« 父の写真展 | トップページ | おみやげ »

「ヴィルへルム・ハンマースホイ展」に行く

Photo 国立西洋美術館で開催されている「ヴィルヘルム・ハンマースホイ~静かなる詩情」展に行った。「観たい!」と言っていた友達のChicago-guyさんとkeroさんを誘って。ヴィテルム・ハンマースホイ(1864-1916)は日本ではあまり知られていないデンマークの画家。私も知らなかったんだけど、とある場所にこの展覧会のチラシが置いてあって、チラシの絵《背を向けた若い女性のいる室内》にぐいっと引き寄せられて、そばにあった招待券をもらったのが縁。以下、ハンマースホイ展の概要(国立西洋美術館のサイトからの引用)。

「ヴィルヘルム・ハンマースホイ(1864-1916)は、生前にヨーロッパで高い評価を得た、デンマークを代表する作家の一人です。没後、急速に忘れ去られましたが近年、再び脚光を浴びています。ハンマースホイの作品は17世紀オランダ絵画の強い影響を受け、フェルメールを思わせる静謐な室内表現を特徴としています。室内画の舞台は自宅であり、登場人物として妻のイーダが後姿で繰り返し描かれました。イーダの後姿は、我々を画中へと導いてくれるのですが、同時に、陰鬱な室内と彼女の背中によって、我々は「招かざる客」かのような拒絶感も覚えることとなります。しかしながら、ハンマースホイの室内画が決して居心地が悪いというわけでありません。モノトーンを基調とした静寂な絵画空間が綿密に構成されているためでしょう。まるで音のない世界に包まれているような感覚に浸れるのです。
ハンマースホイの芸術世界を日本で初めて紹介する本展では、同時期に活躍した、デンマーク室内画派とよばれるピーダ・イルステズやカール・ホルスーウの作品も合わせて紹介します。デンマーク近代美術の魅力に触れることのできる大規模な回顧展となる予定です。」

グレートーンの静かな絵は温かみはなく、好き嫌いはわかれるかも知れないけど、その音のない静寂に引き込まれてしまう人は多いと思う。私は好きです。微妙なグレーや茶や白の落ち着いた色彩も好き。ほとんがコペンハーゲンの室内(自宅)、不自然に人っ子一人いない風景画、背中を向けた女性(ハンマースホイの奥さん・イーダ)ですが、窓から差し込む陽光や珍しい青空がきれいでした。静かな静かな絵です。12月7日までやっています。深まり行く秋の日、鉛色の空、ひそやかな気配を感じる展覧会です。

一緒に行ってくれたkeroさんが公園のベンチでお茶を点ててくれました~!わざわざ野点セットを持ってきてくれたのでした。わ~い!なんてすてきなんでしょうか!!金沢から帰ったばかりだったから、金沢で買ってきたお菓子を一緒に。栗蒸し羊羹、絶品でした。お抹茶、まろやかでおいしい。色もきれい。思いもかけないプレゼントでした。keroさん、どうもありがとう!!!
Kero Photo_2

展覧会を観て、keroさんはお仕事のため、職場に戻り、私とChicago-guyさんで少し遅いお昼ご飯。パエリアを食べました。一人用のパエリア鍋だったので、やたらに鍋底にごはんが焦げ付いていて、バリバリしておりました。そして、あろうことか、バリバリのおこげを食べている途中で私の奥歯の虫歯治療の詰め物がごろっととれてしまいました~(泣)。コンニャロ~!歯医者行かなきゃ・・・。

|

« 父の写真展 | トップページ | おみやげ »

出来事あれこれ」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

コメント

義務じゃないけど、コメもらうと私は嬉しいので、読んだらコメントしたいとは思ってマス。

栗むしようかんと共のお菓子はきんつばに似てたよね。あの場ではその名前が出てこなかった・・・、ボケボケ。

楽しかったよ~ん。

投稿: Chicago Guy | 2008年10月15日 (水) 19時52分

Chicago-guyさん
良かったね、ハンマースホイ。
それにしてもタダ券、全員分あると思っていたら、おまぬけでごめんなさい・・・。
お昼食べながら、長々とおしゃべりもできてよかった~!
keroさんのお茶のサービスまであって、本当にすてきな半日でした。
歯は夜、治療してくれました・・・。

投稿: ぽんすけ | 2008年10月16日 (木) 11時59分

時間もないのにお茶たてて、慌てていたから写真撮り忘れ・・・。
お茶点ててる写真、いただいてもよいでしょうか~。(ぺこり)

投稿: kero | 2008年10月16日 (木) 15時12分

keroさん
点てているご本人は写真撮れないものね。
どうぞ、是非是非お使いくださいませ。
光栄です。

投稿: ぽんすけ | 2008年10月16日 (木) 17時06分

この記事へのコメントは終了しました。

« 父の写真展 | トップページ | おみやげ »