« 恐ろしいできごと | トップページ | 上野動物園(その1) »

ウィルです

ボク、がんばってるよ!
Photo

|

« 恐ろしいできごと | トップページ | 上野動物園(その1) »

ウィル」カテゴリの記事

コメント

例によって、まじめな顔をしてがんばってるのね!よしよし!!
ウィル王子様・・・ということで、治療用の首廻りのやつ(なんていうのかな)が、エリザベス一世の肖像画のカラーにみえてしまいます。

・・・と思って画像を調べていたら、これエリザベスカラーっていうんですね!?びっくりしました・・・。前に何かでみたのかなあ。。。

いや、そんなことはどうでもいのよ!早くエリザベスカラーがとれますように!

投稿: kero | 2008年10月23日 (木) 18時01分

ぽんすけさんとウィル君が、どんなに怖い思いをしたのか…。
その光景を思うと心が痛いです。
新しいママが、必死に守ってくれた事、きっとウィル君、判っていると思います。
だから、ぽんすけさんも元気出してね。

子供の頃に、首輪をした大きな犬(リードしてなかったなぁ)に追いかけられて以来、犬を『可愛いと思っても近付けなくなってしまった』私にとっても、
リードをしていない犬(長~~~く伸ばしているのも含む)は、とても恐ろしく感じます。
根本的に、飼い主側の考えを改めてもらうしかないでしょうね。
賠償金を払えば…と言うのでは、何の解決にもならないし。

ウィル君の、何か言いたげな瞳に (T^T)です。
お大事にね。

投稿: ゆみこ | 2008年10月23日 (木) 19時45分

お澄ましをしているけど、カラーが笑えます。傷をなめないようにするものなんでしょ、嫌がらないのかしら。獣医さんもびっくりした事でしょう。ウィル君、こうやってみると結構線が細いのね。ワンコはみんなこの座椅子が好きなのか?
そうそう、私もちっちゃい頃、でっかいセントバーナードにたおされのっかられて怖い思いをしました。でもそれ以上に飼い主の子供たちが笑ってみていたことに腹が立ちました。以来飼い主ばかが嫌いです。

投稿: Chicago Guy | 2008年10月23日 (木) 22時31分

keroさん
さすがkeroさん、エリザベスカラーの語源、ピンと来ちゃうんだ~!
そっか!王子様だから、カラーが似合うのね(笑)。
もっとカラーを嫌がるかと思っていたけど、あきらめているようです。
わりと平気そう。
明日、傷口の具合を診てもらいに獣医さんに行きます。
抜糸は順調に行ってそれからさらに1週間先なの。
それまではずっとカラーを外せないのがかわいそう。
カラーをつけたまま、がさがさとふとんの中にもぐってくるの(笑)。


ゆみこさん
どうもありがとう。
そう、怖い経験をしちゃったのね・・・。
子どもの頃、犬で怖い経験をするともう身構えてしまうよね。
犬が好きな人だって大きい犬は躊躇しちゃうんだから。
ゆみこのようにかわいいと思いながらも苦手意識がぬけない人もいるし、根っからきらいな人もいる、ということを犬を飼う人はきちんと認識していないといけないのに、それが出来ていない人も多いのよね・・・。
言葉が話せないウィルだけど、やっぱり目が物語っているよね。
ゆみこ、体調はどう?
そちらもどうぞ、お大事にね。


Chicago-guyさん
でっかいセントバーナードの押し倒されるなんて、怖いよね~!
よだれもすごいし。
それでも犬嫌いではないのはすごいよ!
笑ってみていたガキンチョ、イヤな大人になってるんだろうな・・・。
エリザベスカラーはそう、傷口を舐めて、細菌が入るのを防ぐため。
三太も一度しましたが、ものすごい嫌がってパニックを起こしていました。
ウィルは保護された時は今より2キロほど少なくてガリガリに痩せていたそう。
今は12.3キロくらいです。
もうちょっと太ってもいいと獣医さんに言われました。
かなり巨大ビーグルです(笑)。
ビーグルは食に貪欲なので、特に肥満には注意しないといけない犬種です。

投稿: ぽんすけ | 2008年10月24日 (金) 15時48分

この記事へのコメントは終了しました。

« 恐ろしいできごと | トップページ | 上野動物園(その1) »