« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

秋支度

 ついこの前まで汗ばむ陽気だったのに、「涼しい」を通り越して、急に肌寒くなりました。昨日も今日も11月の気温だとか。道理で寒いわけです。ダンナは先日夏の疲れが出て、のど風邪をひきましたが、明け方ヒヤっとしたのが引き金。それまで「そろそろ寝具も変えねば」と思いながら不精をして、まだ夏のまんまタオルケットだけで丸まって寝ていたのがいけなかったのでした。もちろんその後毛布を重ねましたが、昨日はさすがにそれでも心もとないので、羽根ぶとんを出しました。だから昨日の夜は、ぬっくぬくであったかかった~~。2~3日前に夏物の洋服をしまって、衣替えもしました。あ、それから長らく楽しませてもらったベランダのトマトとゴーヤーも、実がついても色づかなくなったり、小さいまましぼんだりするようになって、葉っぱも汚くなりいよいよみすぼらしくなったので、秋分の日に思い切って「さよなら」しました。初めてのベランダ菜園だったけど、楽しかった!トマトとゴーヤーちゃん、どうもありがとう~!とってもとってもおいしかったよ~!どっちもで~んと大きなバケツ鉢で繁りまPhotoくっていたので、整理したら、ベランダもだいぶすっきりして、風通しがよくなりました。まだ青じそとナスは残してあります。シソもばかでかくなって、今月に入ってから花を咲かせました。つい先日もほたての刺身のツマに使ったりで、相変わらず重宝してます。ナスももう終わりかな・・・。
 写真は教材園でとれたはちみつから作った蜜蝋です。ほんのり甘いいいにおいがしそう。自然の色も柔らかくてきれい。

| | コメント (4)

四十九日とトートバッグと結婚記念日

 27日(土)は三太の四十九日でした。その日は朝から仕事で、「帰ったPhotoらお線香をあげに行こうね」とダンナと話していたんだけど、仕事が忙しく、帰ったらすっかりくたびれてしまい、三太には申し訳ないけど、翌日にしようということになりました。
 日曜日、秋の花(すすき、りんどう、黄色い小さい花・名前知らず)と、三太が大好きだったチーズを持って、三太のお墓参りに行きました。四十九日を迎えて、なんだかようやく気分的に一区切りついた気がします。三太が死んじゃった時、愛犬を見送ったことのあるほのかえるさんから「虹の橋」のお話を教えてもらいました。

「亡くなったペットは天国に行く前に「虹の橋」に行くんだそうです。
虹の橋に行った動物達は、事故で亡くなっても病気で亡くなっても、一番元気だった
時の姿に戻って元気に楽しく走り回れるそうです。
そして飼い主さんが亡くなったとき、一緒に虹の橋を渡って天国にいって
もう二度と離れることはないそうです。」

詳しいお話はこちら

お墓からの帰り、お寺の近くのケーキ屋さんで久しぶりにおいしいシュークリームを食べました。「私たちがシュークリーム食べてると、三太も欲しがったね。三太も大好きだったよね」と話しながら。四十九日が過ぎて三太も落ち着く頃だけど、いつも私たちのそばにいて私たちを見守ってくれている、そう思います。いつかまた、あちらの世界で会えるように、私たちも死ぬ間際まで精一杯生きた三太を見習って、がんばろうと思います。
Photo_2
ところで、柴犬のシルエットの柄のトートバッグを買いました。柴犬は素朴で野性味があるので、甘い感じのイラストにしちゃうとちょっとイメージが違ってしまうんだけど、このトートバッグはシルエットなので、ファンシー過ぎず、リアルだけどリアル過ぎずで、いい感じ。柴犬本来の愛らしさとしぐさを本当によく知っているなあと思います。どれもみんな、三太みたい。三太を思い出すなあ。手ぬぐい作家さんの作品です。大事に使おうと思います(お墓参りをはじめ、さっそくお出かけに使っています)。

ところで、今日はなんと私たち夫婦の18回目の結婚記念日です~!よくもっているなあ(笑)。特別な予定はありません(笑)。

| | コメント (6)

定食屋ぽんすけ

1筑前煮定食
筑前煮(鶏肉、ごぼう、たけのこ、にんじん、こんにゃく、じゃがいも)、きのこのしぐれ煮、豆腐とほうれんそうの味噌汁
2おはぎ定食(お昼)
おはぎ(母手作り)、溶き卵とほうれんそうのお吸い物、刻みすぐき
3ホワイトシチュー定食
ホワイトシチュー(生協のルウ使用・普通のメーカーのよりあっさりしてる)、帆立の刺身(父の北海道の知人からの贈り物)、久々のきゅうりとにんじんのぬかづけ
4連夜のホワイトシチュー定食
ホワイトシチュー、白パン(マーガリンはちみつサンド・ダンナは三つも食べたけど、ダイエット中の私は結局一つも口にせず・涙)、トマトと水菜のサラダ(近所のカフェの若女将から頼まれて、お祭りの決算書を作ったごほうびで、ドレッシングをもらった♪)
5メンチ定食
母がくれた(出来合いだけど)メンチ・キャベツ・トマト添え、もずくときゅうりの酢の物、納豆、えびだんごと水菜のお吸い物
6うな丼定食
ダイエットでとうとう目標の体重を達成したごほうびのうな丼(といっても、結局私は気を抜けなくて、ちょぴっとだけにして、大半をダンナにあげてしまった)、枝豆、たたききゅうりとトマトのゴマサラダ、豆腐とほうれん草の味噌汁

| | コメント (4)

ほのかえるさんの個展に行く

昨日の夕方、ようやくほのかえるさんの個展を見に行くことが出来ました!!
Photo Photo_2 ギャラリーにはほのかえるさんがいらっしゃいました~。そしてだんな様のかわうそさんまで!なんてラッキーだったんでしょうか!
 作品を見るのもさておき、しばしほのかえるさんとかわうそさんにご挨拶&おしゃべり。愛犬の話やほのかえるさんの作品についてのお話、田沢湖のこと、果てはダイエットの話まで(笑)。平日で、ちょうどお客様が一段落の時間帯で、おふたりを思う存分独占させていただきました。本当に楽しかったな。ブログがご縁で、こんなつながりができるなんて、パソコンが大嫌いだった(今も決して好きではないけど)私には、当初とてもそんなことは考えられませんでした。大好きなほのかえるさんも、ほのかえるさんの作品にも出会わなかったでしょう。縁って不思議です。
 ほのかえるさんの初期の作品から現在までの作品は、ほとんどポストカードになって販売されていました。初期作品は今より色彩もデザインもポップで、描かれている動物も必ずしも日本の種ではありません。最近は色調もデザインもぐっと繊細で複雑になり、カエルや野鳥などとともに植物を描きこまれることが多いです。描かれている生き物も植物もご実家(田沢湖)のお庭で出会えるものです。どれもみんな、身近な生き物や植物への愛情が感じられるものばかりです。そういう視線が私はすごくすごく好きなのです。これからも、田沢湖の自然を描き続けてほしいな、と希望する限りです。ほのかえるさん、本当にありがとうございました。
 昨日買ったほのかえるさんの作品の数々。今日は朝から一日出張の仕事だったのですが、さっそく買ったばかりの長袖Tシャツを着込んでいきましたよ~!一日ゴキゲンで仕事できました!!てぬぐいもお皿もカレンダーもこれから楽しみに使わせていただきます。
Photo_3 そして、このギャラリーでkeroさんと合流。筋金入りのカエラーのkeroさんもほのかえるさんの個展を見に来てくれたのでした。ギャラリーを後にして、御茶ノ水でごはんを食べて、またまたいっぱいしゃべりまくって(笑)、楽しいひと時を過ごしました。keroさんだって、ブログ先輩のChicago-guyさんがご紹介くださったのでした。「私とは住んでいる世界が違う人」だった雲の上の人、憧れのkeroさんと、こんな風に話を聞いてもらいながら食事ができる不思議をここでまた感じ入るぽんすけでした。
 ほのかえるさん、かわうそさん、keroさん、楽しい時間をありがとうございました。
 ほのかえるさんの個展は28日(日)、つまり明日まで!まだ間に合います!

| | コメント (5)

最近もらった愛しのカエルたち

Photo 最近身近な人からもらった大事なカエルたち。手作りのバッグ、箸置きセット、お守り。

Photo_2 手作りのバッグは「どこがカエル?」と思われるでしょうが・・・。ジャン!裏地がカエル。


Photo_3 箸置きは5個セットで全部絵柄が違います。スイレンの葉っぱの上にいたカエルが水の中に飛び込む様子が描かれています。ヒトコマをご紹介。




Photo_4 カエルのお守りは母の旅行みやげ。私のカエル好きを知っていたわけじゃないのに、「かわいいから」と買ってきてくれました。カエルの子はカエルです(笑)。「三福かえる」だそうで、「宝かえる(返る)・旅かえる(帰る)・若かえる(返る)」だそうです。

| | コメント (2)

今日は外

今日は外
今日は外
昨日からダンナが風邪気味で、夜になって急にダンナの代わりに「登板」が決まった。朝は泣き出しそうな曇り空だったけど、お天気になりました。まだ最後の力をふりしぼってツクツクボウシが鳴いてるけど、木々は秋仕度の真っ最中。

| | コメント (2)

秋の入り口

 最近通りかかった場所で見つけた野の花たち。一番最初の写真は懐かしいジュズダマ。小さい頃、熟した実をネックレスにしました(縦方向にすこんと中心が引っこ抜けて、簡単に糸通しの穴があくのです)。次の紫の花はホトトギス(花のもようが鳥のほととぎすの模様に似ているそうです)。次のはヨウシュヤマゴボウ(有毒)。次のがわからない。雨上がりのクローバー。今回も四葉は見つかりませんでした(泣)。秋です。
Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5

| | コメント (0)

お彼岸

Photo 今日は秋分の日。お彼岸の中日。昨日の夕方、配達の仕事の帰り道、三太のお墓にお線香をあげてきた。じいちゃん、ばあちゃんのお墓参りは一日がかりの遠出なので、春しか行けないけど、許してもらおう。

 三太~、元気にしてるか~?見守ってくれよぉ。

| | コメント (5)

ほのかえるさんの個展が始まった!

 私がブログに使っているテンプレートを作られたほのかえるさんの初めての個展が20日から始まりました~!わ~いわ~い!うれしい!!ほのかえるさん、おめでとうございます~!このブログのテンプレートがご縁で、ほのかえるさんのイラストと写真、そして何よりそのお人柄にほれ込んだ私は、ほのかえるさんとダンナさまのかわうそさんと、ついにACLの試合で、初めてお会いすることができたのでした。とってもやさしいほのかえるさんでしたが、私にとっては憧れの人なので、すごく緊張しました(笑)。
 個展は28日までです。皆様も是非是非ほのかえるさんの世界におでかけください!ほのかえるさんのいとしいいとしいカエルグッズが買えます!

Koten_2

  KAERU NINJA EXIVITION VOL.1
  「かえるにんじゃの世界」

  2008年9月20日(土)~28日(日)
  11:00~19:00
                            東京 神保町 AMULET2階ギャラリー

| | コメント (2)

アホちゃいまんねん・・・

Photo 甥っ子たちが来る・・・わけではありません。夏の海帰りに買ったキャラメルポップコーン(グリコ味)がとうとうなくなり、中味より外側にひかれた容器が空っぽになってしまったので、さっき、銀行の帰りに「Nノウ研」の隣にあるコンビニ(子どもの利用が多いので、安くて小さなお菓子がわりと多い)で、駄菓子をあれこれ買い込んで来ました。写真のお菓子以外にも個包装のあられ、カリカリ梅が入っています。ベビースターは小袋だったけど、大きすぎてひとつも入りませんでした(泣)。思い余っていっぱい買い込み過ぎて、全部は入りきらず(汗)。「う~、ちょびっと食べたいよ~」という時、蓋を開けてちょびちょび食べる楽しみ(笑)。子どもも大人も変わらないですよね。
 とは言っても、我ながら「年を考えろ!」と思います・・・。

 ふふふ、それからダイエットですが、あと500グラムほどで理想体重達成というところまで参りました!バンザ~イ!先の週末はダンナが二晩とも町内会の飲み会に参加しており、「私ひとりなら」と、ダイエット補助食品だけのひもじさを乗り越えました(笑)。7~8年前の私に戻りました!恥をしのんで言います。目標体重になれば、2ヶ月ちょっとで約7キロ体重を落としたことになります(真冬の旅行中の夕飯後に記録した「驚愕の値」からは、8キロ)それでも痩せ体型ではないのですから、いかに太っていたかですよね)。ダイエット挑戦中のお笑い芸人に勝るとも劣らない努力と成果ですよね(笑)。自分で自分を褒めたい(笑)。

| | コメント (6)

アサザの花

 アサザの花が見頃(区内の小学校の池にて)。睡蓮もきれいに咲いていました。霞ヶ浦では、環境悪化に伴い、かつて群生していたアサザが希少植物になってしまったそうですが、地元の再生プロジェクトで、現在たくさんの花が咲いているそうです。水面一面に咲くアサザの花、見てみたいな。
Photo Photo_2

| | コメント (4)

ラーメン食べたい

 ラーメンが食べたくなって、夕飯は近所のラーメン屋に行った。ラーメン食べるのは、先月の佐野ラーメン以来。ここのはとんこつしょうゆのちぢれ麺。おいしいんだな、これが~。調子に乗って、普段は控えているビールも飲んじゃった。おつまみに出されるメンマ食べながらビール(小)飲んで、ラーメン食べて、しめて950円のささやかな幸せなり~!
 帰ってから、女性お笑い芸人たちのダイエット記録の番組を見て、ちょっと後悔した。今更後悔したって、遅い!
 ちなみに「食べ合わせダイエット」ではどうしてもラーメンが食べたい時は、ラーメンを食べる前に野菜ジュースを飲んでおくといいんだそうです。
Photo Imgp5045

| | コメント (6)

彼岸花

Photo 教材園の片隅に彼岸花が咲いていた。すぐ近所の小学校のフェンス沿いもにょきにょきと茎が伸びている。

お彼岸か。またあれこれ考えちゃうな~。

ダンナの出張中はミレイを観に行って息抜きもできたけど、それなりにあれこれとやらなくちゃいけないことが多かった。でも気持ちが空回りしてて、いまいち思うようにはかどりませぬ。ひとつ片付けるとため息ついて、能率の悪い自分にムチうって、よっこらしょとまた次の仕事にとりかかり・・・。いちいちムダなエネルギーを使っている気がします。ふぅ・・・。台風接近中で気圧が低いから調子が上がらんのでしょうか。なんちゃって~、ガハハと笑って抵抗力つけなきゃなぁ!!思い切り笑うとすっきりしそう。鏡でものぞいて、無理やり笑ってみましょうかね(ゲゲ、不気味・・・)。え~い、ファイト~!いっぱ~つ!なんだか壊れてますね(苦笑)。

| | コメント (3)

ミレイ展に行く

Photo 19世紀英国を代表する人気画家、ジョン・エヴァレット・ミレイ(1829~96年)についてはそれまで全然知識がなかったのだけど、開催前から新聞の美術欄などで彼の代表作「オフィーリア」をみて、ちょっと気になってた。おとといの新聞でまた特集記事が出ていて、「オフィーリア」もさることながら、その記事に載っていた美しい「姉妹」という絵の実物を観たくなった。彼が描いた本の挿絵も興味があった。昨日の夕方、仕事が終って店番もいたし、ダンナは出張中で夜はひとりだったので、「早速チャンス到来!」と渋谷bunkamuraで開催中の「ミレイ展」を観てきた。展示は期待に違わぬものだった。つやと透明感のある美しい色彩、無駄のない構図、繊細で緻密な描写。特に子どもの顔や女性の肖像は瞳に吸い込まれそうに美しい。晩年のスコットランドの自然を描いた絵は、あでやかさはないけれど、しっとりとしたゆとりを感じる。森の静けさや鳥のはばたきの音が伝わってくるような感じ。会場も閉め際でそれほど混雑していなかったので、気に入った絵を何度も見直した。会場を出るのが惜しいなあと思った。それほど気に入って、珍しく「図録を買おうかな」と思ったけど、印刷ではあの美しい色は全然まったく表現できていないのでした。
Photo_2  帰り道はkeroさんと同じコースを行きたかったSHOTO CAFE・・・ダイエット中だったんだけど、どうしてもここのシフォンケーキが食べてみたかった・・・)んだけど、閉め際でもうケーキが売り切れだった・泣(ダイエットには助かったので、ほっとする半面も・笑)。でも、どうしても甘いものが食べたくて、ブルーシール・カフェでアイスクリーム(ラムレーズンをシングルでガマンしたでごじゃる)を食べて帰りました、とさ。

| | コメント (6)

定食屋ぽんすけ

出張やお祭りの準備や祭りの後の連夜の打ち上げが重なり、ダンナがうちで夕飯を食べることが最近少ないです。ラク(笑)。今日からダンナはまた3日間の出張です。カラダが資本だから、うちで食べられる時はちゃんと作らねば。ダイエットは順調ですが、あと一押しというところでなかなか減りません。この出張中がひとつ、勝負です(笑)。目標体重まで2キロをきってます!
Photo_2パエリア定食
パエリア(生協の魚介とスープがセットになっているやつ)、キャベツときゅうりのサラダ、トマトとたまごのスープ
2 ゴーヤーチャンプルー定食
ベランダ産ゴーヤーのチャンプルー(豆腐、ランチョンミート、卵入り)、知り合いの畑でとれたかぼちゃの煮物、ベランダ産ナスときゅうりのぬかづけ、にらとじゃがいもの味噌汁
3 いわしの生姜煮定食
いわしの生姜煮(ダンナが飲み会でいない前夜、圧力鍋で30分煮たので、骨まで柔らかく食べられます)、トマトのオムレツ、栗ごはん(近所の人からまた栗をもらったので、これまた前夜に剥いておきました)、ベランダナスときゅうりのぬかづけ、いんげんとれんこんの味噌汁

| | コメント (2)

山道で出会った小さな野花たち

8月末の奥鬼怒の山道で出会った小さな野花たち。季節も変わって、今頃はまた違う風景になっているだろうな。
Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10 Photo_11 1 Photo_12

| | コメント (3)

祭りだ、わっしょい!

昨日は大人神輿の町内巡行。交通規制をして、大通りを11の神輿が練り歩きます。クライマックスは大通りを一時全面封鎖して、警察署前で大通りを全神輿が埋め尽くす場面です。警察署長が出てきて、皆で一本締めをします。圧巻ですよ~!
Photo_15 Photo_16 Photo_17 Photo_18 Photo_19 2_2 Photo_20 窓を開けていると、一日中町のどこかから祭りの音が聞こえました。暑い、熱い、一日でした。

| | コメント (4)

夜店のごちそう

Photo_15 金曜の夜からうちの町会はお祭りモードに突入。自営業の我が家も、私以外(ダンナ・父・母)町内会に借り出されています。金曜の夜と土曜の夜は町内のお稲荷様前の公園で町内会主催の夜店、土曜の午後と日曜の午前は子ども神輿、日曜の午前中から夜まで大人神輿です。ひとり留守番の私に、夜店の仕込みを手伝っている母が、夜店の人気メニューの焼きそばと鶏手羽の煮物をわざわざ「熱いうちに」と買って、差し入れてくれました~(しかも、2パックずつ・・・)。焼きそばは町内会の若手(男の人)が、鶏手羽は町内会の婦人部のお母さん方が作ってくれています。焼きそばは桜えびのダシが隠し味のさっぱりしたおいしさ。油ギッシュじゃないところがいいです。鶏手羽の煮込みはしょうがの風味が効いてて、味付けもやさしく、汁まで飲み干せちゃうおいしさです。鶏肉が口の中でほろほろにくずれるくらいに柔らかく煮込んであって、きっちりいい味がしみ込んでます。今年は煮玉子入り。うまいです!こういうB級グルメ、好きなんですよね~(笑)。これでどっちも150円はお値打ちですよね。本当にご奉仕価格。早々に売り切れるわけです。ご馳走様でした&お疲れ様でした~。
 今日はいよいよ大人神輿。14基の神輿が大通りを練り歩く様は圧巻なんですよ。ダンナは細い体で結構がんばってます(笑)。

| | コメント (3)

水族館は楽しい

昨日の行き先は当たり!葛西臨海水族園でした。

朝イチで入館しましたが、ちょうどその頃、大水槽をダイバーが清掃中でした。
Photo ここの水族館の一番の目玉は軍艦のように大きく、金属のような光沢を持ち、高速で回遊するマグロやカツオが見られることです。
 なんとラッキーなことに、今回、この水族館としてはなんと9年ぶり、前日に産まれたばかりというクロマグロの卵と、孵化したて(なんとマグロの卵は1日で孵化するのだそうです。早い!例えば、メダカは2週間を要します)のクロマグロの赤ちゃんを特別に見せていただくことができました!その小ささたるや、肉眼で見るのやっとという大きさ。それが、成魚になると体重400キロ、体長3メートルにもなるというのだから驚きです。
 産卵の様子のVTRも見せてもらいました(水族館のサイトでも産卵の様子が見られます!こちらです)。メスが産卵した後をオスが精子をかけていきます。大きな水槽は真っ白になります。神秘的だ~。
 繁殖期になると微妙に体色などが変化するそうです。飼育員の方々は繁殖期に合わせて、その環境を整えていくそうです。具体的には、海水温を上げるとか、人工照明の点灯時間の調整などです。毎年そのような調整をして、産卵を待っていたそうですが、実を結ばず、今回の9年ぶりの産卵に成功したそうで、その影には飼育員の方々の大変なご苦労があったと思います。あっぱれ!とてもうれしくなりました!
 マグロの回遊する大水槽と、マグロたちです。
Photo_3 Photo_4
マグロの水槽も神秘的で、いくら眺めていても飽きなさそうですが、もうひとつ、かわいくて大好きなのが、ペンギンたちのエリア。ここでは、ペンギンの水中での泳ぎが観察できます。その泳ぎはまるで、魚のよう。愛嬌のある顔がかわいいです。ちょうど、餌やりの時間にも合いました。時間が近づくと、餌のポイントで飼育員のおじさんを待ち構え、ものすごくけたたましいです。餌の魚をバケツから投げ込むと我先にと群がる様は、かわいくない(笑)。丸のみ、ごっくんです。食事が終って、おなかが満足すると、ゆうゆうと水面に浮かんで羽のお手入れをしている様子は、ペンギンも私たちも基本は一緒だな(満腹になると、幸せそうだし、余裕の雰囲気が漂うあたりが)と面白かったです。小さいペンギンは子どもではなくて、世界一小さいペンギン、フェアリーペンギンです(それ以外のはフンボルトペンギン)。
1 Photo_5 Photo_6 Photo_7 2 2_2 Photo_8 カラフルなさかなたち。
1_2 1_3 2_3 3 Photo_9 大好きなウミガメ(アオウミガメ)の赤ちゃんも水槽に泳いでいました。かわいいっ!!がんばれ~、と声を掛けたくなります。
1_4 2_4 3_2 4 5 幻想的なクラゲやカラフルな毛糸で作ったようなイソギンチャク(じゃないか、これは)。
Photo_10 Photo_11 夏のような日差しと暑さの一日でしたが、日陰は潮風が涼しく、外に出ると、秋の草花(萩、すすき)が風に揺れていました。
Photo_12 Photo_13

| | コメント (7)

いい天気

いい天気
いい天気
日差しが暑いけど、潮風が心地いいです。
仕事とはいえ、幸せ。

| | コメント (4)

忘れてたおみやげ

Photo 夏の海への泊まり出張の帰りに、海ほたるの「ぐりこ・や」で買ったキャラメルポップコーン(グリコ味)。8月に封を開けて、写真を撮っておいたんだけど、忘れてた。おみやげなんて買うつもりなかったんだけど、かわいいパッケージに惹かれて、ついつい子どもに紛れて買ってしまいました。1000円也。ほとんど容器代ね(笑)。先日「西の魔女」を観たシネコンや、新宿にできた豪華シネコンをのぞいた時、そこに漂っていたのは、キャラメルポップコーンのいいにおい。「食べた~い!」と思いつつ、買えずに、そのにおいが頭にしっかりインプットされてたこともついつい買っちゃった理由かも。昔は塩味のポップコーンが映画館の定番だったけど、今はキャラメルなのですね~。こちらのグリコ味ポップコーンの味は最初「う~ん?なんか足りない」という感じ。塩味(最近は塩キャラメルがはやっているから余計に)がもうちょっときいているかな?と思って口にしたんだけど、塩味は全然しない。そうだよね、「グリコ味」なんだから。「何だか、一味足りないんだよね~」と言いつつ、おなかがすくと、ちょびちょび食べていたので、約一月かけて今は底にうっすら残っているだけとなりました。
 今、グリコのホームページを見てみたら、面白そうな新CMの告知を発見。「オトナグリコ」。カツオとワカメとタラオとイクラが、実写で大人になってます(笑)。まだ見たことがないこのCM、早く見てみたいなあ。

| | コメント (3)

一ヶ月

Imgp4935 三太がいなくなって、今日でひと月が経ちました。一ヶ月前はまだ夏の真っ盛りでした。今朝は毎朝飲むミルクを初めて温めて飲みました。あっという間だったのか、長かったのか。いまひとつ、実感がありません。もうめそめそすることはないけれど、三太がいないということに、いまだに慣れません。三太を思い出さない日もありません。さんぽも、世話もなくなって、生活時間がぐんと楽になりました。夜も一度も目覚めることなく、朝まで眠れるようになりました。だけど・・・やっぱりさみしい。ありきたりにしか、表現できないのが悔しいけれど。三太の世話ができることが、どれだけ幸せだったか、と思います。
 この3日間、三太が死んじゃってから初めてのダンナの泊まりの出張でした。いつもの出張は、ダンナがいなくても、三太がいました。三太がいたから、ひとりでもひとりじゃなくて、三太とよくしゃべっていました。ひとりで食事して、ひとりでふとんの上で横になると、「ああ、三太はもういないんだな」とひしひしと感じました。
 お昼にちょっと時間ができたので、三太を葬って以来初めて、お花を買って三太のお墓におまいりをしてきました。三太はきっとさみしい思いなどせずに、家族や友達と天国を駆け回っていると思います。

| | コメント (5)

実りの秋

 夕方、久しぶりにのぞいた教材園の田んぼの稲も、実りの秋を迎えていた。へちまがびよ~ん。ムラサキシキブは実が色づき始め、きれいなグラデーション。キバナコスモスは今が見頃。ぶらぶらと庭を眺めていたら、どこか早い夕飯を作っているのか、さんまを焼くいいにおいがしてきた。新米と焼きさんま!おなかがすいてきました~!
Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

| | コメント (3)

また出会った

今年はショウリョウバッタと縁がある。またうちの裏の塀の上で大きな大きなショウリョウバッタに出会った。調べてみたら、オスは成長しても4~5センチなので、8センチくらいあったこの個体は女の子である。
Photo Photo_2 たしか去年(おととし?)はやたらカマキリに出会ったし、おととし(さきおととし?)はセミの幼虫だった(土から出てきて羽化の場所を探して歩いている幼虫を何匹か見たし、実際の羽化の様子もうちの前の植木鉢で目撃した)。
 相変わらず、日中はセミが最後の盛り上がりをみせて鳴いているが、夜はセミに代わって秋の虫が鳴いている。今日は晴れて日差しがあって暑いけど、秋の空気の混じった暑さになった。

| | コメント (3)

定食屋ぽんすけ

来週の祭礼に備え、この土日もダンナは祭りの準備で留守。明日からは3日間、出張。来週末はお祭り本番。その後、また3日間出張。ダンナも大忙し。留守番の私もダンナの分の仕事がまわってきます・・・。しばらく私もまたダイエットドリンクだけの日が多くなりそうです。でも、理想体重へ一歩ずつ近づいています。ジムは忙しくて行けなくなるなあ(まあ、最終的には私の意志の問題ですが)。結構な月会費なので、ムダにするのもしのびなく、退会しようかと思っています。方法はともかく、結果としては入会時より体重はかなり落ちましたから、一定の成果はあったことにしようかしら?それともやっぱり「挫折」かしら・・・。
1 かつおのたたき定食
かつおのたたき(たっぷりのオニオンスライス、シソ、青ネギ、おろししょうが、おろしにんにくで)、オクラと厚揚げの煮物、いんげんとじゃがいもの味噌汁
2 若鶏のチーズ焼き定食
若鶏のチーズ焼き(焼きししとう、スィートコーン添え)、プチトマト、野沢菜(父と母の旅行のおみやげ)、豆腐とわかめと青ネギの味噌汁
3 冷汁定食
真夏の暑さで冷汁(焼いた鯵のほぐし身の代わりにいりこをすり鉢であたり、粉にしたものがたくさん入ってます。豆腐、きゅうり、みょうが、しそ、すりごまたっぷり。冷たい冷汁ろあったかいごはんにかけていただく)、コロッケ(お肉屋さんの)、冷やしトマト
4 焼き餃子定食
自家製焼き餃子(具はキャベツとにらと豚挽き肉)、枝豆、夏野菜たっぷりの味噌汁(なす、じゃがいも、おくら、みょうが)5
栗ごはん定食
拾いたて栗の栗ごはん、れんこんのきんぴら、昨日の餃子ののこりのタネのハンバーグ、ゆでブロッコリー、豆腐とわかめと青ネギの味噌汁

| | コメント (3)

手白沢のクロ

 手白澤温泉の看板犬のクロ(黒柴)。宿のおばあちゃんの話によると御年7歳(くらいかな、とのこと)。手白澤温泉のホームページに5歳の頃のクロの写真のページがあるんだけど、その頃よりちょっと太めになっていました。お客様からごちそうをもらってしまって、太っちゃったんだそうです。部屋の座卓の上にも「クロにえさをあげないでください」というカードが置いてありました。人気者は辛いよね、クロ。
 この子は私たちが車を置いた女夫渕までお客様をお迎えに行ったり、お送りに行くこともあるそうです。年をとった最近はめっきりそういうことも減ったそうだけど、それでも、ないわけじゃないらしい。女夫渕から人間の早い人で2時間の山道。すごいなあ。
クロの「自分の場所」は玄関奥の座布団の上。よくここで寝ていました。玄関の靴箱には温泉を通したパイプが通っています。雨や雪で濡れた靴もこのパイプの上に乗せておけば、気持ちよく乾くわけです。クロはこのあたたかいパイプの上が大好きなようで、パイプの上でごろんと横になり、気持ち良さそうに眠っていました(笑)。また、玄関から上には上がらないようにしっかりしつけてあります(小さい時、雷に怯えて、一度だけ上がってきてしまったことがあるそうですが、その時ちゃんと言い聞かせたので、今は大丈夫だそうです)。ごはんは夕飯一回。お客様の夕食が終ってからと決まっているそうです。私たちが夕飯を終えて、玄関に行くと、フロントの方に向かってじ~っとごはんを待っていました。「まだですか?待ってます」と訴える真剣なまなざしがとってもかわいい。お水は玄関のすぐ外の新鮮でおいしい湧き水を自由に飲んでいます。贅沢です。おしっこも湧き水の流れ落ちる側溝の下の方でしていました。水洗トイレ(笑)。
 館内にはあちこちにクロの写真がはってありました。ご主人さまとそのご家族はもちろん、宿を訪れるお客様から愛されるクロです。
 クロの存在は、今回の旅行先の決め手の一つでもありました。三太を思い出しながら、クロに遊んでもらいました。本当にずいぶんと和ませてもらいました。おとなしく、人見知りをしない(うちの三太とそこが違う・笑)、やさしいいい子でした。また会いに行くまで、元気でね、クロ!
Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10 Photo_11 Photo_12 Photo_13 Photo_14 Photo_15

| | コメント (2)

暑さにやられた~

思っていた以上に晴れて、一日外歩きはバテた。重い荷物背負って、よく歩いた。まとわりつくような湿気と日光にやられた~。油断して、日焼け止めも持っていかなかったので(顔は化粧下地に入っているが、それでも鼻のアタマが焼けた)、腕が日に焼けてヒリヒリ赤い。どかた焼けじゃ~。しか~し!立派な栗をゲットしたので、いいことにしよう。
Photo_13 Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10 Photo_11 Photo_12

| | コメント (3)

定食屋ぽんすけ

最近の定食です。最近はお昼はダイエットドリンクですが、夜はご飯もおかずもお子ちゃま分くらいの量を食べています。だって、やっぱり食べたい・・・。アルコールは原則飲んでいません。体重は旅行前と変わらず・・・。まだまだ遠い、スリムな私。
1 鶏の味噌漬け丼定食
鶏の味噌漬け丼(生協で買った鶏の味噌漬け・焼くだけ、焼いて軽くしょうゆで味付けしたししとう、長ネギ、しいたけのものせて)、きゅりとトマトのサラダ、わかめとたまごのスープ、焼きいか(残り物)
2 なすの肉そぼろあん炒め定食
なすの肉そぼろあん炒め(生協の冷凍の揚げナスと肉そぼろあんを炒めただけ)、いんげんとゆで卵とトマトのサラダ、枝豆(冷凍は私的にはいまいちなので、必ず自分で茹でる)、もやしと油揚げの味噌汁、山椒こんぶの佃煮(義姉からのいただきもの)
3 お赤飯定食
お赤飯(神輿担いだので、ご祝儀でもらった)、いかと大根の煮物(ダンナの飲み会だった前夜に煮といたので、いかの色が出て色黒になっちゃったけど、実際ちょっと味付けも濃かった)、だし巻きたまご、冷やしトマト、いんげんとじゃがいもとみょうがの味噌汁
Photo スタミナネバネバ丼
スタミナネバネバ丼(薄目に味付けした青シソ入り豚焼肉とおくらと山芋、納豆)、わかめと豆腐とみょうがの味噌汁
5 鰆の塩焼きと焼き野菜定食
鰆の塩焼き、焼き野菜(じゃがいもの千切り、ししとう、なす)、花いんげんの煮豆(軽井沢に出張に行った時にいただいた地元特産の缶詰。さっぱりした甘さに味付けてあって美味)、水菜と豆腐の赤だし味噌汁、ふりかけ
6 ナスとひき肉のカレー
Photo_2 ベランダのナスがまたたくさん、しかも大きいのができ始めたので。ルーをつかわないカレー粉で作ったのナスカレー(なすは9個入ってます)。水菜とトマトのサラダ、自家製塩らっきょう

明日は久しぶりに一日出張です。がんばります!

| | コメント (4)

帰宅後のサプライズ

Photo 旅行から戻ると、サプライズが待っていました。三太が日曜日の夜に急患として、一晩だけ入院してお世話になった獣医さんから花束が届いていたのです。
 かかりつけの獣医さんに最後のご挨拶へ行った後、こちらの病院にもご報告と御礼の電話をしたのでした。たった一晩だったけど、こちらの病院の先生方の適切な治療と措置がなければ、三太は出張中のパパの帰宅を待ったり、我が家で最後の時間を過ごすこともできなかったかもしれないと。
 びっくりしましたが、うれしいお心遣いでした。これも、三太のくれたご縁なんだなあと思いました。三太の元気だった頃のかわいい盛りの写真(こちらの先生は息も絶え絶えに弱った三太しか見ていただいてないので、「こんなにかわいかったんですよ!」と見てもらいたかったのです・最後の親ばかです)を貼った御礼のはがきを出しました。

 旅行中だけじゃなく、帰宅してからも、三太は私たちの驚くこと、喜ぶことを用意してくれていたのでした。

| | コメント (7)

栃木の町並み(その3)・ラーメン食べて帰ろう

栃木の町のメインストリートは、電線がなく、歩道も歩きやすく整備され、すっきりと快適です。すだれのかかった荒物屋さんは、以前車で通りかかった時に車窓から眺めて、心引かれたお店です。かわいいかごやたわし、ほうき、欲しいものは数々あれど、買っても活かしきれなさそうので、眺めるだけで。
Photo_14 Photo_15 Photo_16 2 Photo_18 Photo_19 看板も粋なのです。路地から眺めた表通り、裏通りの昔ながらの中華屋さんも風情があります。
Photo_24 Photo_25 Photo_26 Photo_27 Photo Photo_2 2時間足らずの散歩でしたが、見所がコンパクトにまとまっているので、結構楽しめました。最近、ここ栃木の新名物は「じゃがいも入りやきそば」なんだそうです(観光館にも「じゃがいも入りやきそばマップ」を置いてました)。私は麺にじゃがいもが練りこんであるのかな、と想像したんですが、どうやら、やきそばの中に茹でたじゃがいもが具として混ざっているようです。やきそばにじゃがいもなんて太りそう!(笑)。しかし、じゃがいもも焼きそばも大好きな食べ物なので、「食べてみたい!!」と思ったんですが、残念ながらまだその時おなかがすいていなかったのです(泣)。残念!
 観光案内所と物産館を兼ねている「栃木蔵の街観光館」では、おみやげ(またも手ぬぐい発見。地元のお祭りの山車の柄。これも500円也。後は、母と三太用に地元産のお線香)を買いました。
 栃木からの帰り道、夕飯は佐野でラーメンを食べることにしました。佐野ラーメンといえば、宇都宮の餃子と並ぶ、栃木の名物です。たくさんのお店があるようなのですが、ガイドブックに載っていたお店で、一番シンプルでさっぱりしていそうな「針谷(はりがい)ラーメン」に行くことにしました。佐野の中心地からちょっと離れた住宅地の中にぽつねんとあるお店でした。なんと8時には閉店するそうで、ここらへんて健全なんだなあと思いました(笑)。野球大好きな頑固そうなおじさんと、人懐こい笑顔の元気そうなおばさんのご夫婦で切り盛りしている様子。普通のラーメンと特製餃子を頼みました。まず餃子、皮がもちもちっとしてて、中の具がじゅわっとジューシー、味付けもくせがなくシンプルで素朴です。ラーメン、これは写真を見ての通り、澄んだスープがさっぱりおいしい!味はすっきり薄めです。麺は細めの縮れ麺(青竹麺といって、青竹で打つのが佐野ラーメンの麺の特徴のようです)。おいしいです~!これなら食欲がなくてもするするっと入っちゃいそう(笑)。
Photo_28 満腹になったおなかをさすりながら、お勘定を終えて、お店を出ようとした時、入り口付近の壁にかわいい柴犬の子犬の写真が目に飛び込みました!「針谷亮太です」と書いてあります。思わず、おばさんに「このわんこはお宅のわんちゃんですか?」とたずねたら、「ええ、もうすっかり大きくなっちゃったけどねぇ、外にいますよ、見ます?」と言うので、外に回って招かれるまま厨房の入り口に行くと、いました!でっかくなった亮太くんが!柴犬!ついついかわいくて歓声を上げてさわりまくってしまいました。おっかなそうなおやじさんも出てきて、しばし柴犬談義(一見こわもてだけど、本当はおしゃべり大好き・笑)。私たち夫婦も柴犬が一番好きなんだけど、ラーメン屋さんも同じ人種でした(笑)。うちの三太が最近死んじゃったことを話すと、亮太くんの先代の柴犬の話をしてくれました。先代も14歳まで生きたのですが、お店が忙しい8月のある日、熱中症で死んでしまったんだそうです。「気をつけてやってたんだけど、あの日は忙しくてさ、本当にかわいそうなことしたよ」と話していました。で、悲しみにひたっている時にふと入ったペットショップでコロコロとかわいい亮太くんを見つけてしまったそうです。「まだ四十九日も過ぎてなかったのに、かわいくてさあ、思わず買っちゃって」。お客さんがいなかったので、ラーメン屋ご夫婦と亮太くんと楽しいひと時でした。
 最後まで、犬との出会いが多かったのも、きっと三太の導きでしょう。三太、楽しかったよ。ありがとう!
 こうして、3日間の楽しい夏休みが終わりました。実はまだ番外編として、手白澤のクロと野の花を別に載せようかな、と思っています(笑)。
 さて、夏も終わり。また仕事、がんばらなくちゃ!

| | コメント (4)

栃木の町並み・その2

栃木の町歩きの続きです。

横山郷土館(休館日だったので外から眺めただけ・残念!)
横山家は店舗の右半分で麻問屋、左半分で銀行を営んでいた明治の豪商だったそうです。店舗の両脇には鹿沼産の深岩石(大谷石に似てる)で造った蔵を左右対称に抱えていています。これは「両袖切妻造り」という全国的にも珍しい建築様式なんだそうです。
建物内部や見事な庭園(戦争中、2代目市川猿之助が疎開していたという洋館もあるらしい)も見てみたかったのですが、残念です。国の有形登録文化財。
Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4
川沿いの風景
栃木の発展になくてはならなかった巴波川。川沿いには柳が続き、遊歩道が整備されてます。江戸時代から明治時代の賑わいを想像しながら、のんびりと歩くだけでも風情たっぷりでいい感じです。錦鯉がもっといると思っていたのだけれど、私たちが歩いた範囲では黒い大きな鯉が数匹と翁島周りの水路で小さな小魚が群れているのを見ただけです。
Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10 Photo_11 Photo_13
 川沿いの柳の木にはあちらこちらに蝉がいっぱい(3匹とまっている写真もあったんだけど、嫌いな人もいると思うので、1匹だけのにしました・笑)。うるさいくらいに鳴いて、行く夏を惜しんでいるようでした。

またも写真を絞り込めず、表通りの商店の様子は明日また。

| | コメント (7)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »