« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

みんなにいいことありますように

みんなにいいことありますように
子どもが「四葉のクローバー、見つけたからあげる」と私にくれました。うれしい。みんなにいいことありますように。

| | コメント (2)

昼寝・キャンドルナイト

昨日のウィルの昼寝の様子(店の上階の実家の居間。最近は父も母もおでかけ~、ばっかり)。店のお客さんもあまり来ないので、ちょっと様子を見に上がったら、ベッドで寝てた。私もちょっとだけお付き合いしてゴロっと横になるとすかさずベッドから降りて人に沿うように貼りついて寝る。起きて私が座って本を読んでたら、足を割って入ってきて丸くなって寝てしまった。一生甘えん坊なのかな。
1 2 3_2 Photo_2 昨日の夜はダンナは町内会の飲み会。ウィルをバリケンに入れて、眠らせてから、ふと思いついて一人キャンドルナイト。ろうそくだけっていうのはやっぱり暗い。でも目がろうそくに慣れて、今度は電気をつけたら、ものすごく明るく感じた。

今日は午後はダンナとふたりで半日出張仕事(上野にて)に行ってきます。仕事が終ったら、何かプラスアルファの楽しみがあればいいな。無理やりそうしよう。

| | コメント (2)

モリアオガエルその後・ウィルの目の経過

教材園にやってきたモリアオガエルの卵。まさに私が見た翌日の朝(6月10日)に孵化したそうだ。池のは木陰の暗いところなので、はっきり見えず、バケツの中のおたまじゃくしを見せてもらった。
6月12日のおたまじゃくしと溶けた卵塊
Photo 6月18日水槽に移ったおたまじゃくし
Photo_2 おたまじゃくしは真っ黒じゃなくて、うすい茶色で透明感があり、目がはっきりしててかわいく、からだの中が見える。
 ここからカエルになって、教材園に居ついてくれるといいけど。
つい先日、教材園でモリアオガエル(成体)を見た、という目撃談があるんだけど(写真も撮ったということで見せてもらったけど)、本当かどうか疑わしいという先生もいる。真相はどうなんだろうか。

 昨日、日が落ちてからウィルの目(やっぱりぶどう膜炎だった)の経過を診てもらいに獣医さんへ行った。「また診察の時にジタバタ暴れるんだろうな・・・」とブルーになっていたんだけど、今回は診察室に入るのを拒んだ(足踏ん張って動こうとしない)けど、先生が「ほれ、がんばれ」とお尻を押してくれたら、すごすご入っていった。あとはもう観念したのか、あっけにとられるほどおとなしくされるがままにしていた。赤みはまだ少し残っていた。眼圧はほとんど正常だった。注射もなくてほっとした。でも、もう少し朝晩の点眼薬が必要みたい。目薬をもらって、来週後半にもういちど診てもらうことに。良くなってきて良かった!ほっとしたよ~。帰りは獣医さんの近くのうちの氏神様にお礼をして帰りました。

| | コメント (2)

今朝・とうもろこし・突き指

 今朝起きたら私は一人で寝てたので、ひとまずほっとした。ウィルは定位置のバリケンの中でまだお休み中だった。
 朝から梅雨の晴れ間の太陽が強烈だというのに、起きるとウィルはのこのこベランダに出て、ひなたぼっこしてた。
Photo 2
Photo_2 またも、さくらんぼをくれたダンナの親戚が毎年恒例の糖度満点のとうもろこしをどかんと送ってくれた。さくらんぼと同じく実家や隣のうちにおすそわけしてもたっぷり残る。今夜は暑くても新しくておいしいうちにがんがん蒸すべし。

昨日帰宅してジーパンを脱ごうと下ろした時、蒸し暑さで汗でジーパンが肌にはりついていて、ジーパンが下りずに力の入った右手親指を「突き指」した(泣)。

仕事の後、獣医さんにウィルの目の様子を診てもらう予定。先日の注射と朝晩の目薬が効いているようで、赤みはほとんどひいているけど、どうだろう。もう注射がないといいんだけどね。行く前から病院の診察で暴れるウィルを思いブルーになる・・・。ダンナも出張から帰ってくる。

| | コメント (2)

なぜ隣にウィルが寝ているのか?

 昨日からまたダンナが2泊の出張に出ていて、夜は私とウィルとふたり。夕飯はいい加減に済ませて、ビールをぐびぐび飲んでさっさと寝る。寝る時はウィルをバリケンに入れて、寝室には入れてない。私が眠りに落ちる前に隣の部屋からウィルが「くんくん・・・」と甘え声を出したので、ふとんの中から「ウィル、一人でちゃんとねんねだよ~!」と声を掛けたことまでは覚えている。・・・が、朝起きたらなぜか、私の隣にウィルがぐーすか寝ていた。バリケンもロックしたから、一人で出られるはずないんだけどな。ってことは私が出したの??全然記憶がない。一人で飲みすぎか・・・それって客観的にみると結構わびしい・・・。
 しかもこの事件はおまけつき。今日のお昼ごはんを食べにうちに戻った時、寝室に入ったらおしっこくさいのでよくよく点検したら、ふとんの上に大量にしっこまでしていた(まさか私じゃないですよ、いくらなんでも。もちろんウィルですよ!読み直していて自分で恐ろしい誤読をしそうになったので、念のため追記・苦笑)。今日が晴れてよかった・・・。

水辺のスイレンが涼しげ。私の好きなオカトラノオも今頃が花の時期なんだな。咲き始めていました。
Photo Photo_3

| | コメント (2)

今年のらっきょう漬け

Photo  6月11日に生協から届いてその日漬けたらっきょう(鳥取産)。たけのこやとうもろこしと一緒で届いたら、できるだけ早く作業しないといけない食材の一つだから、届くその日は覚悟して作業。先週試食してみた。もう食べられた。さっぱりシャキシャキおいしい。塩味の角がとれるまでもう少し置くとよさそう。去年(6月5日に届いて漬けていた)は1袋(800グラム)だったけど、今年は倍の2袋(1.6キロ)漬けたので、2時間ほどかかったけど、一度がんばれば一年間たっぷり好みの塩らっきょうが安く食べられるから(外で売ってるのは甘酢らっきょうがほとんどで、塩らっきょうはほんのわずかでしかも高い)、がんばる甲斐もある。でも、一度に作る量はこれが限界だな。らっきょうのにおいにクラクラしてきたもん。
Photo_2 Photo_3
Photo_4 材料
・らっきょう 800グラム(一袋)
・水 2カップ
・酢 2カップ
・塩 60グラム

作り方
①らっきょうの泥を洗い落とす。
②外側の薄皮を剥く(水に漬けながら剥くと剥きやすいけど、あまり水に長く漬けすぎると歯ざわりに影響が出るらしいので手早く)。
③ひげ根と先っちょの部分をちょこっとだけ切る。
④調味料をかき回して溶いた中にきれいにして水気をふきとったらっきょうを漬ける。

漬ける容器は広口ビン、らっきょうはそのものが殺菌作用があるので、容器の消毒も神経質にならずに、洗って熱湯をまわしかける程度で大丈夫。

今年は梅関係は漬けなかった。でも、来年梅干を漬けてみようかな、と思っている(出張の時の昼の行動食、梅のおにぎりは必須なのだ!)。

| | コメント (3)

獣医さんへ・さくらんぼ

Photo ずいぶん前からウィルの左目が充血していることがあって、ちょっと気になっていた。でも、いつもというわけじゃなくて、いい時もあるので、もう少し様子を見てみようと思っていた。
 でも、今朝起きた時のウィルは左目がほとんど開かず、開けても充血していて、瞬膜が半分くらい閉じていて、涙が流れてとてもひどい状態だったので、慌てて午前中に獣医さんに診てもらった。初めての眼科で人間と同じようにアゴを台に乗せてまぶしい光を当てられるので、ウィルはたいそう怯えて暴れた。角膜に傷はなかったけど、目の中の炎症の度合いを示す値が通常値の3倍近く高かった。詳しい病名は忘れてしまった(多分ぶどう膜炎だと思う)が、白目にお薬を注射されて(痛いだろうと思うけど、その時は暴れなかった)、点眼薬をもらって、3日ほど様子をみることになった。金曜日にまた診てもらう予定。原因は不明。治るけれど、場合によっては再発することもあるそうだ。ビーグルは頑丈で病気知らずと思っていたけど、ウィルは思ったより繊細なところがあるようだ。どうか早く良くなりますように!最近のウィルはさんぽ途中の拾い食いはまったくといっていいほど心配なくなり、人間のごはんを強奪すPhoto_2るような荒々しさもなくなった。ごはんもがっつかずのんびり食べるようになった。けれど、体重は14.85キロになっていた。ビーグルとしてはやっぱりでかい・・・。母子ともに(苦笑)、これ以上体重増加しないのが望ましい。
 
 ダンナの実家の親戚からドカンと立派なさくらんぼ(佐藤錦)が来てしまった。あま~い!けど、こんなに立派なものいただくとこま~る!

| | コメント (3)

定食屋ぽんすけ

先週も今週も来週もダンナの泊まり続き。私も風邪をひいてしまい、定食屋もさみしい週でした。食欲がなかったので、少し痩せたのは幸いです。夏に向け、もう少し痩せたい。
1 二夜目のハヤシライス
ハヤシライス(前日作った残り)、セロリとたまねぎとベーコンのスープ
2 山菜天ぷら・きんきの一夜干し定食
隣のうちからおすそ分けの山菜天ぷら(山ウドの葉っぱと知らない名前の)、きんきの一夜干し、じゃがいもの染め煮、きゅうりのぬか漬、豆腐とわかめの味噌汁
3 金目鯛の煮付け・ポテトサラダ定食
金目鯛の煮付け、自家製ポテトサラダ(じゃがいも、きゅうり、にんじん)、納豆、きゅうりのぬか漬、豆腐とわかめの味噌汁

| | コメント (2)

仕事でラッキー(鎌倉)

 早朝から鎌倉にて仕事。よく歩き、よく働いた。仕事とはいえ、この時期に心配していた雨にも降られず、紫陽花最盛期の鎌倉へ行けるのはラッキーです。銭の上では儲けはたいしたことないけどお金を得つつ、こんな風景に出会えるのは、やっぱり自分の仕事から得られる幸せのうちの一つだと思う。せわしなく、気力体力使って、休みもない、とぼやいていても。
 しかしどこもかしこも観光客と子どもでごった返していた。

銭洗弁天
Photo_6 Photo_7 Photo_8


大仏様(高徳院)

名物(?)のタイワンリスにも会えました。ひと頃よりは全然数が減った。それでいいのでしょう。

Photo_9 Photo_10 Photo_11
円覚寺入口
Photo_12
明月院(あじさい寺)
あじさいが最盛期で、予想以上に見事だった。境内はほとんどが青い紫陽花。最後の白い花は沙羅(夏椿)。
1 2_2 3 Photo_13 Photo_17 Photo_15 Photo_16 明月院付近のあじさいと建長寺入口
茶店の店先のあじさいアレンジもきれい。
Photo_19 Photo_20 Photo_21

| | コメント (4)

かえるてんに行ってきた

少しだけ時間ができたので、さっき(12時開廊一番で)ようやく行って来た。カエルだらけのかえるてん。いろんな顔のカエルたちが待ってます。
Photo 店内ラッキーにも私一人だったので、何周かぐるぐる見ました。気になるカエル、いくつかあったけど、悩んだ末、今年は一匹だけ。
 私の小さめな手のひらちょうどぴったり乗る陶器のアマガエル。ひょうきんで素朴なかわいさ。ペーパーウェイトにもいいな。Photo_2 Photo_3

「ちょっと渋いかな?ぽんちゃんちに仲間入りするケロケロ~」

| | コメント (2)

日曜日のあささん・ジューンブライド

日曜日のあささんは家から少し離れた神社と公園へ。久しぶりにダンナと私とウィルと三人で出かけました。曇りベースながら時折晴れ間ものぞくムシムシ暑い朝でした。
3 2 1_2 Photo 神社では花嫁さんと花婿さんが撮影をしていました。花嫁さん、とっても美人。「私も撮らせてもらっていいですか?」と聞いたら、「どうぞ」とうれしそうに承諾してくれました。6月の花嫁、しっとり艶やか打ち掛け姿です。うれしそうで初々しい新婚さん。私たちもこんな時期があったんだっけね。でも、そんなことを思い出したにもかかわらず、この夜、翌日の仕事をめぐっての大ゲンカ。またやっちゃった。

そんな出来事がこの後起こるとは知る由もなく、ウィルも気持ち良さそうに眠っていました。
Photo_2

| | コメント (2)

定食屋ぽんすけ

忙しかったので丼ものでいきました。
1 お疲れ様の鰻丼定食
ダンナが2泊3日の出張から戻ってきた夜、ダンナと留守番でも出張続きだった私にお疲れ様。
鰻丼(パルシステムの大隅産のやつ)、きゅうりのぬか漬、ほうれん草と豆腐の味噌汁
2 イカセロリトマトバター醤油炒めごはん
イカとセロリとトマトのバター醤油炒めごはん、わかめと卵のスープ
3 ビビンバ定食
ビビンバ(パルシステムの冷凍ナムルに豚そぼろだけ作ってのせた)、ごぼうときゅうりと蒸しささみのサラダ(同じくパルシステムのごぼうサラダをベースに)、大根とお揚げの味噌汁
4 冷やし中華
冷やし中華(ハム、きゅうり、錦糸玉子、紅生姜)、トマトサラダ
5 ハヤシライス定食
自家製のスピードハヤシライス、きゅうりのサラダ、わかめのスープ
Photo 今季も登場カットすいか
去年keroさんから教わって、やみつきになったカットスイカ。大きめのこだますいかをいただいたので、全部一気にカット。この大きめの深型タッパーまるまる2個。こうやって最初だけちょっとがんばれば、ちょこちょこ手軽に食べられる。



昨日の夜、ダンナと仕事のことで大ゲンカしちゃった。ものすごい負のエネルギーを使ってしまいました。辛い。

| | コメント (2)

新宿御苑の花

新宿御苑の花。
花菖蒲。
Photo_11 Photo_12 Photo_13 同じく水辺に咲くスイキンバイ(水金梅)、切花でなじみぶかいアルストロメリア。
Photo_17 Photo_18あじさい。
Photo_19 Photo_20 シモツケソウ。
Photo_21 なでしこ。
Photo_22

| | コメント (2)

新宿御苑の生き物

昨日の仕事場は新宿御苑だった。
Photo_2 Photo_3
Photo 新宿御苑というと広々として手入れの行き届いた気持ちのいい芝生広場が代表的な顔だけど、それだけじゃなくて色々な顔がある。ここは「母と子の森」という一角。小川や池や森の自然を再現している場所。池に浮いていた板の上に乗っていたカエル、濁った水の中で見にくいけど群れをなして泳いでいたメダカ、シオカラトンボ、赤とんぼ。
Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8でもこの池の付近にいた短時間の間で見つけたカエルはこの1匹だけ。
 昨日のカエルはこの森から離れた場所の小さな小川の水が干上がってわずかな水と泥だらけの場所に数匹見つけたうちの一匹。泥にまぎれた数個の「突起物」、多分そんなとこ見てない人が多いと思うけど、見逃さなかったぞ。人間の気配に敏感でそ~っと近寄ったのにあっという間に水溜りや泥の中にもぐっていってしまう。撮れた一匹は少し鈍いのか、私が近寄るのを許してくれた唯一の一匹。それも、写真を撮ると間もなくびゅ~っと泥水の中に逃げ込んで行った。
Photo_9 Photo_10

| | コメント (2)

今日のベスト

今日のベスト(笑)。
Photo_2 あ~、ようやっと超多忙な今週平日が終わった~。出張と帰ってからも仕事が山積みだったので、疲れました。今日は今週3日目の一日出張でした。週末、できれば仕事が入らぬことを祈る(不届きモノ!)。でも、仕事が入っても文句は言うまい(苦笑)。
 昨日は生協で泥らっきょうが届いたので、日中目もくらむようなの勢い(っていう表現も変だけど、クラクラしそうな、って意味です)で仕事に燃え、6時にあがって、漬け込みました(去年の倍の1.6キロつけたので2時間弱かかりました。限界の量だ~)。今日はこのカエルだけじゃなくて他にも何匹かのカエルに出会え、お花もきれいだったです。公私ともに一仕事が終わって、ほっとしました。

| | コメント (2)

ダンナのおみやげ

月曜日から2泊3日の出張で福島県に行っていたダンナが昨夕帰ってきた。おみやげ持って。

ダンナ「ぽんちゃん、おみやげ」
私「え、どこで?何を?」
ダンナ「アクアマリンふくしまで」
私の期待、一気に高まる!
そして、出てきたもの。

じゃ~ん!
Photo_4 写真集「世界のカエル・よみがえれ カエルのうた」
写真;Piotr Naskrecki(ピオット・ナスクレンスキー) 西田 賢司
財団法人ふくしま海洋科学館発行

Photo_5 すごくうれしかったです!
去年(2008年)は昨今のカエルツボカビ病流行や環境悪化から両生類を守ろう!とうたった国際カエル年でした。アクアマリンふくしまではこの趣旨に賛同し、特別企画を展開しました。そこで展示された世界の美しいカエルたちの写真を集めた写真集です。日本のカエルにはない宝石のようなカラフルさ、茶目っ気、闘争心がたっぷりです。世界は広いんだなと思います。
 アクアマリンふくしまにはプライベートで一回じっくり、あとは仕事で2度ほど行きました。大好きな水族館です。

ダンナ、気にかけてくれてたみたいです。留守中、120%でがんばってたよ、私も!

| | コメント (3)

モリアオガエルの卵を初めて見る

私がよくのぞかせてもらっている教材園にモリアオガエルの卵塊がある、という話を先生から聞いて、朝早起きして出張の前に見せてもらいました。残念ながら、教材園で生まれたものじゃありません。知り合いから貰い受けたものだそうです。でも、一昔前まではこの教材園でもモリアオガエルが生を繋いでいたのです!私にとっては初めてみるモリアオガエルの卵塊でした。直径は10センチほどで、綿菓子のような泡です。池の上に張り出した枝に吊ってあります。すでにだいぶ時間が経っているので、外側はだいぶ乾いていました。成熟すると雨の日に塊りがほどけて、池のおたまじゃくしが放たれるそうです。ここの池、ザリガニだらけになってしまって、この春はおたまじゃくし壊滅だったから、きびしい環境でしょう。一応は分断された場所ではありますが。あと二つ、水を張ったポリバケツの上にも吊っていました。こちらは低い場所にあったので、卵塊を上からのぞくことができましたが、卵塊の中でちょろちょろ動くものが見えたような気がしました。孵化する様子、おたまじゃくし、そしてカエルになるまで、子どもたちが観察できればすばらしいなと思います。
Photo Photo_2 田んぼも田植えが終わっていました。田んぼの後方ちらっと木枠が見える奥にミツバチの巣箱が二つ置いてあります。全国的なミツバチ減少で、ここの巣箱の周りにもミツバチはまったく飛んでいなかった。さみしい。っていうか、畑の作物にも影響あるんじゃないか、と思ってたら、ナスとかもう小さな実をつけてました。ミツバチの巣箱の前の木枠と田んぼのふちにある緑色のホースの間のクロっぽいまだらのものは猫やんです。すっかりくつろいでいました。ほかにも2匹、朝の散策をしていました。
Photo_3 教材園も濃い緑の季節です。
Photo_4

| | コメント (2)

カエルのショルダーバッグ

Photo ほのかえるさんから教わったかわいいブランド。どうにも欲しい気持ちが抑えきれず、速攻買ってしまったバッグ。かわいいのがいっぱいで悩み抜き・・・。長く愛用しようと思います。
 6月恒例の「かえるてん」もずっと気になっているのです。時間みて、今年も行きたいです。

そして、今朝はいつもの教材園で本物のかえるとの出会いがありました。それはまた明日。

| | コメント (6)

定食屋ぽんすけ

 ダンナの出張ばかり気になっていたけど、よく考えたら、私も今週は今日・明日・金曜と一日がかりの出張が続きます~!がんばんべ~。
1 ホイコーロー定食
ホイコーロー(豚肉・キャベツ・ピーマン・長ネギ)、きゅうりの梅肉和え、豆腐とわかめの味噌汁
2 三色ずし定食
三色ずし(豚肉そぼろ、さやえんどう、卵)、あさりとゆずのお味噌汁
3 豚汁定食
豚汁、きゅうりときゃべつのぬか漬、母の九州みやげのおいしい明太子、食通の親戚のおじさんが作った(材料にもいちいちすごくこだわったらしい)おいしいちりめん山椒(売っているものよりおいしい)
4 焼そば・アスパラ定食
焼そば(豚肉・キャベツ・にんじんたっぷり)、パルシステムのおいしい北海道産のアスパラをゆでたもの、きゅうりのぬか漬、トマトと卵のスープ
5 マーボー豆腐定食
マーボー豆腐(味噌味)、アスパラ茹でたの、トマトのバジルサラダ、きゅうりのぬか漬、新じゃがと小松菜のスープ

| | コメント (5)

ピンクのあじさい他・一週間

おとといの午前中(遠出する前)、仕事先で撮ったピンクのあじさい。
Photo Photo_2 ぶどう棚のぶどうとじゃがいもの花。
Photo_3 Photo_4 先週も一週間、慣れない気を遣う出張が多くて、気分的にかなり辛い一週間でした。私はまだまだ仕事に取り掛かるまでに無駄なエネルギー(過緊張)を使いすぎる気がします。明日から4週連続でダンナが泊まり出張。私もがんばらなきゃな・・・。
 昨日の晩、近所のお寺の前を通ったら、カエルの大合唱が聞こえた。東京だって捨てたものじゃない。

| | コメント (4)

半日遠出

 昨日の午後、ぽっと何も仕事の約束がなく、店の中での仕事も一日を争うものが一段落したので、急に出かけることにしました。思い立った時にがんばってでかけないと、またしばらく出かけられない、そしてガスもたまる・・・挙句大爆発をする。出かけたのはすでに1時を過ぎていたのだけど、軽井沢まで(おバカですよね・・・)。プライベートでも(って、別荘族セレブじゃありません。庶民チックに親しんでいます)仕事でもよく行く場所なので、勝手知ったるという場所です。ダンナは再来週にまた仕事で軽井沢に行くのですが。
 着いたのはもう3時をまわっていました。ああ、この空気だ。ひんやりとして冷涼な空気がおいしい。緑の萌えるにおいが濃いです。
もう時間が時間だし、平日だし、と思っていたら、旧軽井沢銀座は意外に人がたくさんいました。
Photo
 旧軽銀座を「銀ブラ」、気に入っているお店をまわりました。必ず立ち寄る「小林ジャム」で売っているドライフラワーが好きで、いつも買い足しています。ダンナは靴を安く売っているお店をチェックしていました。旧軽銀座入口の八百屋さんの店先はいつもとりたての旬の野菜が並んでいます。昨日目を引いたのは色とりどりのアスパラ、行者にんにく、柔らかそうなクレソン、ジャムにするとおいしいルバーブ、根曲がり竹、わらびなどの山菜でした。週明けからダンナの出張が続かなければ買って帰りたかったな。ここの八百屋さんの手作り野沢菜漬けも安くてとってもおいしいです。
Photo_2
軽井沢名物ミカドコーヒーのモカソフト、久しぶりに食べました。濃厚でした。
Photo_3 Photo_4
軽井沢観光会館。
Photo_5旧軽井沢銀座から一歩路地を入るとさすがに人は少なかったです。聖パウロ教会
Photo_6 帰り道、碓氷峠にある日帰り温泉施設「峠の湯」に立ち寄り、一風呂浴びました。
Photo_7 ここは500円でリーズナブル(それなり、といえばそれなりですが)、この日は人もまばらでのんびりできました。暮れなずむ露天風呂で峠のひやりとした空気の中の湯浴みでした。湯上りに併設の食事処で夕飯を食べて、帰路に。外に出たらもう真っ暗で、カエルの大合唱でした。
 軽に乗り換えて初めての遠出は自分たちらしくやっぱり峠道になりました。小さくて華奢だから上り坂はやっぱりきつそうでしたけど、燃費はすごくいいです。それから高速代が安い!練馬から碓氷軽井沢まで普通車なら3550円でしたが、軽は2850円でした。安い。往復だからこの差は大きいです。車のロマンはないけど、合理的です(苦笑)。

| | コメント (3)

「ウーちゃんの腹時計が8時をお知らせします」

 さんぽの時間やごはんの時間を犬はとても楽しみにしているので、時計は読めないはずなのに、だいたいの時間になると「ね、そろそろでしょ、そろそろだよね!」と催促のような行動をします。
先日もおかしくて吹き出しちゃうことがありました。ウィルの晩ご飯はだいたい8時です。いつものように「そろそろ晩ご飯の時間ですけど・・・」と催促に来ました。私にぴたっと体を寄せてくっつけて、私の顔をじっと見上げるのです。その時TVをつけてちらちら見ていたのですが、8時になって番組が変わる瞬間ぴったりにそれをしたもんだから、私たちは私の顔を見上げるウィルが「ただいま、ウーちゃんの腹時計が、8時をお知らせします」って言っているようだ、お前は時報犬か!って爆笑しました。おもろいやつです。
1 2 Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

| | コメント (2)

友達からの差し入れ・ブーゲンビリア

Photo Chicago guyさんから手作りのイチゴジャムをもらった。彼女の作るジャム、前にもネーブルのジャムをもらったけど、とってもとってもおいしいのですよ!それから、ちょっと前のペプシのオマケ、ご当地スヌーピーストラップ。宮崎のだったかな?マンゴーに乗ったスヌーピーです。うちにいる、どでかい生きている「スヌーピー」よりキュートです。心のこもったおいしい手作りジャムとスヌーピー、ありがとね。

けさのあささんの時に通りかかったおうちのブーゲンビリアの大木が見頃。ここは毎年見事な花を咲かせてます。
Photo_2 Photo_3

でも、花に見えるきれいなマゼンタの部分は厳密には花じゃないそうで、真ん中の小さな白い部分が花なんだそうです。

| | コメント (3)

枇杷・ほたるぶくろ

久しぶりの晴れ。ようやく洗濯物が外に干せた(笑)。外で仕事したら日に焼けた。
ご近所の枇杷の実がいい色になり、とてもおいしそうです。
Photo ホタルブクロの花。水のきれいな田舎なら、ホタルもそろそろ飛び始めそう。
Photo_2

| | コメント (3)

定食屋ぽんすけ

 今月からダンナの泊まり出張がかなり頻繁にあるので、ダンナの留守の店の仕事を預かり店の仕事が増える一方で、お客(ダンナ)のいない定食屋は休業する日が増えそうです。
1 かにたま定食
かにたま(もらいものの蟹缶、たまねぎ、さやえんどう)、ひたし豆(青大豆)、蟹ときゅうりともずくの酢の物、大根とお揚げの味噌汁
2 麦とろ定食
大和芋の麦とろごはん、新じゃがと小松菜とベーコンの炒め物(塩コショウ醤油味)、籠清のイカ墨かまぼこ(イカの模様に惹かれて・笑)、きゅうりのぬか漬
32 3
ある日のランチ
イギリスパン、パルシステムのカタログで定番の日光金谷ホテルのピーナツクリーム(美味)、近所のお肉屋さんで買ったかにクリームコロッケ、トマトと青大豆のサラダ手製オニオンドレッシングかけ、アイスティー(冷凍庫の製氷機の修理で氷復活)
4 おうどん
うどん屋さんに行っちゃおうかと思ったけど、ダンナが乾麺を茹でるお湯を沸かしてくれたため作った。揚げ玉と青ネギと生卵のっけ・関西風ダシ
5 お刺身丼定食
お刺身(まぐろ中落ち、帆立)、きゅうりのぬか漬、豆腐とわかめの味噌汁
6 サイコロステーキ定食
サイコロステーキ(パルシステムのやつ)、エリンギのにんにく醤油ソテー、千切り人参と千切りきゅうりとトマトと青大豆のオニオンドレッシングサラダ、じゃがいもとさやえんどうの味噌汁、15穀ごはん

| | コメント (3)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »