« 笑わない男ウィル | トップページ | ウィルです »

恐ろしいできごと

 昨日の夜、ウィルとふたりでさんぽに出た。ウィルの体力に合わせて、毎回少し足を伸ばしている。昨日のコースも普段はあまり行かない道。とある家の前をウィルと共に通りかかった時、ノーリードで、首輪さえしていないダルメシアンと、暗くてよく見えなかったが黒っぽいレトリーバーのような犬に突然ものすごい吠え声を上げながら、ちょっとだけ開いていたガレージの隙間からものすごい勢いでウィルに襲い掛かってきて、ウィルが噛まれるという事件に遭ってしまった。突然の凶行で、どうすることもできなかった。ウィルは肩口を噛まれていた。3センチほどぱっくり傷口が開いていた。縫わなければならない傷だった。怖かっただろうし、痛かっただろう。ウィルはわんこが大好きなのに、トラウマになってしまったらどうしよう。体の傷は治っても、心の傷はなかなか治らないかもしれない。私もすごく怖かったから。
 二匹の犬はウィルに襲い掛かった後、私の叫びを聞きつけて飛び出してきたその家の留守番の男性が必死に捕まえようとしたが、首輪もしていないのでなかなか捕まらず、ものすごく興奮もしていて、しばらく近所を逃げ回り、戻って来なかった。
 飼い主が泊まりで出かけていて、留守番を預かる代理人しかおらず(名刺をもらい、その後代理人から再度詫びの連絡があったけど)、騒ぎをきいて飛び出してきて私やウィルをサポートしてくれた近所の人によれば、そのご近所さんの一人の飼い猫も以前に3度もそのダルメシアンに噛まれているそうだ。飼い主さんは悪い人ではないそうだが、「(特にダルメシアンの)しつけができていない。運動が足りずに犬に相当ストレスがたまっているんではないですか?」と代理人に抗議していた。近所の人が複数と、たまたま通りかかって一部始終を見ていた知り合いの中学生の子たちがずいぶんと私たちを心配して助けてくれた。
 こういう出来事は防げた惨事だから、悔しい。襲った犬も、ある意味被害者。飼い主には今後こんなことが二度と起こらないように、私からもきちんと抗議をして、改善をしてもらおうと思っています。
 犬のしつけは大切。改めてそう思いました。ウィルは幸い怪我の割には元気です。

|

« 笑わない男ウィル | トップページ | ウィルです »

ウィル」カテゴリの記事

コメント

・・・なんだろう・・・とカーソルさげるのが怖かったです。
ウィルはケガをしても元気なのね。何よりもよかった・・・。
起ってしまった事故だけど、そのとき周囲に居あわせて対応してくれた人に恵まれて、気持ちまで傷つかなくてよかったですね。ウィルもそうであることを祈ってます。お大事にね・・・。

投稿: kero | 2008年10月22日 (水) 17時13分

w(゚o゚)wあれまあー
来たとたんに、散歩でそんなことになっちゃったなんて、
ウィルもぽんすけさんにとっても大災難だったのね。
それはそれは怖かったでしょう。犬が犬をかむなんて・・・
(うちではタコがタコを食っていたが、それは別として)
お留守番の人も、近所の人も知り合いの中学生もいて
よかったね。不幸中の幸いです。
ウィル~ぽんすけさんに甘えて忘れちゃえ。

投稿: Chicago Guy | 2008年10月22日 (水) 18時59分

とんだ災難だったね。。。でもさ・・
「飼い主は悪い人ではないそう」って書いてあったけど、
これどう考えても悪い奴だろう!

しつけもできない、運動もさせない、近所の猫を三度も噛んで
いながら、首輪もリードもつけない。飼い主として、・・というか
人としてダメじゃん!!話を聞いているだけで憤りを感じます。

びしっと抗議してやったほうがいいぜ。(-_-メ)
怪我したウィルのためにも、ダルメシアンのためにもね。
しっかり、ぽんちゃん!!

投稿: しん。 | 2008年10月22日 (水) 20時43分

怖かったでしょうね。
大丈夫ですか?御察しします。

願わくば、ウィル君、心の傷も軽く済みますように。
ぽんすけさんも、お大事に。

投稿: ヘッジホッグ | 2008年10月22日 (水) 20時53分

大変でしたね。ウィルくんが元気で何よりです。でも痛かったろうね、かわいそうに。
猛犬の飼い主も代理人も、首輪をつけずに犬が飛び出してきたというだけで過失にはならないの?
改善されなければ警察に(あるいは区役所?)通報した方がいいのでは。
ご近所でそんなことになるとわずらわしいかもしれないけど。
ウィルくん、お散歩が嫌いにならないといいけどね。

投稿: ふくpi・おふう | 2008年10月22日 (水) 22時23分

皆さん
あたたかいお言葉をありがとうございました。
本当に励まされます。
首輪もしていないダルメシアンの姿を認識したのは、すでに突進してきた時だったので、もうどうしようもありませんでした・・・。
でもリードを引っ張って何とかダルたちから引き離した時はもう夢中でウィルを自分のからだで覆いました。
私が噛まれたらどうしようとか、考える暇もなかった。
それでもうちに来た早々にウィルにケガをさせてしまって、私にはひとつも非がないのに、ウィルに申し訳なく思う気持ちがあって、やっぱり落ち込みました。
ウィルの傷は当初考えていたより、大きくなってしまいました。
縫いあとが痛々しいです。
でも見た目は痛々しくても見た目ほどの痛みがないようなので少しはマシです。
何よりココロの傷が怖い。
さんぽや事件後に出会った自分より小さな犬は変わらず大好きで、ほっとしてます。
でも、襲った犬くらいの大きな犬に対してはどうなんだろう。
獣医さんに首の周りを触られたり、傷の周りの毛を刈る時は、相当恐怖心をもったようですし。
初めてのかかりつけの先生とのふれあいとしては、過酷すぎました。
無理をしないで、ウィルの気持ちを考えながらゆっくり癒していけたら、と思います。
ダルメシアンたちの飼い主さんには毅然とした態度をとるつもりです。
同じ犬を飼う人間として。

投稿: ぽんすけ | 2008年10月23日 (木) 12時06分

ウィル、そしてぽんすけさん、大丈夫ですか?
怖かったでしょう・・・読んでいるだけで震えがきました。
そのダルメシアンと同じくらいの大きさのポインターを飼っている身としては、飼い主のことが本当に本当に許せません。
ただでさえ世の中には大きい犬=怖いという概念がありますから
だからこそしっかりしつけをして、犬のケアをしろ!!!と声を大にして
いいたいです。
ノーリードなんてもってのほか。
そんな人に犬を飼う資格はないと思います。
うちの犬はバカだから言うこと聞かない・・なんてよく言ってる方をみますが、
それは飼い主のことをさしているんですよね。
自分の犬がケガしたらどう思うのか。そして自分の犬が他の犬や人にケガをおわせたらどうなるのか。
何か困ったことがあったらいつでも連絡ください〜。

投稿: ほのかえる | 2008年10月23日 (木) 14時24分

ほのかえるさん
心配してくれてありがとう。
来て早々こんなことになってしまって、ショックです。
私たちにとって、大切な時期なのに・・・。
飼い主と連絡もとれて、犬の種類はダルメシアンだとはっきりしました。
暗かったのでポインターかもしれないと思って書いちゃったから、ほのかえるさんも嫌な思いをされはしなかったでしょうか。
ごめんなさいね。
ウィルが初めての被害者ではなく、ほかにも同じように怖くて痛い思いをした子がいたなら、確かに同情の余地はないのかもしれないですね。
飼い主さんは平謝りで、もちろん治療費は全面的に請求してほしいといっていますが、お金の問題ではないです。
もうこんなことが二度と起こらないようにどのような対策を講じるかを明らかにしてもらいます。
動物と人間が共存していくためにはやっぱりルールが必要で、嫌われてしまうのはほかでもない犬だからです。
チワワの捨て子の話題が出ていましたが、今回私たちが出会ってしまった事件も、人間の身勝手さが犬を追い詰めてしまった結果でしょう。
私もしつけがきちんとできるか試されますね。
幸いにも、ウィルは不幸な境遇だったにもかかわらず、人間にも犬にもまったく攻撃性のない、とてもフレンドリーなやさしい子です。
こういういい性格を大切に伸ばしてあげなきゃ、と思います。
やさしいブランとほのかえるさんの助けを借りるかも。
その時はどうぞよろしくお願いします。

投稿: ぽんすけ | 2008年10月23日 (木) 17時07分

この記事へのコメントは終了しました。

« 笑わない男ウィル | トップページ | ウィルです »