« 熱狂の夜 | トップページ | 見ているこっちが幸せ »

帰省

 日にちが前後するけれど、5月2日(八十八夜だった)に、ダンナの実家へ日帰りで帰った。行きの高速は大渋滞で、すいていれば1時間半くらいでつくところ、倍の時間かかった。PAはどこも大混雑しているので、寄り道の楽しみもなく、トイレをガマンするのが辛かった(笑)。まず、お義父さんが入院している病院へお見舞いに。しかしお義父さんがよく眠っていたので、起こすのにしのびなく、実家に行ってから出直すことに。おかあさんは先日会った時より、ずっと元気そうになっていた。あのときはげっそり痩せてしまって、おとうさんよりおかあさんが心配だったけど、落ち着いたみたいでほっとした。実家の庭や畑は花盛りでとってもきれいだった。
Photo Photo_2

Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8

 そのうち実家におとうさんの妹、おかあさんのおねえさん夫婦&息子、おかあさんの妹がやってきて、てんやわんや。久しぶりにたくさんの親戚と会って、私はエネルギーを吸い取られた。
 にぎやかなご一行様が帰ってからは、本家にお線香をあげにいくことに。ここは早々に辞して、今度は病院へおとうさんのお見舞い。おとうさんも元気そうでほっとした。夕飯の時間だったので、糖尿病の病院食をみたけど、なかなかおいしそうだった。私が以前子宮筋腫手術で入院した大学病院の食事の内容はかなり辛かった(おなかを切ったので、おもゆから始まったから余計に)。でも、ここの病院の食事は評判がいいそうだ。同室の患者さんたちの中にはいくつかの病院の入院経験のある人がいて、「ここのは家のごはんとそんなに変わらないんだよ」と喜んでいた。うちに至ってはお料理が苦手なおかあさんの料理より充実しているので、おとうさんは「ごはんがデラックスだよ」と喜んでいる(笑)。この日の夕食はたっぷりの野菜とお肉の炒め物、お麩ときゅうりの酢の物、のりの佃煮、ごはん、小ぶりのバナナ1本。一日分のカロリーは1600キロカロリー。
 病院からもう一度実家に戻り、おかあさんを連れてごはんを食べに行こうと画策していたのだけど、結局うちにある残り物整理で終わった・・・。
 帰り道は疲れて、まったく会話がなかった。渋滞は予想していたより解消していたので、スムーズに家に帰れた。予定では7日におとうさんは退院することになっているけれど、場合によってはもうしばらく病院で様子をみることもありうる。

GWも今日で終わり。2日の帰省と、3日夜の私の音楽三昧が大きなイベントだった。あとは大物や冬物の洗濯たっぷりと、衣替えができてよかった。昨日は上京していたいとことも会いました。4月29日から1日は通常営業、4日と5日は午前中店の予約が入っていたので、普段の生活と大きく違うことはなかったけど、それでもずっとお天気がよかったし、仕事をしぼったので、休日気分を楽しみました。しかし、お金使ってないな(笑)。今日の予約仕事も終わった今、午後、最後の休みをどう過ごそうかなとぼんやり考えています。できたら、ドッグランに行きたいな。子供の日だし(笑)。でも、うちでゴロゴロして終わるかもしれません(笑)。

|

« 熱狂の夜 | トップページ | 見ているこっちが幸せ »

出来事あれこれ」カテゴリの記事

野花」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。