« 好きに歩き回る・利休の本 | トップページ | 秘密の庭への入り口 »

加山又造展

 昨日の朝一で出かけた加山又造展。会場は混んでいました。人気あるんだなあ。でも、納得。誰が見ても、素直に美しい。洗練された美に魅了される。とっても大きな屏風絵が多くて、豪華で見ごたえ充分。「きれい・・・」と一人ため息が出る。よくぞこれだけの作品を(実際はここに出ているのは彼の創作物の一部なんだろうけど)一生涯に描いたものだと驚きます。絵だけではなく、最後のコーナーでは彼が絵付けした食器や着物なんかもある。先日見たアーツ&クラフツ展にも通じるけど、彼も「美しいものは普段の生活の中でこそ生かすべき」と考えていたようです。1300円でこれだけの世界を観られるなんて、すごい充実です。行って本当に良かった。
Photo Photo_2 Photo_3Photo_4 美術館の前の木、大きなピンクの花を咲かせている!近寄ってよく見てみると、ピンク色のフリスビーでした。オッシャレ~。

|

« 好きに歩き回る・利休の本 | トップページ | 秘密の庭への入り口 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

精力的に遊んでますね。とっても寒かった日でしょ。
1人でゆっくり見るのもいいよね。
フリスビーの木にはびっくり、きれいだね。

投稿: Chicago Guy | 2009年2月28日 (土) 23時46分

Chicago guyさん
せっかくのこの時期、温泉旅行もないから、自分なりに充電しないと不完全燃焼でブスブスになっちゃうから(笑)。
時間が限られているので、ちゃちゃちゃっと観て帰るけど、かえってそれが時間もむだにしていないというおまけの充足感にもつながっているのかな(笑)。
もう3月になっちゃって、いよいよまたカウントダウンだ。
気楽な季節ももう終わりです・・・。

投稿: ぽんすけ | 2009年3月 1日 (日) 10時44分

この記事へのコメントは終了しました。

« 好きに歩き回る・利休の本 | トップページ | 秘密の庭への入り口 »