« 音楽堂 | トップページ | ラブレター »

写真展さんぽ・続き

日曜日のお雛様(大内人形)を買いに行ったさんぽの続きです。

Photo お雛様を買いに行く前にお昼を食べに行きました。日本橋の駅の改札を出るとすぐに丸善があったので、ずっと「食べてみたい」と思っていた「早矢仕ライス(ハヤシライス)」を食べることに即刻決まりました。ハヤシライスの生みの親は丸善創業者の早矢仕有的(はやしゆうてき)とも言われています。商社を経営していてハイカラだった有的が友人たちにあり合せの肉や野菜をごった煮にして、ご飯に添えてふるまったのが評判となって、レストランでも供されるようになったとのこと。近年丸善はモダンな建物に建て替えてしまったけど、以前の丸善ビルの屋上にあった「ゴルファーズスナック」という小さなレストランで人気のメニューだったのでした。本当はその「ゴルファーズスナック」で食べたかったんだけどね~。ゴルファーズスナックはなくなってしまったけど、丸善のカフェで食べられます。でも、きっと昔よりちょっとよそゆき顔(笑)。ハヤシライスは最初ちょっと甘めかな?と思ったけど、食べ進めるうちに何だかやみつきになる味付けでした。見た目は黒っぽいデミグラスソース色だけど、トマトの味がします。ぺろっと入りました(笑)。・・・うちの手間のかからない簡単ハヤシライスの勝ち!かな(笑)。でも、これはこれでとってもおいしゅうございました。

Photo_3 その後、大内人形を買って、今度は恵比寿ガーデンプレイスにある東京都写真美術館へ「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン~東洋と西洋のまなざし」(2/7終了)を観に行きました。最終日とあって、会場はかなりの混雑でした。写真のファンって多いんだな、って思いました。それも老若男女、幅広く。同じライカで同じ場所を撮っても、捉え方はふたりとも違う。その違いの面白さを堪能しました。体温やにおい、人間臭さを感じる木村と、デザイン的で音の聞こえるようなカルティエ=ブレッソン。そして、面白かったのは、ふたりのコンタクトシート(ベタ焼き)の展示です。撮影したフィルムをそのまま現像したコンタクトシートはふたりの目の動き、関心の動きがそのままわかります。そうしたたくさんの写真の中から、作品とするものを選んで伸ばすわけですが、これまたなぜこのショット?という感じ。これがベスト!とするのも作家によって違うものです。だから、いいんですね!これは面白かったです。

Photo_2
恵比寿を後に、今度は新宿へ。父の写真展を観に行きました。これは恥ずかしいから、感想はパスです。父なりに一生懸命作品を作っているんだ、といつも思います。そういう姿勢は見習うべきところがいっぱいあります。これからも自分の好きな風景を撮っていてほしいなと思います。
Photo_4 2

歩き疲れたのでお茶しました。おなじみの中村屋の「マ・シェーズ」で、この時期には楽しみにして食べる苺パフェを食べました。ダンナはコーヒー(タダ券を持ってた!)とショートケーキ。
Photo_5 Photo_6
あ~、美味しい!満足、満足!!そうして、ウィルの待つ我が家へ戻りました。以上、休日のちょっと贅沢な半日さんぽでした。

|

« 音楽堂 | トップページ | ラブレター »

お外ごはん」カテゴリの記事

出来事あれこれ」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

コメント

美術展(写真展)みて、ランチして、買い物して、ちょっとお茶して。
久しぶりにデートができたのね~♪何よりでした~!
食事も、かなりの充実ぶりよね(笑)たまにはいいのだ~!!
ハヤシライスのエピソードは、いつか缶詰のをいただいたときに説明書きがしてたったので印象に残ってるわ。丸善=ハヤシライスって、ちょっとフシギな組み合わせですよね~。

投稿: kero | 2010年2月12日 (金) 14時26分

keroさん
ハヤシライスの缶詰のポスター、丸善の中でも見かけました。
私は丸善って本よりハヤシライスのイメージが強くて(笑)。
地下の文房具売り場や書籍売り場も欲しいもの目白押しっぽかったのですが、とりあえずようやく念願の元祖?が食べられて、うれしかったです。
そうですね、なんか、デートっぽいさんぽコースですね~(笑)。
贅沢といってもなんたって夫婦ふたりだけにしてはとってもささやかなものですが(笑)、普段はあまりしなくなってしまった行動をとるのは、やっぱりちょっと非日常で楽しいものですねえ。

投稿: ぽんすけ | 2010年2月13日 (土) 11時21分

この記事へのコメントは終了しました。

« 音楽堂 | トップページ | ラブレター »