« 箱根家族旅行・その3 | トップページ | まんさくの花・春の気配 »

箱根家族旅行・その4

 芦ノ湖を後にして、小田原へ。たしか旅行前々日の夕刊で、たまたま紹介されていた梅の穴場「小田原フラワーガーデン」に行きました。梅林をわんこと一緒に歩けて、芝生の上でゴロゴロもできる、しかも無料。そしてマイナー。私たちを呼んでいました(笑)。小田原中心部からだいぶ離れた丘の上にあって、たどり着くまでには徒歩や自転車では相当きつそうな急な坂をかなりの距離登らなきゃならないのが、穴場たる所以なのでしょうか(とはいえ、小田原駅からフラワーガーデン前で停まってくれるバスもちゃんとあります)。1 Photo 1_2 Photo_2 Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_8
2_2  土曜日だったけど、花見客はぽつぽついるくらい。ここらへんで梅をみようと思ったら、メジャーな熱海梅園や湯河原や曽我の梅林に行っちゃいますよね。園内は小さな渓流が流れていて、渓流沿いに色々な種類の梅が咲いていました。本当に夢の世界に遊びに行ったみたいでした。あいにくの曇り空で、芝生でのんびりごろごろはしなかったけど、晴れた日に梅の花咲く木の下でお弁当食べられたら最高だっただろうなあ。

ウィルの疲れを考えて、この梅林を最後に、途中海老名SAでおみやげを物色したりしながら、家路に着きました。自宅に戻ったのはまだ4時過ぎ(笑)。なんとも、かわいい旅行です。でも、こんな風に腹八分目というか七分目くらいもいいものだ、と思います。昔はせっかく待ちに待った旅にでかけられたのだから、と、深夜ギリギリまで「もっともっと!」と遊んで帰ったけど、夕方早々に帰宅しても、「これでもう充分楽しんだ」と心の底から思えるなんて、変われば変わるもんだなあと思いました。家に帰ってから、楽しかった思い出を振り返りながら、旅の荷物を片付けたり、洗濯したり、帰り道で買ったおみやげで夕飯にしたり、うちに帰って心底安心して寝こけているウィルの寝顔を見て喜んだり、楽しい夕べでした。

楽しかった小さな小さな旅の記録でした。

|

« 箱根家族旅行・その3 | トップページ | まんさくの花・春の気配 »

おでかけ」カテゴリの記事

ウィル」カテゴリの記事

出来事あれこれ」カテゴリの記事

野花」カテゴリの記事

コメント

すごいね~!梅に囲まれてますねえ。ウィルくん、鼻ひくひく状態だね!「桃源郷」ってことばが浮かんだけど、ここは「桃」じゃなくて「梅」だわね♪
それにしても、夕刊で紹介された直後の週末だというのに、なんで人がいないの!?のんびりできてよかったですねー。
ゆったりしたスケジュール、私も最近同様です。早く帰宅するほうが体も楽だものねー。欲張りすぎると疲れちゃうし~なんて。同年代共通の心境なのかなあ(笑)

投稿: kero | 2010年3月 5日 (金) 17時50分

keroさん
keroさんもグッディがやってきて、ライフスタイル、変わったでしょ(笑)。
若い頃は本当に貪欲だったけど、今はほどほどがいい。
余力を残しておくくらいがちょうどいいですよね。
でも、さらに年をとるとまた貪欲になるのかも。
父や母が精力的に(仕事とか家事じゃないんだけどね・笑)動いているのをみて、「疲れるだろうによくやるなあ」って舌を巻くもの(笑)。
フラワーパークは本当に穴場でした。
あのまま穴場であってほしい(笑)。

投稿: ぽんすけ | 2010年3月 5日 (金) 18時19分

この記事へのコメントは終了しました。

« 箱根家族旅行・その3 | トップページ | まんさくの花・春の気配 »