« 三太がくれたプレゼント(旅行二日目) | トップページ | 栃木の町並み・その1 »

夏休み(最終日・その1)

手白澤3日目の朝。前夜の星空が呼んでくれた青空。レインギア、準備万端で山に来たけど、今回は幸いにも使用しないまま終わりそう。Photo Photo_2
Photo_5 最後の朝の朝食ももちろん、最高でした!毎日朝晩必ず岩魚(しかも大振りの)が供されますが、この日の朝食は燻製のマリネでした。さっぱりとした味付けがおいしいです。ごはんにもパンにも合いそう。ここの食事は地のものを使った宿の手作りで、妥協がありません。本当においしかった(おかげで体重がまた少し戻りました・・・泣)。
 最高のお湯はもちろんだけど、宿の方々の素朴な人柄と宿のこだわり(食事やしつらえ、TVや余計な設備を作ったり置かないこと)、つかず離れずのもてなしがとても好きです。大好きなクロもいるし(笑)。また、お気に入りの宿が一つ増えました。来るのはちょっと大変だけど、ここにはまた来ます。「いつまでも変わらないでくださいね」とだんなさんに話しました。
 というわけで、お名残り惜しいけれど、居心地最高の手白澤温泉に別れを告げて、いざ出発!
Photo_8 宿からすぐの道で動物の足跡発見!ひづめっぽいから鹿でしょうか。「ちょっと前にここを通っていたんだ!」と想像するだけでわくわくします。
Photo_9 Photo_10 帰りは来た道を戻ります。日が差し込む明るい森の中を歩きます。
Photo_11 Photo_12 前を見るだけじゃなく、足元もきれいなものがいっぱい。宝箱のような山の中です。
Photo_13 Photo_14 前夜の雨の後も、渓流は澄んで、美しいです。カツラやブナがきれいな林の中を歩きました。Photo_15 Photo_16
2 のんびり歩いて、車を置いた女夫渕へ戻りました。さあ、これからどうしよう(笑)。日光や奥日光へは何度か行っているので、行っていないところ、ということで、まずは霧降高原近くの大笹牧場へと向かいました。そこで、牛を見て、お昼食べて、牛乳飲んで、ソフトクリームを食べようということに。
 
ちょうどお昼ごろ、牧場到着。大きな観光牧場なので、観光客がたくさん。まずは腹ごしらえ、ということで、ダンナの提案でジンギスカンを食べました。ラムは本当はちょっと苦手ですが、ありがたくいただきました。家族連れやカップルで結構混んでいPhoto_22ました。ダンナはやっぱり焼き方がヘタでした(笑)。 食後はブラウンスイス牛の牛乳と濃厚なソフトクリーム。これで太って帰らないわけがありません(笑)。でも、いいんだ。せっかく来たんだもの。めったに来られないんだもの。迷わず食べます(笑)。
Photo_23 Photo_24 おなかもいっぱいになって、放牧地の方を見に行くけれど、霧が深くて前が見えません。牛の姿もほとんど見られません(ここの牧場はものすごい広大なのです)。
Photo_25 牛舎の方に行ってみたら、ブラウンスイス牛がいました。かわいい顔をしています。ダンナの実家は昔牧場を営んで、牛乳を作っていたので、ダンナも牛が好きです。1 Photo_26
標高の高いこの牧場は霧に煙って寒かったです。夏も本当に終わりなのですね。
 ダンナの背中にトンボがとまりました。
Photo_28 牧場を後にして、次に向かったところは古い町並みが残る栃木市。以前車で市内を通りかかったものの、時間がなく、立ち寄ることができなかったので、この機会に散策してみることにしました。明日に続く・・・。

|

« 三太がくれたプレゼント(旅行二日目) | トップページ | 栃木の町並み・その1 »

おでかけ」カテゴリの記事

お外ごはん」カテゴリの記事

三太」カテゴリの記事

犬以外の動物たち」カテゴリの記事

野花」カテゴリの記事

コメント

「西の魔女」の映画の中のような森の道です。
良いお天気になってよかったですね。
牧場の牛乳とソフトクリーム、おいしそうhappy01
私も絶対迷わず食べます。

投稿: ふくpi・おふう | 2008年8月30日 (土) 21時37分

おふうさん
そうだね!
お天気だと「西の魔女」、でも来た時みたいに曇り空であまり森の中に日が差し込まないと「もののけ姫」。
往路では実際「もののけ姫」の米良なんとかさんの歌マネをしながら、森の中歩きました(笑)。
旅の最中はダイエット一時中断したけど、なるべく余計なものは食べないようにガマンしてました。
山に入るし(非常用)、雨降った時の宿でのおやつ用にと、一応お菓子類も持って行きましたが。
山道で舐めた森永キャラメルがすごくおいしかったな。

投稿: ぽんすけ | 2008年8月31日 (日) 13時17分

せっかくの旅の、山の写真なので丁寧に見させてもらいました。旅館を去るのが私まで名残惜しくなっちゃったよん。温泉に入るために山登り、いいねえ~、よぼよぼにならないうちに行ってみたいな。
牛もダンナさんが好きなようです(笑)。

投稿: Chicago Guy | 2008年8月31日 (日) 13時52分

Chicago-guyさん
ありがとう!
山、いいよ~!
あのお母さんの子どもなんだから、絶対素質はあるよ(笑)。
ゆっくり行けば危険はないから、子どもが巣立ったら是非だんなさんといってみてください(ダンナさまには地味過ぎかしら・笑)。
二日目に行く予定だった鬼怒沼(ここへは結構きついと思います)にいけなかったので、次回は是非登りたいと思っています。
>牛もダンナさんが好きなようです(笑)。
これ、牛がカメラ目線だから?
へへへ~、写真は全部私が撮っているので、牛は私の方が好きなようでした(って、牛の取り合いしてどうする・笑)。

投稿: ぽんすけ | 2008年8月31日 (日) 14時37分

この記事へのコメントは終了しました。

« 三太がくれたプレゼント(旅行二日目) | トップページ | 栃木の町並み・その1 »