« チェロを聴きに | トップページ | 赤まんまの一輪挿し »

新宿御苑で

 本日の仕事場は新宿御苑でした。日中はたっぷりの日差し(顔、日に焼けた・・・)で、日なたはとても暑かった。明日は立冬だというのに!お天気もよく、ちょうど今月15日まで毎年この時期恒例の菊花壇展をやっているので、陣取っていた日本庭園あたりはお客さんがとても多く(シニア層パワーみなぎる!って感じです)賑わっていました。今年は天皇在位20年記念ということで、いつもより企画が多いみたいです。疲れたのか私には珍しく非常に甘いものが恋しく、売店や茶店で売っていたオリジナルの菊最中(5個1300円)や栗どらやき(5個1200円・菊の焼印入り)が目の毒でした~。園内はそろそろ桜の紅葉なども始まっていて、どんぐりもたくさんあって、秋の風情が漂っていました。空気が美味しかったな。新宿の繁華街に近いのに、ここはまったく別世界です。今日は手一杯だったので、風景や植物の写真はほとんど撮れず、ひたすら走り回っていて、疲れました。ここしばらく休日が取れないのですが、ぼちぼちがんばりますわ。
1 2 3 Photo 最後の赤い実は鳥のごちそう、ウメモドキです。

|

« チェロを聴きに | トップページ | 赤まんまの一輪挿し »

出来事あれこれ」カテゴリの記事

野花」カテゴリの記事

コメント

立派な菊の花が並んで壮観だね~。
以前この時期に御苑に行ったことを思い出しました。
ちょっと盛りを過ぎていたけど、顔くらいの大きさの菊花、すごかった!
お仕事だったのねえ。確かに今日は暑いくらいでしたね。
オツカレサマでした。ウィル君に癒されながら、ちょこっと息いれつつ、ね!たまにはアルコールじゃない甘いもの摂ってね。

投稿: kero | 2009年11月 6日 (金) 16時55分

娘がおなかの中にいた秋に新宿御苑の菊を見に行きました。

私が小学校5、6年のときの担任が菊作りの名人で、6年生は全員が菊作りをしたの。
「大芳桃月」という種類の大輪を咲かせたのでした。
まさにその菊に新宿御苑で再会して感動したのをまた思い出しました。。

投稿: ふくpi・おふう | 2009年11月 6日 (金) 21時08分

keroさん
代々木公園とはまた別な良さがあるよね、ここって。
木々のお手入れの大変さを考えると200円の入園料は安い!と思います。
本当はお茶席でお茶飲みながら、甘いものでも食べてほっこりしたかったな~、なんて贅沢だね(笑)。
昨日は朝は寒かったけど、今朝は朝からあったかいね。
本当に11月?って感じだよね。
そうなのよね、甘いもの食べるならビールって人間だから、私って。
性懲りもせず(苦笑)。


おふうさん
今は高校生でボーイフレンドまでできちゃったお嬢さんが、まだおなかの中にいた時。
思い出とともに思い出される公園なんだね。
すごくいいわ!
ああいう菊は本当に「菊作り」っていう言葉がぴったりとくる仕事だと思います。
手塩にかける、という感じですね。
そういうユニークな先生が私たちの子どもの頃には結構いたよね。
私の5・6年の担任もすごくすごくユニークな水兵さん先生でした。
そう、今では考えられない授業や学級運営が認められていた時代でした。

投稿: ぽんすけ | 2009年11月 7日 (土) 11時31分

この記事へのコメントは終了しました。

« チェロを聴きに | トップページ | 赤まんまの一輪挿し »