« 夏の定食屋・その1 | トップページ | 夏の定食屋・その2 »

あつあつ、うまうま

デパートで買いたいものがあったので、ダンナと二人仕事を早めに切り上げて、街に出かけた。
 必要なものをさくさくっと買って、ダンナが「たこ焼きが食べたい」というので、夕飯代わりにデパ地下にあったたこ焼き屋さんに入った。実は先日私が夕飯を作る気力がなくて、近所で食べてこようということになり、ダンナが「お好み焼きがいい」というので、お好み焼き屋さんに入った。そこのお好み焼き屋さんは自分で焼く形式だったので、私は「夕飯作る気力がなくて出てきたんだから、あたしが焼くのはイヤだからね。焼いてくれるんなら、入る」と言って入ったのに、結局ダンナの不器用な手つきを見るに見かねて、私が焼いてしまった。お好み焼きも、もんじゃも、焼きそばも。ただでさえ猛暑の一日だったのに、大汗かきながら。なんじゃい、これなら、もうちょっとがんばって、自分で夕飯つくるんだった、と思ったものだ(お好み焼き、とってもおいしかったから許す)。
 昨日の夜のたこ焼き屋さんはもちろん、ちゃんと焼いて出してくれるので、安心。
 私はカロリーを考え、明石焼だけ、ダンナは明石焼とたこ焼き。たこ焼きは12個入りのを頼んだので、私も3つほど、おこぼれをもらった。たこ焼きも生地がそんなに固くなくて、ふわふわ。明石焼もふんわり。だし汁にどっぷりつけてあつあつを食べる。ああ、本当に幸せだった~!
Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

|

« 夏の定食屋・その1 | トップページ | 夏の定食屋・その2 »

お外ごはん」カテゴリの記事

コメント

お好み焼屋とかバーベキューは絶対ダンナにやってもらわくちゃやだわい。
明石焼きって東京でも食べられるんだね。私、神戸で食べた1回きりです。
デパートに何を買いに行ったのかなあ~、気になる。でも気にするほどのものじゃないのかしらん!?

投稿: Chicago Guy | 2008年8月21日 (木) 23時21分

こんにちは。
関東に住んでいると明石焼きって、珍しいですよね。
最初に食べた時(中学生くらいだったかな)、
味がなくて変なたこ焼き…と思いました。
一緒だった母も、明石焼きを知らなかったのです。
おいしいと思えるようになったのは、大人になってからでした。

我が家はお好み焼きやもんじゃ焼きを食べに行くと、
とりあえず主人が焼いてくれます。
私がヤケドをしないように…ということらしいです。
外食の時くらいは、男性に頑張ってもらいたいですよね。
ぽんすけさんはお優しいいですね。
ちなみに家でのお好み焼きも主人が焼いてくれます。
焼き物に関しては私は甘えてばかり…。

投稿: ぴろろ | 2008年8月22日 (金) 08時08分

Chicago-guyさん
そうだよね、そうだよね!
焼くのは男の仕事だよね~。
うちのは本当に単なる「でかい子ども」だから、本当に頼りにならんのよ。
明石焼、私は今まで結構食べてます。
もちろん、東京でだけど。
妹一家が関西から上京すると、たこ焼きを焼くことがあるんだけど、ソースで食べる一方で、必ずだしも作って、明石焼のようにつけて食べます。
玉子焼きのような明石焼のタネじゃなくても、イケます。

デパートで何買ったか、気になる?なんで(笑)。
来週山に行こうかなと思っていたので、いただいた商品券でトレッキング用のパンツやシャツを新調したの。
それと、獣医さんへ、心ばかりの御礼を買いにね。


ぴろろさん
ぴろろさんのところのダンナさまはとりわけ、やさしいからな~。
ぴろろさんがいい女だから、でしょうか。
でも、普通男の人の係ですよね。
私もすぐ手を出しちゃうし、だから、ダンナも私の操縦法を心得ていて、甘えん坊(三人兄弟の末っ子ですからね・・・)。
私も決して、焼くのがうまいわけじゃないんですが、
ダンナよりはるかにマシです(笑)。
後で、旅行記、読みに行きますね~!

投稿: ぽんすけ | 2008年8月22日 (金) 11時44分

この記事へのコメントは終了しました。

« 夏の定食屋・その1 | トップページ | 夏の定食屋・その2 »