« 井の頭自然文化園 | トップページ | ウィルといると・・・ »

酉の市

 おととい12日の木曜日、一の酉の日、仕事を終えてから新宿花園神社の酉の市に出かけました。いつも熊手を買う商店から、毎年、酉の市の案内のはがきが来ます。
 一の酉ということで、混雑も予想よりずっとマシ。楽でした。
参道、境内は露店屋台がいっぱい。靖国通り沿いにも歌舞伎町の方までずら~っと露店がすき間なく並んでいて、それは壮観です。
 いいにおいにつられて、視線が泳ぎます。おいしそ~。熊手を買うなら、本当はさっさと食べておいた方が荷物がなくて身軽なんだけど、いつもあんまり露店を楽しむ余裕がないのよね~。いつも指くわえながら、においと眺めを楽しんで、早々に帰途に着く私たち・・・。
Photo まずは今までの熊手を納めに行きます。納大明神まであります。その裏手が古い熊手の山になっています。これもまた壮観です。
Photo_2 身軽になったら、まずは参拝。これはいつもながら、長蛇の列です。ガードマンの整理に従いながら、じっと待つのみ。でも、慣れてしまうと待つのもそんなに苦になりません。提灯のスポンサーを眺めながら、「いくら出してるんだろうね~」などと話ているうちにお参りの番がめぐってきます。Photo_3
神社の参拝が済んだら、いよいよ熊手を買いに、境内を歩きます。沢山の熊手のお店があって、初めてだと迷うと思います。
Photo_4 Photo_5いつもの商店にやって来ました。さて、ここから大きさと値段の交渉!
Photo_6 Photo_7

欲しい大きさの熊手の値段を聞くと、かなり予算オーバー(ここらへん、多分二の酉である程度の時間だと、最初からもっと安くするんじゃないかな)。こちらの予算を言うと、おじさんとおばさんがちょっと(うんと?)考えて、「よし、じゃその値段にして、1000円でも2000円でもいいからご祝儀つけていただくってことで行きましょう」という運びになります。ダンナは私の予想以上にご祝儀を弾んでしまい、結局はうちの予算とおじさんの最初の言い値のちょうど中間に落ち着きました。ま、ケチケチしすぎるのも、こういうのはね・・・。
 熊手が決まると、さらにあれこれ飾りや札をいっぱいくっつけて、豪華にしてくれます。
Photo_8 おばさんが、「はい、これ、おまけ」とくれた小さな熊手。
 支払いが終わると店の人総出、あと近くに立っている人を巻き込んで、拍子木を打ちながら皆でにぎやかな手締めをして、おしまいです。
 今年は買いに行けて本当によかったな~、と思う瞬間です。
 今年もいい熊手をゲットしました!年々大きな熊手にしたいけど、これ以上の大きさは小さなうちの店の定位置には飾れず、これが限界のサイズです~(予算も・苦笑)。
Photo_11 Photo_12
魅惑の屋台がいっぱいあるけど、熊手を持っての飲みはちょっと大変なので、結局うちに戻りました。

あ~、行けてよかった。ほっとした。

|

« 井の頭自然文化園 | トップページ | ウィルといると・・・ »

出来事あれこれ」カテゴリの記事

コメント

“手”が見えないほどの立派な熊手だね。
商売繁盛を願います!!
ちっちゃい熊手でいいからほしいなあ。普段は売ってないんかな?

投稿: Chicago Guy | 2009年11月14日 (土) 23時43分

Chicago guyさん
うちには限界の大きさ&値段です。
もともとうちは酉の市に行く習慣はなかったんだけど、いつの間にかそういう習慣ができました。
関西には酉の市はないんだってさ。
熊手ね、花園神社の熊手お守りも買ったけど(父と母へのおみやげ)、普段はあるものかどうかはう~ん、わからず。

投稿: ぽんすけ | 2009年11月15日 (日) 14時10分

すごい、にぎわってますね。
来年は景気回復して、商売繁盛になりますように。

投稿: らみい | 2009年11月15日 (日) 14時25分

らみいさん
賑わいはやっぱりいいですよね!
ほんと、景気回復、よろしく頼むぜ~って感じですよ~。
会社帰りのスーツ姿のおじさま方も結構目立ちます。
あと場所柄、あやしげな方々も(笑)。

投稿: ぽんすけ | 2009年11月15日 (日) 15時05分

この記事へのコメントは終了しました。

« 井の頭自然文化園 | トップページ | ウィルといると・・・ »