« 定食屋ぽんすけ | トップページ | 都電もなか »

最近観た映画

といってもDVD借りたんだけど。たった2本だけだけど。一番最寄のレンタルショップが1月上旬に閉店してしまい、その次に近いお店の会員になったばかり。映画を観るのは結構時間を拘束されてしまうのがいやで、ごくたまに思い付いて借りる程度なんだけど(夜はすぐおねむになってしまうお子ちゃまな私である)。でも映画は手軽に異世界に連れて行ってくれるので、好きだ。閉店してしまったレンタルショップは店員が独自にリコメンドしている作品が結構私好みで好きだったのですが。しかも、たまにいく中華ファミレスの「バーミヤン」にいた(今もいるのであろうか?)礼儀正しく感じのいいシカオ似の店員さんが、このレンタルビデオ屋でもバイトしていたのも「高得点」だった。残念じゃ。

ボンボン(2004/アルゼンチン)
 私の好きなゆるい淡々としたロードムービー。「ドゴ」という変わった種類の白いおもしろい犬が出てくる。意外な展開の最後は笑って泣ける(泣ける人は少数かも)。犬は人間を食う(もちろん、食べると言う意味じゃないですよ、演技者としてですよ~)。真っ白い犬とおじさんの服、ウソのように青い空が美しく印象的。
ダークナイト(2008/アメリカ)
 以前からラジオでやたら「ヒース・レジャーのジョーカーがいい、いい!」と言っていたので気になっていたので、アカデミー賞の前に借りて観た。ヒース・レジャーは私、全然知らない人だったのだけど、この映画を観た後「素」の写真をみてびっくり!きれいな人なのね~。「バットマン」の前知識がなく、いきなり観たのでわからないところが多かった。暗くて怖かった。ジョーカーは鬼気迫るものがあったけど、絶賛するほどかなあと私には映画はピンと来なかった。不条理な怖さから言えば、去年の「ノーカントリー」の方がずっと怖い。

映画じゃないけど、NHKの白洲次郎のドラマがかっこよかった。あんな日本人がいたんだ。しかし全3回と言ってたけど、3回目が8月放送予定って引っ張りすぎじゃないでしょうか。

|

« 定食屋ぽんすけ | トップページ | 都電もなか »

映画」カテゴリの記事

コメント

ボンボン!去年DVD観たけれど、今みたらまた違う気持ちかなあ・・・って思います。それとは別に、こういうロードムービー好きです。

そういえば最近のだと、ホルテンさんの初めての冒険が気になってます。これもどーんと犬が!
http://www.horten-san.jp/

白洲次郎のドラマって(見てないけど)2回やって、次が夏なの?どこまでやってるか知らないのだけど、彼は中央政界にさっさと見切りをつけて町田で自給自足目指す暮らし始めるのよね。その潔さがまたかっこよいのよ・・・。主演の伊勢谷さんは顔立ちも日本人離れしてる様子が白洲に似てる気がします。いいキャストだなあって思いました。

話は違うのですが、はらドーナッツ、吉祥寺にもあるよと友達から聞きました~!全国で11店舗あるんだって・・・。

投稿: kero | 2009年3月10日 (火) 17時58分

ぽんすけさんがダークナイトを見るとは意外だったけど、感想は予想通り。ま、両方とも私は観ていませんが。(撮った映画がたまっちゃってますthink
ボンボンは知らない映画でしたが、やっぱり犬がかわいいみたいだね。動物のアクターにはかなわないけど、撮影は大変なんだろうなあ~
私でさえソフトバンクにしてしまおうかと思ってしまいます、お父さん犬に惹かれて。

投稿: Chicago Guy | 2009年3月11日 (水) 09時18分

keroさん
ボンボン、観てたんですね!
私、多少ブサイクともいえるああいう味のある犬が好きで(苦笑)。
ホルテンさん、気になりました。
それから題名忘れたけど、本になっているおバカ犬の映画も。
白洲次郎と正子、keroさん詳しそうですね。
武相荘(だっけ?)のこと、前にブログに書いていらっしゃいましたよね。
「この本、おもしろいよ~」というのがあったら、是非教えてください。
もう少しこの夫婦のこと知りたい。
伊勢谷さんというのも以前女優と浮名を流したイケメン元モデルという知識しかありませんでしたが、目がいいです。
はらドーナッツ、昨日はJ-WAVEでも、朝日新聞の夕刊でも話題になっていました~。


Chicago guyさん
へへへ、ダークナイトはやっぱり意外?
感想が読まれてて恥ずかしいです(笑)。
ハリウッドの大作でも気になるもの、好きなものはあるんだよ(苦笑)。
バットマンのこと、もっと調べてから観たらもうちょっと違ったかな。
Chicago guyさんはアメリカンコミックにも詳しそう。今度教えて!
映画、もっと観たいなあと思うけど、なかなか時間が思うに任せないよね~。
私、ほんとどんどん夜に弱くなっているし(笑)。
でも、こどもがいたらこういう映画ってなかなか観られないんだろうなって、子どもにつきあわなくちゃなんなくて自分の趣味なんて二の次の時代がしばらく続くんだなとこの日記を書きながら思いました。

投稿: ぽんすけ | 2009年3月11日 (水) 10時54分

この記事へのコメントは終了しました。

« 定食屋ぽんすけ | トップページ | 都電もなか »