« 日射しがまぶしい | トップページ | バリケンの中でうとうと »

「日々是修行」

朝日新聞連載時、毎週楽しみにしていたけど、終わってしまってすごくさみしいコラム、佐々木閑著「日々是修行」が本になりました。

日々是修行 現代人のための仏教100話 (ちくま新書) Book 日々是修行 現代人のための仏教100話 (ちくま新書)

著者:佐々木閑
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

仏教哲学者である佐々木閑さんの心に染みとおるこのコラム。これほど毎週心待ちにするコラムは初めてだったです。私は別に仏教を信仰しているというわけではありませんが、このコラムを読んでいて、すごく自然で合理的な考え方だと思いました。
 カバーの紹介文をここで引用させていただきます。

「仏教の本質はすなわち修行である。それは、自己改良による『苦』の消滅。あらゆる苦を生み出すものが『この私』であるなら、心を鍛え、私自身を変えることで、苦しみから自由になれるはずだ。現代に生きる私たちにとって、ひたすら信じる救済の宗教よりも、釈迦本来の合理的な教えの方が、むしろ馴染みやすい。そこに『生き死に』の拠りどころがある。」

 悩んだり、ため息ついたり、ブルーになったり、「そんなこと考えちゃダメ」ってことを思ったり、「どうして出来ないんだろう」と思ったり、やっぱりきっと生き続ける限りあるのでしょうけど。「間違いは誰だっておかす。失敗したってまたがんばればいい。大きなことはできなくても小さなことにひとつひとつ挑戦していけばきっとちょっとずつでも自分を変えていくことはできる。自分が悩んだこともきっとムダではなく必要な過程だった。」と希望をくれる叡智がつまった本です。もう一度、かみしめながら読み直したいなと思います。

|

« 日射しがまぶしい | トップページ | バリケンの中でうとうと »

」カテゴリの記事

コメント

朝日新聞に連載していたのに、本は朝日新聞社から出ないんだね、と、変なこと気にしていますpunch

仏教ってけっこうおおらかですよね。
さわりをちょいと読んでみましょうかね。

投稿: Chicago Guy | 2009年5月17日 (日) 01時04分

昨日の夜、テレビで「ダ・ヴィンチ・コード」やってたの観て、宗教って何だかな、って思ったよ。
私はいちいちあれこれ悩むタイプだけど、ここんとこ逸脱するほど悩まなくなった(笑)。
以前はもっと悩まないためのハウツーみたいのを手にしたけど、今はそういうの、全く興味なくなって、もっと普遍的なものにひかれます。

投稿: ぽんすけ | 2009年5月17日 (日) 17時02分

この記事へのコメントは終了しました。

« 日射しがまぶしい | トップページ | バリケンの中でうとうと »