« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

満足

満足
お昼は年越しそばでした。満足、満足。
ウィルは今日はこの暮らしに慣れたのか、えらくお利口さん(笑)。
穏やかな暮れを迎えられたことに感謝して。

| | コメント (2)

今年も今日一日

昨日は珍しく更新をさぼってしまったです。店の予約が入ったので、一つ仕事をこなして、午後から我が家の大掃除を半分しました。ダンナがずいぶんがんばってくれました。昨日は一日、ウィルは我が家にいました。考えてみると10月の半ばに我が家にウィルがやってきてから、ウィルとほぼ一日我が家で過ごすのは初めてのことでした。ウィルもいつもと調子が違い、しかも、同じうちにいても、私たちが大掃除をしていて、ベランダに出ていたり、外階段を掃除をしていたので、フラストレーションがたまったらしく、3回もやってはいけない場所でやけションをしやがりました。三太と違うのは水が好きなこと。玄関を水を流して掃除していたら、自分の一緒に参加しようとたたきに下りてきてしまうのです。足はびしょぬれで、そのまま家に上がろうとするし。怒ったら、またヤケションするしで、もう大変。でも、ウィルは色々笑わせてくれます。夕方、お正月の買出しで賑わう商店街にみかんをウィルと買いに行ったのも、楽しいヒトコマでした。今日は残りの掃除をして、9時頃には親子3人できれいな居間でぬくぬくするのが目標です。
 今年一年、ブログを通じて、また実生活でも本当にお世話になりました。最愛の三太との別れという試練がありましたが、ウィルという新たな仲間が加わって、新しい一歩を踏み出しました。仕事はこのご時世にはありがたく、順調でした。アップを実感しました。私は仕事にだいぶ慣れ、楽しむことも覚えましたが、それでも私の許容量を越えてあっぷあっぷという状態は変わらず、来年はキレない、もっと穏やかな自分になりたいと思います。
 とういうことで、今年の日記を終わらせたいと思います。つたないものを読んでくださり、応援してくださってありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
 よいお年をお迎えください。
 

| | コメント (2)

定食屋ぽんすけ

「定食屋シリーズ」も今年最後になるかな?今週はクリスマスもあったのに、普段と全然変わらない食事だった。私の飲み会と、疲れて何も食べずに寝てしまった日があった。大忙しの時に限って、ダンナの実家からドカンとまた大量の野菜が届いた・・・。ダンボールいっぱいの野菜、分けて、しまうのだけでも大変なのよ・・・。でも、ありがとうです。
 今日はこれからだ~っと店の大掃除&模様替えで、一応今年の締めです。今夜は店の(要するにジジババとうちら夫婦で)忘年会だそうです。父と母が勝手に予約していました。高級中華料理ゴチになってきます。
1 スタミナ丼定食
スタミナ丼(納豆、卵入り大和芋の摩り下ろし、豚肉そぼろ、のり)←かなりうまい・かぶと厚揚げの味噌汁、トマトのゴマドレッシング、赤蕪漬けとおみ漬け
2 トマトとベーコンとにんにくのパスタ
トマトとベーコンとにんにくのパスタ(生協のトマトソース缶利用)、かぶときゅうりのレモンオリーブサラダ、わかめと卵のスープ
3 天丼定食
天丼定食(生協の天丼の具をあっためただけ)、とうふとわかめの味噌汁、トマトのオリーブオイルサラダ、漬物
4 ひじき入り豆腐ハンバーグ定食
ひじき入り豆腐ハンバーグ(生協のあっためただけ)、生野菜、ゆでブロッコリー、菜飯、里芋と大根と白菜とお揚げの味噌汁
5 トマト丼定食
トマト丼(トマト、豚肉、青梗菜をコンソメと塩コショウで炒めたものをごはんにのっける)←これもうまうま、ゆでブロッコリー、豆腐とわかめと万能ネギの味噌汁

| | コメント (4)

ちょっと進歩、けれど後退(涙)

ようやく年賀状を作った(進歩)。

ウィルが母の手を強く噛んだ。出血。もう数度目だ。まだ甘噛みのクセは抜けないけど、私たちにはそんな強く噛まない。母にだけ。ウィルのしつけ、私の手には負えないのかもしれない。三太とはまるっきり違うウィルに戸惑う私たちです。年明け、犬の訓練士を探そうと思います。ウィルと私たちのために。Photo Photo_2

昨日の晩のウィル。私の足の間に寝ているところをファインダーのぞけずに撮りました。ブッサイクさんだし、目やについているし(苦笑)。じじもばばも、パパもママも、皆ウィルのこと大好きなのよ。それなのに、なんで悪い子になっちゃうのかな。ママ、とってもつらいです。

| | コメント (3)

小掃除・ウィル・Go slow!

 昨日が仕事納めだった人も多いだろうけど、私も昨日がんばって年内納品分は仕上げたぞ。お客様の喜ぶ顔を思い、一生懸命心を込めて仕上げました。燃え尽きて、昨日の晩は灰に(苦笑)。もう一仕事残っているけど、これでずいぶん気が楽になったとです。
 今朝はあささんをパパに代ってもらって、私はゴチャゴチャ溜めまくっていた我が家の洗濯・ふとん干し、大掃除に着手するための小掃除をして、ちょっとだけすっきりしました。うちの中があまり汚いとやっぱり心がすさみます。風水とかって、きっとそういうもののような気がする。うちの中を片付けるくらいの心と時間の余裕をもちなさい、ということのような。ま、一呼吸つけたから、そんな心境にもなったのでした(苦笑)。まだ親戚にお歳暮も送っておらず、今日ギリギリで発注しました(もうお歳暮ののしをつけられませんがな)。まったく、忙しいことにかこつけて何もしとらんとです。余裕なくてすみません。私に縁のある方、すみません、ご挨拶、大幅に遅れます・・・。年賀状と大掃除は明日以降ボチボチ着手しようと思ってます。
 ウィルは下のうちの室内においてあるパキラをパリパリしょっちゅう食べています。かわいそうに、パキラは見るも無残な姿に。その下の写真は昨日の大風の音にボーゼンと外を見るウィルと、聞いたこともない風の音に首をひねるウィル(昨日の写真の続きです)。
Photo Photo_2 Photo_3

| | コメント (3)

嵐のあとの大風~

あささんの時は「あれれ、冷え込んでいるだけじゃなくて、結構風がつようございますな~」ってくらいだったのに、その後、ものすごい大風が一日吹きまくり。世の中はクリスマスも終わり、いよいよ暮れも大詰め。私は22日のクァルティーナのコンサートとその後の飲み会で、クリスマス分の運が尽きてしまっていたようで(苦笑)、イブも当日もナミダ&トホホな感じでした。イブの夜はウィルがパパに歯向かってパパが激怒、「お前(ウィル)なんか嫌いだ」と言われ、私は大いに傷つきました(涙)。大好きなウィルが家族に歯向かい、そして(本気じゃないでしょうが)嫌われるのはつらいです・・・。そして昨日は疲れ果てていて、夕飯も作らず、何も食べずに9時半に寝てしまいました。パパは仕方なく珍しく自分でわけのわからない料理を作って食べたようです。
Photo_2 今朝は寒かったので、ウィルにあったかい洋服を着せてあささんにでかけました。一張羅(笑)。でもぴちぴちで、跳んではねて歩いていたら最後は胸がはだけてました(マジックテープでとめる形式なの・笑)。外の風の音にびっくりしてかたまっているウィルの図。このあと、風の音にしきりに首をひねっていました(笑)。

| | コメント (3)

メリー・クリスマス!

メリー・クリスマスなのだ!
Photo

| | コメント (2)

ママサンタからのプレゼント

ママサンタがウィルにクリスマスプレゼント!
ごはん(7.5キロ入り)、おやつ、そして、二つ目のバリケン(クレート)!このバリケンは我が家用&移動の時に使いますよ~。
ごはんも当初3キロ入りを買ってたけど、2週間でなくなるので、たっぷり目に。これならひと月はもつだろうよ。3キロで2700円くらいするから、7.5キロで5500円くらいの大容量の方が経済的だし(犬ごはんも結構高い・・・)。今の時期なら悪くならないでしょ。密閉容器ももう一つ買い足しましたよ!
Photo 「・・・プレゼントって言ったってさ~、生活必需品買っただけじゃん・・・」(ウィルのぼやき)
よくおわかりで~(ママ苦笑)。
Photo_2 「ママ、ボクあんまりうれしくない・・・」
いえいえ、巣穴のようなバリケンの中は犬にとっては本来落ち着くところらしいです。人間のハウス(=家)は犬の守備範囲としては広いのだそう。おやつやごはんをこの中であげれば、ウィルにとってもうれしい場所になるよね!しかし、いろいろ買ってやってるなあ。お犬様だよ~。

| | コメント (4)

ラ・クァルティーナのクリスマスコンサート

昨夜はおふうさんとおふうさんのお友達らみいさんと一緒に、N響のチェロ奏者4人組のラ・クァルティーナのクリスマスコンサートを聴きに行った。久しぶりのお楽しみ、コンサート、もう何日か前からワクワクしていた。

プログラム
D.ポッパー:演奏会用ポロネーズOp.14
J.クレンゲル:主題と変奏
バッハ:アリア
バッハ:シャコンヌ
~休憩~
ビートルズ:イェスタデイ
ビートルズ:ヘイジュード
J.ウィリアムス:シンドラーのリスト
J.R.プールトン:オーラ・リー
M.ルグラン:シェルブールの雨傘
E.モリコーネ:シネマパラディーゾ
E.モリコーネ:チャイルドフッド・マンフッド
クリスマスソング・メドレー(金澤恵之 編曲)

前半はちょっと硬め、後半は新作のCD「15 SCENES」に収録されている映画音楽を含めた肩の凝らない気楽なポピュラー音楽で、最後までたっぷり飽きさせない楽しいクリスマスコンサートだった。前半の方は、数日前からおふうさんにもらったクァルティーナのCDであれこれ復習していた曲だったので、それが生の迫力で聴けたのが、すごくうれしかった。最初の曲「D.ホッパー:演奏会用ポロネーズOp.14」はとても熱く、コンサートの幕開けにふさわしくググっと聴衆を引き寄せるような曲。続いての「J.クレンゲル:主題と変奏」はその美しい主題に涙出ちゃった。次のアリアはご存知「G線上のアリア」、これも皆が知っているだけにごまかしがきかない。続いてのシャコンヌも心の奥深くにしみ込むような分け入るような。
 後半はもう楽しい曲ばかり。特に映画音楽はとってもすてきだった。大好きなモリコーネの「シネマパラディーゾ」「チャイルドフッド・マンフッド」は映画を思い出してやっぱり涙ちょちょぎれました。「シンドラーのリスト」「シェルブールの雨傘」も最高に良かったです。最後のクリスマスメドレーは古今東西のクリスマスの名曲をちりばめた大作。J・ポップまで入っているのには驚いたけど、特に桑田圭祐「白い恋人たち」と竹内まりや「今夜はHearty Party」は秀逸だったと思うな。最後のアンダーソンの「そりすべり」で華やかに幕を下ろしました。アンコールのガルデルのタンゴ「首の差で」、これもまた超すてきでしたheart04
 今回いいなあと思ったのは藤村俊介さん。まず彼のチェロを弾く姿はとってもきれいだし、弾いている時の雰囲気はなんだか音大生のよう(実際には私たちと同世代らしいけど)。安定した厚みとキレのある(と私は感じました)音もよかったです(4人並んで弾いていると、やっぱり一人一人違うものなのね)。
 気に入ったから、ではなく、開演前にだけど、新作のCD「15 SCENES」を買いました。今日はこの気分のいいCDを聴きながら仕事しています。昨日は聴けなかったけど、好きな映画「ディア・ハンター」の曲「カヴァティーナ」が最高です。

15シーンズ 〜4本のチェロのための作品集8〜 Music 15シーンズ 〜4本のチェロのための作品集8〜

アーティスト:ラ・クァルティーナ
販売元:マイスター・ミュージック
発売日:2008/10/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

コンサートの後は、やはりおふうさんを通じての知り合い&その友達&子ども総勢10名でちょっとした忘年会。私はお子ちゃまの相手がやっぱり好きだと思いました(笑)。飲んで、食べて、帰ったらいつもはふとんにもぐりこむ時間でした。
 あ~、いいクリスマスプレゼントをもらった気分。行ってよかった~!!楽しかった~!!

| | コメント (4)

定食屋ぽんすけ

ダンナが風邪ひいてピーピーしてたので、今週は後半さっぱり目。ダンナがノロ・ウィルスにかかった夜のごはんがカキフライだったので、「もうしばらくカキは控えてちょ。トラウマ。」と言っている。ノロ・ウィルスは生牡蠣とは関係があるけど、しっかり火を通しているカキフライは関係ないはずだけどなあ・・・。私がカキが好きなので、しばらく食べられないのは悲しいけど、まあダンナの気持ちもわかるような気がするので、しばらくカキとはお別れ(泣)。
1 おいなりさん定食
おいなりさん、きゅうりとキャベツの塩もみ、青梗菜とお揚げの味噌汁(以上、恥ずかしながらすべて母からの差し入れ)、自家製甘酢しょうが
2 豚バラと白菜のお鍋
豚バラと白菜のお鍋(日本酒と水少々で蒸し煮しただけ)・万能ネギとポン酢とかけていただく、かぶらずし
3 カキフライ定食
カキフライ(生協の揚げるだけ)、生野菜、自家製ポテトサラダ、わかめとお麩の味噌汁、ゆかりごはん
4 さばのみぞれ煮定食
さばのみぞれ煮(パルシステムのあっためるだけ)、おみ漬け(山形のお漬物屋さんから買ったもの)、豆腐と青ネギの味噌汁
5 焼き鮭定食
焼き鮭、だし巻きたまご(正確にはうちのは巻いていない)・大根おろし、バジルとトマトのサラダ、おみ漬けと赤カブ漬け(山形の漬物屋さんから送ってもらったもの)、豆腐とほうれん草の味噌汁

| | コメント (4)

愛機交代

昨日ようやく新しいコンパクトデジカメを買った。ここ2年近く(買ったのはさらにさかのぼること数年前だと思うけど)、ほぼ毎日何かしら撮影していた今までの愛機「ペンタックスOptio S」に代って、新しい相棒はニコンの「COOLPIX S710」に決めた。今まで、私の日々を記録してくれたOptioくん、既にスペックは途方もなくクラシックになってしまったけど、とってもコンパクトで、接写もがんばってくれたし、日々のスナップを撮るにはとっても頼りになる、大切な相棒でした~。さらに、私をデジカメの世界へ導いてくれた特別なカメラでもありました。あやしい動きをしなければ、もっと使っていたかった。本当にありがとうよ~。
Photo Photo_2 てなわけで、昨日の夜新しいカメラで撮ったウィルの下からのアップ。天使時々悪魔のウィル。
Photo_3 今朝は早速新しいカメラを持ってさんぽに行きました(でも、やっぱりウィルを連れながら写真を撮るのはまだキビシイ)。神社でパチリ。逆光でウィルの顔が暗いのはご愛嬌ということで(苦笑)。境内では門松作りをしていた。道すがら、既に門松が立っているうちもあったし。
 昨日はあちこちで植木屋さんを見かけた。剪定日和だったのかしら。
Photo_4 Photo_5

| | コメント (4)

バカ犬、バカ母の夕食を強奪する

 昨日の夜は散々だった。店を閉め、ウィルのさんぽに行き、ダンナの夕飯(「うどんなら食えそう」というので、先に卵とじうどんを作ってやったら、ペロっと食べてくれた)、私の夕飯どうしようかな?と思って、うどんじゃもの足りないので、近所の弁当屋で「特盛りのり弁」(390円)を買ってきた。のりごはんの上に玉子焼きと白身魚のフライ(タルタルソース付き)とちくわのてんぷらと鶏のからあげが一個ずつのっているの。そういうものがむしょうに食べたかったの。ほかほかの出来立てを買ってきて、ビール飲みながら「さ~、ようやっと私の番だわ~」と思ったわ。あ~、仕事の後のビールがうまいのは、元気な証拠ね。出来立てののり弁のにおい、いいにおい~。それはウィルにも同じだったのだ。いつも私とダンナのごはんが終わってから、ウィルにごはんをあげるので、ウィルもぺこぺこだったのだ。そこへもってきて、いつもとなんだかペースが違う。様子が違う。私がほんのちょっとだけ気持ちがふっと食べることから違うことに行ったのを彼は見逃さなかった~!あのでかい口で一気に弁当に襲い掛かったら、もう歯止めがきかない。何をどう止めても、もうだめ。食われた。まだちょっとしか食べてなかったのに・・・。もちろん、私は怒ったよ。でも、何をどう怒っても、ウィルはどこかにごはん粒が落ちていないか、周囲をかぎまわるのに必死で、まるっきりのれんに腕押し状態。うちでごはんを強奪されたのはショックだ。初めてだ。あ~、今日の夜が心配だ。笑いごっちゃない、マジで心配だ。「あれだけかわいがってやっているのに、チクショウ、なぜだ、なぜなんだよう~」といつまでたっても必死で米粒探しているバカ犬につぶやきながら、バカ母は作り置きしてあったポテトサラダを肴にやけビールを飲むのであった。あ~、悲しい。

| | コメント (6)

パパが

ウィルです~!
Photo パパが、風邪ひいた!おとといの夜、普通に夕飯食べて寝たら、夜中になってゲコゲコ、ビリビリ。
 ママは「きっとノロ・ウィルスよ!この前行った小学校の先生が『インフルエンザはまだだけど、ノロ・ウィルスが来てるの』って言ってた!」って。おなかに来るウィルスらしいです~。昨日の朝はパパ、水飲んでも吐いちゃって、午後になってようやくポカリスウェットならちょびちょび飲めるようになってきたみたい。一日死んだように寝てました。ここのところとっても忙しくて飛び回ってたから、パパも疲れてるんだね~。ママは鬼嫁だし(笑)。ママ、「私、ウィルには飛びつかれるけど、ウィルスには飛びつかれてなさそうね」って、今のところ。パパは今日は調子悪そうなのに起きて仕事に行きました。えらいなあ。ほとんど食事をしてないから、さっき病院で点滴してきたみたい。かわいそう。
Photo_2
ま、パパが寝てても、ボクにはあんまり関係ないの。あ~、かい~。風邪が流行っています。皆さんも気をつけてくださいね。

鬼嫁ですけど、調子悪いダンナは介抱してます。まったくこのクソ忙しいときに、なんでよ~(ママ)。

| | コメント (3)

買い物の仕方今昔

 今年の生協(私はパルシステムを使っています)の年内届け分の注文も今週2回分まとめて注文を出して終わり。年明けの商品の初配達は1月5日から。1週間分の注文なら夫婦二人、だいたいの注文のカンは育ったけど、二回分まとめての注文はさすがにちょっと途方にくれます(苦笑)。
 ウィルと近所をさんぽしながら、近所のあちこちに昔はちょっとした「商店のかたまり」がそこここにあったなあと思い出します。「商店街」とまでは言えないけど、「八百屋さんがあって、酒屋さんがあって、よろず屋さんみたいにあれこれ食品を売っている小さな食料品屋さんがあって、お寿司屋さんがあって、お菓子屋さんがあって、食べ物じゃないけど、履き物屋さんとクリーニング屋さんと金魚屋さんもあった」一角とか、「魚屋さんがあって、パン屋さんがあって、お寿司屋さんがあって、八百屋さんがあって、理髪店があって、銭湯があった」一角とか。小さい頃は母親が夕飯を作りながら「あれ、みりんがきれてる。ぽんちゃん、酒屋さんでみりん買ってきて」とか「カレー作ったはいいけど、福神漬けがなかったわ。大谷屋さんで福神漬け買ってきて」とか、一品か二品だけ、必要なものだけを買い足しに、そういう近所の小さな個人商店におつかいに行かされたものでした。大谷屋さんという近所のやたら雑多でぎっちぎちに食料品が置いてある色んなにおいのする小さなお店に「福神漬けくださ~い」と声を掛けると、ふにゃふにゃした顔でひしゃげた声のおじさんが出てきて、「福神漬けね。え~と・・・。はい、これ」とどこからか探してもってくる。どこに何があるか、おじさんじゃなきゃわからないお店。お客さんが自分で品物を選ぶ今の時代じゃ考えられないな。お金だって、店先にばねの下に吊り下げたザルの中に入ってて、おつりも代金もその中からじゃらじゃらと出し入れしてた。のどかな時代でした。町には人とおしゃべりと笑いがあり、そこに暮らす人たちの顔が見えたし、活気がありました。
 翌週の食材の注文を一週間分まとめて出して、届けてもらえて。しかも、あやしい食品は極力排除してくれている。昨今の事情を見ると生協の取り扱い商品も怪しいですが、それでも「まじめで由緒正しい食品」がほとんど(だと信じるしかない)です。便利な世の中だし、その便利さを享受していますが、猥雑で大雑把でいろいろなにおいや色や音がしたああいう時代は二度と来ないのだろうと思うとちょっとさびしい気もします。
 昨日の小学校の図書室に続き、郷愁にひたる日記になりました。

| | コメント (7)

なつかしい記憶

自分が育った小学校へ行く用事があって、図書室をのぞいた。本棚に懐かしい本があった!
「ジェインのもうふ」と「スプーンおばさん」。
Img_0019 Photo どちらもうちにあって、大好きだった本。まだあるんだ!なつかしいな。
 大好きで何度も読んで捨てられない本のこともあれこれ思い出した。特に、話はもとより独創的で不思議な物語をそのまま表現した挿絵も大好きだったのが「霧のむこうのふしぎな町」(残念ながら、今売っている本は全然挿絵が違ってしまっています。装丁とか挿絵って、子どもの本なら特に、本の世界を形作ったりガイドする、切っても切り離せない大切な部分だと思うのに)、自分も一緒にぼうけんしているような気持ちになった「大きい1年生と小さな2年生」。小さくて不思議な家に住むおばあさんとの秘密の交流を描く「かおるのみつけたふしぎな家」(題名が定かでないのです。本棚の奥を探せばあるんだけど。アマゾンでいろいろ検索しても、ひっかかってこない。廃刊になっちゃったのかな・・・。泣きながら読んだ本なのに)。

ジェインのもうふ―アメリカのどうわ Book ジェインのもうふ―アメリカのどうわ

著者:アーサー=ミラー,アル=パーカー,厨川 圭子
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

小さなスプーンおばさん (新しい世界の童話シリーズ) Book 小さなスプーンおばさん (新しい世界の童話シリーズ)

著者:アルフ・プリョイセン
販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

霧のむこうのふしぎな町 (新装版) (講談社青い鳥文庫) Book 霧のむこうのふしぎな町 (新装版) (講談社青い鳥文庫)

著者:柏葉 幸子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大きい1年生と小さな2年生 (創作どうわ傑作選 1) Book 大きい1年生と小さな2年生 (創作どうわ傑作選 1)

著者:古田 足日
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


Photo_3

| | コメント (4)

ウィルと初「都会」

今朝のウィルとのさんぽはちょっと足を延ばして初台のオペラシティへ。大きな大きなクリスマスツリーがあると聞いていたので、見てみたかったのでした。本当は夜に行きたいのだけど、思い立った時が行き時と考えて、午前中になりました(夜は人も多そうだし)。知らない裏道を方向感覚だけで進むのも、ウィルが来てから慣れました。予想以上に大きくて、明かりが灯っていなくても、きれいでした。ツリーをバックにウィルを撮りたかったんだけど、初めて(もしかしたら、私の知らない彼の過去にあったかも)の「大都会」に恐れをなしたのか、敷地内のつるつる研磨した地面が気になるのか、へっぴり腰で足が止まるし、気もそぞろだしで、おやつでつってもいいショットは撮れずがっかり。やっぱりあんまり大都会はお好きではない様子。代々木公園までウィルと歩いて行くのが、当面の目標です。
 つい何日か前まで、ウィルのさんぽも夏も履いてたクロックスを履いていましたが、去年の冬に買ったボアのインナーのついたマンモスに変えたら、やっぱり足元があったか。
Photo Photo_2 ウィル、元気よく跳ねて歩くから、耳がひっくり返ってます。
Photo_3

| | コメント (4)

定食屋ぽんすけ

今週は3回目のダンナの忘年会があったり、母が自慢のロールキャベツを差し入れてくれたり、生協の調理品をフル活用したり、近所のお弁当屋の惣菜を買ったり。風邪をひきたくないので、ごはんはちゃんと食べていたいのですが、仕事を終えてからの夕飯作りはやっぱり結構毎日キツイです。生協(パルシステム)の食材(これは本当に便利)や、ダンナの実家からの野菜があることに後押しされて作っています。けれどごはんを作ることは、体と、仕事とは違う頭を使う気がするので、忙しい時こそ自分の感覚を合理的に(避けては通れないことだし、作ったあとは食べられるんですから)リフレッシュする方法のような気がしなくもないのです。私は子どもに「まだ~?ごはん!おなかすいたよ~」とせかされることもないから、楽をしているなと思っています。
1 いかとえびとセロリとトマトの塩炒め定食
いかとえび(冷凍の下処理済み)とセロリとトマトの塩炒め、里芋の白煮(柚子を添えて)、ほうれんそうのおひたし、豆腐とわかめの味噌汁
Photo ロールキャベツ定食
ロールキャベツ(トマトケチャップ味・母の手作り)、レタスときゅうりのオリーブオイルサラダ、ゆかりごはん
3 豚汁・残り物定食
豚汁、里芋の煮物・高野豆腐(残り物)、いかなごのくぎ煮(妹から父と母へのお歳暮のおすそわけ)、トマトとゆでブロッコリーのサラダ、卵かけごはん
4 さばの味噌煮定食
さばの味噌煮(パルシステムの解凍しただけ)、小松菜と五目巾着の煮物、きゅうりともずくの酢の物(柚子添え)、海老すり身団子(生協の冷凍物・半分残ってたのを思い出した)と長ネギのお吸い物
5 肉しゅうまい定食
肉しゅうまい(パルシステム)・一緒に蒸した白菜添え、トマトのゴマドレッシングサラダ、水菜とじゃがいもとたまねぎの味噌汁
6 出来合い惣菜と頂き物定食
出来合いの惣菜(ブロッコリーとえびの中華あん炒め、鶏のからあげ、とうふとオクラとめかぶの和え物)、トマト、かぶらずし(北陸地方の郷土漬物。いただきもの。すごくおいしい~)、いかなごのくぎ煮、ほうれんそうと卵の味噌汁

| | コメント (2)

雨のち晴れ

朝からの冷たい雨もお昼過ぎには上がり、夕方には晴れてきた。でも、寒い!ここのところ師走らしからぬ暖かな日が続いていたので、今朝の雨の中のさんぽは結構キタ。ウィルの雨合羽はウィルの体型にはちょっと手直しが必要なので、2度着ただけで、雨の中もはだかんぼで歩いています。雨でも寒くてもおさんぽは楽しいみたい。雨の中、2匹くらいさんぽのワンちゃんに会いました。早足で歩けばやっぱりあったかくなります。
 あとは一日ガンガン仕事に励みました。うちの中はごちゃごちゃ、大掃除どころじゃなくて、普段の掃除さえしておらず、「コロコロ」でごまかす日々。我ながら最悪です。ごはんのしたくや洗濯はしないと毎日に差し障りが生じるけど、掃除はガマンすればいいから、つい後回しに。ウィルの抜け毛のピークはずいぶん前に越えているので、抜け毛対策用のTシャツを買った頃のようには汚れません。けれどそれにしたって・・・。
 今日は店も早仕舞いの日なので、少しだけウキウキです。
Photo

| | コメント (4)

階段の上のウィル

日中、私やダンナが1Fの店で仕事をしている間、ウィルは2Fの父と母(どっちもいないことも結構多いけど・・・)と過ごしている。たまに私が階段の上をのぞくと、ウィルが階下をうかがっている。階段を上って会いに行くと、長いしっぽをぶんぶん(本当に音がしそうな感じ)振って歓迎してくれるのはやっぱりうれしい。写真は階段の上のウィル(もともとは甥っ子たちが実家にいる時の赤ちゃん用転落防止ゲート、老いてからの三太の転落防止のゲートが、今度は脱走防止に役立っています。充分モトとってます・笑)、私を見上げるウィル。やっぱり笑ってない(笑)。
 今週末も休めないけど、先週爆発しているせいか、まだ余裕があります(笑)。朝早くからの出張はないとはいえ、同じような仕事のスケジュール予定なのに、なんで気持ちが違うんでしょうね。最大の要因は、先週末とは違って、ダンナに仕事ペースを乱されていないから(それによって納品が遅れる、それはイコール私にも大ストレス)ですね。そして、やっぱり出張前の緊張がないからだ。やっぱり私は緊張に弱いです。いつかそれを克服したい。
Photo Photo_2

| | コメント (2)

黄色い大通り

昨日の夕方、ダンナが車で配達の用があって、時間も何とかなりそうだし、珍しく父も母もいたので、留守番を任せてダンナと配達へ。大通りのイチョウ並木もいよいよ盛りを過ぎ始めて、落ち葉が道にずいぶん落ちていた。掃除が大変そうです。帰り道、ユニクロで普段着をちょっと買い足し、ほんのわずかのドライブ終了。それでも、気持ちはずいぶん違うのでした。
Photo Photo_2

| | コメント (3)

初めてのシャンプー

Photo ウィルと初めて会った日から明日でまる二ヶ月。昨夜、「よ~し、やったるか~」と急に思い立ち、初めてのシャンプーにようやく挑戦。ウィルが耐えられないほど臭くなっていたり、皮膚病になってしまったら、もっと早くに挑戦していたけど、幸いにもどちらも大丈夫だったので、延ばし延ばしになってしまったのでした。シャンプーは三太が大嫌いで、毎度泣いて暴れて大変だったので、私も苦手になってしまった(苦笑)。ウィルは仮ママのお話では「おとなしくしてくれますよ」ということだったし、ベランダで植木の水遣りとしていると、じょうろから落ちる水を飲もうとするし、それが体にかかってもへっちゃらだったので、多分ささっといけるだろうと。結果は・・・楽勝でした~!お風呂は5分で終了(笑)。シャワーでお湯かけても全然嫌がらないし、三太と違って、毛が薄いので、水切れもいい。吸水のすごくいいタオルを使っていることもあって(でも、三太はそれがべちゃべちゃになるくらい、毛の密度が濃かった)、あっという間に全身拭き終わりました。乾きも早い!前はシャンプー後、興奮した三太が部屋の中を駆け回り、部屋中べちゃべちゃになったのだけど。けれど、ウィルもシャンプー後はだいぶ興奮していました。そして、三太と同様、おしっこしてました。三太は暴れまわっても、ちゃんとトイレに行ってしたのに、ウィルはじゅうたんの上で(泣)。何事も一長一短でしょうか。まあ、シャンプーは今までのような難行ではないことがわかり、ほっとしました。ウィルと一緒に湯船に浸かることを夢見る私。おかしいのかしら?
 ウィルに会って2ヶ月かぁ。密度が濃かったな。初めてウィルにお見合いに行った時に車の中で聴いたジョヴァンカ(その時ちょうど彼女が来日していて、スタジオ生出演していた)の「ON MY WAY」がラジオで今かかってます。この曲を聴くたび、まだ会ったことのないウィルに思いをめぐらせどきどきしながら、ウィルと仮ママが待つ待ち合わせ場所に向かっていたあの時を思い出します。

| | コメント (5)

予防接種・鯖寿司

前々から受けなきゃと思っていたインフルエンザの予防接種を受けてきました。私もダンナも。父や母は受けたので、私たちもかからないようにしなければ。昨日の夜新型インフルエンザが発生したら・・・というTVをやっていたので、ちらちら見てたけど、やっぱり発生したら恐ろしいなあ。じじばばなんてイチコロだろうし、私たちさえあやしい。医者からの帰り道のドラッグストアで使い捨てマスクも4人分それぞれ1か月分買いました。食料の備蓄も最低2週間分は必要とのこと。ウィダーインみたいな栄養ゼリーもあると安心。ぼちぼちそろえて行きましょう。
 更に医者からの帰り道、最近近所に平日の昼時にだけ出現する福井の鯖寿司屋さんの鯖寿司を買いました。そんなお店が来ているの、全然知らなかったんだけど、つい先日、ここの店員さんが「売れ残りで申し訳ないけれど、ご近所にあまりうちの店が知られてないので、サバが嫌いじゃなかったら、是非味見してください」と焼鯖寿司を持ってきてくれたのです。デパートなどの物産展にもよく出しているおすし屋さんみたいです。その焼鯖寿司がおいしかったのなんのって。1パック(4切れ)もらって、その時いた父と母と私で食べていたのだけど、ウィルにも超魅力的な香りだったらしくて、母のお寿司と残りの一切れ、要するにもらった半分の量を強奪したのだ。母が一口食べたところで、お寿司に食いついてきて、その後はもう半狂乱でお皿に残っていたもう一つも座卓に乗りあがって強奪しやがった!母はすごく悔しそうでした。もちろん、その後皆できつく叱りました。
 廃業してしまった八百屋さんの店先を借りて、ちょっとだけ持ってきて売っていくので、その後、私も母もそれぞれ一度ずつ買いに行ったけど、売り切れていました(涙)。けれど、今日はゲットできました。3種類の鯖寿司があって、焼鯖寿司、皮目をさっとあぶって身の方は生のトロ鯖寿司、昆布のしめ鯖寿司。焼鯖寿司と、しめ鯖寿司を買いました。いいあんばいで脂ののった焼鯖寿司も、さっぱりしたしめ鯖寿司もどちらも身の厚い上物のサバで、酢飯の味付けもバツグン。もうそこらの鯖寿司は食べられないかも。1パック4切れ(ハーフサイズ)で全部500円。値段以上の価値ありです。福井の代表的な産物のひとつ、らっきょうも売っていました(そのお寿司屋さんが作っているわけじゃなくて、物産展で一緒に売っている仲間のらっきょう屋さんのもの)。
 父は外出していたので、母と私とダンナとお昼に食べました。ウィルがそばで狙っていたけど、今回は無事に食べました(トロい母はウィルの餌食になるので、椅子に座るテーブルで食べさせました)。満足、満足。
Photo Photo_2

| | コメント (8)

久しぶりに

Photo ようやく久しぶりに図書館に行った。ウィルが来てからは本の予約もしていないし、借りていなかったので、大量の本を前にして、どれを借りようか本を選ぶカンみたいなものが鈍っていて、しばし迷う。久しぶりだから、薄くもなく厚くもなく、テンポがよくて、引き込まれそうなものがいいかな。目にとまった宮部みゆきのベストセラー「火車」か「レベル7」、どっちかで悩んだけど、まだきれいな状態の文庫本の方の「火車」にしてみた。とりあえず、欲張らず1冊だけ。この前もらったおまけの「文庫包み」を早速つけてみようかな。さあ、寝る前に読み進められるか(苦笑)。

世の中には変化を好む人もいるけど、私は淡々としたあまり山も谷もない静かな毎日がいい。平凡でいいから、こぢんまりでいいから、私の小さなキャパシティーでこなせる毎日を望む。ドラマチックな出来事や楽しみはなくてもいいです。仕事したくない、家事したくないとかそんなことは言いません。まじめに生きたいです。それしかとりえないし。ただ、淡々と自分のすべきことを決まったテンポでまじめにやっていればそれが一番。大ゲンカだって、ダンナが仕事をためずに淡々とやっていてくれていれば、怒らないのに、起こらないのに。ドラマチックな出来事は本や映画の中だけで充分。

| | コメント (4)

定食屋ぽんすけ

今回は大ゲンカの末夕飯も作らず(食べず)に不貞寝、ダンナがくそ忙しい日に仕事を私に任せてサッカーの試合と飲み会に行ってしまったので不貞寝、と二夜不貞寝が続き、体重はダイエット以来の最低値を記録しました。転んでも(ケンカしても)ただでは起きない(苦笑)。洋食の多い週でした。献立はだいたいいつも作る直前に冷蔵庫の中身とおなかと気力に任せて、ほとんど即興です。冷蔵庫にある程度の食材がないと、わざわざ買い物に出かけなきゃならなくて(時にはそれもいい気分転換になるのですけど)、思いついてすぐ作業ができないので、ある程度の食材をストックしておくのがうち流です。あればその時の思いつきと勢いですぐにとりかかれるし、腐らすのはもったいないから使うし。あと、若い頃は食材をその都度必要なだけ買ったり、中途半端に残しておくのがイヤで、使い切っていましたが、意図的にちょこっと残しておくと、別のメニューや次のメニューにつながることも台所に立つうちにわかったことです。最近は直前の思いつきで作ってばかりいるので、新たな料理を開発することがない(もちろん、自分でじゃないですよ、本読んでとかです)です。いつも繰り返し(苦笑)。でも、それが多分我が家の味なんでしょうね。ナポリタンはご飯作る直前のウィルとのさんぽ途中に通りかかった食堂の「本日のおすすめ」の黒板を見て、めっちゃ食べたくなったもの。懐かしいナポリタン、たまに食べたくなるのですが、大体麺類はお昼のメニューです。
1 特製ハヤシライス定食
40分くらいでできる簡単ハヤシライス、レタスとパセリとトマトのレモンサラダ、わかめと卵のスープ
2 白菜と肉団子のスープ定食
白菜と肉団子と春雨のスープ、鯵の干物、ブロッコリーのゴマサラダ
3 スパゲティー・ナポリタン定食
スパゲティー・ナポリタン、水菜とにんじんのサラダ、たまねぎと卵のスープ、柿
4 ヨシカミのハンバーグ定食
ヨシカミのデミグラスハンバーグ(生協のボイルするだけ)、高野豆腐の含め煮、たたききゅうりの梅肉和え、豆腐とほうれん草の味噌汁
5 鰻丼定食
(昨夜はごはん食べにいくつもりだったのに、ダンナがもたもたしているし、私もウィルと一緒にいたくなっちゃって、結局冷凍庫のとっておきを出しました)
鰻丼、ゆでブロッコリー、高野豆腐(残り)、とうふとわかめの味噌汁

| | コメント (3)

今夜は少しゆっくりしよう

嵐の余韻はまだ私の気持ちの中に残るけど・・・。今夜は仕事が終ったら、少しゆっくりしようと思います。ウィルを実家に預けて、ごはんでも食べに行こう。
Photo

| | コメント (4)

忙しい週末が続く

 昨日は各地で突風が吹いて被害が出たというニュースをちらりと聞いたけど、昨日の夜はうちも大嵐だった。またぶちきれてしまった。ダンナの仕事のやり方、優先順位のつけ方、じじばばのこと、あれこれやらなくちゃならない仕事があっても、来客や電話応対に追われ、なかなか仕事も進まない。もうめいっぱい。休みもなくお客様のためにがんばっているのに、信心深い母から言わせれば私は感謝の心が足りない、もっと穏やかになりなさい、と説教たれて叱責する。毎日母のように仏壇に手を合わせ、お経をあげていても、仕事が進むわけじゃない。だいたい仕事以外のことだって、父や母のこと、色々気を遣っているし、実際にやっているんだよ。お経をあげて物事がうまくいくような気分になって落ち着く母の気持ちはわかるけど、実際に仕事に忙殺されている私に(うちのこまごまとした仕事、私の割り振りはダンナ以上だし、実際出張だってがんばっているし、家事だってがんばっている)これ以上家族を思いやれといわれると、「はい、私の心得違いです。心が小さいです」としかいいようがない。仕事のことを放っておいて、のんびりとした心持でいたいよ、私だって。大泣きして、大声で汚い言葉はいて、きっと近所のうわさになっているだろう。
 今朝は朝5時起きでお寺の仕事にでかけた。お寺についたのは7時過ぎだ。朝日の中の紅葉と門がきれいだけど、裏腹に私の心は汚い。しかし、ひとたび、仕事につけば夢中になって、自分の最善を尽くしている。店に戻っても来客が多くて忙しい一日。明日も予約が何件か。うれしいことに贅沢はできなくても食べていくことには事欠かない売り上げが維持できているし、お客様も父や母の頃よりずいぶん増えてますます忙しくなっている。食べられなきゃ困るけど、収入はこれ以上増えなくたっていい。でも、今まで以上に努力し続けなきゃ、お客さんだって逃げちゃう。力を抜くなんて器用な加減はできない。ダンナは今日は私に仕事をまかせ、以前から友人と約束していたサッカー観戦にでかけた。この一番忙しい時期に真昼間からそんな約束、普通しないよ!
Photo Photo_2 Photo_3

| | コメント (2)

スヌーピーのマグ

Photo そういえば、うちにはスヌーピーのマグカップがあった。買ったのではなく、義母からのもらいもの。たしかおととしのお正月にダンナの実家に行った時に、義母が「もらったからあげる」と言ってくれたのです。定かではないけど、たしかコンビニでやっていたスヌーピーグッズプレゼントで、5000円分くらい買い物すると一つもらえるような仕組みだったと思うけど。それ以前に義理の姉夫婦がスヌーピーのおまけ(マックのハッピーセットだったような気がする)集めをしてて、ダンナが推測するには義母がわざわざコンビニで買い物をしてもらったものらしい(どうも4つ確保したようで、二つ我が家に来た・笑。まったく子ども思いのお義母さんで。お義姉ちゃん、年いくつだと思っているのかしらん)。それでしか手に入らなかった非売品なのだけど、ずいぶん高いマグカップだなあと思ったものでした。スヌーピーのモデルの犬はご存知のようにビーグルですが、当時はまさか我が家にビーグルが来るとは思ってもみなかったのでした。スヌーピーはもともと好きで、子どもの頃、年の離れたいとこに連れて行ってもらって映画館でスヌーピーの映画を観たことを覚えています(話は忘れてしまったけど、♪スヌーピー、スヌーピー、どこへ行ったの?帰ってきて♪という歌だけ覚えてる)。三和銀行(今はめぐりめぐって三菱東京UFJ銀行になってるけど)のキャッシュカードや通帳もスヌーピーでした。そのノベルティーグッズと思われるスヌーピーのフィギュアも、昔バイトした会社の大掃除で「捨てる」と言われたものをあれこれもらったので、またの機会に紹介します。
 そういえば、先日犬関連のサイトを見ていたら、三太という名前のビーグルが出てて、超ビックリしました。
Photo_2 「ボク、スヌーピーに似てる?」

| | コメント (3)

晩秋の教材園・忙しくても・・・

久しぶりに教材園をのぞきました。すっかり木の葉も落ちて、めぼしい作物もなく、しんとしてました。
Photo Photo_2 蜂の巣箱の入り口にはまだハチが結構飛んでいました。まだ咲いている花もわずかにあるから、最後の蜜を貯えているのかな。巣箱の前にはハチの羽音もものともせずに、猫がのんびりと寝ていました。うらやましいな。竹林の前にも別の猫。ほかにもチンチラみたいな長毛の猫ちゃんもみかけました。猫天国なのね。
Photo_3 Photo_4 桜の落ち葉がいっぱい。早くにおちたものは朽ち始めているけど、最近のは赤くてきれい。ピンクの野菊もかわいくて、摘んでいきたい衝動にかられましたが、がまんがまん。
Photo_5 Photo_6 今日もぽかぽか日差しがあたたかくて、陽だまりでぼけっとするには最高のお天気。毎日仕事と家事に追われるように暮らしています。今日はめいっぱいだからこの仕事は明日にまわそう、と思うと、翌日にはまた別の仕事が来てしまい、やってもやっても終らない感じです。まだ先が見えない。店に出入りしている業者さんもとっても忙しそう。みんな同じ。忙しくても疲れても、ウィルとのロングさんぽが今の私の一番の楽しみかもしれません。あと、正直に言おう、復活してしまった晩ご飯作りながらのビールタイム(苦笑)。そうだ、もうひとつあったぞ、ウィルと一緒にふとんに入ってバタンキューすること(笑)。あれれ、むちゃくちゃ忙しいながらも、結構楽しみあるじゃん(苦笑)。今日は木曜日、唯一毎週楽しみにしているドラマ「風のガーデン」の放送がありますが、毎週「もう木曜日?」と驚嘆する時間の早さです。

| | コメント (4)

また「おまけ」につられる

Photo  出先であったかい飲み物が欲しくなってコンビニに入ったら、S社のホットほうじ茶に「文庫包み」なるおまけがくっついていた。「これは・・・!」と思って即決。買ってから袋から出してみると、文庫本用のブックカバーだった。わ~い!ダンナも後で買ってきたので、二つになりました。もうこれでいいや。ウィルが来てから本をほとんど読んでいません。ウィルとの暮らしにも慣れてきたし、本を読みたい気持ちが高まっているので、そろそろ図書館通い再開しよう(今日は行こう、今日は行こうと思いながら、なかなか行けない。すぐそばだってのに)。

Photo_2 おまけ
先日のチェックのペットボトルカバーのおまけをもらった時、keroさんから「エコバッグ入れにちょうどいいサイズですよ!」と教えてもらったので、早速導入しました。これはたしかおととしかさきおととしの冬のS社のホット烏龍茶のおまけのフリースペットボトルカバー(ブラック無地)。本当!愛用の軽いナイロン製のエコバッグを小さくたたんで携帯するのにちょうどいい。いつものバッグにしのばせておくのにいい感じになりました。グッドアイデア!

| | コメント (3)

てぬぐいコレクション(7月~12月)

Photo 今年から集め始めたてぬぐい。7月から居間のテーブルセンターとして、季節に合わせて毎月とりかえて楽しんでいます。

7月・・・金魚と水草
8月・・・すいか
9月・・・くるみ
10月・・・さんま
11月・・・マグカップ
12月・・・トナカイ

1枚800円で一ヶ月楽しめて、また使えるならいいか(って、何Photo_2でも計算するなよ・苦笑)。

おまけ
てぬぐいの写真をとっている私の足元にじゃれつくウィル。私の部屋着のパンツのウエストのひもをひっぱってかんでます。やめろ~。

| | コメント (5)

定食屋ぽんすけ

1 ポトフ→カレー定食
カレーライス(ポトフの残りにルーを入れた)、きゅうりのサラダ、柿とラ・フランス
2 歯の悪いじじばば向き定食
つくごんのはんぺんのバター焼き(生協で購入)、揚げだし豆腐(生協・これはいまいち。もう買わない)、茹でブロッコリー、かぼちゃの煮物、わかめの味噌汁
3 豚キムチ定食
豚肉とキムチの炒め物、かぼちゃの煮物(残り)、トマトときゅうりのゴマサラダ、豆腐とほうれん草の味噌汁
4 親子丼定食
親子丼、もずく酢(柚子添え)、ほうれん草とじゃがいもの味噌汁
5_2 キングサーモンのバター焼き定食
キングサーモンのバター焼き、ピーマンとえのきだけのオリーブオイル炒め、かぼちゃとブロッコリーのサラダ(かぼちゃの煮物の残りをつぶしてマヨネーズかけただけ)、白菜とじゃがいもと卵の味噌汁

妙に忙しく、リメイクものが多い(苦笑)。もっとリッチで、かつ私がケチじゃなければ、無理しないで外に食べに行っちゃいたいところなんだけど・・・(でも、近くに気のきいたところがないしねえ)。は~、貧乏性。それにうれしいことに(本当にありがたいんだけどさ)、また野菜をど~んと送るって昨夜ダンナの実家から電話が(泣笑)。ダンナは早くも忘年会第一号があった。風邪をひかないようにせねば。

| | コメント (6)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »