« X'maro2009&乾杯 | トップページ | 定食屋ぽんすけ »

歳末大忙し・白菜を干す

歳末大売出しなら歓迎だけど、歳末大忙し・・・。本日はうちのジジババの年賀状印刷してやった・・・。やたら付き合いの多い父の分が大半を占めるけど、私たちの分も合わせると650枚以上だよ・・・。まったくさ~。でも、やらずにはいられないの。ようやく終わった。ひとまず大きな仕事も終わってほっとした。
今日は店の予約がなかったから、本当はのんびりしたかったのだけど。どこまでも貧乏性、ドタバタなのね。

ここのところ、冷え込みが強く、天気も安定しているので、かねてからやってみたいなと思っていた白菜漬けを作ってみようと動き出しました。生協で注文した「小玉白菜」、届いたのは小玉とはいえない大玉サイズだったこともあって、ついに機が熟した、やってみようかなって。今朝、下準備として白菜を干しました。今夜小さめの樽に塩漬けようと思います。わくわく。

|

« X'maro2009&乾杯 | トップページ | 定食屋ぽんすけ »

ごはん」カテゴリの記事

出来事あれこれ」カテゴリの記事

コメント

ご両親のぶんまでの年賀状作成・・・おつかれさま!
そういうわたし、まだ全然とりかかっていない・・・はあ・・・。

白菜漬けるのね!うちの実家は祖母が漬けていたのを、なぜか父が継いで毎年漬けてます。大根の千枚漬け(甘酢の)もね。それが必ず食卓にあって、最後に軽くゴハンをお替りしてお茶漬けで食べるのが好きだったなあ。

ぽんすけさんちの食卓みていると、いつも自家製の漬物があって、ほんとうらやましいの~さらに白菜も登場!いつか乱入したいです(笑)

投稿: kero | 2009年12月21日 (月) 12時06分

keroさん
keroさんのうちもお父さんが漬けるのね!ダンナの実家もなぜかお義父さん(笑)。
おばあちゃんが生きていた頃は冬の食卓には自家製の白菜漬け(たまにはたくあんもあったな)はなくてはならないものだったわ。
木の樽にどかんと漬けてた。
しっかりと漬かってくると漬け汁は臭いし、何か浮いてくるし、だから自分で樽から出したことはなかった、おばあちゃんと母の聖域だったね。
私は浅漬けよりも、よく漬かって色も変わって酸っぱくなったものの方が好きです。
それがあれば、ご飯は2杯いけます(笑)。
外で買う白菜漬けはうちで漬けるのもとは別物で、特にあの古漬けの酸っぱさは到底味わえないので、ずっと自家製を食べたかったのよね。
家族が大勢の時は漬ける量もハンパじゃなかったし、最近は冬もあったかいしで「あれは自分では無理」と思っていたけど、ちょっとでもいいわけだし、ちょっとだからこそ、漬かってきて暖冬ですぐ味が変わりそうなら冷蔵庫に入れちゃえばいいわけだし。
夫婦ふたりなので、1株の4分の3(2キロ)漬けてみたよ。
ぬか漬、らっきょう、白菜漬けといつの間にか自家製の漬物のレパートリーが増えました。
「漬かるまで待つ」楽しさがわかるようにもなってきた。
ハードルが高そうにみえても、実際やってみると昔からおばあちゃんやお母さんが日常的にやってきたことだけにカンタンだし、市販のものより絶対においしいし、安いし、いいコト尽くめだよ。
ぬか床もしっかり元気ですよ!

投稿: ぽんすけ | 2009年12月21日 (月) 13時56分

この記事へのコメントは終了しました。

« X'maro2009&乾杯 | トップページ | 定食屋ぽんすけ »