« 鵠沼海岸から江の島へ | トップページ | 定食屋ぽんすけ »

江の島さんぽ

Photo_15 江ノ島の入口の鳥居。鳥居をくぐると、突き当たりの江ノ島神社までつづく参道。狭い参道ながら、みやげ物屋さんや、特産のしらすやさざえなどの海鮮料理の食堂、旅館などがびっしりにぎやかに軒を並べています。
 ひと頃、江ノ島も寂れた時期があったような気がするけど、久しぶりに訪れた参道は観光客も多く、活気が溢れていました。
Photo_16 Photo_17
大人も子供も、お土産屋さんをのぞくのは楽しいよね。

さて、みやげ物屋さんの冷やかしながら参道を行くと、突き当たりには江ノ島神社の大鳥居と竜宮城のような山門。
Photo_18
鳥居の前には猫がごろごろ、昼寝中でした。でぶ~。江の島ではあちこちでこんな人をおそれないマイペースなお昼寝ネコに出会えます(参拝を終えて、山を降りてきた時にも、この子はまだ同じところで爆睡中でした・笑)。
1_2 2_2
Photo_20 江ノ島神社へ。
Photo_21
本殿そばには銭洗い池があって、一生懸命お金を洗っている人もいました~。

Photo_22
茅の輪をくぐって、本殿へお参り。
「ダンナとケンカせず、仲良くいられますように。家族が健康でいられますように。商売繁盛しますように」

山頂付近から臨む絶景。さわやか~!
Photo_23

Photo_24 参拝もしたし、ここらで一服したい。お昼食べてから歩きっぱなしで疲れた~。よく歩いたなあ。海をのぞむ絶景のテーブルで、ダンナはチョコレートパフェ、私は金麦。は~、極上の休憩です。
Photo_25 Photo_26

この先の江の島の裏側の岩場や洞窟の方には足を伸ばさず、引き返しました。
ダンナの町会仲間が江の島で喫茶店を共同経営しているので、寄ってみることにしました。にぎやかな参道から路地を入ったところにある、知る人ぞ知るカフェです。路地の入り口に案内板でもあると思ったけど、何もない。まるで、場所を知られたくないみたいだ(笑)。聞いた場所は確かにこの辺だけど、と心配になりながら細い路地の奥を目指すと・・・
Photo_27
民家に突き当たっちゃった。でも、「あじむ→こちら」という小さな看板を私は見逃さなかった!民家の前を進むと・・・ありました。
Photo_28
「あじむ」さんです。古い民家のそのまんまの風情を生かしたカフェです。
Photo_29
おばあちゃんのうちみたい。懐かしい。参道から一本入っただけで、静寂の別世界です。ほっとする~。ダンナは数種ある地ビールの中から「湘南ゴールド」(オレンジフレーバーのビールです)とおつまみ、私はコーヒー(「威風堂々」「あじさい」「至福」の三種のオリジナルブレンド。私はブログで「至福」という言葉を使ったばかりだったので「これも縁かな」と思い、「至福」をチョイス)をいただきました。
Photo_30
 食事やスイーツもあります。野菜をたっぷり使ったマクロビに近い料理です。おつまみのひよこ豆と野菜のマリネが美味しかった。オレンジビールも一口飲ませてもらったけど、爽やかでおいしいです。
テーブルの上に「KAERU CARD」という缶が置いてありました。中には60枚のカードが入っています。説明を読んだら、「本当の私に『かえる』と心の中で念じながら、カードを一枚ひいてください。本来のあなたに帰るキーワードが書かれています」という趣旨のことが書いてあったので、私も念じながらひいてみました。「シンプルであること」というカードが出ました。ふむふむ。そうか、なるほど。このお店はカフェだけじゃなくて、セラピーにも力を入れているのでした。希望があればセラピーを受けることもできるそうです。
 江の島の喧騒に疲れたら、是非ここで、静かで懐かしい時間を。参道の真ん中あたり、郵便局の向かいの路地を入ったところ、探してみてください。

さ~て、4時間ほどのさんぽでしたが、充分堪能。欲張らず、余力を残して帰るくらいがちょうど具合がいいのです。江の島に別れを告げ、5時2分の急行に乗り、6時15分新宿駅着。地元でラーメンと餃子を食べて帰宅しました。

おみやげは、午前中のダンナの仕事先でいただいたとれたての生シラスです。何しろ、午前中まで海で泳いでいたシラスたちですから。家に帰ってから、早速釜茹でにしました。台所中に海の香りが漂います。茹でたて、あつあつのふわっふわでうま~い!!塩加減バッチグー。下のうちにもどっさりおすそわけ。
Photo_31

|

« 鵠沼海岸から江の島へ | トップページ | 定食屋ぽんすけ »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

ひさしぶりの息抜きができて、よかったですねえ!
私、考えてみたら、夏シーズンど真ん中の江ノ島界隈って、行ったことなかった!海の家がずらりか~青春なんだろうなあ(笑)

共同経営の喫茶店、すごい場所にありますねえ。
「この先行き止まり」で、そのまま帰ってしまいそうです。

絶景カフェでのビールもおいしそう~!
もう、夏の日差しという一日でしたね。

たまには、こういうの、必要なのよね!
これで3日くらいはケンカもしないでいられるはず!?

投稿: kero | 2010年6月 7日 (月) 14時13分

keroさん
ダンナと結婚前のデートでは、夏の湘南ってのはやっぱり憧れで、行きましたよ(笑)。
ビキニは着られなかったけど(爆)。
どっちかっていうと、江の島より鎌倉志向のぽんすけだったしな~。
「あじむ」さん、異次元空間です。
好きな人には落ち着くたまらない空間だと思います。
もし江の島に行かれる機会があったら、ちょっとのぞいてみてくださいな。
そうなのね、日々の小さな、でも確かな幸せで普段は満足できているのに、やっぱり暮らしの疲れがおりのように溜まって、時々思い切り非日常の時間と空間が必要になるね。
休みがはっきりしないうちの仕事で、仕事休むのが怖くなっちゃうのね。
ダンナはまた今日から泊まり出張にでかけたから、少なくとも3日間はケンカはないでしょう(笑)。

投稿: ぽんすけ | 2010年6月 7日 (月) 14時40分

この記事へのコメントは終了しました。

« 鵠沼海岸から江の島へ | トップページ | 定食屋ぽんすけ »