全部私に任せて、海の仕事だけに専念できて、ある意味、うらやましい。いつものことだが、父も母もうちをあけることが多く、外に出かけなければならない用事があっても店から出られない(どうにもこうにも融通の利かない用事はその時間だけ、店を閉めて、慌てて用を済ませてもどる)。店の中の仕事は父にも母にももう頼っていない。でも、せめて、どちらかがうちにいてくれるだけで外へ出かけなきゃならない用事ももう少し楽になるのに。もちろん、出かけてもらって結構。でも限度がある。出かける時間がどんどん増える父や母を横目に、今まで働いてきた父や母の自由は奪いたくなくて「もうちょっと考えてよ」という言葉を呑み込んできたけど、今日はちょっとした仕事のトラブルが発端で私のガマンの限界を超して、父や母に不満をぶちまけてしまった。父や母も一緒に暮らしていた祖父や祖母が死んで、私たちも独立し、ふたりで(というより、当時も父は外に出かけてばかりだったから母が支えていたんだろう)店を切り盛りしていた時もあった。でも、当時より今の方がずっと仕事が多い。疲れた。

|

« 今読んでいる本をめぐってつらつらと | トップページ | 「西の魔女が死んだ」を観に行く・昨夜の三太 »

三太」カテゴリの記事

出来事あれこれ」カテゴリの記事

コメント

ぽんすけさんのつらい気持ちよくわかります!!
寝られない、家に自分一人、洗ったばかりなのにまた汚された、
まるっきり乳児を抱えていたときのお母さんです。あかんぼに怒っても仕方ないのにやっぱり怒ったり、八つ当たりしたり、意地悪したくなったり。
どうか、外に愚痴を言って、吐き出して、家の人にも素直に自分の気持ちを言って。またくる三太のお世話に備えてちょっとでも息抜きして!
この日の三太の吠えが、イレギュラーだった夜のせいで、今夜は今までと同じであることを祈ります。

投稿: Chicago Guy | 2008年7月24日 (木) 19時00分

大変だったね。
今夜は、ゆっくり出来る事を祈ります。

ぽんすけさんの頑張りに、ご両親も安心して任せていらっしゃるのでしょう。
思っている事を伝えた事で、気持ちは少し落ち着いたかな。
(相手が)「判ってる」と思っても、「判ってもらえてない事」って、意外とあるし…。
自由に時間を使える様になった ご両親の事を考えると、無意識に我慢していた部分もあったのかもしれないね。

頑張りすぎない様に、頑張りましょう!
自分が楽しくなくっちゃネ(o^-')b
(自分に向けての一言でもありますが…)

映画の話、落ち着いたら聞かせてね(^-^)/

投稿: ゆみこ | 2008年7月24日 (木) 21時13分

大変な一日だったんだね。
ぽんすけさんの燃やしたエネルギーが、怒りや理不尽なことへの苛立ちが、全て自分のためだったと感じられるようになるには、まだ一晩か二晩かそれ以上は必要でしょう。よくわかります。
一人がつらいのも私はよ~くわかるよ。
伝えられる人には伝えていこう。
そして三太くんを支えてあげてね。

投稿: ふくpi・おふう | 2008年7月24日 (木) 22時39分

三太くんもぽんすけさんも、昨夜はよく眠れたでしょうか?
この日の状況は泣きたくなる気持ちよね・・・なにもかも自分ひとりががまんしてるような気持ちになること、きっとあるんだと思う。こうして発散することで少しでも気持ちが楽になればいいなあと思います。

そしてお店のことは、当事者であるご家族と理解、協力しあうことが大切だと思う。自分が慣れればいい・・・というだけでは、いずれまたストレスは爆発するし、それは体調にもつながると思うの。家族全員が楽しく生活するためには、何はともあれぽんすけさんの健康だと思うのですよ。

ぽんすけさんがたまにお友達とでかけたり自分の時間を持ったり、それがとってもよいストレス解消になり、また楽しく仕事ができて、三太くんを守ってあげられるように落ち着くことを願ってます。

投稿: kero | 2008年7月25日 (金) 10時25分

Chicago-guyさん
ありがとう。
私には育児の経験がなくて、今までも三太に夜中起こされる時、
「赤ちゃんを育てるってこういう風なんだろうな」と思い、そういう経験をしていないから、今三太を通じて、子育ての真似ごとのようなことをさせてもらっているんだろうな、と思いました。
でも、時にはやりきれない気持ちにもなりますものね。
また、遊んでね。
そうやって、たまにガス抜きしてくしかないね。
三太は私にとって、いくらボケても大事な大事な家族であり、子どものような存在なんです。
だから一日も長く生きてもらえるように、いとおしんでいきたいと思っています。


ゆみこ
どうもありがとう。
おかげさまで獣医さんで処方してもらった睡眠薬のようなもの(じっくり相談して一番マイルドなものにしました)が効いたのか、昨日の晩は寝入りばなはぐずって吠えていたけど、その後は静かな夜でした。
家族で仕事を営むことはいいこともたくさんあるけど、家族ならではの衝突や傷つけあってしまうこともあって、大変です。
>(相手が)「判ってる」と思っても、「判ってもらえてない事」って、意外とあるし…。
本当にそう。親子も友人関係も皆そうだよね。
自分に余裕のあるときは多少のことは大目にできるけど、時に余裕がなくなっちゃって・・・。
追い詰められて爆発的な伝え方じゃなくて、相手の気持ちを考えながら冷静な伝え方ができれば、と思います。
ゆみこも色々あるでしょう。
また近いうち会いましょうね。


おふうさん
悪夢のような一夜に続き、昼間までガタガタが続いて、ちょっとバランスが崩れました。
たった一夜、仕事上の小さなトラブルなのに、私って相変わらず小さいなあって思います。
「西の魔女」を読んだり、観たりしたおふうさんにはわかると思うけど、肉親って相手を大事に思っていても、時々とんでもなく傷つけてしまうことを言ってしまうんだよね(賢明なおふうさんにはないかもしれないけど)。
私はそんな「西の魔女」を観たばかりなのに、まいと同じようなことをしてしまった。
父や母にはそれほど長い時間はないかもしれない。
三太はもちろん。
大事にしなきゃ、と思います。
それでも、ため息が出ます・・・。


keroさん
父や母に不満をぶつけてしまい、私は店の奥でわんわん泣いてしまいました。
私の気持ちをわかって欲しい気持ちや憤りと、おおらかな気持ちでいられない自分の情けなさの二つの感情が入り混じっていました。
以前の私なら、もっともっと奥にこもって、「私のことなんて誰にもわかってもらえない」といういじけたネガティブな気持ちに押しつぶされたでしょうが、今はちょっと違います。
こうやって、自分のことのように一緒になって考えてくれる友達が私にはちゃんといる、って思えるようになりました。
友達は本当にありがたく、かけがえのないものだと実感しています。
ブログを通じて知り合ったkeroさんにも、私は自分のドロドロしたイヤなところ、いっぱい見せてしまってますね。
そんな私ですが、気をつけますので(笑)、また、遊んでね。

投稿: ぽんすけ | 2008年7月25日 (金) 15時12分

こんにちは〜!
毎日暑いですね・・・

ぽんすけさん、辛い気持ちは押し込めないでくださいね。
三太ちゃんももしかしたらぽんすけさんに全てを吐き出しているのかもしれません。だって三太ちゃんが一番信頼を寄せてるのがぽんすけさんだから。(^^)
だからぽんすけさんも辛い時は吐き出してください。
泣いて泣いて泣きまくったら三太ちゃんをそっとなでてみてくださいね。
私もいくらでも相談相手になりますから(^0^)/

投稿: ほのかえる | 2008年7月26日 (土) 11時56分

ほのかえるさん
ありがとう!
ほのかえるさんからのあたかいコメント読んで、また泣いてしまいました。
本当はもっともっとやさしくおおらかになりたいけど、まだまだ全然だめです。
一人じゃ生きていけない、本当にみんなに支えられて生きてるな、と思います。
これからも一日でも長くがんばってもらえるように、三太を精一杯愛してあげたいと思います。
またほのかえるさんと、かわうそさんと、今度はブランに会える日を夢見てます。

投稿: ぽんすけ | 2008年7月26日 (土) 15時19分

この記事へのコメントは終了しました。

« 今読んでいる本をめぐってつらつらと | トップページ | 「西の魔女が死んだ」を観に行く・昨夜の三太 »