« ウーちゃん・ウーたん・ウー次郎 | トップページ | だらけた休日 »

やっぱり春・お茶体験・ウィルに噛まれる

 春はやっぱり来ています。先日今年初めて道端で冬眠からかえったヒキガエルをみかけたので、ウィルとのさんぽでカエルが毎年たくさん来るお寺の池に行ってみた。やっぱり!卵、もう産んでた!すごいなあ~。
1_2 Photo 1_3 2 Photo_2 午後から店をダンナに任せて、茶道をたしなむ友人が「お茶席のお手伝いをするので、時間があったら、おいで」と誘ってくれたので、友人と一緒にお茶をいただきに出かけた。デパートの美術サロンで、と言ってたから、そんなにかしこまっていないと思っていたら、ちゃんとしたお茶室で、お茶の作法がわからない私は及び腰・・・。けれど、一緒の友達は学生時代に茶道部に入っていたから、隣で見てまねすればいいや、と友人のお招きにしたがって、お茶室に。非日常の空気流れるお茶室で、優雅なひと時を過ごしました(お茶菓子をしっかりたたみに落とす失敗もしでかしました・笑)。お茶の大先生(すごくきれいな方でした~)は84歳とは思えない肌つやで、かくしゃくとして、何だかやっぱり普通のおばあちゃんとは違う空気を醸していた。渋い趣味の茶道具、私には価値がわからないけど、すてきだな、とは思いました。「Pen」という雑誌の最新号が「千利休の功罪」という特集を組んでいたことを思い出したので、後でちょっと読んでみようと思います。
 その後、一緒に行った友人とお茶をして、帰りました。誘われなきゃああいう経験はなかなかできないので、行って良かったと思いました。

あと、今朝、ちょっとショックなことがあって、かなり凹みました。ウィルに初めて私、深く噛まれてしまった。食べ終わったみかんの皮を私がすぐに始末しないで、机の上に置いておいたのをウィルがみつけて食べ始めたので、とりあげようとしたら、バクっと。傷の痛みより、気持ちが痛い。うまく行っている、と思っていたのに・・・。やっぱり早く時間のやりくりをつけないといけないのですね(家族全員が揃わないと、犬の訓練士の先生にお会いできないので・・・)。

|

« ウーちゃん・ウーたん・ウー次郎 | トップページ | だらけた休日 »

おでかけ」カテゴリの記事

ウィル」カテゴリの記事

カエル」カテゴリの記事

出来事あれこれ」カテゴリの記事

コメント

私も茶道の心得がないので、いざ、そういう場所にお呼ばれした時は、ドキドキものです。大学にいたころは茶道部のお茶会なるものがありまして、同僚と一緒にお茶をいただきました。足の痺れより、作法が気になり、味がわかりませんでしたcoldsweats01 
日本人として、作法くらいは知っておいた方がいいのでしょうか?昔は花嫁修行の一つに数えられていたものですものね。少し知っているのと、全く知らないのとでは違いますよね。学生が開くお茶会とは言え、その席に数回でも参加して、雰囲気だけでも味わえたことは意義あることだったのかも…と思いました。

投稿: ぴろろ | 2009年2月 8日 (日) 08時34分

ぴろろさん
うちは母がお茶をやっていたのですが、私はへそまがりなので、
母がやっていても全然興味なかったのでした(苦笑)。
こういうことは、やっぱり知らないよりは知っている方がいいとは思うけど、私みたいに図太くてもいいんじゃないでしょうか(笑)。
でも、楽しいですよね。
やっぱり非日常の世界です。

投稿: ぽんすけ | 2009年2月 9日 (月) 11時23分

この記事へのコメントは終了しました。

« ウーちゃん・ウーたん・ウー次郎 | トップページ | だらけた休日 »