« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

休みたい・秋の寺

今週は毎日外での仕事があって、緊張を強いられた(外での仕事は楽しいけど、毎回緊張はしている)。中での仕事も多くてやることだらけ・・・。平日も休日も仕事づくめ。明日から連休の人も多いだろうけど、うちは休みなし。仕事が無ければ生きていけないから仕方はないし、もはや連休の人たちをうらやましいと思うこともなくなったけど、一日でいいから仕事を忘れて休みたいと思うことは贅沢でしょうか・・・。はぁ・・・。忙しくなるとどうしても出てくるそんな不満。まだまだ悟りの境地には達しません・・・。

そんな日々、仕事の合間や仕事先で一息つきます。わずかなすき間時間だけど、大事な時間。少しでもリフレッシュしたい。けれど絶対的に時間が不足しています・・・。
Photo_14 Photo_15 Photo_16 Photo_17 Photo_18 Photo_19

| | コメント (4)

ボクの好きなおもちゃ

 ウィルの一番好きなおもちゃはピンクのわんこのぬいぐるみ。歯とアゴが丈夫なので、固いガムやおもちゃが好きかと思いきや、柔らかいぬいぐるみがお好みのようです。ガムなんて一度も噛んでくれない・・・。
1 2 3
 さんぽから戻ってから足を拭く時に手を甘噛みする悪いクセ。足を拭く間にこのぬいぐるみを噛ませたらぬいぐるみに夢中でおとなしく拭かせてくれたのですが、すぐにまた手を噛んで邪魔するようになってしまいました。今は足を拭く間、おやつをあげてみています。今のところ、おやつに夢中で順調ですが、いつまで続くことやら。今の問題点は分離不安の傾向があって、ひとりにされるのを嫌がる(一人でなくても、家族の誰かがその場から去るとしばらく鳴く。ひとしきり鳴くとあきらめるが、ヤケクソでおしっこやうんちょをすることが・・・)、たまにエネルギーが爆発して(さんぽには相当時間をかけてるんですが、それでもなおかつ)、かまってほしくてほしくてどうしようもなくなると甘噛みしてしまう。これが痛い。いいところは、おさんぽはかなりおりこうになったこと(だいたい私の横についてあるけるようになりました。「待て」と言えば待てるし。今はしつけのために私がさんぽしているけど、ほかの人に託したらどうなるかまだ不明)、今のところ人間のごはんには絶対手を出さないこと。私たちが食事をしている間はおとなしく不貞寝してます。仮ママさんには「座卓暮らしは大変かも」と言われていたので、この様子にはびっくり。ウィルに狙われることも邪魔されることもなく、私たちのペースでゆっくり(っていっても、もともと早食いだけど・・・)食事できています。ウィルのごはんは私たちが食べ終わって食器を下げてから。この子は本当にすごい甘ったれです。本当に絶えず人にべったりくっついています。寝る時ももちろん。
 毎日まだまだ格闘しています。本当によく歩いているし。でも、距離が気にならない。犬となら歩けるんですよね。しばらくはウィルと私たちの根競べが続きますねえ・・・。まだまだ自分本位のガキンチョだから仕方ないなあ。え~い、負けるもんかい、怪獣め(一番下の写真の顔なんて本当に怪獣みたいでしょ・笑)!
 明日の夜、診察してもらって、行けそうなら、やっと抜糸です。邪魔なカラーからもうすぐ解放されます。それにしても、さんぽ中、何人から「何ですか、それ?」とカラーの説明を求められたでしょうか。もう説明も嫌になった・・・。

| | コメント (4)

ツマグロヒョウモン

うちの前を飛んでいたツマグロヒョウモン。店の前の植えたてのビオラのプランターにとまって、土の中に卵を産んでいる模様。お尻の先を盛んに土の中にくっつけていた。このチョウの幼虫は黒に赤い線でトゲトゲがいっぱいの毒々しい野郎らしい(ただ、毒はないそう)。せっかくのビオラが食べられちゃわないように、申し訳ないけど、幼虫を見つけたら駆除せねば。
Photo Photo_2

| | コメント (4)

外の仕事の日

今日は朝から一日外。この秋3回目の場所・・・。味わい深い柿の葉っぱの紅葉がきれいです。
Photo Photo_2  

Photo_5Photo_6

| | コメント (2)

定食屋ぽんすけ

今週は丼とかのワンプレートものが多かったです。忙しい時は品数減ります・・・。
Photo カキフライ定食
カキフライ(生協の揚げるだけ)千切りキャベツとトマト添え、山椒と昆布とふきときのこの佃煮(京都鞍馬産)、お麩とわかめの味噌汁
Photo_2 カレーライス定食(二晩連続・・・)
野菜ごろごろカレー、かぶときゅうりときゃべつと柚子のサラダ(翌日はトマトときゅうりのサラダ)、自家製塩らっきょう
3 キンメの煮付け定食
金目鯛の煮付け(舞茸も一緒に)、いかとセロリのバターしょうゆ炒め、かぶと油揚げの味噌汁
4 天丼定食
天丼(生協の天丼の具セット解凍しただけ)、きざみすぐき、山椒と昆布とフキときのこの佃煮、豆腐とほうれんそうの味噌汁
5 三色寿司定食
三色寿司(豚そぼろ、炒り卵、さやえんどう)、きゅうりとトマトのサラダ、かぶとじゃがいもの味噌汁
6 鯵のたたき丼定食
薬味たっぷり(しそ、しょうが、青ネギ、もみのり)鯵のたたき丼、ほうれんそうのおひたし、大根と里芋とめかぶの味噌汁
7 ベーコンとバジルのトマトソースパスタ定食
ベーコンとバジルのトマトソースパスタ、水菜とにんじんとトマトのサラダ、ほうれん草とたまごのスープ

| | コメント (4)

上野動物園のおみやげ・順調な回復

Photo 上野動物園のおみやげ。平べったいかわいい缶入りのマーブルチョコレート。これも缶目当て(笑)。使用目的があって買ってきました。携帯用のウィルのおやつ(しつけ用におやつを持ち歩いてます)入れ。とってもかわいいし、大きさがよくって、なかなか使い勝手がいいです。

 昨日の午後、ウィルの傷の治り具合のチェックをしてもらいに、獣医さんへ行って来た。順調!どうしてもキズの上を足で引っ掻いてしまい、Photo_2縫い糸が3箇所くらい切れていたそうだけど、縫い直すほどのことはないそう。今週の金曜日の夜、抜糸をすることになりました。それまで、もう少しの辛抱。がんばろうね、ウィル。
  ウィルは散歩時のひっぱりグセはだいぶ直ったけど、一人にされたりするとあてつけというか嫌がらせのように室内におしっこをするクセがなかなか直らない。あと、おさんぽの後、家に上がる前に足を拭く時に暴れて人の手を噛むクセ。この2大悪癖以外はとてもいい子なんだけどねえ。わたしゃ、ウィルに噛まれたキズだらけだわい。
 写真はダンナの足の間に入り込んで眠るウィル。本当に甘えん坊さんで、人がそばにいる時はべったりくっついている。

 そうだ、昨日の夜、ようやくジムを退会してきました。もう2ヶ月は行っていない。もったいないことをしました。なぜこんなにのびのびになったかというと、退会する前にもう一度カラダの詳しいチェックを受けて、ダイエットの詳しい効果を測ってからにしようと思っていたけど、なかなか行く気になれず、結局検査はせずに月末ギリギリでやめる手続き。こんなに早くやめる気は無かったので、なんだか挫折した気分だけど、入会当時の検査でトレーナーから言われた理想体重にはなったことだし(正直、無理だと思っていた数値・・・。図らずも達成したのが不思議)、ウィルが来たことで、毎日ずいぶん歩いているので、もう必要はないと思う。入館すると漂ってくるプールの匂いが好きだったな。苦手だったサウナも大好きになりました。

| | コメント (2)

上野動物園(その2)

1 2 3 1_2 2_2 3_2 Photo Photo_2 1_3 Photo_3 Photo_4 Photo_5 いよいよ仕事がびっちりの季節で休みがない(泣)。今週はウィルが家族になったり(もちろんこれは自分たちが望んだことだし、大きな喜びではありますが)、大事件に巻き込まれたりで、仕事以外も忙しかったので、へとへとです。こまぎれの休憩だけじゃ辛いっす・・・。あ~、一日のんびりしたい。キレそう・・・。贅沢な悩みですね、がんばりましょう・・・。

| | コメント (5)

上野動物園(その1)

今週の火曜日に行った仕事先は上野動物園でした。日差しが強く、園内を一日走り回っていたので、大汗かきました。もちろん、動物をのんびり眺めていることはできないけど、それでも楽しかったな。動物たちがかわいかった!撮れる範囲で撮ってきた動物の写真です。クリックして大きくして見てね。かわいい表情してます。
Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6 1 2 Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10

| | コメント (3)

ウィルです

ボク、がんばってるよ!
Photo

| | コメント (4)

恐ろしいできごと

 昨日の夜、ウィルとふたりでさんぽに出た。ウィルの体力に合わせて、毎回少し足を伸ばしている。昨日のコースも普段はあまり行かない道。とある家の前をウィルと共に通りかかった時、ノーリードで、首輪さえしていないダルメシアンと、暗くてよく見えなかったが黒っぽいレトリーバーのような犬に突然ものすごい吠え声を上げながら、ちょっとだけ開いていたガレージの隙間からものすごい勢いでウィルに襲い掛かってきて、ウィルが噛まれるという事件に遭ってしまった。突然の凶行で、どうすることもできなかった。ウィルは肩口を噛まれていた。3センチほどぱっくり傷口が開いていた。縫わなければならない傷だった。怖かっただろうし、痛かっただろう。ウィルはわんこが大好きなのに、トラウマになってしまったらどうしよう。体の傷は治っても、心の傷はなかなか治らないかもしれない。私もすごく怖かったから。
 二匹の犬はウィルに襲い掛かった後、私の叫びを聞きつけて飛び出してきたその家の留守番の男性が必死に捕まえようとしたが、首輪もしていないのでなかなか捕まらず、ものすごく興奮もしていて、しばらく近所を逃げ回り、戻って来なかった。
 飼い主が泊まりで出かけていて、留守番を預かる代理人しかおらず(名刺をもらい、その後代理人から再度詫びの連絡があったけど)、騒ぎをきいて飛び出してきて私やウィルをサポートしてくれた近所の人によれば、そのご近所さんの一人の飼い猫も以前に3度もそのダルメシアンに噛まれているそうだ。飼い主さんは悪い人ではないそうだが、「(特にダルメシアンの)しつけができていない。運動が足りずに犬に相当ストレスがたまっているんではないですか?」と代理人に抗議していた。近所の人が複数と、たまたま通りかかって一部始終を見ていた知り合いの中学生の子たちがずいぶんと私たちを心配して助けてくれた。
 こういう出来事は防げた惨事だから、悔しい。襲った犬も、ある意味被害者。飼い主には今後こんなことが二度と起こらないように、私からもきちんと抗議をして、改善をしてもらおうと思っています。
 犬のしつけは大切。改めてそう思いました。ウィルは幸い怪我の割には元気です。

| | コメント (8)

笑わない男ウィル

こやつは人が自分のもとに帰って来てくれた時も、ごはんをもらった時も、どんなにうれしい時だって、長いしっぽをブンブンとちぎれんばかりに振りながら(狭い我が家で壁にしっぽがバッタンバッタンぶつかっている。痛くないのかしら?)も顔だけ変わらない。笑える。三太の愛用していたクッション、我が物顔で愛用しております・・・。
Photo_2
今日は一日大好きな場所でのお仕事でした~。楽しかったけど、歩き疲れて暑かった・・・。

| | コメント (3)

体型維持にいいかも

Photo

一日三回のたっぷりさんぽで、ママの健康にもいいです。この時期にしては、夜も気温が高いので、薄着ででかけてもよく歩くと汗かきます。しかし、1歳のビーグルは元気だ。しばらく老犬とのの~んびりさんぽに慣れていた私たちには久しぶりに味わう感覚です。おばさんにはきみのありあまる体力に付き合うはちょっとキビシイ(苦笑)。まだまださんぽの最中にウィルの名前を間違えて「三太!」って言ってしまいます。三太とよく歩いたお花いっぱいの散歩道をまた犬とともに歩ける幸せ!でもぐいぐいひっぱるウィルに精一杯で花を愛でている余裕はありませぬ。

| | コメント (5)

はじめまして!ウィルです

はじめまして!ぼく、このうちの家族になることになりました。ビーグルのウィリアム(ウィル)です。だいたい1歳です。どうぞよろしくお願いします(ペコリ)。
 ここのうちの家族になったいきさつはまたおいおいだって。
今までやさしくしてくれたママが突然いなくなって、もう少し年のいった別のママに変わってしまったけど、ボクはとっさに自分の運命を悟って、さっさとここのうちになじむことを決意しました。昨日はパパとママが「拍子抜け~」と言うほどいい子でした。ママやパパのごはんの邪魔もしなかったし、夜鳴きもしなかったよ。ママのおふとんで朝までぐっすり寝ました。ぼくは甘ったれです。
Photo 1 2 3 4

| | コメント (12)

定食屋ぽんすけ

 今日の夕方、我が家の一員になるかもしれないわんこがやってくる!昨日の夕飯を食べながら、「こんなに静かにゆっくり邪魔されずに夕飯を食べることができるのも、今夜が最後かもしれない・・・」と思ったのでした(笑)。
 秋も本番で、何を食べてもおいしいのでした~!満足、満足!
1 けんちん汁定食
けんちん汁(うちはしょうゆ味です。里芋、大根、人参、ごぼう、長ネギ、こんにゃく、豆腐)、ひじきの煮物(大豆入り)、ゆでブロッコリー、鮭ほぐし、にんにくみそ
2 残り物定食
けんちん汁、さつまいもとりんごの煮物、ゆでブロッコリー(以上残り物)、いただきものの老舗のはんぺんのバター焼きわさび醤油(めちゃ美味)、納豆
3 豚玉ひじき丼定食
ひじきの煮物の残りリメイク定番の豚玉ひじき丼(豚ひき肉を炒め、ひじきの煮物を投入、卵でとじるだけだけど、ものすごくおいしい)、かぶときゅうりとブロッコリーの柚子サラダ、じゃがいものとたまねぎの味噌汁
4かぶと豚薄切り肉のシチュー定食
かぶと豚薄切り肉のシチュー、厚揚げ焼き(大根おろしとしょうが添え)、たたききゅうりの梅肉和え、ちりめん山椒
5 麻婆豆腐定食
麻婆豆腐、かぼちゃの煮物、野菜スープ(冷蔵庫の中の残り物野菜で。かぶの茎と葉、にんじん、たまねぎ、しいたけ)、かぶときゅうりの浅漬けすりごまがけ、かぼちゃの煮物
6 菜飯定食
出張先でもらったとれたての葉付き大根の葉っぱで作った菜飯(むっちゃ美味)、かじきのムニエル、ぶなしめじのバターソテー、かぼちゃの煮物(残り)、豆腐とほうれん草の味噌汁

| | コメント (4)

天高く!

 朝から一日、外のお仕事。絶好のお仕事日和。
Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 お日様の下、鮮やかなカンナの花がちょっと暑苦しい。さつまいもは今が収穫時。青々としていた葉っぱも朝晩の冷え込みで赤く色づき始めてとってもきれい。





Photo_5子どもたちが木の幹の節にできた穴の中にたくさんの木の実を入れて、木の枝でぐるぐるとかき回しているので、「何してるの?」と聞くと・・・。「森のシチュー作っているの」!子どもの発想ってすばらしい。そして、木の実のシチューはとってもきれい。
Photo_6 Photo_7 Photo_8

| | コメント (2)

おみやげ

昨日のハンマースホイ展のおみやげ。ポストカードと缶入りのアーモンドタフィー。展覧会に行くたびにお気に入りのポストカードやおみやげを買うのも楽しみのひとつ。この缶はかなり気に入りました~!
Photo

| | コメント (4)

「ヴィルへルム・ハンマースホイ展」に行く

Photo 国立西洋美術館で開催されている「ヴィルヘルム・ハンマースホイ~静かなる詩情」展に行った。「観たい!」と言っていた友達のChicago-guyさんとkeroさんを誘って。ヴィテルム・ハンマースホイ(1864-1916)は日本ではあまり知られていないデンマークの画家。私も知らなかったんだけど、とある場所にこの展覧会のチラシが置いてあって、チラシの絵《背を向けた若い女性のいる室内》にぐいっと引き寄せられて、そばにあった招待券をもらったのが縁。以下、ハンマースホイ展の概要(国立西洋美術館のサイトからの引用)。

「ヴィルヘルム・ハンマースホイ(1864-1916)は、生前にヨーロッパで高い評価を得た、デンマークを代表する作家の一人です。没後、急速に忘れ去られましたが近年、再び脚光を浴びています。ハンマースホイの作品は17世紀オランダ絵画の強い影響を受け、フェルメールを思わせる静謐な室内表現を特徴としています。室内画の舞台は自宅であり、登場人物として妻のイーダが後姿で繰り返し描かれました。イーダの後姿は、我々を画中へと導いてくれるのですが、同時に、陰鬱な室内と彼女の背中によって、我々は「招かざる客」かのような拒絶感も覚えることとなります。しかしながら、ハンマースホイの室内画が決して居心地が悪いというわけでありません。モノトーンを基調とした静寂な絵画空間が綿密に構成されているためでしょう。まるで音のない世界に包まれているような感覚に浸れるのです。
ハンマースホイの芸術世界を日本で初めて紹介する本展では、同時期に活躍した、デンマーク室内画派とよばれるピーダ・イルステズやカール・ホルスーウの作品も合わせて紹介します。デンマーク近代美術の魅力に触れることのできる大規模な回顧展となる予定です。」

グレートーンの静かな絵は温かみはなく、好き嫌いはわかれるかも知れないけど、その音のない静寂に引き込まれてしまう人は多いと思う。私は好きです。微妙なグレーや茶や白の落ち着いた色彩も好き。ほとんがコペンハーゲンの室内(自宅)、不自然に人っ子一人いない風景画、背中を向けた女性(ハンマースホイの奥さん・イーダ)ですが、窓から差し込む陽光や珍しい青空がきれいでした。静かな静かな絵です。12月7日までやっています。深まり行く秋の日、鉛色の空、ひそやかな気配を感じる展覧会です。

一緒に行ってくれたkeroさんが公園のベンチでお茶を点ててくれました~!わざわざ野点セットを持ってきてくれたのでした。わ~い!なんてすてきなんでしょうか!!金沢から帰ったばかりだったから、金沢で買ってきたお菓子を一緒に。栗蒸し羊羹、絶品でした。お抹茶、まろやかでおいしい。色もきれい。思いもかけないプレゼントでした。keroさん、どうもありがとう!!!
Kero Photo_2

展覧会を観て、keroさんはお仕事のため、職場に戻り、私とChicago-guyさんで少し遅いお昼ご飯。パエリアを食べました。一人用のパエリア鍋だったので、やたらに鍋底にごはんが焦げ付いていて、バリバリしておりました。そして、あろうことか、バリバリのおこげを食べている途中で私の奥歯の虫歯治療の詰め物がごろっととれてしまいました~(泣)。コンニャロ~!歯医者行かなきゃ・・・。

| | コメント (4)

父の写真展

Photo 三連休は毎日何か仕事が入っていて、まったくの休みは一日もなし。唯一私用で外に出たのは日曜日のわんことのお見合いだけというなんとも禁欲的な私たちです。
 今日はぽっかりと仕事が空いたので、午前中、先週末からやっていた父の写真展に顔を出しました。会期は明日までで、行かねばなるまいなあと思いながら、なかなか時間のやりくりができず、滑り込みです。でも、本当は父の知り合いに会うのが面倒で(私はめちゃくちゃ付き合いの多い父の反動なのか、どうも社交下手で人と会うのが苦手なのです・・・)、行かなくてもいいか、と思っていた親不孝者です。店の仕事やうちのことそっちのけで、あちこち好きな写真を撮りにまわっている父。そんな自分勝手な父に対しての反発もありました。でも・・・、父の写真、私は過小評価していたかもしれない。改めて父の作品を見ながらそう思いました。父の写真に対しての熱意、風景を切り取る確かな眼をしっかりと感じました。帰り道、携帯で父に電話しました。面と向かっては言いにくいので。恥ずかしかったけど、「すごく良かったよ」と言いました。父は「ありがとう」と素直に返してくれました。

| | コメント (4)

初めてのご挨拶×2

 昨日の午後、里親の申し込みをしたわんこに会いに行きました。この子は飼い主から捨てられ、本所の東京都動物愛護センターに収容されていたのですが、今回里親探しの窓口になっている愛護団体が引き出したわんこです。「お見合い」の場所は、現在のわんこの住まいの近くのカフェのテラスです。どきどきしながら、指定された待ち合わせのカフェを探していると・・・、いました!まだ若い仮ママさんとパソコンの画面でしか見たことのない、けれどしっかり頭にインプットされているわんこが!
 わんこは想像通りやんちゃ坊主でした。そして、もっといかついと思っていた顔は思ったよりハンサムでした(笑)。私たちを見るなりうれしそうに飛びついてきてくれました。でも、一通り私たちへのご挨拶が終わると、あとは仮ママさんべったりでした(笑)。お茶をしながら仮ママとわんこと遊んで、その後近所を散歩させてもらいました。「ひきが強い」と言われていたのですが、三太の若い頃と同等か、それよりはマシかも(笑)。ひとつ問題があるとすれば、甘噛み。子犬にありがちなクセですが、ちょっとフラストレーションがたまったり甘えたくなると噛むのです。もちろん本気で噛むわけではないのですが、遊びでもしっかりした歯とあごで噛まれるのは結構痛いです。考えてみれば三太も最初のうちはやっていました。私は泣かされたこともありました。これからのしつけによるだろうな。やんちゃ盛りが過ぎてもう少し落ち着いてくれば大丈夫だと思っています。私はダンナがこの子をどう思うか心配でしたが、ダンナは気に入ったようでした。三太とはまったくタイプの違う子なので、三太とダブらなくていいのかもしれません。私は思ったよりでっかいのと、力が有り余っているわんこの様子にちょっと不安でしたが、ダンナがその不安を吹き飛ばしてくれました。来週末、このわんこをスタッフと仮ママさんと共にうちに届けてくれる運びとなりました。1週間ほどのトライアルの開始です。良ければそのまま引き取ることになりました。来週末までまたドキドキが続きますね。

 帰り道、ほのかえるさんのおうちのすぐ近くを通ったので、ダメもとで連絡をしたら、だんなさまのかわうそさんと愛犬のブランと落ち合うことが出来ました!突然だったのに、本当にうれしかったです。ほのかえるさんとかわうそさんとは9月末のほのかえるさんの個展以来、ジャーマンポインターのブランには初めて会います。いつもほのかえるさんのHPからかわいいブランの表情に癒されていたので、本物のブランに会えて超カンゲキしました。日が落ちて暗かったのが残念だけど・・・。でも、会えた時はしっぽをブンブン振って体全体で私たちを歓迎してくれてすごくうれしかったです。そのあとあっという間に飽きられてしまいましたが・・・。8歳というのにものすごく元気で、ノーブルな毛色がすてきでした。今度は新しい「家族」を連れて会いにいけたら、と思っています。
 なんだかものすごく充実した一日でした。
Photo

| | コメント (2)

ポーチュラカ・ごみ収集について

うちの前のポーチュラカが見頃。にぎやかで色とりどりの花は自分だと選ばないんですが、母が買ってきて植えました。咲いていれば、かわいくなってくるもんですね。
Photo 10月からうちの区でもごみの収集方法が変わりました。以前は燃えるゴミと燃えないゴミ、資源ごみ(缶、ビン、ダンボール、新聞紙)だったんだけど、ペットボトル、食品トレー(この二つは以前から自主的に近所のスーパーのリサイクルボックスに入れてましたが)、プラマークのついているものもわけるようになり、燃えるものの種類がぐぐっと増えました。燃焼炉の性能が上がって、燃やしても大丈夫なものが増えたとのこと。出だしの頃はゴミの種類が増えたから、ゴミ箱も新たに買い換えたりして工夫が必要かな、と思っていたけど、10日経ってみて、ようやくそれぞれのゴミの量がわかりました。ゴミ箱も今までどおりにちょいと工夫をするだけで、不都合はなさそう(結婚以来使っているゴミ箱なので、そもそもすでにペダルやバネが壊れているのですが・・・)。燃えないゴミが本当に少なくなって(収集も2週に1回に)びっくり。東京都から出る不燃ごみを埋め立てる埋立地は以前のペースでゴミを出していればあと30年で埋め尽くしてしまい、これ以上は埋立地を増やすことはできないと聞きましたので、あれくらいゴミが減れば、もう少し「延命」できるのではないかと希望が湧きます。でも最近、エコについて色々な意見があって、環境にいいといわれていることが実は逆に負荷を与えていたり、単に企業に踊らされているだけとか、いったいどれが本当なのか、悩みますよね。でもムダなものを買わない、持たない、というのは絶対的にエコだと思うので、本当に必要なものかどうかを考えるクセは持っていたいと思うのでした(・・・といいつつ、先日のようにおまけにつられてペットボトル入りのお茶を買ってしまう私は弱い・・・)。

今日は夕方、いよいよ里子にもらおうかと思っているわんこ(1歳ちょっと)と「お見合い」をしてきます。相性が合えばいいのですが。「どんな子でもひるむまい、もらおう!」(見た目はちょっといかついヤツなんだけど、元気で、人に対しても犬に対してもフレンドリーで寛容な性格というのが決め手で選んだけど、まだ子どもなのでとにかくやんちゃらしい)と決意はしているものの、どきどき。1歳だから、新たにしつけるのも、赤ちゃんからのしつけよりも手こずりそうだし。でも、でも!早く会いた~い!!!!!

| | コメント (4)

定食屋ぽんすけ

1 おでんの残り・なすみそ定食
おでんの残り、なすの味噌炒め(豚肉とピーマン入り)、晩生の枝豆、とうふとわかめのお吸い物
2 ブリ照り定食
ブリの照焼、なすみその残り、おさつとりんごのりんごジュース煮(干しぶどう入り・バターが隠し味!うまいですよ~)、きゅうりとハムのサラダ、白菜と油揚げの味噌汁
3 肉豆腐定食
肉豆腐(牛肉、豆腐、長ネギ)、めかぶときゅうりの酢の物、モロッコいんげんと油揚げの味噌汁
4 残り物定食
いただきものの変わりさつま揚げ(帆立、海老がごろごろ)をあっためてわさび醤油で、ちりめん山椒、枝豆、おさつとりんご煮、卵かけごはん、ほうれんそうと豆腐tの味噌汁
5 しゅうまい定食
肉しゅうまい(生協の蒸しただけ)、ひじき煮(大豆とにんじんと揚げ入り)、セロリとトマトとたまねぎのサラダ、なめこと豆腐の味噌汁







今回から新米です。うちは生協(パルシステム)の予約登録米(うちのは青森の「つがるロマン」)で、前年から契約するシステムですが、それとは別に母から新潟の米農家からいつも直接買っているコシヒカリの新米を貰ったので、そっちを食べました。せっかくの新米、さっさと食べなくちゃ。でも、夏からのダイエットでおコメの消費が鈍り、食べ盛りの男の子二人がいる妹のうちにお米を送る始末です(泣)。でも!もっちもちでやっぱり新米はおいしい~。やっぱりお米、大好きです。
 なんかじみーな色合いの食卓ですね~。残り物が多いし・・・。でも、こういう食事が一番好きなんですよね。これからはもっと忙しくなるので、常備菜や残り物がますます増えそうです。

| | コメント (3)

子犬の頃の三太

押入れの中にあった三太の赤ちゃん時代の写真。うちにもらわれて来てから、2日ほどの頃(生後約2ヶ月)。「ここのうちの子になる!」と決意した頃の三太です。おなかの上にのるほどの小ささ、丸っこくてころころちまちました黒めの顔、太く丈夫な足。本当にかわいかったな。懐かしくて、早速焼増をして父と母にあげたら、見たそばから母は涙。三太をくれた松本に住むいとこや妹一家にも送ってやろうと思います。
File0001 File0002 File0003 そうか、今日は三太が死んじゃってからちょうど2ヶ月の月命日でした。

| | コメント (6)

金木犀・やもり

金木犀のにおいがすると秋が定まる、と天声人語に載っていたのがちょうど日曜日。
私の鼻が「検知」したのはその日曜日の日暮れ後。我が家の両隣で咲いています。
 そして、最近我が家の外階段に住み着いている大きめのやもちゃんです。苦手な方、ごめんなさい。でも、悪さもせず、結構かわいいんですよ~。
Photo 1 2

| | コメント (5)

「おまけ」に弱い私・・・

Photo 見つけてしまったリプトンリモーネのおまけの新シリーズ・・・。今回もかわいくて本物そっくり、おいしそう・・・。こんな精巧につくられたのがおまけで付いてくるんだもの、すごい!結局3本お買い上げ(シュークリーム、なんちゃってオレオ、なんちゃってマリービスケット(写真は第二弾のウェスティンシリーズも入ってます)。腐るもんじゃないし、レモンティーは1本母にあげて(無理やりもらってもらった)、のんびり飲むことにして。第一弾のは今も携帯につけてます。こういうリアルで小さなフィギュアに滅法弱い私です。以前爽健美茶のアクアリウムは全部揃えちゃって、今も飾ってあります。皆お気に入りです。

緒方拳さんが亡くなったのには驚いた。アクが強いけど、年をとって丸みとさらなる幅が出て、筋の通った強さを感じさせるけれど、いたずらっ子のようなチャーミングなムードを持った俳優さんで、私は好きだった。小学生の頃、日曜学校(教会)の遠足で代々木公園に行った時、雑誌の取材なのか、取材カメラマンらしき人と二人でいるところに出会ったことがある。私のおべんとうの包み紙(母はよくお弁当をいただきもののお菓子などの包装紙に包み、そこに油性マジックででかでかと「楽しんでいらっしゃいね」みたいなことを書き付けることがよくあった)を見られてしまい、(正確な文言はもちろん忘れたけど)「いいお母さんだね」みたいなことを言われたことを覚えています。恥ずかしかったなあ。緒方さんはまだ若くて、私はまだ小さかった。遺作になったドラマ、見たいと思います。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (4)

新しい絆を求めて

 三太が亡くなって、約16年ぶりに始まった犬のいない生活。それはとっても気ままで楽ちんだけど、犬のいる暮らしが当たり前になっていた私たちには何かが足りない日々です。無邪気に甘えてくれる犬、全身で親愛の情を示してくれる犬がいる暮らしが、夫婦二人暮らしの私たちにとってどんなに幸せなものだったか。三太がいなくなってそんなに経っていないのに、次の犬を探すことを後ろめたく思いながら、「やっぱり犬がほしい!」という気持ちはどうしようもなく湧いてきてしまう私でした。新しい犬を手に入れる方法は色々あるし、犬に求めるもの、考え方も人それぞれだけど、次に飼うなら、「人間の身勝手な気持ちや行動から、不本意な境遇に置かれる羽目になったわんこを」と決めていました。三太の四十九日を終えると、抑えていた気持ちがせきを切ってあふれ、私を行動にかりたてました。そして、一匹、どうしても気になるわんこを見つけました。秋は仕事が忙しく、次の犬を迎えるなら、仕事の落ち着く真冬になってからがいいかな、と漠然と考えていましたが、手を差し伸べられるのを待っているわんこを考えると、迎えたい気持ちがあるのなら早い方がいい、と思うのでした。先日、父や母にも相談して、その子の里親に応募しました。そして昨日の夜、現在のわんこの仮ママから待望の連絡がありました。週末にでもわんこに会いに行き、本当に引き取りたいという気持ちがかたまったら、約1週間のトライアル期間を経て、正式な譲渡になります。新しい犬を迎えるのは、やっぱり少し不安です。お互いに慣れるまで最初は大変だと思うと、これも賭けだな、と思うけど、それ以上に犬との暮らしは私たちには魅力的です。今回の縁が本物か、まだわからないけど、次に向かって一歩踏み出した私たちです。三太もきっと私たちの決意を喜んでくれる、「やっぱりぼくたち犬がいないと、パパもママもジイジもバアバもダメなんだね!いよいよボクの弟が来るのかな」と思って許してくれるのでは、と勝手に思っています。

| | コメント (5)

初孫誕生!

 義理の兄夫婦の赤ちゃんが昨日無事に生まれた!女の子でした。妊娠後半はママの体調が悪くて入院を繰り返したし、退院しても安静にしてなければならず、まわりもひやひやしていましたが、ほぼ予定日どおり母子共に無事で本当にほっとしました。お兄ちゃん40代後半、お嫁さん20代半ばにして結婚・まもなくの妊娠・出産の快挙。昨日の夜、興奮した声でお義母さんから電話報告がありました。まだ初孫の実感はないそうです(笑)。会って抱いたらきっと実感するのでしょう。今朝はお兄ちゃんから赤ちゃんの写メが来ました(もうちょっとうまく撮ってあげてよ~。赤猿状態だよ・笑)。私は仕事で人の赤ちゃんを抱っこすることが多く、赤ちゃんの抱き方だけはママに成り立てホヤホヤのお母さんよりずっとうまいのです(笑)。私も早く会って、軽くてふわふわの赤ちゃんを抱きたいな。お兄ちゃんの心境やいかに。喜びよりも、「がんばらねば!」という気持ちでいっぱいなんじゃないかな。皆で静かに見守ってあげたいと思います。

| | コメント (3)

ダンナのおみやげ・年金特別便届く

Imgp5142 おとといダンナが今季最後の泊まり出張から帰って来た。めずらしく「はい、これ。おみやげ」とくれた包みを開けてみたら、石で彫られたカエル(笑)。「・・・。」すぐに言葉が出ず(笑)。「う~ん、かわいいとは言い難いけど、でも、すごくうれしいよ。ありがとう!」と素直に喜びましたよ。「かわいくはないなあと思ってたけど、一応これ、地元で採掘された石が材料ってところがポイントなんだよ」とダンナ。口のところに切り込みが入っていて、メモを挟めるようになっています。カエルを探して買ってきてくれる気持ちはすごPhotoくうれしいよ!ありがとね~。

 さて、我が夫婦それぞれにいよいよ年金特別便がやってきた。 開封して確かめたけど、我が家は幸いにも間違いはなかった。でも、社保庁のあきれるほどの杜撰さがますます明らかになってきていて、記載に間違いはなくとも、将来ちゃんともらえるのかはわからないな・・・。満額もらえたって、それだけで満足に暮らせるほどの額にはならないんだし。勤め始めたら一生安泰の人にはわからないんだろうな。私たち小市民が少ない給料からまじめにコツコツと支払っていることを役人にはもっと自覚してほしい!

今朝は先日購入したほのかえるさんのおたまじゃくし&カエル取り皿で朝食。ベリベリプリチーでルンルン!

| | コメント (2)

定食屋ぽんすけ

1 ごぼうと豚肉の煮物定食
ごぼうと豚肉の煮物、いくらしょうゆ漬け、にんじんときゅうりの千切りサラダ、枝豆、じゃがいもとたまねぎの味噌汁1_2
2 和風カレー定食
和風カレー(前日のごぼうと豚肉の煮物のリメイクで長ネギを足して和風カレーにしてみた)、自家製塩らっきょう、きゅうりとトマトのバジルサラダ
3 かきと舞茸とベーコンのソテー定食
かきと舞茸とベーコンのソテー、小松菜と油揚げの煮びたし、トマトのサラダ、豆腐とわかめの味噌汁
4 おでん定食
おでん、きゅうりとにんじんのぬかづけ、ちりめん山椒

| | コメント (3)

初物・理想じゃないけど・・・

Photo 配達に行くので自転車をこいでいたら、近所の美容室のオーナー(このおじさんとは道でバッタリよく会うんだ。以前仕事を一緒にさせてもらったことが縁で知り合ったけど、ジムでも一緒になったり。彼の場合は痩せすぎ。ゴルフ上達のために筋肉つけたくて運動しているんだけど)とまたもバッタリ。すれ違いざまに「ほい、あげる」とみかんを一つくれた。初物!「うわ、初物ですよ!ありがとうございます~」と御礼を言ったら、「なんの!」と私の太ももにタッチ!ひぇ~、うげげ~。まだ青いみかん、「酸っぱいかな~」と恐る恐る口にしたら、すっぱくない!甘いっていうのでもまだないけど、初物らしいさっぱりしたおいしさだったです。隣のうちからどっさりさつまいもももらった。こっちも初物。
 夜はダンナが泊まりでいないので、掃除したりシーツ洗濯したり、ダンナが帰ったらここのところ食べたかったおでん(こいつも初物)にしようと、じっくり味をしみこませておきたい野菜やこんにゃくやたまごや昆布を先に煮ておいた。あれやこれや家事に励んでから、先日掃除してちょっとすっきりしたベランダに出て、夜風に当たりながら、しばしぼんやり考え事。子どもがいたらこんなに自分ペースで家事もできないよな、と苦笑。結婚した頃の未来予想図ではダンナが仕事で出張でいない夜も、子どもに振り回されながら、ドタバタとにぎやかな夜を過ごしているはずだったんだけどな。ベランダの目の前は昔はなかった大きなビル。大通りの喧騒も聞こえてくる。本当はもっと郊外の自然に恵まれた静かな場所が理想だけど。昔思い描いていた理想の暮らしを思うとほとんどそのレールから外れた私。理想じゃないけど、さりとて今の暮らしも今の自分も捨てたものじゃないのかも、とあきらめ半分だけど素直に受け入れ、それなりの楽しみを見つけられるようになるまで、色々あったなあ・・・。これからどうなるのか、心のどこかにいつも潜んでいる不安はやっぱり消せないけど。
 すいません、時間が余っていたからか、余計なこと考えちゃってちょっとばかし情緒不安な夜でした。流して読んで~。

| | コメント (6)

シブイ!シビレる!

 先週終ってしまったけど、珍しく連続TVドラマを見ていた。浅草の老舗和菓子屋さんが舞台の人情ドラマ、「あんどーなつ」。下町人情や下町風情、伝統を重んじる職人さんの世界、江戸浅草情緒が楽しめて、ちょっと浅草を散歩をしている気分になれた。毎回出る和菓子もとてもきれいでかつおいしそうで、和菓子の世界の奥深い魅力を垣間見れた。夕食の時間帯だから、立ったり座ったりしながらできちんとは見られないけど、一話完結のわかりやすいドラマだったから、見られない時があっても楽しめた。原作はマンガだそうで、マンガのファンの方の話を聞くと、TVドラマとマンガでは味わいがまた違うそう。國村隼演ずる和菓子屋の親方がすごくかっこよかった。いや、親方演じる國村隼というべき?私は毎回この親方(國村隼?)にしびれていた。國村隼と言えば、サントリーオールドのCMの親父さん役もはまっていて、これも毎回しびれている。前回の東京に住む娘会いたさに、娘の手前「ちょっと出張」とウソを言って上京し、バーで娘とふたり、ウィスキーを飲むCM、かっこよかったな~。ピチっとカラダにぴったりのスーツが、剛健な体格と風貌にぴったりで。昨日の夜初めて見た続きのCM、娘と娘の彼が結婚の許しを貰いに実家に戻るシーン。前回のばりっとスーツ姿のきまった親父さんじゃなくて、普段着で、心なしか髪も薄くて、ちょっぴりさびしそうな感じがまたぐぐっと(笑)。いい役者さんだな、といつも思います。

 そういえば、昨日はJ-WAVE開局20周年の日で、今日の朝まで24時間特番を組んでいた。今朝はJ-WAVE土曜の夜におなじみの小曽根真がスタジオゲストに来ていて、ナマ演奏をしてくれた。朝からこれにもしびれたなあ。キーボード一つであれだけの世界を聴かせてしまうパワー。思わず朝の仕事の手を止めて、ステレオの前で固まってしまう。才能があるってすてき。音楽ってすてき。

| | コメント (4)

公園の実り

公園の木々や街路樹も秋模様。ちゃんと実りを迎えています。ぎんなん、ハナミズキの赤い実、トチの実。
Photo_2 2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 でも、夏の余韻もまだアリ。セミの幼虫が這い出した穴。そういえば、さっき、雨上がりにお隣のお庭で、アブラゼミが鳴いていました。今季最後に聴くセミに鳴き声になるかな。
 ダンナは今日から今季最後の泊まり出張。ひとりでのんびりできる夜ももう終わりと思うと、ちょっとさびしい。

| | コメント (4)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »