« 定食屋ぽんすけ | トップページ | うちの中で・思い出の流星 »

晩秋のバスケット・懐かしTV

金曜日の仕事で行った井の頭公園で拾ってきた落ち葉や松ぼっくり。
Photo まだ紅葉には少し早いけど、落ち葉は錦。拾わずにはいられない私。
 夏の清里で拾った松ぼっくり、秋の入口にウィルとのさんぽで拾ったどんぐりや桜の葉っぱと一緒にまた飾りました。
 晩秋の色のバスケット。四季があるっていいなと思います。Photo_2

この前のN響アワーは番組放送30周年と教育テレビ50周年を記念した公開録画だった。前半は昭和38年以来放送が続くNHK大河ドラマのテーマ曲の特集。特集っていっても、全48作ある中で演奏されたのはごくわずかだけど、とっても懐かしく、全部は理解できないながらも、何とか筋を追い、それなりに楽しみに観ていた子どもの頃を思い出して、感慨にふけってしまった。演奏された曲の中でも、特に「赤穂浪士」(昭和39年だから、まだ生まれていないけど、曲だけは覚えている~)、「花神」(昭和52年)、「独眼竜政宗」(昭和62年)は超感動した!!特に「花神」は子供心に特にとても面白く観ていたが、イントロからしてドラマチック、大海原を思わせるたおやかなメロディーで、今でもほぼ口ずさめた。最近は大河だけじゃなくて、ドラマ自体(TVの視聴時間も)ほとんど観なくなってしまったが、やはり昭和はTV全盛の時代だったなあと思います。

|

« 定食屋ぽんすけ | トップページ | うちの中で・思い出の流星 »

お気に入り」カテゴリの記事

野花」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

秋がいっぱいだ~!!
そうそう!ぽんすけさんの写真につられて、日曜日に井の頭公園に行ったのよ~!報告忘れてました・・・。なんだか疲れていたので長い時間はいなかったんだけどね。もったいなかったな~

大河ドラマといえば唯一「黄金の日々」というタイトルを思い出すのでした。もう、誰が出ていたどんなドラマかも思い出せないけど、テーマ音楽はドラマティックだったなあと、ストーリーよりは覚えてるような・・・。松本幸四郎だっけなあ?最近「思い出す力」がほんと、弱いよぉ・・・

投稿: kero | 2009年11月17日 (火) 17時46分

すっかり秋!だね。家と職場の往復だけだと
なかなか季節のうつろいを感じられないのよね。
ぽんすけさんいいな。
お食事の写真にもバスケットがしっかり写っていて、
ランチも気合入ってるう!

大河ドラマは生涯見た事がないの・・・。

投稿: Chicago Guy | 2009年11月17日 (火) 20時14分

私もみてました~!

そして、「赤穂浪士」、私も生まれてなかったけど(←強調するなって!)何かの時に一度聞いて以来、忘れられないメロディー。
同じパターンの繰り返しで、転調を重ねながら盛り上がっていく音楽は、ボレロか、火星か、赤穂浪士か、、、なんてね。

池辺先生も、ただのダジャレ親父か、小難しい現代音楽ばっかり作ってるのかと思ったら、ずいぶんポピュラーなメロディーも作ってるのね。「黄金の日々」が大河デビューだったとは。
あの作品は、ドラマも音楽も大好きで、今スカパーでやってて、たまに見てますが、一番印象に残っているメロディーで、久々にみても、ちゃんと最後まで口ずさめました。
(keroさん、突然失礼します。正解です。正確には、染五郎時代の幸四郎です。歴史上の英雄じゃなくて、堺の街の、商人が主人公でした)

そして、やっぱり、ここ20年で見たのは2,3本?というぐらい、全然、見なくなりました。日曜の8時にテレビの前にいるような生活じゃなくなったからか、つまらなくなったからか、、。


秋のバスケット、素敵ですね。
木の実って、なんか「秋」って感じがして、可愛いけど、切ないような気分になります。


投稿: ヘッジホッグ | 2009年11月17日 (火) 23時27分

keroさん
昔のことを懐かしむ私の方がずっと衰えています(笑)。
日曜日、お天気がとっても良かったから、keroさんきっと井の頭行ってるなって思っていたんだよ。
この落ち葉たちは帰りがけ、足元見ながら、拾いながら、動いていました(笑)。
ちょっとお疲れモードの時はたまにはあまり動かず(笑)、少しおうちでのんびりしてみてくださいね。
「黄金の日々」は、私の中でも多分一番よく覚えているドラマです。
「すけざ」と「五右衛門」!
曲ももちろんしかと覚えております~。


Chicago guyさん
本当にあっという間に11月も後半だよ~!
晩秋も晩秋って感じですね。
季節感じるためにはほんのちょこっと視線を変えたり、ほんとにちょこっと行動を変えたりすればあっちこっちで見つかるよ~。
きっと今はChicago guyさん、とってもいそがし過ぎるんだね。
そういうときもあるよ~、あんまり無理しないでね。
大河ドラマ、見ない家はきっと見なかったんだね。
うちはジジババとともにTVが娯楽の中心にあったからね(笑)。
大河ドラマ見るのもほとんど「習慣」だったから・・・。


ヘッジホックさん
観てましたか~。
ワタシ的にはもっともっとテーマ曲を聴きたかったです。
ドラマのオープニングを飾るだけに、どれもギュギュっと濃厚で、作曲家の先生渾身の3分間、って感じですよね。
池辺さん、ちょっと見ないうちになんか年とった感じがしましたよ。
ほんと、平成になってからはとんと見なくなってしまいました。
継続して見るのが、苦痛になってきてしまった・・・。
昨日の日記書くのでちょっと調べたら、全話ビデオが残っているのは「黄金の日々」以降で、それ以前のものは不完全なカタチでしか残っていないそうです。
かなりびっくりしました。
すごくもったいないと思います。

投稿: ぽんすけ | 2009年11月18日 (水) 11時34分

↑ヘッジホッグさん、ぽんすけさん、情報ありがとうございます!
 (でもって、井の頭公園行き、バレてましたかw)

幸四郎時代の染五郎であってたんですねー!武家ではなく町人が主人公と言うあたり、今でも食指が動きそう(笑)なんでこれだけ観てたんだか記憶にありません・・・ルソン島とかにわたるやつですよね??

そして、これ以降しかビデオが残ってない!?びっくりです。。。

投稿: kero | 2009年11月18日 (水) 17時18分

keroさん、コメントを見てくださった皆様
もう一度ウィキペディアで大河の保存状況の項目をみてみたら、もっとビミョウでした。
運良く全話発見されて発売されたものもあるみたい。
いずれにしても、まともに保存され始めたのは1980年以降のようで、それ以前は高価だったビデオは使いまわすのが当たり前のことだったんですって。
ちょっと前のこと(じゃないか・・・もう・・・)だけど、ほんと前時代的だったのですね。

投稿: ぽんすけ | 2009年11月18日 (水) 17時44分

出遅れましたが。私は録画したのを今日見てます。
「独眼竜」が懐かしかった。音楽にオンドマルトノが使われてるなんて知らなかったです~。池辺さん、おしゃれなことしてますね。

私は最近の大河では「新選組!」だけ見てました。
「新選組!」の指揮はアシュケナージだったんですよ~。

投稿: ふくpi・おふう | 2009年11月18日 (水) 20時38分

おふうさん
「オンドマルトノ」って不思議な音よね。
異世界に引き込まれる音って感じ。
以前のN響アワーでも、「滅多に使われない楽器特集」みたいなので、出てきたことあったかな(その時はまだ池辺さんが司会だったかも)。
「新撰組!」、慎吾ちゃんが出てたやつだよね、本編は一度も見ていないと思うわ。
アシュケナージが指揮だったなんて、今更聴きたいです!!

投稿: ぽんすけ | 2009年11月19日 (木) 14時06分

この記事へのコメントは終了しました。

« 定食屋ぽんすけ | トップページ | うちの中で・思い出の流星 »