« 至福のひと時 | トップページ | 江の島さんぽ »

鵠沼海岸から江の島へ

 昨日は朝からダンナが毎年この時期に行く鵠沼海岸での仕事がありました。1時半には仕事が終わるので、思い立って、私もその頃にダンナと落ち合えるように、鵠沼海岸へ出かけてみました。そうです、リフレッシュです~。このところ、ダンナとやたらケンカしてばかり、私のマグマが噴火してばかり。私、ちょっと限界に達しておりました。こんな風にきっかけができた時にすぱっと出かけられるように仕事もがんばっておいたし、ここは思い切って出かけるべし。
 朝一でウィルを病院に連れて行ってから(一度はよくなって目薬を切ったものの、また目やにや充血があるので、目薬を再開しており、念のため。来週明けにまた受診)、11時過ぎの小田急線急行に乗って藤沢で各停に乗り換え、12時過ぎには鵠沼海岸へ。初めて降り立つ駅です。海岸からは距離があるようで、潮の香りもせず、ごく普通の小さなひなびた駅でした。
 とりあえず、お昼を。駅前の地味目な商店街でお弁当でも買って、ダンナの仕事振りを遠くで眺めながら海岸で食べようと考えていたので、商店街を物色。
Photo

昔ながらの感じの八百屋さんの店先でひときわゴロゴロと目立っていたかぼちゃ。よく見ると「くげぬま南瓜」と書いてありました。ふむふむ、ここらへんの名産なのね。
Photo_2
Photo_3
何十年か前にタイムスリップしたような理髪店。お店のおばちゃんが店の中でイスに座って暇そうにゆっくりゆっくりうちわを扇いでいました。時間の流れがゆっくりしてるね。私も暇であることにびくびくせずに、こんな風に大らかに時間を過ごせるようになりたいです。それにはやっぱりもう少し年季と努力が必要だな。

お昼のお弁当はハワイ風のお弁当屋さんで買いました。
Photo_4 Photo_5
鵠沼海岸はビーチバレーやサーフィンが盛んらしい。地味な商店街にもいくつかのサーフショップがありました。そういう若者向けのちょっといい感じのかわいいお店です。
 食べたかったロコモコ丼は出来上がるまで10分待つらしいので、手早くできる週替わりメニューにしました。今週はオレンジチキンでした。
 お弁当を作ってもらっているうち、ダンナから連絡。仕事が終わって、江ノ島に向かって移動中とのこと。せっかく浜辺でお弁当にしようと思っていたのに。仕方ないので、お店の中で食べていくことにしました。たった3席くらいのカウンターだけど、中でも食べられます。
Photo_6
オレンジチキンのお弁当。皮がパリッパリに揚がったから揚げにほんのりオレンジの香りのするちょっとだけスイートなたれがからめてありました。もっと甘いかな?と思ってたけど、甘さ控えめで私にはよかった。でもちょっと塩辛かったな。でも鶏の揚げ方がすごく上手でおいしかった。ハワイのグァバネクターと一緒に。ごちそうさま。
 
おなかを満たして、ダンナが指定した待ち合わせ場所、江ノ島水族館を目指して、歩きました。電車にのれば一駅なのですが、お天気もいいし、歩いた方が手っ取り早そうだったので、てくてく。20分くらいだったかな。
 
江ノ島水族館前でダンナと合流。「水族館に入る?」とダンナに聞かれたけど、インドアよりアウトドア、あてもなくぶらぶらさんぽ、っていう気分だったので、水族館はまたの機会に。
 
とりあえず、海岸沿いを江ノ島に向かいました。江ノ島水族館の裏から江ノ島までは海の家の建設ラッシュでした。まだ骨組みを作っているところです。海岸沿いにびっしりできるみたい。
Photo_7

お日様の降り注ぐ砂浜。穏やかな海。気持ちいい。思わず深呼吸しちゃいます。
Photo_8

昼下がりの片瀬漁港。のんびりした時間が漂っています。
Photo_11 Photo_12

ここまで来たら、やっぱり江の島に寄りますか。
Photo_13 Photo_14

江の島へ続く橋には平日にもかかわらず大勢の観光客が。鵠沼から片瀬漁港まではそんなに人も多くなくて、のんびりのどかだったけど、江ノ島はやっぱり有名観光地ですね。江ノ島には6年ぶりくらいかな。
 江の島散策は明日に続く。

|

« 至福のひと時 | トップページ | 江の島さんぽ »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。