« ひとっ風呂 | トップページ | 雨に濡れる早咲きの桜 »

アーツ&クラフツ展・ラッキーな日

Photo 思い立って気になってい「生活と芸術~アーツ&クラフツ展」ウィリアム・モリスから民芸まで(於;東京都美術館・1/29~4/5)を観に行った。雨の降る上野はさすがにいつもより人が少なかった。絵画の展覧会と違って展示自体は地味な感じだけど、モリスの大きな刺繍のタペストリー「森」や、ロセッティの「聖ゲオルギウス伝ステンドグラス、モリスとロセッティの共同の別荘「ケルムスコット・マナー」の再現展示、柳宗悦らが建てた民芸の原点「三国荘」の再現展示などが見ごたえがあった。日本の民芸って世界に誇れるなあとしみじみ。
 「用の美」という言葉が好き。豪華じゃないけど、力強くて、あったかみがあって、作った人の思いが伝わってきて、生活感があって、使っていると楽しくいい気分になる。そういうものに囲まれて暮らすっていいなあ。展示されているこまごました愛しいカタチや色をした工芸品を眺めながら、思った。学生時代からずっと一度行ってみたいと思いつつ、今まで一度も行かずじまいの日本民藝館にも今度こそ行こうと思ったのでした。
Photo_3 Photo_4 せっかく近くに来たのだから、と入場料を払わなくても入れる科博のミュージアムショップでガチャガチャをする。今度こそ、ハチ公フィギュアが出ますように!と念じながら(笑)!そして、私の念が通じた!一回目でハチ公ゲット!!わ~い、ついている。もう一度やろうかとも思ったけど、あまり欲をかくのもなんなのでやめた。しかしうれしいな~Photo_5、ハチ公。すごくよく出来ている。ちゃ~んと肛門までポチっとついていて(笑)。うふふ、飾ろう。
そして、新宿に出て、仕事の買い物を一つと修理に出していた先代コンパクトデジカメを引き取りに行く。修理代金が見積もりでは13,755円だったけど、パーツの交換が少なくすんで8,673円ですんだ。やった~、またもラッキーでした。何より、また支障なく写せるようになったのが超うれしいです。帰りにお昼用にパンを買って、コンパクトに楽しむ半日の散歩終了。楽しかった~。午後は仕事がはかどりました。やっぱりリフレッシュできる余裕があるっていいなあ。いつもこうだといいなあ。でも、そうはいかないんだよね~。

|

« ひとっ風呂 | トップページ | 雨に濡れる早咲きの桜 »

お気に入り」カテゴリの記事

わんこ」カテゴリの記事

出来事あれこれ」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

コメント

あっしもこの展示を見に行きたいと思っているのよ~

そして、ハチ公ゲットおめでとう!!!念願かなったね。
リフレッシュできてよかったじゃ~~~ん

投稿: Chicago Guy | 2009年2月25日 (水) 23時29分

私も、先々週に行きました。結構、予定が立て込んでいて美術館どころじゃないはずだったんだけど、新聞のおまけでもらった券が今月いっぱいだったので、母を誘って(たまには親孝行しないとね)観にいきました。

「美しくないもの、役に立たない物は家に置くべきでない」とか言われちゃうと、我が家を顧みて悲しくなっちゃうんだけど、普段の生活の中にこそ、合理的で美しいものを、というのは確かにありますよね。いつもの道具の裏にデザイナーの美学や、熟練の技を感じて、丁寧に感謝して使うというのは、大切なことですよね。

今のところ、子供を言い訳にして、美しくないものだらけの我が家で、寝室の壁紙だけはウィリアム・モリスにしたのが、せめてもの主張かな。

投稿: ヘッジホッグ | 2009年2月26日 (木) 00時23分

Chicago guyさん
Chicago guyさんに声掛けようかな?とちらっと思ったけど、時間がなかったので、一人でさささっと行ってきました。
ごめんね。
こういう短時間のおでかけでも、好きなように行動できると、すっきりしますね。
いつもがんじがらめなんで(泣)。
日本民藝館には行ったことありますか?
もし興味があれば今度いかが?


ヘッジホックさん
お母さんと一緒に行ったんですね。親孝行!!
そして寝室の壁紙がモリスなんて、すてきですね!
>「美しくないもの、役に立たない物は家に置くべきでない」
は極論ですね(苦笑)。
芸術家は突き詰めているから、こういう気持ちでないと創作活動はできないのでしょう。
でも普通の人には「べきではない」なんて脅迫的で、人間の暮らしなんてムダなものだらけだし。
子どものいない私も美しくないものがいっぱいあるし、第一自分自身が美しくない、役に立たないと恥じ入りたくなる(そこまで考えるかい!)。
でも、物を大事にする、という意味でも、新しく買うものは吟味して愛着の湧くものを買って、長く使おうと思っています。
物も大事に使えば命が宿る気がします。

投稿: ぽんすけ | 2009年2月26日 (木) 11時44分

わたしももちろん狙ってま~す。あの頃の室内装飾は今の家には全然合わないけど好きなので・・・。先日の吉祥寺美術館ともども、これは行かなくちゃ!と思っている展覧会なんだなあ。ぽんすけさんも思い立って出掛けたのねえ。リフレッシュできてなによりでした。

そしてハチ!とうとうゲットね~!
ぜひ後ろ向きのお写真も・・・(笑)

投稿: kero | 2009年2月26日 (木) 14時21分

keroさん
観たいと言っているChicago guyさんと是非是非!
民芸とはまた別ものですが、昨日の朝刊の折込に池袋東武の伝統工芸品展のチラシが入ってたけど、ああいう「伝統工芸」は手に入れようと思うと高いですよね・・・。
「わ、お手頃!これなら買える」って思うものは少ない。
でもそれも完成するまでの手間を考えると仕方のない値段だと思います。
一生ものと思えばいいのかもしれないけど、私の暮らしぶりには不相応(笑)。
民芸もアートになってしまうとやっぱり高い。
もうひとつ、昨日の夕刊に連載記事で載ってた加山又造展も気になってしまった。
こちらは3/2までと行けるか微妙・・・。

投稿: ぽんすけ | 2009年2月26日 (木) 16時37分

keroさんに追伸
ハチの「ポチっ」見たいですか?
じゃ、今度(笑)。
ビーグルも柴犬や秋田に負けず、肛門丸見えで、便意を催してくるの、かなりはっきりわかりますよね(笑)。
それからうんちょしている時の情けない顔とか丸い背中が
かわいくないですか~!

投稿: ぽんすけ | 2009年2月26日 (木) 17時13分

ハチのポチッ・・・(笑)ぜひ今度!
そうそう!うんちょのポーズして必ず視線送ってくるんですよね。その表情が笑える笑える・・・!
いちどカメラを向けてみたいんだけど、怒られそう・・・ウォッて(笑)

投稿: kero | 2009年2月27日 (金) 14時42分

この記事へのコメントは終了しました。

« ひとっ風呂 | トップページ | 雨に濡れる早咲きの桜 »