« 定食屋ぽんすけ | トップページ | 彼岸花 »

ミレイ展に行く

Photo 19世紀英国を代表する人気画家、ジョン・エヴァレット・ミレイ(1829~96年)についてはそれまで全然知識がなかったのだけど、開催前から新聞の美術欄などで彼の代表作「オフィーリア」をみて、ちょっと気になってた。おとといの新聞でまた特集記事が出ていて、「オフィーリア」もさることながら、その記事に載っていた美しい「姉妹」という絵の実物を観たくなった。彼が描いた本の挿絵も興味があった。昨日の夕方、仕事が終って店番もいたし、ダンナは出張中で夜はひとりだったので、「早速チャンス到来!」と渋谷bunkamuraで開催中の「ミレイ展」を観てきた。展示は期待に違わぬものだった。つやと透明感のある美しい色彩、無駄のない構図、繊細で緻密な描写。特に子どもの顔や女性の肖像は瞳に吸い込まれそうに美しい。晩年のスコットランドの自然を描いた絵は、あでやかさはないけれど、しっとりとしたゆとりを感じる。森の静けさや鳥のはばたきの音が伝わってくるような感じ。会場も閉め際でそれほど混雑していなかったので、気に入った絵を何度も見直した。会場を出るのが惜しいなあと思った。それほど気に入って、珍しく「図録を買おうかな」と思ったけど、印刷ではあの美しい色は全然まったく表現できていないのでした。
Photo_2  帰り道はkeroさんと同じコースを行きたかったSHOTO CAFE・・・ダイエット中だったんだけど、どうしてもここのシフォンケーキが食べてみたかった・・・)んだけど、閉め際でもうケーキが売り切れだった・泣(ダイエットには助かったので、ほっとする半面も・笑)。でも、どうしても甘いものが食べたくて、ブルーシール・カフェでアイスクリーム(ラムレーズンをシングルでガマンしたでごじゃる)を食べて帰りました、とさ。

|

« 定食屋ぽんすけ | トップページ | 彼岸花 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

観にいけたのですね~。よかったです。

閉館間際ということは7時近くまでいたのかしら?そしたら絶対近くにいたなあ・・・帰り道で!昨日はどうしても甘い物(栗!と決めてた!)が食べたくて、帰りにデパ地下で迷いに迷って栗ようかんときんとんを買って帰っていたのでした。もしかしたら、一緒に食べられたかも・・・と妄想(笑)

投稿: kero | 2008年9月18日 (木) 13時50分

keroさん
観に行きました!
すごくすごくよかったです!
見逃さなくて本当によかった。
ロンドンまでは行けそうにないので(笑)。
またひとつ、好きなものが増えてうれしいです。
keroさんの影響大なんですよ~!!!
あの時間、接近遭遇していたんですね~。
う~んマンダム、もとい、う~ん残念。
keroさんに会いたいなと思いながら、忙しいかな、と遠慮してしまったのでした(まだ、keroさんに遠慮がある内気な私です)。
今度はダメもとでお誘いさせていただきます!

投稿: ぽんすけ | 2008年9月18日 (木) 16時14分

「オフィーリア」という名を目にするとすぐ頭に浮かぶのが「オフィーリア、お前もか!」そんなバカな、それはブルータスだよね、なんでそうなっちゃったのか・・・・。あ、わかった、そんなセリフが出てくる昔々のマンガがあったのだ。
あと、「チャンス到来」というBARBEE BOYSの曲があります。
マンダムと同様、歳が知れる・・・・。

投稿: Chicago Guy | 2008年9月18日 (木) 20時02分

どうやら、生協だけでなく、新聞も同じかな?
って、まぁ、新聞はそんな人も多いでしょうが。

いいなぁ、私も行ってみたいと思ってました。オフィーリアは15年前に、ロンドンで見たような記憶があるんだけど、(あ、この言い方、感じ悪かったらごめんなさい)、やはり新聞で見て、他のもまたゆっくりみたいなぁ、って思ってました。
しかも、後半のカフェの紹介を見て、そちらの方につられて、フラフラ出かけてしまいそうですcoldsweats01
あくまでも、花より団子の私でございます。

投稿: ヘッジホッグ | 2008年9月18日 (木) 21時26分

「オフィーリア」という絵、先日実家に行ったとき新聞の切抜きが飾ってあるのを見ました。たぶん同じ新聞wink
そのあとこの展覧会の広告を見て、ちょっと興味引かれていたところでした。
チャンスあったら行ってみようかな。

投稿: ふくpi・おふう | 2008年9月18日 (木) 21時52分

Chicago-guyさん
「チャンス到来」、曲を聴けばわかるわ。
マンガはう~んわからん。
ちなみにシェークスピアはひとつも読んだことがありませんcoldsweats01


ヘッジホックさん
新聞、サラリーマンから足を洗った時、一番広告が多いものにしました(笑)。
オフィーリア、本場で見たんですね!
きっともっと感慨深いと思います。
でも、今改めて見るとまたきっと違う見方ができるかもしれませんね。
>(あ、この言い方、感じ悪かったらごめんなさい)
・・・こういうご配慮と表現が、すごくチャーミングです。
私もそうなりたいです。
ケーキ、店内に漂う甘いバニラのにおいをぱくぱく口から吸って、ガマンしました(泣)。


おふうさん
お父さんもお母さんもあの絵に魅了された一人かな。
私も最初は「行けたら行こうかな」程度だったんだけど、度重なる新聞の特集や広告で次第に興味が膨らんでいきました。
やっぱり記事や広告って宣伝効果あるのね。
予想以上によかったので、渋谷に出かける折があったらお勧めしたいです。

投稿: ぽんすけ | 2008年9月19日 (金) 13時40分

この記事へのコメントは終了しました。

« 定食屋ぽんすけ | トップページ | 彼岸花 »