« 枝垂梅 | トップページ | ミモザの花 »

ルーマニア料理

珍しく外食に出た。ランチだけど。前から一度入ってみようと思っていたルーマニア料理のお店。
 ランチは1,000円のコース。1,000円でも、スープ、サラダ、メイン、パンかライス、デザート、ドリンク(セルフサービスで何杯でもOK)なのだから、お得。
Photo_5 まずはスープとサラダ。スープはたっぷりのボウルに入ってます。刻んだ野菜がどっさり。柔らかくほろほろに骨から外れる鶏の手羽も一本入っていました。ミネストローネみたいな感じで、あっさり、美味しい。自分で作る味と似てました。サラダはこれもいろんな野菜を刻んでドレッシングで和えてあります。コールスローみたいな感じ。
Photo_6 メインは4種類から選べました。ダンナは一番人気っぽい岩塩とハーブで味付けした豚肉のローストにたっぷりのマッシュポテトが添えられたもの。私も同じじゃつまらないので、豚肉と牛肉のトマト煮こみを頼みました。ガーリックがきいてて、美味しい。ご飯がすすむ味付けでした。煮込みに添えられている一見蒸かし芋に見える白い物体。食べてみると、マッシュポテトのゼリー寄せのような感じ。ぷにゅぷにゅ柔らかくて、薄味。後で「これは何ですか?」と聞いてみたら、「ママリーガ」という料理で、とうもろこしの粉をミルクなどで練って蒸したものらしい。ルーマニアの人たちはご飯やパンの代わりに煮込み料理やお肉料理に添えて、料理と混ぜて食べるそうです。
Photo_7
小さなデザート付き。多分ココナツみたいなものが練りこんであって、もちもちした食感の焼き菓子。粉砂糖とシナモンがかかっている。たくさんは食べられない感じだから、これくらいがうれしいサイズ。
 ドリンクはテーブルに10種類近く乗っていて、セルフでおかわり自由。ルーマニアのハーブティーやコーヒーを飲みました。お茶はちょっと不思議な味。「足が細くなる」って書いてあったから、飲んでみました(笑)。
 店内はルーマニアの民芸品などが飾られていて、落ち着きます。結構混みました。
Photo_9 ルーマニア料理はとても素直な味付けで、日本人の口にも合うと思います(日本人の口に合うように作っているのかな?) 。野菜がたっぷりの肉料理で、バランスがいいと思う。これで税込み1,000円。満足感がありました。週末のプチ贅沢でした。

   restaurant レストラン ルーマニア restaurant

|

« 枝垂梅 | トップページ | ミモザの花 »

お外ごはん」カテゴリの記事

コメント

携帯で最初にみた画面のより、さらにおいしそう・・・
私、ロシア料理を食べに行ったのと、赤いスープがなんだか似てるかもって思いました~

ランチって、お店の雰囲気がわかるし、何よりおトクで大好きです!
ルーマニア料理って食べたことないし、気軽にランチ、ぜひ行きたい!

投稿: kero | 2010年2月22日 (月) 16時22分

keroさん
私、ケチだし(第一、裕福とは言えない台所事情があるから)、仕事の形態からいって自炊が一番自然なので「定食屋」やってますが、たまにこうやって外に新しい刺激を求めるのは、やっぱり楽しいなって思いました。
ランチならお酒も飲めないし(笑)、安くて助かります。
今年は月に一度くらいは、ファーストフードじゃないお店のランチを選んで食べに行くのを新たな楽しみにしようかな、と計画しています(もちろん1,000円くらいまでね~・笑)。
せっかく住んでいるこの土地のお店(そもそもここらはそんなにお店ないので)、知らないのはさびしいなと。
次の場所はもうめっけた(笑)。
近くにお立ち寄りの際は是非ご連絡を!
ゴハン、食べましょう!!

投稿: ぽんすけ | 2010年2月22日 (月) 17時00分

この記事へのコメントは終了しました。

« 枝垂梅 | トップページ | ミモザの花 »