« ウィルと清里へ(一日目・その2) | トップページ | ウィルと清里へ(二日目・その2) »

ウィルと清里へ(二日目・その1)

清里二日目にして旅行最終日(笑)。マッキントッシュさんの朝食はボリュームたっぷり、でも美味しくて「満腹~!」と言いながらきれいに全部平らげました。今までの旅行の朝食で多分一番の朝食だったです。朝食も手を抜かず、しっかり熱々、冷え冷えを出してくれます。ダイニングにカメラを持たずに行ってしまったことが悔やまれる~。マッキントッシュさんのホームページから朝食の写真をお借りします。
1 2

 こんな感じで新鮮フルーツも生野菜ももっとたくさん。
スパニッシュオムレツとピザトーストがとっても美味しかった。コーヒーもたっぷり。
 満腹になった後はウィルと裏の森へあささんして、帰ってきたら、奥様がビーグルさんたちを連れて外にいらっしゃったので、ビーグルたちの興味深いお話を聞くことが出来ました。私からしてみると「やっぱりそんなこともあるんだ~!」と大変に思うのに、大変と思っていらっしゃらないところが本当にすごいです。ちなみにビーグルを飼う前に飼っていた(奥様のご実家で)のが柴犬というところに勝手に親近感を抱いてしまいました。柴とビーグル、和と洋だけど、絶対に共通点があるんですよ!前日も萌木の村でプードルのママさんと立ち話をしたんだけど、そのママさんに「ビーグル、いいわねえ~、『The・犬』っで感じでねえ」って言われて「そうなんです、そうなんです」って!そうなんです、素朴で無骨で犬らしいんです(笑)。そこがいいんです!
 って、やたらビーグルの話になっちゃったけど、残念ながらマッキンさんのビーグルさんたちは犬舎ごしにしか撮れなかったのでした。
Photo 楽しく話をして、チェックアウト。ここは定宿決定です。

この日の予定はやっぱりこの近くでのんびりしようってことになってて、もう一度萌木の村へ。ぶらぶらしながら、昨日見きれなかったお店とか、思いを残して来たお店をもう一度見せてもらったり、森の中を散策したり。
Photo_3 Photo_4

森の中のメリーゴーラウンドの前で。
Photo_6 馬だけじゃなくて、色々な動物がいました。ダチョウまでいた。
Photo_7
そして、それから、車で2~3分のコート・ドゥ・ヴェール内にあるブルーグラス・フレンドパーク・ドッグランへ行きました。山並みを見渡しながら、人間も思う存分のんびりできるドッグランでした。レストランや評判のケーキ屋さん「清里マチス」もあって、いようと思えば一日でもいられそう。芝生がきれいで、ドッグランの外周はポニーの挽き馬のコースになっています。ヤギやうさぎもいますよ。
 ここでようやくウィルのいい遊び相手になってくれそうなウィルより一つ年上のクロラブちゃんに出会えました!ウィル、超ゴキゲン!最後まで私たちとこのクロラブちゃんたちだけの貸切状態で、激しくおっかけっこして走り回っていました。ドッグランはこうでなくちゃ(笑)。
Photo_8 Photo_9

Photo_10 ウィル、時々、馬に近寄っては吠えていました。明治神宮の乗馬クラブ前で馬を見たことはあるけど、こんなにそばによるのは初めてよね。
Photo_11 たっぷり一時間以上走り回っていたウィル。そういう姿をお日様と緑と風の中でのんびり見られて、私たちもすごく楽しかったです。
 この後、また萌木の村に戻り、軽い昼食(何しろ、朝食がボリュームたっぷりだったもんで)を食べて、村内にある「滝見の丘遊歩道」を散策することにしました。ウッドチップが足に優しい森の中の遊歩道を行くと、小高い丘に出て、千ケ滝を望むことができます。
Photo_12
Photo_14 (続く)

|

« ウィルと清里へ(一日目・その2) | トップページ | ウィルと清里へ(二日目・その2) »

おでかけ」カテゴリの記事

ウィル」カテゴリの記事

コメント

いいな~いいな~!おいしい朝食があるのがさらにすてきです。
そして、ビーグルがいるいる(笑)!!これは楽しいねえ。
ダーリンに話してみたけど、「おれはビーグルじゃなくグッディが好きなんだ」とか言っちゃって、マッキントッシュさんのサイトみようともしないんですよ・・・まったく。こうなったら食事で釣ろう(笑)

自然のなかで深呼吸いっぱいして、体の中の空気がきっと入れ替わったね~。続きもまだまだいいことありそうです♪

投稿: kero | 2009年8月28日 (金) 18時23分

清々しいなあ、清里って行ったことないの~
のんびり遊んでるみたいでいいですねぇ、続きが楽しみ。

投稿: Chicago Guy | 2009年8月29日 (土) 01時24分

keroさん
本当にここのお宿は手抜きなしのお食事が充実してましたよ~!
ダンナさまの言うこともすごくよくわかります。
私がビーグル好きになったのも、後付けだもの。
最初にウィルにビビビってきて、そして縁があってウィルをもらい受け、そうしてビーグルという犬種にも興味が湧いたってところです。
普段は都会暮らしだから、お休みの時はやっぱり自然の中がいい。
でも、厳しい自然じゃなくて、快適な自然(笑)。
やっぱり都会人です。


Chicago guyさん
長男くんの学校にゆかりの深い地ですよね。
さっき清泉寮のこと調べてたら、「西の魔女」のおばあちゃんのおうちはここから徒歩で10分ほどの森の中にあって、今年の夏も公開していたんだそうで。
事前調査してなかったからなあ、知ってたら行ったんだけど。
何しろ、記憶が頼りでガイドブックも持たず、宿の場所さえおぼろげにしか覚えておらず電話番号も控えてくるの忘れたという・・・。

投稿: ぽんすけ | 2009年8月29日 (土) 16時17分

この記事へのコメントは終了しました。

« ウィルと清里へ(一日目・その2) | トップページ | ウィルと清里へ(二日目・その2) »