« 栃木の町並み・その1 | トップページ | 栃木の町並み(その3)・ラーメン食べて帰ろう »

栃木の町並み・その2

栃木の町歩きの続きです。

横山郷土館(休館日だったので外から眺めただけ・残念!)
横山家は店舗の右半分で麻問屋、左半分で銀行を営んでいた明治の豪商だったそうです。店舗の両脇には鹿沼産の深岩石(大谷石に似てる)で造った蔵を左右対称に抱えていています。これは「両袖切妻造り」という全国的にも珍しい建築様式なんだそうです。
建物内部や見事な庭園(戦争中、2代目市川猿之助が疎開していたという洋館もあるらしい)も見てみたかったのですが、残念です。国の有形登録文化財。
Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4
川沿いの風景
栃木の発展になくてはならなかった巴波川。川沿いには柳が続き、遊歩道が整備されてます。江戸時代から明治時代の賑わいを想像しながら、のんびりと歩くだけでも風情たっぷりでいい感じです。錦鯉がもっといると思っていたのだけれど、私たちが歩いた範囲では黒い大きな鯉が数匹と翁島周りの水路で小さな小魚が群れているのを見ただけです。
Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10 Photo_11 Photo_13
 川沿いの柳の木にはあちらこちらに蝉がいっぱい(3匹とまっている写真もあったんだけど、嫌いな人もいると思うので、1匹だけのにしました・笑)。うるさいくらいに鳴いて、行く夏を惜しんでいるようでした。

またも写真を絞り込めず、表通りの商店の様子は明日また。

|

« 栃木の町並み・その1 | トップページ | 栃木の町並み(その3)・ラーメン食べて帰ろう »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

柳の木や緑がなければ、本当にモノトーンの街なみですね。平日の夕方という日時のせいか、ほんとうに静かなかんじ。聞いただけで行ったことがない街ですが、散歩した気になってます(笑)

アブラゼミ!先週オフィスの玄関に1匹お腹をみせてひっくり返ってて、ぎょっとしたけどよくみたら足が動いていたので、勇気をだして(笑)何年ぶりかで持って、近くの植込みに放してあげました。死んじゃうにしても土の上がいいかなと思って・・・。

このところ天気が悪くて、この夏に生まれたセミは不完全燃焼だろうなあ・・・可愛そう・・・なんて思っていたので、ちょっとした出来心での親切心でした。足がわしゃわしゃ動いてやっぱりちょっと怖かった(笑)ジーと鳴いたら放り出してたかも(笑)

↑セミばかりを語っちゃってごめんなさい!!

投稿: kero | 2008年9月 1日 (月) 17時49分

keroさん
川のある町並みっていいですよね。
ここもね、おっとり穏やかな空気でした。
飾り立てずに普通に日常生活が営まれている町のムードがいいんです。
アブラゼミ救出、がんばりましたね!!
えらい。
私もセミはでかくて触ると「ジジジジっ」ってものすごい振動で鳴くんで苦手です(笑)。
keroさんの救ったセミ、きっと天寿をまっとうしたんだろうね。
うちのベランダのデッキの上にもきのうミンミンゼミが死んでて、植木鉢の土の上に葬りました。
昨日、初めてうちの周りでツクツクボウシの鳴き声を聞いたよ!
昔は夏の終わりにいっぱい鳴いてたけど、最近めっきり数が減ったみたい。
私もセミネタ、抱えてたね(笑)。

投稿: ぽんすけ | 2008年9月 1日 (月) 18時09分

いつかの温泉といい、この街といい、ほんとに渋くて、すてきな、いいところをご存じですね。ファイルして老後の楽しみの為にとっておきたいです。

写真もとてもきれいですが、この街は冬、雪なんか降っててもいい感じだろうなぁ、って思います。大人の休日って感じで羨ましいです。


ちなみに、私は、日々つましく生活してる、ただのおばさんですよ~~。本当の奥様は、避暑にもお手伝いさんなど連れていくので、別荘の掃除なんかしないんですよ~bearing
だって、同じトヨタマの卒業生ですよ!

投稿: ヘッジホッグ | 2008年9月 1日 (月) 22時01分

多摩には耳が痛いほどセミが鳴いて、きりがないほどのセミが落ちて、ツクツクボーシも鳴きまくっています。
私は歓迎しない派なんだけど!
でもこうしてセミとはかかわりを持ってしまいますhappy02

投稿: ふくpi・おふう | 2008年9月 1日 (月) 22時04分

ヘッジホックさん
ありがとうございます!
年のせいか、古くて日本情緒溢れるものが好きなのです。
栃木はこの旅で泊まった温泉とは違って、思い立ったら簡単に出かけられるところですので、老後と言わず(笑)、お子さん連れて(ちょっと子どもには渋いか・・・)じゃがいも入り焼きそば食べに行くのも楽しいと思います。
別荘もっていらっしゃるのはやっぱり奥様ですよ~!
ダンナさま、トヨタマの人なんですか?
いやいや、トヨタマ出身者、結構すごい人いますからね。
ポニョ大ヒットの宮崎駿だって、ヘッジホックさんの好きな谷川俊太郎だって、「桃尻娘」の橋本治だって、都響の面々だって!
・・・でもお金持ちとはちょっと違う種類の人なのかな(笑)。


おふうさん
セミの苦手なおふうさんを意識して1匹の写真にしたんだもん(笑)!
私もセミの声は大好きなんだけど、触るのは怖いの。
そっちはまだいっぱいツクツクボウシがいるんだね。
ここらへんはミンミンゼミが増えて、アブラゼミもまあまあ多いですが、
ツクツクボウシは珍しいほどになってしまいました。
ヒグラシの声が好きなんだけど、ここらへんでは無理だね。
東京でも等々力渓谷に行った時はたくさんヒグラシがいました。
最近はクマゼミも北上して都内でも増えているそうで。
おふうさんのきらいなセミの話ですみません!
落下するセミ、体当たりするセミにお気をつけください。

投稿: ぽんすけ | 2008年9月 2日 (火) 14時49分

あ、誤解を招く書き方でした。同じ、というのは、ぽんすけさんと私という意味です。

しかし、良さそうなよころですね。その3の雑貨さんもいいなぁ。
ラーメン食べたくなってきました!!

投稿: ヘッジホッグ | 2008年9月 2日 (火) 21時19分

ヘッジホックさん
どっちの意味かな?と一瞬悩みました(笑)。
そうか、そうするとヘッジホックさんも私も大物になれる可能性はあるんだな(爆)!
もう、遅いか(笑)。

投稿: ぽんすけ | 2008年9月 3日 (水) 11時42分

この記事へのコメントは終了しました。

« 栃木の町並み・その1 | トップページ | 栃木の町並み(その3)・ラーメン食べて帰ろう »