« おいしいお菓子・神戸・水面の花 | トップページ | 秋じたく・ワクワク »

幸せな気分になる

Photo  「シネマ食堂(飯島奈美著)」を買いました。飯島奈美さんというのは映画「かもめ食堂」や「めがね」、間もなく公開される「プール」などの映画やCMで活躍するフードスタイリストさんだそうです。この本はご自分がかかわった映画だけではなく、古今東西の映画に出てくる魅力的な食卓シーンを飯島さんが再現した本です。もちろんレシピとしての実用性はありますが、カラフルでムーディーな食卓の写真と、その映画の思い出もあいまって、ただ見ているだけでも幸せな気分いっぱいになるおいしい本です。私は特に映画「かもめ食堂」が大好きです。原作本もすごく良かったです。オーソドックスで奇をてらわない、素朴で静かなたたずまいの食事の数々は、見ているだけで幸せになり、とってもおなかがすいて食べたくなってきます。
そのほかに最近読んだ(題名が似てるんですが)「食堂かたつむり(小川糸著)」もとってもおいしいにおいと、せつない味付けの本です。

シネマ食堂 Book シネマ食堂

著者:飯島奈美
販売元:朝日新聞出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

かもめ食堂 (幻冬舎文庫) Book かもめ食堂 (幻冬舎文庫)

著者:群 ようこ
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

食堂かたつむり Book 食堂かたつむり

著者:小川 糸
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« おいしいお菓子・神戸・水面の花 | トップページ | 秋じたく・ワクワク »

お気に入り」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

カモメ食堂は、私も大好きな映画です。
小林聡美さんがおにぎりを握る手のアップのシーンで、おにぎりがおいしそうに見えたこと、見えたこと。この映画での、特に食べ物のシーンでの無駄のない美しい動きを前面に出した映像に、男性のではとても作れない映画だと感じました。

投稿: ルナール父 | 2009年9月17日 (木) 22時06分

この本私も気になって、図書館に予約しました。
姉の誕生日にプレゼントしようかと思っています。
図書館は予約者が既に何人かいるので、まだすぐにはまわって来そうにないのですが、立ち読みしようかなーと思っていました。
うん、立ち読みしてこよう、今度happy02

「プール」も見に行くつもり。

投稿: ふくpi・おふう | 2009年9月17日 (木) 22時21分

みていて幸せになれる本、よいですね。

本の内容とは関係なく、食堂かたつむりは、「装丁買い」しちゃいそうだなあ、誰のだろうな?って思って調べてみたら、田辺聖子さんを多く手がけている大久保信子さんという方でした。手ぬぐい柄での装丁なんていうのもされているようで、作品をみたら「ああこれ!」って思う装丁がありました。http://www.yurindo.co.jp/izumi/back/20090820.html

ひとつの情報からいろいろなところにつながっていく・・というのを見つけるのが、最近のマイブームみたいだわ(笑)

投稿: kero | 2009年9月18日 (金) 13時46分

ルナール父さん
やっぱりお好きでしたか!
日本のソウルフード、おにぎり、本当にそうだよなあって思いました。
何もかもがおいしそうで、本当にムダのない手際よさ、生き方の潔さと柔軟さに憧れました。
オトコには作れないですか?
そうですね、あの映画はオンナのすてきさが満ちていると思います。


おふうさん
そうそう、おふうさん、大好きだよね。
私はおふうさんの絶賛を聞いて本を読んだんだもの。
三太が亡くなって行った去年の夏の旅行中だったわ~。
この本、発売日(だった思うんだ)前日に新聞の広告が載ってて、翌日本屋に買いに行ったのになくて、その後3日間通ったけどなくて、結局アマゾンで買いました。
レシピもいいよ~。俄然作りたくなるよ~(笑)。
そうそう、「ホノカアボーイ」もおふうさんに薦められて読んだけど、これもおいしそうな食事満載だったよね。


keroさん
さすがデザインには鋭いkeroさんですね!
書いていただいたウェブページを読みました。
田辺聖子の「私的生活」3部作は学生時代に読んで大好きだった本なんですよ(今も当時の文庫本があります)!
ここでも繋がってますね(笑)。
この「シネマ食堂」も食卓に映画に本にと全部連関しているところが、また魅力の一つなのです。

投稿: ぽんすけ | 2009年9月18日 (金) 14時13分

この記事へのコメントは終了しました。

« おいしいお菓子・神戸・水面の花 | トップページ | 秋じたく・ワクワク »