« ウィルと清里へ(二日目・その1) | トップページ | 定食屋ぽんすけ・その1 »

ウィルと清里へ(二日目・その2)

滝見の丘遊歩道を散歩した後は、清泉寮へ。清里といえば、やっぱりここをイメージします。車で10分ほど。
Photo_2 広大な敷地に牧場や宿泊施設、レストランなどがあります。戦後来日し、清里発展に貢献したポール・ラッシュ博士の指導の下、日本の高冷地における農業や酪農の基礎を作った場所です。
 ここに来たら名物のジャージーソフトを食べなければ。ジャージー牛の生乳を使ったソフトクリームは味は濃厚だけどさっぱり、どこか遠くでキャラメルっぽい香りもします。ここでしか味わえない味だと思います。お天気もよく、ひんやりミルキーなソフトクリーム日和。
Photo_3 Photo_4

ウィルには目の毒だね。悪いね~。でもキミにはあげないよ~。
Photo_6 Photo_7清泉寮前で記念撮影。

この時点で午後3時。この後どうしようか、と考えましたが、ウィルの疲れを考え、無理をせず余力を残して早めの帰途につくことにしました。もう、私たちも充分楽しみました。
 途中、中央高速で渋滞箇所がありましたが、ウィルは帰りも持ちこたえてくれました。
 うちに到着したのは6時頃。車から降りてそのままさんぽに行きましたが、そのうれしそうなこと!いつも以上にうれしそうにしっぽをゆっさゆっさ派手に振りながら、「うちに戻ったよ~!」と安心したようにいつものさんぽ道を歩いていました。私もほっとしました。
Photo_8 夕飯は帰り道のパーキングエリアで買った山梨名物のほうとうを作って食べました。ワン連れOKの場所って皆洋食で、和食に飢えてます(笑)。

 ウィルはうちに帰ると安心してすぐにバタンキューでした。疲れたよね。二日間、お疲れ様。不安もあったろうけど、楽しかったよね、きっと。
 未知のことが多くて私たちも少し不安でしたが、終わってみれば、大成功でした。本当に行ってみてよかったです。共に行動することで、ウィルとの絆も深まったと思います。な~んて、何だか旅行というより、学校の移動教室の感想みたい(笑)。実際、学校の先生や小さい子を持つ親の立場で行動した感じですねぇ(笑)。短いながら、全然短くなかった、本当に楽しい夏休みの旅行でした。私たち夫婦にとっては今まで旅に温泉は欠かせないものだったのに、今回は眼中になかった(笑)。滅多に行けない旅ですが、これからはこんな風なスタイルに変わらざるを得ないようですね(笑)。ああ、本当に私の夏も終わりです~。
Photo_9
 

|

« ウィルと清里へ(二日目・その1) | トップページ | 定食屋ぽんすけ・その1 »

おでかけ」カテゴリの記事

ウィル」カテゴリの記事

コメント

こ、これが噂の清泉寮ですか、初めて見ました・・・。
確かに犬同伴の和食の店は見かけない、流行るかも。
無事に楽しく旅行ができてほんとに良かった(●^o^●)ネ

投稿: Chicago Guy | 2009年8月30日 (日) 00時21分

お疲れ様でした。無事、楽しんで来られてよかったですね。


ペットがいると旅行も限定されてくるけど、家族みんなが
「良かった」って思えたのが何よりですね。絆が一層深まったのかな。
ウィル君もこの旅でひとつ、成長したのかな?
って、ほんと、子育てと一緒ですね。いろんな事経験して、育ってくのを見守る楽しみというか、、。

パパ、ママの気持ち、きっと伝わりましたよ。

投稿: ヘッジホッグ | 2009年8月30日 (日) 08時47分

Chicago guyさん
洋食、しかもソーセージとか肉系が多くて、長逗留にはもう少し選択の余地があれば・・・なんて、贅沢か。
犬OKってことだけで、助かりました。
最悪セブンイレブンもあったし(笑)。
あ、でもあの町は自販がほとんどない。
それは新鮮だったねえ。


ヘッジホックさん
人間の子どもを育てたことがないので、想像だけですけど、子どもを連れての旅行ってこんな気持ちかなって思いました。
先日野球少年の甥っ子が来た時、「(私が唯一知っている野球番組)ルーキーズ、観てた?」って聞いたら、「うん、映画も観に行った。ママ、泣いてた」って言うのを聞いて、「ああ、妹も子どもに付き合い、子どもと一緒に感動してるんだ」って思いました。
何がいいたいのかうまく伝えられませんが、うん、いいことだ!って思ったんですよ~。

投稿: ぽんすけ | 2009年8月31日 (月) 11時51分

この記事へのコメントは終了しました。

« ウィルと清里へ(二日目・その1) | トップページ | 定食屋ぽんすけ・その1 »