« 霜も溶けない寒さだった | トップページ | クリスマス、おめでとう »

白菜漬け

この前の日曜日(20日)の夜、白菜を漬けてみた。
Photo 前日の夜にホームセンターで白菜を1株漬けるのにちょうどよい一番小さい漬物樽(6リットル)298円、押し蓋88円、重石(2.5キロ・580円と1キロ・550円)を買っておいてみた。漬物初挑戦でも、樽のラベルにあらかたの材料の量や適量の樽や重石についてのガイドが親切に書いてあるから参考になる。意外に安く買えてうれしい♪
 白菜は3キロ以上あったので、ちょこっとだけ料理用に残して、4分の3(2キロくらい)を漬けてみることに。その他、白菜の重さの3~4%の塩、好みで昆布や鷹の爪や柚子なんかを用意。私は食べる時に柚子をトッピングするのが好きなので、この段階では柚子は入れず、鷹の爪2本と出汁用の切り出し昆布を1枚(半分に切った)を入れてみた。お天気で乾燥していた日曜日の一日、縦4分の1に割った白菜を天日干しした。こうすると甘さが出ておいしくなるらしい。白菜もちょっと乾いて葉っぱの間が開いて塩をまぶしやすくもなる。
Photo_3  そして夜、いよいよ漬けてみた。私は4%弱の塩気にしてみた。白菜の葉っぱの間にまんべんなく塩を振って、樽になるべく均等に隙間なく並べる。上から残りの塩を振って、押し蓋を乗せ、さらに2.5キロの重石(漬け始めは白菜の重量と同量~1.5倍の重石、漬かり終わりは白菜の重量の半分の重石に)を乗せ、蓋する(この樽に適した蓋がお店で在庫切れだったので、うちはビニールで覆った)。量が少ないから、ほんと拍子抜けするくらい簡単ですぐ終わる。ベランダの日の当たらないところに置く。

日ごとだんだんに水が上がってくる。毎朝アドヴェントカレンダーの窓明けとともに、月曜日から毎朝変化を見るの楽しみ。3日目の今朝、とうとう白菜を覆うくらいの水が上がった。
3_2 こうなったらもう食べられるけど、もうちょっと熟成を待つのじゃ。週末あたりに様子をみて味見してみようと思います。おいしくなれ~!

|

« 霜も溶けない寒さだった | トップページ | クリスマス、おめでとう »

ごはん」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してました。
白菜がおいしそうに漬かったね~うまい、上手いhappy01
いいおかみさんですな。
えらいゾ。
子供みたいにカレンダーをめくって樽を覗いてってとこが
おもしろいデス。

投稿: Chicago Guy | 2009年12月23日 (水) 21時10分

ひさびさにお邪魔したら、充実の年の瀬ですね。

白菜、おいしそう!結構短い時間でつかるんですね。やってみようかな。
お陽さまに干すっていうのは、ポイントですね。この前、残った大根、一口大に切って、一日干して、甘醤油につけたら、たくあん風即席漬けができました。やっぱり、お陽さまの恵みは偉大です。

お味のご報告を楽しみにしてます!!

投稿: ヘッジホッグ | 2009年12月24日 (木) 01時02分

Chicago guyさん
いらっしゃ~い、元気だった(笑)?
ほんと、どんどん定食屋のおっかさんになっていく私・・・。
DASH村とか見ながら、昔の人の知恵ってすごいなって思います。
いつか田舎暮らしができたらなあって(遠い目・・・)。
カレンダーはとうとう今朝全部の窓が開きました~!!
クリスマスだね~!!


ヘッジホックさん
ヘッジホックさんの干し柿、ちょうどいい時に吊るされましたね!!
寒くて乾いていて、きっとおいしい干し柿になっているでしょうね!
そして、大根の即席漬けもおいしそうです。
私も今度やってみよう!
白菜漬け、子どもの頃から好きで、うちで作らなくなってから、冬はスーパーや生協で買ったものを出してたけど、買ったものはやっぱり全然違うんですよね・・・。
ダンナの実家で漬けたものや知り合いのおばちゃんが漬けてくれたものはやっぱり美味しいの。
出来合いのものは早く大量に作る為にかなり不自然に急いで作るんでしょうが、手作りは時間をちゃんとかけて待ってあげて、素材の味や自然の変化が存分に楽しめるんですよね。

投稿: ぽんすけ | 2009年12月24日 (木) 13時49分

この記事へのコメントは終了しました。

« 霜も溶けない寒さだった | トップページ | クリスマス、おめでとう »